【CLグループB総括】本命アトレティコがまさかの敗退、ブルージュがサプライズ

2022.11.04 17:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グループBでは本命と見られたアトレティコ・マドリーがまさかの敗退。最弱と思われたクラブ・ブルージュが早々に決勝トーナメント進出を決めるサプライズを起こした。

■順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ポルト[12/4/0/2/5]
2.クラブ・ブルージュ[11/3/2/1/3]
3.レバークーゼン[5/1/2/3/-4]
4.アトレティコ・マドリー[5/1/2/3/-4]

◆戦術浸透で5季ぶり突破~ポルト~
Getty Images

2017年から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の戦術が浸透しきっているポルトはやはり大崩れはしなかった。2連敗スタートと厳しい入りとなったが、レバークーゼンとの連戦を連勝し、そこから怒涛の4連勝。終わってみれば首位での通過を決めた。堅守速攻スタイルからFWタレミが攻撃陣を牽引して5ゴールをマーク。5季ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。
◆クラブ史上初の突破~クラブ・ブルージュ~
Getty Images

4季連続グループステージ敗退とラウンド16への高い壁を越えられずにいたブルージュがついに乗り越えた。至宝MFデ・ケテラエルを失ったブルージュだったが、ホームではアグレッシブに戦い、アウェイでは守護神ミニョレを軸に耐え忍ぶ老獪な戦い分けを見せ、チームとしての成熟さを示した。4試合を終えた段階で3勝1分けとし早々にグループステージ突破を決めるサプライズを起こした。

◆シャビ・アロンソ就任も巻き返しならず~レバークーゼン~
Getty Images

セオアネ体制で4季ぶりのCL出場となったレバークーゼンだったが、思わぬ不振に陥った。主力の流出はなかったものの、若き至宝MFヴィルツの負傷が痛く低迷した。第3節でポルトに敗戦後、セオアネ前監督が解任に。しかし監督初挑戦のシャビ・アロンソが指揮官に就任後も低迷が続き、1勝を挙げるに留まった。攻撃スタイルで挑んだが、FWシックは不発に終わってノーゴール。まだまだ経験不足が否めないチームだった。

◆まさかの最下位で敗退~アトレティコ・マドリー~
Getty Images

この組み合わせでアトレティコが敗退に追い込まれると予想できた人は少なかったのではないか。ノックアウトラウンド常連の成熟しきったチームが意外な躓きを見せた。序盤は新戦力のMFヴィツェルを3バックの中央に据える新スタイルで臨み、初戦のポルト戦を勝利。しかし続くレバークーゼン戦で躓くと、ブルージュとの連戦で1分け1敗と負け越してしまった。主体的に相手を崩す術をさほど持ち合わせていないことを露呈し、5季ぶりのグループステージ敗退となった。

関連ニュース
thumb

ポルトがスポルティングCPの3連覇を阻止! 4度目の決勝で悲願の初優勝《タッサ・ダ・リーガ》

タッサ・ダ・リーガ決勝のスポルティングCPvsポルトが28日にDr.マガリャエンイス・ペソーア競技場で行われ、0-2でポルトが勝利した。この結果、ポルトが初優勝を飾った。 大会2連覇中のスポルティングCPと、準決勝でアカデミコ・デ・ビゼウを下して3年ぶりの決勝へ駒を進めたポルトによる決勝戦。スポルティングCPの守田英正は公式戦2試合連続スタメンとなった。 試合は早い時間にスコアが動く。ポルトは10分、右深くまで切り込んだペペがマイナスにクロスを供給。これをボックス手前のヴェンデウが繋ぐと、ボールを受けたエウスタキオが右足一閃。シュートはGKアダンが反応するも弾ききれずにゴールに吸い込まれた。 先制を許したスポルティングCPだったが、すぐに反撃。すると13分、ゴンサウヴェスのパスでDFの裏に抜け出したエドワーズが飛び出したGKを冷静にかわしボックス左からゴールネットを揺らしたが、これはVARの末にオフサイドと判定された。 スポルティングCPは24分にも、中盤でボールを奪ったマテウス・レイスの縦パスからゴンサウヴェスがボックス内に侵入。相手DFのブロックでボールをロストするも、こぼれ球を走りこんだ守田がシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。 さらに36分には、右サイドを持ち上がったポロが相手GKの位置を確認しロングシュートを放つがクロバーを直撃。さらに二次攻撃からエドワーズがミドルシュートでゴールに迫ったが、相手DFにディフレクトしたボールは左ポストに弾かれた。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、スポルティングCPは73分にパウリーニョがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。84分には守田を下げてタンロンゴを投入した。 しかし、スポルティングCPは直後に失点する。86分、ボックス右深くまで抜け出したペペのクロスをゴール前のマルカノが頭で押し込み、試合を決定づける追加点を奪った。 結局、試合はそのまま0-2でポルトが勝利。4度目の決勝でポルトが初優勝を掴み取った。 スポルティングCP 0-2 ポルト 【ポルト】 エウスタキオ(前10) マルカノ(後41) 2023.01.29 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

クリスティアン・ロドリゲスが37歳で現役引退…“セボージャ”の愛称で親しまれたドリブラー

元ウルグアイ代表MFクリスティアン・ロドリゲス(37)が現役を引退した。同選手の古巣であるペニャロールが17日に発表した。 ペニャロールの下部組織出身で“El Cebolla(エル・セボージャ:玉ねぎの意)”の愛称で親しまれたロドリゲスは、2005年夏にパリ・サンジェルマンに移籍し渡欧。ベンフィカへのローン移籍を経て、2008年夏に加入したポルトでは4年間の在籍で公式戦120試合に出場し、3度のリーグ制覇や国内カップ3連覇などに貢献した。 2012年夏にアトレティコ・マドリーに加入すると、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるラ・リーガ優勝を経験した。その後はブラジルのグレミオ、アルゼンチンのインデペンディエントなどでプレーし、2017年2月にペニャロールに復帰。同シーズンと翌シーズンのウルグアイリーグ連覇に大きく貢献した。 その後、2021年から直近までは母国のプラサ・コロニアでプレーを続けていた。 また、ウルグアイ代表としても輝かしいキャリアを持ち、2003年10月のメキシコ代表戦のデビューから通算110試合に出場。2011年のコパ・アメリカ優勝メンバーでもあった。 2023.01.18 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

来年40歳のぺぺ、ポルトと契約延長へ? W杯で決勝T史上最年長ゴール記録を樹立

ポルトがポルトガル代表DFペペ(39)との契約延長を用意しているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えている。 来年2月に40歳を迎えるペペ。ポルトガル代表として臨んだカタール・ワールドカップ(W杯)では決勝トーナメント1回戦のスイス代表戦で決勝トーナメントにおける史上最年長ゴール記録を樹立し、年齢を感じさせない活躍に称賛の声が集まった。 クラブキャリアでは10年にわたって在籍したレアル・マドリーを2017年夏に離れたのち、ベシクタシュを経て2019年1月から古巣ポルトに復帰。今季も主力として中断期間までにリーグ戦7試合に出場し、主将の大役も担っている。 今なお圧倒的な存在感を放つぺぺ。ポルトの経営陣は選手との契約満了を2023年6月に控え、延長も視野に。ジョルジェ・ヌーノ・ピント・ダ・コスタ会長は「ぺぺはあと5、6年プレーできる。競争力を持ち続けた怪物だ」とコメントしている。 残念ながらポルトガル代表はカタールW杯でベスト8敗退となったが、ぺぺの活躍はもうしばらくポルトガルの地で見られそうだ。 2022.12.16 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ケパやメンディでも満足できず? チェルシー、ポルトガル代表GKジオゴ・コスタ獲得を画策か

チェルシーが、ポルトのポルトガル代表GKジオゴ・コスタ(23)に関心を持っているようだ。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 現在、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとセネガル代表GKエドゥアール・メンディという2人の名GKが所属するチェルシー。後者は2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に大貢献し、同年のFIFA男子最優秀GKという確かな地位を築いたが、ここ数年その後塵を拝していたケパも、今季は中断前まで再び台頭していた。 トップクラスのGK2人が鎬を削る贅沢な環境だが、チェルシー上層部は新たにポルトガル代表GKの獲得を目論んでいる模様。ポルトの下部組織出身のジオゴ・コスタは、カタール・ワールドカップでも守護神として活躍中。2戦目のウルグアイ戦ではクリーンシートで勝利に貢献した。 ケパやメンディに負けず劣らずの優れたGKだが、ポルトとは11月に2027年まで契約を延長したばかり。その際に契約解除金が7500万ユーロに設定されたが、チェルシーは推定7000万ユーロの移籍金を用意しているとのこと。すでに代理人のジョルジュ・メンデス氏と接触しているという。 イギリス『サン』によれば、チェルシーとしては週給15万ポンドと言われるケパの維持コストを高額と見ているようで、2025年までの契約となっている28歳は、すでに退団が既定路線になっていると推測されている。 2022.11.30 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ポルト、イラン代表FWとの契約延長望むも… 今夏はアーセナルやチェルシーが関心

ポルトがイラン代表FWメフディ・タレミ(30)との契約延長を目指しているようだ。 タレミは母国の強豪ペルセポリスやカタールのアル・ガラファなどを経て、2019年夏にリオ・アヴェへ加入。欧州初挑戦ながら1年目に公式戦37試合21得点を記録し、早くも翌夏に名門ポルト行きのチャンスを掴んだ。 ポルトでも加入当初からゴールを量産し、通算114試合で62得点42アシストを記録するなどエースとして君臨。今季はチャンピオンズリーグ(CL)でここまで5得点を挙げ、グループステージの首位通過に大きく貢献している。 現行契約は2024年6月まで。ポルトガル『A BOLA』によると、すでにクラブから延長オファーを受けているものの、カタール・ワールドカップ(W杯)が終わるまでは話し合いに応じない姿勢だという。 今夏にはアーセナルやチェルシーなどからの関心も取り沙汰されていただけに、W杯での活躍次第では30歳にしてビッグクラブ行きを見据えているのかもしれない。 2022.11.08 14:28 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly