後半の2点で逃げ切ったAZが首位をキープ! ビジャレアル&ウェストハムはラウンド16進出を決める《ECL》

2022.10.28 06:44 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第5節が27日に欧州各地で行われた。

昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、アウェイでファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し2-1で勝利した。菅原はフル出場している。

前節のアポロン(キプロス)戦で今大会初黒星を喫したAZは、ゴールレスで迎えた後半立ち上がりに先制する。50分、右サイドでボールを受けた菅原が中央に折り返すと、オドゴール、ラインデルスと繋ぐと、最後はドリブルでボックス内まで持ち上がったケルケスがネットを揺らした。
先制したAZは、75分にもファン・ブレデロのゴールでリードを広げると、直後の77分に失点するも1点差を守り抜き、2-1で勝利。グループ4勝目を飾ったAZが首位通過を決めた。

また、24日にエメリ監督の電撃退任が発表されたビジャレアルは、ホームでハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)と対戦し2-2で引き分けた。すでに4連勝でグループステージ突破の決めているビジャレアルは、ゴールレスで迎えた後半開始早々にPKを献上すると、これをヘメドに決められた。

先制を許したビジャレアルだが、57分にチュクウェゼのゴールで試合を振り出しに戻すと、70分にもダンジュマがゴールネットを揺らし、逆転に成功。

このままビジャレアルが逃げ切るかと思われたが、79分にイェヘスケルにゴールを許し、2-2で試合は終了した。

その他、イングランドの名門ウェストハムはホームでシルケボー(デンマーク)と対戦し1-0で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはホームでバシャクシェヒル(トルコ)と対戦し2-1で勝利している。

◆グループA
フィオレンティーナ(イタリア) 2-1 バシャクシェヒル(トルコ)
ハート(スコットランド) 2-1 FK RFS(ラトビア)

◆グループB
アンデルレヒト(ベルギー) 2-2 FCSB(ルーマニア)
ウェストハム(イングランド) 1-0 シルケボー(デンマーク)

◆グループC
ビジャレアル(スペイン) 2-2 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)
オーストリア・ウィーン(オーストリア) 1-1 レフ・ポズナン(ポーランド)

◆グループD
スロヴァコ(チェコ) vs ケルン(ドイツ)※濃霧により延期
ニース(フランス) 2-1 パルチザン(セルビア)

◆グループE
ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) 1-2 AZ(オランダ)
ドニプロ-1(ウクライナ) 1-0 アポロン(キプロス)

◆グループF
モルデ(ノルウェー) 2-3 ユールゴーデン(スウェーデン)
シャムロック・ローバーズ(アイルランド) 1-1 ヘント(ベルギー)

◆グループG
バルカニ(コソボ) 0-1 スラビア・プラハ(チェコ)
スィヴァススポル(トルコ) 3-0 クルージュ(ルーマニア)

◆グループH
バーゼル(スイス) 2-2 ジャルギリス(リトアニア)
スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 2-1 ピュニク(アルメニア)

関連ニュース
thumb

絶好調の菅原由勢が3試合連続アシストに自らもゴラッソ!蘭紙「スーパースタースガワラが快勝に導く」

2試合連続アシスト中だったAZのDF菅原由勢が、今度は自らもネットを揺らした。 首位フェイエノールトと2ポイント差の2位につけるAZは25日、アウェイでのゴー・アヘッド・イーグルス戦に臨み、4-1と勝利。菅原は右サイドバックで先発出場して1得点2アシストの大活躍で、オランダ『PZC』は「スーパースタースガワラが、イーグルス戦でAZを快勝に導く」との見出しを打った。 まずは38分、ニアへのピンポイントグラウンダークロスで前節に続いてヴァンゲリス・パヴリディスのゴールをアシストすると、57分には深い位置からファーへの折り返しでジョルジェ・ミハイロビッチの追加点をお膳立てする。 圧巻は87分。バイタルエリアでこぼれ球を拾うと、ワントラップから右足を一閃。見事なコントロールミドルを左隅へ突き刺した。 これで直近3試合で1得点4アシストと大暴れの菅原。新生日本代表入りへの期待は加速度を増している。 なお、菅原は不運ながらも終了間際にPKを献上。失点を喫したAZだが、こちらも後半の追加タイムに1点を加え、勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】AZ菅原由勢が1G2A1PK献上の大暴れ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JoaGvKTi8Is";var video_start = 557;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

好調AZ菅原由勢が絶妙クロスで2試合連続アシスト記録!チームも首位と2ポイント差に

AZのDF菅原由勢がまたも目に見える結果を残した。 菅原は22日に行われたエールディビジ第17節、ホームでのフォルトゥナ・シッタート戦に右サイドバックとして先発フル出場。絶妙なクロスで3点目をアシストしている。 2-1と、AZのリードで迎えた56分。ハーフウェーラインのやや後方でボールを受けた菅原は、横のタイアニ・ラインデルスへ預けてオーバーラップを掛ける。高い位置で再びパスを引き出すと、背後へ抜ける味方FWを確認してアーリー気味にグラウンダーのクロスを供給。GKと最終ラインの間、完璧な位置へ送り込み、ヴァンゲリス・パヴリディスのゴールをお膳立てした。 菅原は前節のヘーレンフェーン戦に続くアシストを記録する好調ぶり。先制点や2点目のシーンでも、中へポジションを取って起点を作ってから、外を回ってのオーバーラップで囮役となるなど、随所に好プレーを披露している。 AZはこのまま3-1で勝利。順位は2位と変わらずだが、首位のフェイエノールトがアヤックスと引き分けたため、勝ち点差を「2」に縮めている。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原がこの上ない絶妙クロスで追加点をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z3vPlBCFauU";var video_start = 507;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

AZ菅原由勢が猛スプリントからアシスト記録!W杯メンバーに劣らず好調維持

AZのDF菅原由勢が結果を残している。 14日に行われたエールディビジ第16節、AZはアウェイでのヘーレンフェーン戦に臨んだ。 菅原はこの日は右サイドバックで先発出場。33分には右の高い位置で先制点の起点になると、後半開始早々には見事なオーバーラップでアシストを記録する。 AZは相手キックオフからの長いボールを自陣で回収し、左サイドでの流れるようなパスワークから速攻へ転じると、菅原は敵陣にボールが入ったタイミングで前方のスペースへ50m以上を猛然とスプリント。イェンス・オドゴールからのスルーパスを引き出し、丁寧な折り返しでタイアニ・ラインデルスのゴールをお膳立てした。 菅原はカタール・ワールドカップ(W杯)前の昨年6月、およそ1年ぶりに日本代表へ招集されながらも、負傷のために離脱。メンバー入りのアピールの場に立つことができなかった。 オフにはヒザの手術を決行し、今季もAZの主軸としてプレー。ウイングでも起用されるユーティリティプレーヤーは、第9節のユトレヒトではストライカー顔負けの豪快な一撃をたたき込み、そのゴールはクラブの2022年年間ベストゴールにも選出された。 新生日本代表最初の公式戦は3月のキリンチャレンジカップ2023を予定している。好調を維持する菅原は、既存のメンバーに割って入る力を十分に有しており、再び日の丸を背負ってのプレーも期待される。 なお、試合はそのままAZが2-0で勝利。フェイエノールトと勝ち点「4」差の2位につけている。 <span class="paragraph-title">【動画】画面の外から猛スプリント!菅原由勢が追加点をアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bt3CqH17vkQ";var video_start = 371;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】画面の外からカットインして「Yes!」、試合後の菅原由勢</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> “YES!”<a href="https://twitter.com/hashtag/AZ?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AZ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/heeaz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#heeaz</a> | <a href="https://twitter.com/ssggwwrrr?ref_src=twsrc%5Etfw">@ssggwwrrr</a> <a href="https://t.co/VHeMQFr5tM">pic.twitter.com/VHeMQFr5tM</a></p>&mdash; AZ (@AZAlkmaar) <a href="https://twitter.com/AZAlkmaar/status/1614362474777550851?ref_src=twsrc%5Etfw">January 14, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】22年の年間ベストゴールに選出された菅原のゴール</span> <span data-other-div="movie3"></span> <script>var video_id ="Ms67ws0iLww";var video_start = 511;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.17 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

豪州守護神マシュー・ライアンがAZへ! 今季加入のコペンハーゲンを半年で去る

AZは9日、コペンハーゲンからオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(30)の獲得を発表した。契約は2024年6月まで。背番号「1」をつける。 母国クラブでプロキャリアを始めてから、ベルギーや、スペイン、イングランドを渡り歩き、オーストラリア代表でも通算79試合を誇るマシュー・ライアン。先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではキャプテンとして全4試合でゴールマウスを守り、ベスト16入りに貢献した。 バレンシアやアーセナルといった欧州きっての名門にも所属した過去を持つオーストラリア代表守護神は今季を迎えるにあたり、レアル・ソシエダからコペンハーゲンに移籍。2年契約で加入して公式戦11試合に出場しているが、序列を下げており、活躍の場を移す決断をした。 新天地を通じて「AZでの新たな章を始めるのが待ち遠しい。クラブとその歴史を見れば、良いクラブで、野心的なクラブであるのは一目瞭然。チームとともに最高のところを目指すのが夢だ」とコメントしている。 2023.01.10 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【ECLグループステージ総括】菅原躍動のAZにハマーズ&ビジャレアルが順当突破

2022-23シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージが3日に終了した。昨シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションにはDF菅原由勢が在籍するAZ、ビジャレアルやウェストハムなど5大リーグの強豪クラブが参戦した。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを総括していきたい。 ◆菅原躍動のAZにハマーズ&ビジャレアルが順当突破 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221103_104_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 創設1年目となった昨季はトッテナム、ローマというビッグクラブが参戦したが、2年目の今季はビジャレアル、ウェストハム、フィオレンティーナといった名門が参戦したものの、比較的地味な顔ぶれとなった。 また、日本人所属クラブでは昨季に続きDF菅原由勢を擁するAZが唯一の参戦となった。 MF藤本寛也とMF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとのプレーオフを制してグループステージ進出を決めたAZは、今グループステージでドニプロ-1、アポロン・リマソル、ファドゥーツと同じグループEに入った。 エールディビジでアヤックス、PSVの2強と共に熾烈な上位争いを演じるオランダの名門は、今グループステージで若干のターンオーバーを実施した中、菅原は全6試合に出場し1ゴール2アシストを記録。 本職の右サイドバックを主戦場に右ウイング、左サイドハーフと複数の役割を担った中、ドニプロとの初戦では途中出場で決勝点をアシスト。さらに、第2節のファドゥーツ戦では右サイドを独走してボックス内に持ち込み、ニア下を匂わせながら逆のサイドネットにグラウンダーのシュートを突き刺す見事なフィニッシュでゴールも記録。さらに、最終節では決勝点をアシストするなど、攻守両面でチームの首位通過に大きな貢献を果たした。 強豪チームではウェストハムがグループステージ唯一の全勝突破を決めた。今夏の積極補強も実らず、プレミアリーグでは中位以下の13位に低迷するモイーズのチームだが、アンデルレヒト、シルケボー、FCSBとまずまずの実力を持つ相手と同居したグループリーグでは地力を証明。リーグ戦では13試合11ゴールと得点力不足に悩まされているが、ECLでは新戦力のFWスカマッカの4ゴールを筆頭に、アタッカー陣がきっちり結果を残して6試合13ゴールと破壊力を示した。 一昨季のEL王者にして昨季のチャンピオンズリーグ(CL)のセミファイナリストのビジャレアルは、突然の監督交代に見舞われながらもレフ・ポズナン、ハポエル・ベエルシェバ、オーストリア・ウィーンと同居したグループを首位通過した。 ウナイ・エメリ前監督の下で戦った4試合では積極的にターンオーバーを敢行した中、MFアレックス・バエナ、FWジャクソンと今季台頭した若手アタッカー、今季加入のベテランFWホセ・モラレスらの活躍が光り4連勝を達成。その後、エメリ監督がアストン・ビラに引き抜かれ、キケ・セティエン新監督を招へいした直近の2試合では1分け1敗と結果を残せなかったものの、前任者の下で稼いだ勝ち点を生かした格好だ。 その他ではルシアン・ファブレが再任し、今夏の移籍市場でGKシュマイケル、MFラムジー、MFバークリー、FWラボルドら積極補強に踏み切ったニースが、10位に低迷するリーグ戦の不振を払しょくする首位通過を決めた。 一方でフィオレンティーナは実力者を擁するイスタンブール・バシャクシェヒルとの一騎打ちとなったグループAで勝ち点で並びながらも、当該成績で下回って2位でのプレーオフ行きとなった。 なお、来年2月半ばに開催されるプレーオフではELグループステージ3位敗退組からラツィオ、ブラガ、トラブゾンスポルといった強豪クラブが参戦する。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. フィオレンティーナ(勝ち点13) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハーツ(勝ち点6) 4. FK RFS(勝ち点2) ◆グループB 1. ウェストハム(勝ち点18) ――ECL決勝T進出―― 2. アンデルレヒト(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. シルケボー(勝ち点6) 4. FCSB(勝ち点2) ◆グループC 1. ビジャレアル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. レフ・ポズナン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハポエル・ベエルシェバ(勝ち点7) 4. オーストリア・ウィーン(勝ち点2) ◆グループD 1. ニース(勝ち点9) ――ECL決勝T進出―― 2. パルチザン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ケルン(勝ち点8) 4. スロヴァコ(勝ち点5) ◆グループE 1. AZ(勝ち点15) ――ECL決勝T進出―― 2. ドニプロ-1(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. アポロン(勝ち点7) 4. ファドゥーツ(勝ち点2) ◆グループF 1. ユールゴーデン(勝ち点16) ――ECL決勝T進出―― 2. ヘント(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. モルデ(勝ち点7) 4. シャムロック・ローバーズ(勝ち点2) ◆グループG 1. スィヴァススポル(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. クルージュ(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. スラビア・プラハ(勝ち点8) 4. バルカニ(勝ち点4) ◆グループH 1. スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. バーゼル(勝ち点11) ―ECLプレーオフ進出― 3. ピュニク(勝ち点6) 4. ジャルギリス(勝ち点5) ◆ELグループ3位チーム ボデ/グリムト(ノルウェー) ラルナカ(キプロス) ルドゴレツ(ブルガリア) ブラガ(ポルトガル) シェリフ(モルドバ) ラツィオ(イタリア) カラバフ(アゼルバイジャン) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.11.04 20:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly