J2最終節にドラマは!? 3チームで争うJ1参入PO残り1枠、仙台は勝って朗報待つのみ、山形vs徳島の直接対決がカギ

2022.10.23 08:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
42試合という長いシーズンも、残すところ1試合。熱い戦いが繰り広げられた明治安田生命J2リーグのレギュラーシーズンが終わりを迎える。すでに、前節の段階でアルビレックス新潟の優勝、横浜FCの自動昇格が確定。さらに、FC琉球といわてグルージャ盛岡の降格圏も確定している。J3への降格については、昇格する2チームのライセンスによって変わるため、降格が決まったわけではないが、自力で回避することは不可能となった。

優勝、自動昇格は、それぞれ敗戦を喫しながらも、対象チームが敗れるという状況で確定。そして降格枠の2チームも確定している中、見所が完全に無くなったと思いきや、大きな争いが残っている。それがJ1参入プレーオフの1枠を争う戦いだ。
【J2順位表】
1位:アルビレックス新潟(81pt/+37)
2位:横浜FC(77pt/+16)
ーーーーー自動昇格
3位:ファジアーノ岡山(72pt/+21)
4位:ロアッソ熊本(67pt/+11)
5位:大分トリニータ(66pt/+11)
6位:徳島ヴォルティス(62pt/+16)
ーーーーーJ1参入プレーオフ
7位:ベガルタ仙台(62pt/+8)
8位:モンテディオ山形(61pt/+19)

3位から6位までに与えられるJ1参入PO出場権。すでに、ファジアーノ岡山(3位確定)、ロアッソ熊本(4位)、大分トリニータ(5位)の出場は決まっている。

6位にはJリーグの1シーズンでの引き分け最多記録を更新しながら、最も少ない5敗をキープしている徳島ヴォルティスが。勝ち点差なしで7位にベガルタ仙台、勝ち点差「1」で8位モンテディオ山形が追いかけている。

この3チームのみが可能性を残しているわけだが、改めてこの3チームの争いを整理したい。

◆6位徳島と8位山形の直接対決

この3チームの争いを熱くしている理由の1つが、直接対決が残っているという状況。日程くんのシナリオの作り方に、毎度のこと脱帽させられるばかりだ。

最も優位な位置にいる徳島と、最も不利な位置にいる山形が最終節で対決。そして、舞台は山形のホーム、NDソフトスタジアム山形だ。

両者の勝ち点差はたったの「1」。つまり、最後尾にいる山形は、勝てば徳島を追い越すことが確定する。むしろ、勝利以外にはプレーオフに進出する可能性は皆無だ。

その山形は、最終戦に向けた告知ムービーを作成。普段は見られないロッカールームでのピーター・クラモフスキー監督の鼓舞する様子もまとめられており、ファン・サポーターの熱気が上がらないわけがないものとなり、大バズりしている。

今シーズンの最初の対戦は、4月27日の第12節に徳島のホームで行い、0-1で山形が勝利している状況だ。通算の対戦成績は、J2で30試合を行い、徳島の6勝、山形の15勝、引き分けが9という状況だ。データの上では、圧倒的に山形が有利な結果が出ている。

しかし、山形にとって徳島とプレーオフは苦い思い出が。2019年にもJ1参入プレーオフに進出した山形は、1回戦は大宮アルディージャに2-0で勝利。しかし、2回戦はる徳島に0-1で敗戦。J1への夢を閉ざされた相手なのだ。

山形がプレーオフに出るとなれば、2019年以来。3年前に止まった時計を動かすチャンスが来た。

対する徳島は、最後に敗れたのが6月18日の第22節。4カ月負けを知らず、現在は3連勝中と勢いもある。引き分けが多いシーズンだが、負けることも同時に少ない。最低でも、勝ち点1を持ち帰る必要がある状況となっている。

◆7位仙台は曲者12位のブラウブリッツ秋田と対戦

直接対決の裏で、7位の仙台は曲者と対戦を控えているが、こちらも勝つしかない状況だ。

徳島が勝った場合、両者の得失点差は現時点で「8」。最低でも「9」には広がることにあるため、大量得点での勝利が必要となる。

一方で、山形が勝った場合は、勝ち点差が「2」。引き分け以下に終われば、山形に抜かれてプレーオフ進出を逃すこととなる。つまり、相手の結果に関わらず勝利しなければいけないのが仙台。そして、大量得点が望ましい。

しかも、アウェイでの秋田戦。秋田は現在4連勝と急激に調子を上げ、ロアッソ熊本、ファジアーノ岡山とプレーオフ出場チーム相手にアウェイで2-1と勝利を収めている。

守備はもともと硬く、アグレッシブさを持って戦うだけに、仙台も簡単に勝てる相手ではない。

ただ、5月に対戦したホームでの第13節は3-1で快勝。良いイメージを持っているはずだ。

一時は5連敗、そして3連敗を喫した後半戦だったが、前節熊本相手に勝利。プレーオフ行きに首の皮一枚繋いだだけに、その力を持ってまずは勝利。そして、多くのゴールを決めての勝利を目指したい。

ちなみに、今季の仙台のリーグ戦での1試合最多得点は、第27節のいわてグルージャ盛岡戦の5点。そこに最低でも4点を加えたいところだ。


1 2

関連ニュース
thumb

大分がFW渡邉新太、MF池田廉の負傷を発表…渡邉は左ヒザ内側側副じん帯損傷で手術

大分トリニータは2日、FW渡邉新太、MF池田廉の負傷を発表した。 クラブの発表によると、渡邉はトレーニング中に負傷し、福岡市内の病院で検査を受けた結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。手術を受けたという。 池田は1月21日のトレーニングで負傷。大分市内の病院で検査を受け、グロインペイン症候群と診断されたとのことだ。 2月18日に開幕を控えている明治安田生命J2リーグ。大分は19日にアウェイで徳島ヴォルティスと対戦する。 2023.02.02 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

長崎退団のGK浅沼優瑠がJFL・クリアソン新宿に加入「大きな感動を与えられるように日々精進します」

V・ファーレン長崎は2日、GK浅沼優瑠(30)がJFLのクリアソン新宿へ移籍することを発表した。 北海道出身の浅沼は、2015年に東洋大学からY.S.C.C.横浜に入団。その後、SC相模原、栃木SC、カマタマーレ讃岐を経て、2022シーズンに長崎へ加入していた。 長崎では守護神の座を掴むことはできず、公式戦で一度もベンチ入りしないままシーズン終了。そのまま退団が決まっていた。 浅沼はクラブを通じてコメントしている。 ◆クリアソン新宿 「みなさま、はじめまして。V・ファーレン長崎から加入しました浅沼優瑠です。この度、ご縁をいただきクリアソン新宿という素晴らしいチームに加入することになりました」 「加入に至るまで、丸山代表をはじめ、たくさんの社員の方々とお話しをする機会があり、クラブが掲げる理念、目指すべき目標が明確で、自分自身がこのクラブに所属することで成長できると確信しました」 「クリアソン新宿に関わるみなさまへ、熱く全力でプレーし、JFL優勝・J3昇格を目指し、大きな感動を与えられるように日々精進します。よろしくお願いいたします!」 ◆V・ファーレン長崎 「この度、クリアソン新宿に加入することになりました。長崎で過ごした1年間の経験を生かし、これからの人生に繋げていきたいと思います」 「また皆さまと会えるときに成長した姿を見せられるように頑張っていきますので、これからも頭の片隅に浅沼優瑠という選手がいたなって言うことを覚えていていただけると嬉しいです!1年間本当にありがとうございました!」 2023.02.02 11:42 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表GK権田修一、欧州移籍失敗を明かす「自分自身の実力不足だった」…ファンはエール「J1へ力貸してください!」

清水エスパルスとの契約を更新した日本代表GK権田修一(33)が、今冬の欧州移籍が叶わなかったことを明かした。 権田はカタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の正守護神としてプレーし、チームをベスト16に導く活躍。「権田の18秒」としてビッグセーブ連発が話題にもなった。 その権田は1日、清水との契約更新を発表。すでに背番号は「57」になることが決定していたが、開幕を2週間後に控えた中での遅い発表となった。 日本代表での活躍とは裏腹に、チームは昨シーズンの明治安田生命J1リーグで17位となり、新シーズンはJ2で戦うことが決定。権田は自身のインスタグラムを更新し、ヨーロッパへの移籍を模索していたことを告白。移籍市場が閉鎖したため、目の前のことに集中するとした。 「いつも応援してくださっている皆さんに報告があります。2023年1月の移籍市場で自分をより厳しい環境におき成長する為に欧州への移籍を目指していましたが叶いませんでした」 「自分自身の実力不足だったこの現実を受け入れて目の前にある役割を全うし、同時に常に高みを目指して成長し続けたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ファンは「エスパルス史上最高のGKで誇り」、「焦らずに頑張って下さい!」、「J2優勝に向けて共に戦ってください!」、「まだまだこれから」、「J1へ力貸してください!」と新シーズンへのエールが送られている。 <span class="paragraph-title">【写真】権田修一が欧州移籍に失敗したことを報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoGYtgGPPvV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shuichi Gonda/権田修一(@shuichi33g)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

権田修一、松岡大起、チアゴ・サンタナの去就決着! 清水が契約更新発表

清水エスパルスは1日、GK権田修一(33)、MF松岡大起(21)、FWチアゴ・サンタナ(29)の3選手と契約を更新した旨を発表した。 つい先日にフランス挑戦が決まったMF鈴木唯人とともに契約未更新の状況が続いた3選手だが、今季も清水に残り、ともに明治安田生命J2リーグで1年でのJ1返り咲きを目指す運びとなった。 今季の開幕が刻々と迫るなか、ようやく去就が確定した3選手はクラブの公式サイトを通じて、それぞれコメントしている。 ◆権田修一 「クラブの目標達成のために、日々全力を尽くします」 ◆松岡大起 「まずは、エスパルスに関わる全ての皆様、ご報告が遅れてしまい申し訳ありません。また、寛大な心で待っていただきありがとうございます。シーズンに入り自分自身の動向がわからない中でも、チームメイトとしていつも通りしっかりとプレーし接してくれる選手、チームが勝つため、いちサッカー選手として、そして人として成長するために、色々な事を教えてくださる監督とコーチングスタッフ、いつも笑顔で応援してくれるサポーターの皆様には感謝しかありません」 「この冬、自分の夢、目標のためにヨーロッパからのオファーを待ちましたが成立しませんでした。それが現状ですしすごく悔しいです。この悔しさをバネに強く上手くなること、上に行くことだけを考えて、一日一日取り組んでいきます。選手1人1人の成長がチームの成長と強さに必ずつながると思うので、そこを追い求めて自分らしく日々やっていきます」 ◆チアゴ・サンタナ 「この2年間、このクラブ、この街で生活し、ファンとのつながりがあったことが、契約更新を決断する原動力となりました。残念ながら、昨シーズンはクラブにとって悪い結果となりましたが、今シーズン清水エスパルスがいるべき場所に戻ることを信じています。そして、J1リーグ得点王の祝福、エスパルスに残留することをメッセージで送ってくれたサポーターの皆さんに感謝します。今シーズンもっと強くなって一緒に戦いましょう」 2023.02.01 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが全国30地域・45都道府県でサッカー番組「KICK OFF」を4月から放送開始、地上波で同タイトル同コンセプトのオリジナル番組は初

Jリーグは31日、今年4月から30地域、45都道府県でサッカー番組を放送することを発表した。 Jリーグは各放送局と連携し、昨年10月から福島県、富山県、愛媛県、熊本県、鹿児島県の5地域でサッカー番組の放送を開始していたが、これを全国に広げることとした。 サッカー番組は全て「KICK OFF! 」というタイトルとなり、後ろに地域名などがつくという。 この番組では、全国各地域でサッカーの普及促進につなげるべく、サッカーをする子どもや、これからもっとサッカーに興味を持っていただきたい方々に向けて、各地域における少年少女年代のサッカー情報からJクラブの情報まで、各地域のサッカーに関する話題を幅広くお届けするという。 各地域でのサッカー番組開始は、「60クラブがそれぞれの地域で輝く」というJリーグの成長戦略実現に向けた第一歩。サッカー番組開始をきっかけに、各地域におけるサッカーならびにクラブの関心を向上、サッカーの普及促進、そして、各地域でクラブがより輝く存在にしていきたい、という想いが込められている。 また、系列を超えて30地域の民放地上波テレビ局が同タイトル同コンセプトでオリジナル番組を制作する初めての取組みとなる。 基本的には土曜日の午前中か日曜日の放送に。各地域によって時間帯は異なるという。 北海道:札幌テレビ放送「KICK OFF! HOKKAIDO」北海道コンサドーレ札幌 青森:青森朝日放送「KICK OFF! AOMORI」ヴァンラーレ八戸 岩手:岩手朝日テレビ「KICK OFF! IWATE」いわてグルージャ盛岡 宮城:東日本放送「KICK OFF! MIYAGI」ベガルタ仙台 秋田:秋田朝日放送「KICK OFF! AKITA」ブラウブリッツ秋田 山形:さくらんぼテレビ「KICK OFF! YAMAGATA」モンテディオ山形 福島:福島中央テレビ「KICK OFF! FUKUSHIMA」福島ユナイテッドFC、いわきFC 関東:TBSテレビ「KICK OFF! J」(日曜深夜0時放送のスポーツ番組『S☆1』内に新コーナーを設立)*2 山梨:山梨放送「KICK OFF! YAMANASHI」ヴァンフォーレ甲府 長野:テレビ信州「KICK OFF! SHINSHU」松本山雅FC、AC長野パルセイロ 新潟:NST新潟総合テレビ「KICK OFF! NIIGATA」アルビレックス新潟 富山:チューリップテレビ「KICK OFF! TOYAMA」カターレ富山 石川:北陸朝日放送「KICK OFF! ISHIKAWA」ツエーゲン金沢 静岡:静岡第一テレビ「KICK OFF! SHIZUOKA」清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津 愛知・岐阜:名古屋テレビ放送「KICK OFF! TOKAI」名古屋グランパス、FC岐阜 関西:毎日放送「KICK OFF! KANSAI」*3 鳥取・島根:日本海テレビジョン「KICK OFF! SANIN」ガイナーレ鳥取 岡山・香川:RSK山陽放送「KICK OFF! OKAYAMA・KAGAWA」ファジアーノ岡山、カマタマーレ讃岐 広島:広島ホームテレビ「KICK OFF! HIROSHIMA」サンフレッチェ広島 山口:山口朝日放送「KICK OFF! YAMAGUCHI」レノファ山口FC 徳島:四国放送「KICK OFF! TOKUSHIMA」徳島ヴォルティス 愛媛:南海放送「KICK OFF! EHIME」愛媛FC、FC今治 福岡:テレビ西日本「KICK OFF! FUKUOKA」アビスパ福岡、ギラヴァンツ北九州 佐賀:サガテレビ「KICK OFF! SAGA」サガン鳥栖 長崎:テレビ長崎「KICK OFF! NAGASAKI」V・ファーレン長崎 熊本:テレビ熊本「KICK OFF! KUMAMOTO」ロアッソ熊本 大分:大分放送「KICK OFF! OITA」大分トリニータ 宮崎:テレビ宮崎「KICK OFF! MIYAZAKI」テゲバジャーロ宮崎 鹿児島:鹿児島放送「KICK OFF! KAGOSHIMA」鹿児島ユナイテッドFC 沖縄:琉球放送「KICK OFF! OKINAWA」FC琉球 *2:鹿島アントラーズ・水戸ホーリーホック・栃木SC・ザスパクサツ群馬・浦和レッズ・大宮アルディージャ・ ジェフユナイテッド千葉・柏レイソル・FC東京・東京ヴェルディ・FC町田ゼルビア・川崎フロンターレ・横浜F・マリノス・横浜FC・Y.S.C.C.横浜・湘南ベルマーレ・SC相模原 *3:京都サンガF.C.・ガンバ大阪・セレッソ大阪・FC大阪ヴィッセル神戸・奈良クラブ 2023.01.31 19:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly