ビダルに衝撃…父エラスモさんが突然の心肺停止で帰らぬ人に

2022.10.12 16:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの父親であるエラスモ・ビダルさん(61)が亡くなったようだ。スペイン『アス』が報じている。

衝撃的なニュースが伝えられたのは現地時間11日の朝。普段は息子のアルトゥールが所有する馬の世話に務めていたエラスモさんは、競走馬などを輩出するサンティアゴにある『クラブ・ヒピコ』の施設内で亡くなったと言われている。

当時も『クラブ・ヒピコ』で多くの目撃情報が確認されているが、施設の従業員らはエラスモさんが体調を崩していることに気づき、急いで救急車を呼んだ。しかし、容態が悪化し、救急隊の蘇生もむなしく帰らぬ人に。死因は心肺停止と血中濃度低下ショックとのことだ。
なお、所属先のフラメンゴは12日にコパ・ド・ブラジル決勝のコリンチャンス戦ファーストレグが控えているが、本人の希望でビダルはメンバー入りしているという。

関連ニュース
thumb

アル・ヒラルが南米王者フラメンゴ撃破で初の決勝進出! 決勝はアル・アハリvsマドリーの勝者と《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2022準決勝、フラメンゴ(ブラジル)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)が7日に行われ、2-3で勝利したアル・ヒラルがクラブ史上初の決勝進出を決めた。 コパ・リベルタドーレスを制した南米王者のフラメンゴは、3大会ぶりに今大会に参戦。この初戦では2019年の準決勝で3-1の勝利を収めたサウジアラビア王者と再戦。この試合ではダビド・ルイスやデ・アラスカエタ、エヴェルトン・リベイロ、2トップにガブリエウ・バルボサ、ペドロといった主力が起用された。 一方、前AFCチャンピオンズリーグ王者として2大会連続の参戦となったアル・ヒラルは、準々決勝で開催国王者ウィダード・カサブランカとの激闘をPK戦の末に勝利し、ベスト4進出を果たした。クラブ史上初のファイナル進出を狙うアジア王者は、チャン・ヒョンスやマレガ、イガロ、ビエットといった強力な助っ人をスタメンで起用した。 試合は開始早々に思わぬ形で動く。アル・ヒラルがボックス付近でボールを動かした中、ボックス左に抜け出したビエットがDFマテウジーニョと交錯すると、このプレーでPKが与えられる。そして、キッカーのサレム・アル・ドサリが冷静に左隅へ蹴り込み、開始4分の先制点とした。 出ばなを挫かれたフラメンゴはすぐさま反撃を開始。アジア王者を押し込む形に持ち込む。だが、ボックス内で露骨にファウルをもらいにいったジェルソンが“ダイブ”でイエローカードをもらうなど、決定機まであと一歩という状況が続く。 それでも、攻勢を続ける南米王者は20分、セットプレーの二次攻撃からマテウジーニョがボックス右に走り込むペドロへラストパスを供給。これをブラジル代表FWが冷静にゴール左隅へ右足で蹴り込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合はボールを持って主導権を握るフラメンゴ、堅守速攻で応戦するアル・ヒラルという明確な構図の下で一進一退の攻防となる。 フィニッシュの数ではブラジルの名門が圧倒したが、アル・ヒラルも決定機まで持ち込ませない。すると、アイルトン・ルーカスの治療の影響などで6分が加えられた前半アディショナルタイムに再び試合が動いた。 ボックス左に侵入したビエットとジェルソンが交錯すると、一度プレーは流されたものの、オンフィールド・レビューの結果、ジェルソンのファウルと判断されてアル・ヒラルにPKが与えられる。さらに、ジェルソンは2枚目のイエローカードをもらって退場に。このPKをサレム・アル・ドサリが再び決め切って、サウジアラビア王者が数的優位と共にリードを手にした。 迎えた後半、10人でビハインドを追うフラメンゴはデ・アラスカエタとレオ・ペレイラを下げてプルガルとファブリシオ・ブルーノを同時投入。体力が残っている後半早い段階のゴールを目指して前に出る。しかし、ボックス付近までボールを運ぶものの、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。 一方、ゲームコントロール優先の戦い方を見せるアル・ヒラルは、カウンターを起点にあわよくば3点目を狙う、慎重な戦い方を継続。58分にはセットプレーの流れからハリファ・アル・ドサリに決定機も、ゴール前で放ったシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 フラメンゴの健闘によって1点差のまま試合は後半半ばを迎えるが、アジア王者が試合を決める3点目を奪い切る。70分、3トップを起点としたロングカウンターからボックスに持ち込んだサレム・アル・ドサリが浮き球のパスをボックス右のビエットに供給。一度足元に収めたビエットはDFと対峙しながら機を見て右足を振り抜くと、ニア上のクロスバー内側を叩いた強烈なシュートがゴールネットに突き刺さった。 これで厳しくなったフラメンゴは、エヴェルトンに続いてビダルをピッチに送り出し、ここから2点を奪いに前がかっていく。完全に逃げ切り態勢に入ったアル・ヒラルの守備をなかなか崩し切れないが、土壇場で1点を返す。91分、ガビゴルのミドルシュートがボックス中央の密集でDFに当たってゴール前にこぼれると、これをフリーのペドロが押し込んだ。 この1点で試合は一気に分からなくなると、フラメンゴはさらにリスクを冒して前に出る。しかし、気を引き締め直したアル・ヒラルを前に3点目を奪うことはできず。 この結果、フラメンゴに4年前のリベンジを果たしたアル・ヒラルがクラブ史上初の決勝進出を決めた。 なお、アジア勢初の優勝が懸かるアル・ヒラルは11日、アル・アハリ(エジプト)と、レアル・マドリー(スペイン)の勝者と決勝を戦う。一方、敗れたフラメンゴは前述の敗者と3位決定戦を戦う。 2023.02.08 06:13 Wed
twitterfacebook
thumb

セルタがベテランGKジエゴ・アウベスを獲得へ! 5年半ぶりのラ・リーガ帰還に

セルタが、元ブラジル代表GKジエゴ・アウベス(37)をフリートランスファーで獲得することになったようだ。ブラジル『O Dia』が報じている。 セルタは現在、守護神を務める元アルゼンチン代表GKアグスティン・マルチェシンがアキレス腱断裂の重傷で長期離脱中。セカンドGKのスペイン人GKイバン・ビジャールが代役を担っているが、経験豊富なバックアッパーの獲得が急務となっている。 そういった中、今季限りでフラメンゴを退団したジエゴ・アウベスの獲得に動いたクラブは、今季終了までの半年契約で合意。同選手は7日にスペインへ渡航し、メディカルチェックを経て正式にガリシアのクラブの一員となる予定だ。 2004年に母国のアトレチコ・ミネイロでプロデビューしたジエゴ・アウベスは、アルメリアを経て2011年にバレンシアに加入。バレンシアでは、在籍6シーズンを過ごし守護神として公式戦176試合に出場。しかし、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下で構想外となり、2017年から母国のフラメンゴでプレーしていた。 フラメンゴではここまで公式戦182試合に出場し、2度のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレス制覇を含め11個のトロフィー獲得に貢献していた。 2023.02.07 23:19 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のウルブス、フラメンゴの逸材MFジョアン・ゴメスの獲得を発表!

ウォルバーハンプトンは30日、フラメンゴに所属するブラジル人MFジョアン・ゴメス(21)をイギリスの労働許可証と国際免許証の取得を条件に完全移籍で獲得したことを発表した。 29日にイングランドへ到着したジョアン・ゴメスは、すでにメディカルチェックを終え、1年間の延長オプションが付随した5年半の契約書にサイン。なお、移籍金は明かされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は1500万ポンド(約24億円)の移籍金で合意に至ったと報じている。 フラメンゴの下部組織育ちのジョアン・ゴメスは、2021年7月にファーストチームに昇格。20歳の時にデビューを果たすと、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で59試合に出場し2アシスト。コパ・リベルタドーレスで21試合に出場し1アシストを記録している。 ボランチを主戦場としており、ブラジルでは高い評価を得ており、かつてはリバプールと相思相愛とも見られていたが、移籍は実現しなかった。 後半戦での巻き返しを狙うウルブスは、今冬の移籍市場で派手に動いており、アトレティコ・マドリーからブラジル代表FWマテウス・クーニャ(23)、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)、パリ・サンジェルマン(PSG)からスペイン代表MFパブロ・サラビア(30)、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)、ブリストル・シティからGKダニエル・ベントリー(29)を獲得。ジョアン・ゴメスは6人目の補強となった。 2023.01.31 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

積極補強のウォルバーハンプトンがフラメンゴの逸材MFジョアン・ゴメスと加入合意、移籍金24億円…今冬6人目の新戦力

ウォルバーハンプトンが、MFジョアン・ゴメス(21)の獲得でフラメンゴと合意したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 フラメンゴの下部組織育ちのジョアン・ゴメスは、2021年7月にファーストチームに昇格。20歳の時にデビューを果たすと、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で59試合に出場し2アシスト。コパ・リベルタドーレスで21試合に出場し1アシストを記録している。 ボランチを主戦場としており、ブラジルでは高い評価を得ており、かつてはリバプールと相思相愛とも見られていたが、移籍は実現しなかった。 2022年9月にフラメンゴとの契約を2027年8月まで延長したジョアン・ゴメスだが、フレン・ロペテギ監督が高く評価。今冬の移籍市場で獲得したい意向を示していた。 ジョアン・ゴメスにはリヨンも興味を持っており、フラメンゴは取引をしようと思っていたが、選手本人がプレミアリーグ行きを希望。来週にもイギリスへ渡り、メディカルチェックを受けることになるという。 移籍金は1500万ポンド(約24億円)とのこと。5年契約を結ぶと見られている。 ウォルバーハンプトンは、今冬の移籍市場で派手に動いており、アトレティコ・マドリーからブラジル代表FWマテウス・クーニャ(23)、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)、パリ・サンジェルマン(PSG)からスペイン代表MFパブロ・サラビア(30)、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)、ブリストル・シティからGKダニエル・ベントリー(29)を獲得。契約すれば、6人目の補強になる。 2023.01.27 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が狙っていたGKウーゴ・ソウザからベンフィカが撤退…ピッチ外の問題がネックに

ヴィッセル神戸が獲得を目指していたとされているフラメンゴのブラジル代表GKウーゴ・ソウザ(23)だが、噂されたベンフィカへの移籍も無くなったようだ。ブラジル『Torcedores』が伝えた。 ブラジル代表歴もあるウーゴ・ソウザはフラメンゴの下部組織育ちで、2019年9月にファーストチームに昇格。ここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成。コパ・リベルタドーレスでも5試合に出場していた。 神戸が獲得のオファーを出し、50%の保有権に対して130万ドル(約1億7000万円)を支払い、3年契約を提示し合意したとされていたが、一転して家族の問題で日本行きを拒否していた。 そのウーゴ・ソウザにはベンフィカが獲得に乗り出し、本人も希望していたヨーロッパでのプレーが叶うことになると思われていた。 しかし、現在は彼を欲しがるクラブは存在しないとのこと。ベンフィカが獲得を見送った理由にはウーゴ・ソウザが抱える問題があるという。 『Torcedores』はフラメンゴの関係者のコメントとしてウーゴ・ソウザの問題点を紹介。「彼をチームに入れることはリスクになる」と語った人物は、「ピッチ外のことを優先してきた」、「グループ内でポジションを争う意欲をほとんど見せない」と指摘している。 神戸との契約も合意しながら家族の問題でブラジル残留に翻意。これはフラメンゴの幹部を怒らせたともいう。 また、フラメンゴも彼を戦力として考えていないとのこと。チームには留まらせるものの、ポジションを与える気はないようだ。 ウーゴ・ソウザは2025年12月までフラメンゴとの契約を残しており、移籍金は7000万ユーロ(約100億円)とのこと。この移籍金もかなりネックになっているとされている。 <span class="paragraph-title">【動画】GKウーゴ・ソウザのパフォーマンス集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oNuqPqjpv00";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.24 16:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly