「中盤として完全な選手」ニューカッスルを牽引する好調ギマランイスに称賛の声

2022.10.11 13:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏と、元アイルランド代表MFのロイ・キーン氏が、ニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスを称賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。

2022年1月にニューカッスルへ加入したギマランイス。サウジアラビア資本が加わり新体制となっていたチームで主軸の座を掴むと、今シーズンもプレミアリーグ6試合に出場して2ゴール1アシストを記録するなど、現在6位と好調なチームの原動力となっている。

8日に行われたプレミアリーグ第10節のブレントフォード戦で2ゴールと活躍したギマランイスについて、辛口評論家で知られるキャラガー氏もイギリス『スカイ・スポーツ』の番組で称賛。プレミアリーグの中でもトップクラスの選手だと評価した。
「中盤の選手はポジションによって6番、8番、10番と呼ばれる。そして、彼はそのすべての役割をこなせる選手だ。今シーズンは、どちらかというと中盤の深い位置でプレーしている」

「トップ6の中盤と比較してみると、彼はロイ(・キーン氏)がプレーしていた頃に戻ったようなタイプだと思う。自分のポジションを守るタイプのMFでも、攻撃的なMFでもない。ギマランイスは、そうした中盤の選手とは違う」

「彼の持ち運びや創造性、スルーパスなどのスタッツを見てみると、中盤として完全な選手であることを示している。これが、この中盤の選手が(ニューカッスルのある)タインサイドだけでなく、各地で興奮を呼んでいる理由だ」

ギマランイスに対しては、同じく辛口のキーン氏も称賛を惜しまず。ファンから愛されるタイプであり、これからさらに成長するだろうと期待を示した。

「彼は明らかに自信を持ってプレーしている。ニューカッスルはここ数週間、良い成績を残していて、大きな勝利と多くの得点を挙げているのも大きい。彼がMFとしてやるべきことをやっているのは、スタッツが裏づけている」

「まだシーズン序盤だから、彼についてはこれから数カ月をかけて見ていきたい。しかし、彼は良いキャラクターをしていて、ファンに受け入れられている。そして試合では得点に絡み、フットボールへの理解が深い。インテリジェンスを備えた選手だ」

関連ニュース
thumb

ニューカッスル、ウェストハムの21歳DFアシュビー獲得へ… トリッピアーのバックアッパーに

ニューカッスルがウェストハムの元U-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)獲得を確実にしたようだ。イギリス『90min』が伝えている。 アシュビーはウェストハムの下部組織で育った右サイドバック。ファーストチームデビューは2020年9月まで遡るが、今季はヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の予選と本戦の計2試合以外に出場がなく、主にU-21チームでプレーしていた。 ニューカッスルは昨夏にアシュビー獲得を目指すも、この時はクラブ間交渉が決裂。主軸の右サイドバックであるDFキーラン・トリッピアーをバックアップできる人材として注目してきたとのことだ。 移籍金は300万ポンド(約4億8000万円)とされ、アシュビーは29日にメディカルチェックを実施。契約もすでに済ませたとみられ、あとは公式発表を待つのみとなったようだ。 2023.01.30 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

大所帯フォレスト、補強止まらず! アトレティコDFフェリペ&ニューカッスルMFシェルヴェイとも交渉中

ノッティンガム・フォレストがアトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の2選手獲得に近づいているようだ。 フェリペは身長190cmのセンターバックで、2016年夏にコリンチャンスからポルトへ移籍し、2019年夏には30歳でアトレティコへ加入。当初は主力としてプレーも、昨季終盤から徐々に出場機会が減り、今季はラ・リーガ3試合、チャンピオンズリーグ(CL)1試合、計283分間の出場にとどまっている。 一方、かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。こちらも長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっている。 イギリス『90min』によると、フォレストは両選手の獲得に向けて交渉中。昨夏には大量21選手を補強し、現在では34選手を抱える大所帯のため、フェリペとシェルヴェイの獲得に備え、イングランド人MFルイス・オブライエン(24)とイングランド人DFハリー・トフォロ(27)のレンタル放出を進めているという。 なお、フェリペは1月上旬にウォルバーハンプトン行きの交渉が決裂しており、シェルヴェイにはトルコからオファーが届いているものの、本人が難色。フォレストは両選手の獲得に自信を持っているとのことだ。 2023.01.30 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがエバートンの10番アンソニー・ゴードンを獲得! 「ニューカッスルは自分に適したクラブ」

ニューカッスルは29日、エバートンからU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルは移籍金4000万ポンド(約64億3000万円)+アドオン500万ポンド(約8億円)をエバートンに支払うことになるという。 降格圏に沈むトフィーズを脱出してタインウェアに新天地を求めたゴードンは、クラブ公式サイトのインタビューで意気込みを語った。 「ニューカッスルからの関心を耳にしたときから、ニューカッスルは自分に適したクラブだと確信していたんだ」 「ファン層や街並みが自分という人間に合っていると思うし、今の監督の下でのチームのプレーも僕にマッチしている。それにクラブは正しい方向に向かっているように見えるんだ」 「本当に大きな一歩だと感じているよ。まだ多くの人は僕の真の実力を見ていない。監督やクラブの方針の下、ここで活躍できると思っているよ」 一方、トップ4フィニッシュに向け前線の複数ポジションをこなせるユーティリティー性、多くの伸びしろを持つ国内産の逸材確保に成功したエディ・ハウ監督は、ゴードンへの大きな期待を口にしている。 「アンソニーと契約できたことを嬉しく思う。彼は本当に最高の才能だ。一緒に仕事をして、彼を成長に導くことができることに興奮しているし、彼がニューカッスルのユニフォームを着て何ができるかを見るのを楽しみにしているよ」 地元リバプール出身のゴードンは16歳でエバートンのトップチームデビューを果たした早熟のアタッカー。2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異彩を放ち、昨季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 今シーズンは背番号10を託され、主戦場の左右のウイングに加え、チーム事情でセンタフォワードも務め上げ、チームが降格圏の19位に低迷する中でリーグ戦16試合3ゴールの数字を残していた。 2023.01.30 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

躍進ニューカッスルの象徴トリッピアーが新契約にサイン! 「これ以上望む場所はない」

ニューカッスルは27日、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(32)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 サウジアラビア政府系ファンドによる買収後最初の獲得選手であり、DFジャマール・ラッセルズに代わってゲームキャプテンとしてチームを牽引する32歳DFは、今回の契約延長に満足感を示している。 「契約を延長することができて、本当に嬉しく思っているよ。監督、オーナー、ファン、そしてチームメイトに感謝の気持ちでいっぱいだ」 「僕が初めてここに来たとき、彼らはとても歓迎してくれたし、僕はクラブが偉大なことを成し遂げるのを助けたいんだ。今はクラブにとっても僕らプレーヤーにとってもポジティブな瞬間を過ごしているし、僕にとってこれ以上望む場所はないよ」 マンチェスター・シティの下部組織出身のトリッピアーは、バーンリー時代にブレイク。2015年7月にトッテナムへと完全移籍すると、公式戦114試合に出場し2ゴール24アシストを記録。リーグ屈指の右サイドバックとの評価を確立すると共に、イングランド代表にも定着した。 その後、2019年にアトレティコ・マドリーへ移籍し、自身初の国外リーグを経験し、昨年1月にバーンリー時代に指導を受けた、エディ・ハウ監督の誘いを受けてニューカッスルに加入。ハーフシーズンのプレーとなった1年目はケガでほぼプレーできずに終わったが、今季は開幕からここまでの公式戦全26試合に出場し、1ゴール6アシストを記録。攻撃では高精度のクロスやプレースキックで多くのチャンスを演出し、守備では守護神ニック・ポープ、ファビアン・シェア、スヴェン・ボトマン、ダン・バーンとの鉄壁のユニットでリーグ最少(11失点)の堅守を構築している。 2023.01.28 07:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly