「何かの兆候だ」2点差逆転も追いつかれたリバプール、クロップ監督が嘆き「トップレベルの守備が必要」

2022.10.02 13:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

リバプールは1日、プレミアリーグ第9節でホームにブライトンを迎えた。

今シーズンは開幕から低調なパフォーマンスが続き、初勝利は第4節。中断前の前節もエバートン相手にゴールレスドローに終わっていた。
なかなかパフォーマンスが上がらない中、この試合も前半にレアンドロ・トロサールに2ゴールを許してしまう苦しい展開に。それでも、ロベルト・フィルミノの2ゴールとオウンゴールで逆転に成功した。

このまま勝利を収めていきたいところだったが、83分に三笘薫のお膳立てからトロサールにハットトリックを許してしまい同点に。打ち合いとなった試合は3-3のドローに終わった。

試合後、またしても勝ち切れなかったクロップ監督は、このような状況は何度も見てきたとコメント。難しい状況が続いていることを認め、まずは守備面の改善をしなければいけないと見解を示した。

「100%正直に言って、同じような状況は初めてではない。多分、我々が見た状況の数は、ボールが高く蹴られた場合や、様々な状況で少し異なっていたかもしれないが、それは何かの兆候だ。その兆候は、信頼度が特別高くなったわけではないということだ」

「我々の状況では手に入れたいもの、自信を取り戻すこと、そしてそれを維持し、増やしていきたいと思う。それに基づいて構築していきたいと思う」

「特に最初のゴールでは明らかで、2点目も助けにはならなかった。ブライトンのセットプレーには驚かされた。何をされるかも見当がつかず、ここ数週間のブライトンの状況がわからないことは明らかだった」

「以前はグレアム・ポッター、現在はロベルトと、彼らは良いセットプレーを持っている。だから、今に始まったことではなく、正直になれば、よくあることだった」

「通常はより早く適応できるが、その前に2-0となった。その後、彼らが何をしていたかをよく理解し、より適切な反応を見せルコとができた」

「その結果、隙間がなくなり、ハーフスペースからボールを出せなくなった。結果として、試合を振り出しに戻すことができた」

「2-1、2-2、3-2。そしてまた…長くここでサッカーを見ていると、何年か前に1点差という状況があり、その時は誰もが心臓が止まりそうになったことがあった」

「というのも、カウンターやコンパクトな展開に説得力がなかったからだ。今日はそのことを少し思い出した。だから、3-2とリードをしていた時に、失点しないと100%確信していたとは言えない」

「彼らはゴールを決めた。我々は3つのゴール全てでもっと上手く守るべきだった。最後の瞬間ではなく、もっと早い段階で防ぐべきだった」

「彼らは3-3となるゴールを決めたが、敗北ではないのに敗北のように感じている。我々は、この状況を戦い抜かなければならない」

「選手たちはもっと上手くプレーできる。私の仕事は、彼らが結果を出せる状況を作り出すことだ。そのためには、安定性と一貫性が必要であり、トップレベルの守備が必要となる。明らかにトップレベルではなく、試合中もそうではなかった。他の場面では本当に危険な状態があった」

「我々は良い場面が色々あり、3-2とリードできたことは本当に良かったと思う。その後、我々は深く腰掛けることもなく、高い位置から攻めることもなく、その中間のような状態だった。それで彼らに良い場面が作られてしまった」

「オフェンシブな選手がライン間でターンするようなシチュエーションをいくつ見たか分からないほどだ。見ていて本当に酷かった」

「繰り返しになるが、これは常に勝ち続けている時と同じ仕事だ。ただ、選手たちが反応するような状況を作り出し、それが簡単にできるようにしなければならない。だからより難しくなっている」

関連ニュース
thumb

クロップは現時点でドイツ代表監督に興味なし

ドイツ代表の新指揮官候補に挙がるリバプールのユルゲン・クロップ監督だが、現時点でマンシャフトを率いる考えはないようだ。ドイツ『スカイ』が報じている、 カタール・ワールドカップ(W杯)で優勝候補の一角に挙げられたドイツだが、日本代表との初戦の逆転負けが大きく響き、グループEの戦いを1勝1分け1敗の3位で終了。この結果、ロシア大会に続き屈辱の2大会連続敗退となった。 また、直近のUEFAネーションズリーグ2022-23ではグループAからの敗退こそ回避したものの、イタリア代表、ハンガリー代表に次ぐ3位に終わっており、ここ数年の不振を脱却できずにいる。 そのため、ドイツサッカー連盟(DFB)は、ユーロ2024まで契約を残すハンジ・フリック監督の手腕に疑問を抱いており、ベルント・ノイエンドルフ会長と、マネージングディレクターであるオリバー・ビアホフ氏は近日中に同監督と今後に向けた話し合いを行う予定となっている。 仮に、この話し合いの中でフリック監督の解任に踏み切った場合、現時点で有力な後任候補に挙がっているのが、これまでも幾度となく招へいの可能性が伝えられたクロップ監督だ。 しかし、同監督の代理人でありメインアドバイザーを務めるマルク・コジッケ氏は、ドイツ代表監督就任の可能性を否定している。 「それはメディアでの話題にすぎない。ユルゲンはリバプールで2026年まで契約を結んでいる」 「そして、クロップはリバプールとの契約を全うするつもりだ」 前述のコメントのようにクロップ監督は先日にリバプールとの契約を2026年まで延長した。ただ、今シーズンのリーグ戦での不振やクラブに身売りの可能性が浮上しており、今後の状況次第ではマンシャフトでの指揮を検討する可能性はゼロではなさそうだ。 2022.12.03 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールがミスリンタート氏の招へいに関心、今季限りで退任表明のSD後任に?

リバプールが新たなスポーツ・ディレクター(SD)の候補として、スヴェン・ミスリンタート氏(50)の招へいを検討しているようだ。 リバプールは辣腕で知られたマイケル・エドワーズSDが昨シーズン限りで退任。後任として、これまでエドワーズ氏をサポートしていたジュリアン・ウォード氏が内部昇格の形で任命された。ポルトガル方面に強いコネを持つウォード氏は、今夏にベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得するなど、エドワーズ氏退陣後の最初の移籍市場で存在感を発揮していた。 しかし、そんなウォード氏が11月に突如として今シーズン限りでの退任を発表。予想外の行動に対してクラブ側は慰留に努めるも本人の意志が固く、後任の選定が急務となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、リバプールはその候補としてミスリンタート氏の招へいに関心を示している模様だ。 ミスリンタート氏はかつてユルゲン・クロップ監督と共に、ドルトムントでFWロベルト・レバンドフスキやMF香川真司ら数々の才能を発掘。クラブのブンデスリーガ2連覇などに多大な貢献を果たした人物だ。ドルトムント退団後はアーセナルを経て2019年4月からシュツットガルトのSDに就任。日本代表DF伊藤洋輝を獲得するなど若手発掘で変わらずの手腕を発揮したが、先月限りで退任となった。 フリーとなったミスリンタート氏自身も、リバプールでの仕事に関心を持っていると報じられており、クラブがどのような決断を下すかに注目が集まっている。 2022.12.01 17:03 Thu
twitterfacebook
thumb

前線の強化模索のリバプール、W杯で活躍中のガーナ代表MFの状況を注視か

リバプールがアヤックスのガーナ代表MFモハメド・クドゥス(22)獲得に関心を示しているようだ。 今夏にFWサディオ・マネ、FWディヴォク・オリジ、FW南野拓実ら多くのアタッカーが退団したリバプール。加えて、ウィングとして起用されることもあるMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンも契約満了による来夏の退団が濃厚視されており、前線の層の薄さが懸念されている。 イギリス『リバプール・エコー』によると、クラブは前線の層を強化するため、クドゥスに対しての関心を強めている模様だ。リバプールは10代の頃からクドゥスにスカウトを送っており、ユルゲン・クロップ監督も今季チャンピオンズリーグ(CL)で対戦した際にアンフィールドでゴールを決めたガーナ代表MFを高く評価しているとのことだ。 クドゥスは2020年にデンマークのノアシェランからアヤックスに加入。今季は公式戦21試合で10ゴール2アシストしているほか、現在開催中のカタールW杯でも2試合で2ゴール2アシストを記録するなど、大舞台で輝きを放っている。 2022.11.29 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly