「ワールドクラス」「誰もが一度は決めてみたいゴール」 FC東京のJ1通算1000ゴール目は安部柊斗の衝撃のミドル!

2022.10.01 23:12 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
世界に通用すると言っても過言ではないスーパーゴールが誕生した。

1日、明治安田生命J1リーグ第31節の鹿島アントラーズvs FC東京の一戦が行われ、0-1でFC東京が勝利した。

逆転優勝にわずかながら望みを繋いでおり、3位以内でのフィニッシュを目指す鹿島と、残りシーズンもしっかりと戦術の浸透を図っていきたいFC東京の一戦となった。
両者激しい試合となり、互いに攻め合うもゴールを奪えない展開が続き、ゴールレスのまま試合は進んでいく。

そんな中、試合を動かしたのは65分から足を痛めた松木玖生に代わってピッチに立った安部柊斗だった。

すると迎えた84分、左サイドを仕掛け、バングーナカンデ佳史扶がクロス。これはクリアされるが、ボックス手前で拾った安部がフリーでボールを拾うと、胸コントロールから右足一閃。アウトにかかったシュートがゴール右に飛ぶと、GK早川友基が触るもネットを揺らした。

なお、このゴールはFC東京にとってのJ1通算1000ゴール目のメモリアルゴールとなった。

劇的なゴール、そしてスーパーなゴールには「ワールドクラス」、「誰もが一度は決めてみたいゴール」、「まさにスーペルゴラッソ」と、勝利に導いたスーパーゴールをたたえた。



1 2

関連ニュース
thumb

「もう一度自分が知らない所へ…」 鳥栖MF小泉慶がFC東京へ完全移籍

FC東京は27日、サガン鳥栖のMF小泉慶(27)が完全移籍で加入することを発表した。 小泉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校に進学。2014年からアルビレックス新潟に入団し、4シーズンを過ごした。 以降は柏レイソル、鹿島アントラーズを経て2021年8月に鳥栖に加入。これまで明治安田生命J1リーグ通算224試合の出場で7得点を記録している。 今シーズンはケガで離脱する期間がありながらも、主力としてJ1で30試合に出場。ボランチを主戦場にプレーしたが、右サイドバックやトップ下もこなせるユーティリティプレーヤーだ。 小泉は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「サガン鳥栖から加入することになりました小泉慶です。FC東京がタイトルを獲得するために、勝つことだけを考えてプレーします。応援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「1年半という短い間ですがサガン鳥栖でプレー出来た事、最高の出会いが沢山あった事、感謝の気持ちしかありません。ただ個人的にサッカー選手としてはもう若くありません。もう一度自分が知らない所へ行き挑戦したいと思いました。そう思わせてくれたのはサガン鳥栖でプレー出来たからこそだと思ってます。また必ず会いましょう。1年半ありがとうございました」 2022.11.27 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京MF安部柊斗が来季契約合意 「チームを勝たせられるような選手に」

FC東京は27日、MF安部柊斗(24)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 安部は元々、FC東京のアカデミー出身。明治大学に進学するが、2019年に特別指定選手として登録され、2020年に正式入団した。 そのFC東京では1年目から中盤の主力に。今季も明治安田生命J1リーグで30試合4得点を記録するなど、公式戦34試合でプレーした。 契約更新に際して、FC東京のクラブ公式ウェブサイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただくことになりました。自分自身勝負の1年だと思っています。どんな時もブレずにやり続け、チームを勝たせられるような選手になります。2023シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.27 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、林彰洋の加入を発表! 今季をもってFC東京を退団、「来てくれてよかったと思ってもらえるように」

ベガルタ仙台は26日、GK林彰洋(35)の加入決定を発表した。 流通経済大学時代から日本代表に呼ばれるなど、目がかけられる存在だった林はいずれも下部だが、イングランドとベルギーでのプレーを挟み、2012年の清水エスパルスでJリーグ初挑戦。2013年からサガン鳥栖に移り、2017年にFC東京入りした。 移籍1年目から守護神の座を射止め、2019年にJリーグベストイレブンを初受賞。だが、2020年11月の練習中に右ヒザの前十字じん帯および外側半月板を損傷して翌月に手術を受けると、今年1月にも再手術に踏み切り、公式戦の出場から遠ざかる。 今年7月からはチームの練習に参加し、復活を期す状況だったが、5日にホームで明治安田生命J1リーグ最終節の川崎フロンターレ戦をチームとして控えるなか、クラブが今季限りでの契約満了を発表。来季から新天地を求めることが決まっていた。 林はJ1昇格を目指す仙台で再起を期すことになり、クラブを通じて意気込みを語っている。 「ファン、サポーターのみなさま、はじめまして林彰洋です。ベガルタ仙台がJ1昇格という目標を達成するために自分が持っているもののすべてを注ぎ込み、林彰洋が来てくれてよかったと思ってもらえるようにがんばります。シーズンを通して良い時も悪い時もあると思いますが、仙台・宮城という地域が一丸となって、選手とみなさまで最高の雰囲気を作っていきましょう。よろしくお願いします」 2022.11.26 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、大物ルーキー松木玖生と来季契約合意 「2022シーズンの自分を超えられるように」

FC東京は26日、MF松木玖生(19)との来季契約合意を発表した。 今季、青森山田高校からの大物ルーキーとして鳴り物入りでFC東京入りした松木。1年目からその前評判通りにポジションを掴み、明治安田生命J1リーグで31試合2得点の数字をマークした。 来季に向け、「2023シーズンも東京でプレーさせていただきます。自分自身さらにレベルアップし、2022シーズンの自分を超えられるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントしている。 2022.11.26 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京がDF中村帆高との契約更新を発表「チームがタイトルを掴めるよう全力で頑張ります」

FC東京は25日、DF中村帆高(25)との契約更新を発表した。 中村は横浜F・マリノスの下部組織出身で、日大藤沢高校から明治大学へと進学。2020年からFC東京へと加入した。 FC東京では1年目はJ1で28試合1得点、2年目は8試合に出場。今シーズンはJ1で22試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合に出場していた。 中村はクラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただきます。大好きなこのクラブで戦える幸せを噛み締め、勇気と覚悟を持って戦います」 「個人として目に見える結果を貪欲に求め、チームがタイトルを掴めるよう全力で頑張ります。2023シーズンも熱い応援よろしくお願いします」 2022.11.25 14:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly