デンマークがカタールに抗議…デンマーク代表のシンプルすぎるユニフォームの理由を『ヒュンメル』が声明

2022.09.29 10:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デンマークのスポーツブランド『ヒュンメル』は、ワールドカップ(W杯)の開催国であるカタールに抗議することを発表した。『ヒュンメル』はデンマーク代表のユニフォームサプライヤーでもあり、19日にW杯で着用するユニフォームを発表していた。

ユニフォームは、ホームが赤、アウェイは白、3rdは黒となっており、無地でデザインは脇と袖口に同系色のラインが入っているのみ。『ヒュンメル』のロゴ、デンマークサッカー協会(DBU)のエンブレムもユニフォームと同じカラーで目立たないものとなっていた。
そんな中28日、『ヒュンメル』が声明を発表。W杯開催国のカタールで起きていた、人権の問題と移民労働者の扱いに抗議するため、目立つことを避けたとユニフォームに関して説明した。

「何千人もの人々の命を奪ったトーナメント中に我々は目立ちたくありません」

「我々は、デンマーク代表チームを全面的にサポートしていますが、それはホスト国としてのカタールをサポートすることと同じではありません」

カタールでは、W杯のためのスタジアム建設やインフラ整備のために過酷な動労環境が強いられ、特に移民労働者への扱いが大きな問題となっていた。

国際連合との協議資格をもつ非政府組織(NGO)の「アムネスティ」は、8つの民間警備会社から34人の従業員のレポートを受け取ったことを発表。レポートによると、移民労働者は休日なしで何カ月、または何年も労働させられているという事実があったとしている。

さらに、ほとんどの人に対して、雇用主はカタールの法律で義務付けられている毎週の休暇を尊重することを拒否。休みを取った場合は、労働者は恣意的な賃金控除で罰せられることになっていたという。

この人権問題には、デンマークに限らず多くの国で反応が。イングランド代表は、キャプテンのハリー・ケインが多様性と包括性を促進し、差別に反対するためにオランダが開始したキャンペーンの一環として、W杯で「OneLove」のキャプテンマークを巻くことを決定した。

また、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、スウェーデン、ウェールズ、スイスも賛同。カタールは、厳格な反LGBT法や移民労働者の扱いに関する懸念など、同国の人権記録について激しく批判されてきた。

関連ニュース
thumb

4大会ぶりW杯決勝T進出のオーストラリア、指揮官は「こうした努力を誇りに思う」

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出を喜んだ。イギリス『BBC』が伝えている。 オーストラリアは11月30日に行われたカタールW杯グループD最終節でデンマーク代表と対戦した。勝てばグループステージ突破が決定する状況で、立ち上がりからボール支配こそ譲りながらも集中した守備で失点を許さずハーフタイムへ。後半も同様の展開が続いたが、60分にカウンターからFWマシュー・レッキーが値千金の先制弾を決めると、1-0で勝利した。 この結果、2006年のドイツW杯以来となる決勝トーナメント進出が決定。試合後のアーノルド監督はチームを大いに称えつつ、これからの戦いに向けて気を引き締めている。 「私はチームのこうした努力を誇りに思っている。準備する時間はとても短かったが、そこで彼らが見せた努力は信じられないようなものだった」 「選手たちは素晴らしい心構えでこの大会にやってきた。この4年間は信念、エネルギー、そして集中力の向上に向けて取り組んできた。そして、彼らの目を見れば今夜の準備は万端であるとわかったんだ」 「祝杯はあげるつもりはないね!だからこそ、我々はチュニジア戦で素晴らしい勝利を収めた後で再び白星を掴めたのだ。祝賀会も、感動も、SNSも必要ない」 2022.12.01 11:36 Thu
twitterfacebook
thumb

オーストラリアを4大会ぶりベスト16に導いたレッキー「若い世代に感動を」

メルボルン・シティのオーストラリア代表FWマシュー・レッキーが11月30日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節デンマーク代表戦を振り返った。 この試合で先発したレッキーは後半15分にロングカウンターの流れからゴールをマーク。これが決勝点となってオーストラリアは1-0で競り勝ち、2006年ドイツW杯以来となる2度目のベスト16に進出した。 レッキーは試合後、グループズテージを突破した喜びを語った。 「僕らは大きな夢を持って挑んだ。グループズテージを突破するというね。その夢は達成できた。これでもう一試合できる。多くの選手が疲労困憊だけど、準備はできている」 「激しい試合だったが、僕らはよく守った。もう一つの試合はコントロールできない。だから勝つことだけを考えて臨んだ。僕らのゲームができたね。勝利に値すると思う。W杯でプレーすることは若い頃の夢だった。今度は僕らが若い世代に感動を与えられたらと願っているよ」 2022.12.01 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

堅守オーストラリアがレッキーの一撃でデンマーク撃破、4大会ぶり2度目のベスト16進出《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループD最終節、オーストラリア代表vsデンマーク代表が11月30日に行われ、1-0でオーストラリアが勝利した。 前節チュニジア代表戦をヂュークの決勝弾で勝利した2位オーストラリア(勝ち点3)は勝利すれば自力突破となる中、デュークやGKライアン、デゲネクらがスタメンとなった。 一方、前節フランス代表戦をエムバペの2発で1-2と競り負けた3位デンマーク(勝ち点1)は逆転突破のためには勝利が必須の中、エリクセンやホイビュア、リンドストロームらがスタメンとなった。 慎重な入りとなった中、11分にデンマークが最初にゴールへ迫る。ブラースヴァイトのダイレクトパスを受けたイェンセンがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせた。 ここからデンマークの圧力が強まり、押し込む展開で推移。サイドから打開を図り、オーストラリアを揺さぶりにかかった。 しかし前半半ばからハーフタイムにかけてはオーストラリアの自陣に引いた守備を崩すような攻撃は見せられずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もデンマークが押し込む展開で推移。しかし前半同様にオーストラリアを崩しきれず59分にドルベリとダムスゴーアを投入した。 だが直後、ゴールを奪ったのはオーストラリア。ロングカウンターに転じた流れからマクグリーのスルーパスを受けたレッキーがシュートを決めきった。 追う展開となったデンマークはさらにコーネリウス、スコフとアタッカーを投入していったが、最後までオーストラリアの牙城を崩せずにタイムアップ。 堅守オーストラリアが4大会ぶり2度目のベスト16進出を決めている。 2022.12.01 01:57 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転突破へ運命の豪州戦、デンマーク指揮官「何かのためプレーできるのは特権」

逆転でのグループリーグ突破を目指すデンマーク代表のカスパー・ヒュルマンド監督が、運命の一戦に向けてチーム全体でプレッシャーを楽しむように促している。 今大会のサプライズ候補に挙がるデンマークだが、第2節を終了時点で1分け1敗のグループ3位と苦戦を強いられる。それでも、最終節では2ポイント差で2位のオーストラリア代表との直接対決となり、同勝ち点で並ぶ最下位のチュニジア代表が首位のフランス代表に大勝しなければ、勝利で突破を決められる可能性が高い。 2大会連続の決勝トーナメント進出に重要な一戦を翌日に控える中、ヒュルマンド監督は公式会見の場で運命の一戦への意気込みを語った。『ESPN』が会見コメントを伝えている。 「プレッシャーがあると言わなかったら、それは間違っているし、正直でないと思う」 「しかし、我々は非常に堅実で、非常に優れたグループだ。我々は決して一人ではなく、一緒に物事を行う。私自身、孤独を感じていないし、素晴らしいスタッフとプレーヤーがいて、一緒に物事に取り組んでいる」 「こういったイベントで経験を積むほど、プレッシャーを感じたり、プライドを感じたりするものだ。それは子供のころからの長い長い夢だった。今、実際に自分がそれを感じられる立場にいる。何かのためにフットボールをすることができる。それは特権であり、楽しむべきものなんだ。それこそこういった大会に臨む上で最良の方法だ」 「我々は一緒にそれを行い、楽しみにしている。大きな夢を持ち、懸命に働き、夢を追い求めることができることへの報酬なんだ。ここに自分たちの夢があるのだからね。何ができるか見てみよう。それが最善の方法だ」 また、対オーストラリアという部分では普段通りの戦いを意識しつつ、突破にアドバンテージを持つ相手がアグレッシブに戦ってくることを予想している。 「最善の方法は、自分たちの仕事に100%集中し続けることだ。我々はいつものように準備してきた。自分たちのアイデンティティ、哲学を持って、それがどのように機能するかを見ていくつもりだ。(他会場の)結果に応じて変更されるのは、最後の10分または15分だけだ」 「オーストラリアは、受け身になることが危険であることも知っている。(突破に)引き分けで十分かどうかは分からない。彼らは我々に圧力をかけ、攻撃しようとすることを確信している。そして、すべての試合と同様に、各チームには時間ごとのハイライトというものがある」 2022.11.30 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「前に出て行くことが大事」、サッカルーズ指揮官は引き分け考えず

引き分けでもグループリーグ突破の可能性を有するオーストラリア代表だが、グラハム・アーノルド監督はデンマーク代表を相手に勝ち点3を目指している。 2006年大会以来のグループリーグ突破を目指すオーストラリアは、王者フランス代表との初戦を1-4の大敗で落としたが、チュニジア代表との第2節ではファジアーノ岡山FWミッチェル・デュークが決めたゴールを守り切って1-0の勝利。この結果、グループ2位で最終節を迎えることになった。 2ポイント差で3位のデンマークと対峙する最終節では最下位のチュニジアが首位のフランスに大勝しない限り、引き分けでも突破を決められる可能性が高い。それだけに、オーストラリアが引き分け良しとする守備的なプランで臨む可能性も指摘される。 しかし、前日会見に出席したアーノルド監督はその可能性を否定している。イギリス『デイリー・メール』が会見コメントを伝えている。 「繰り返しになるが、フランス戦の30分間、そしてチュニジア戦の60分間のように、前に出て行くことが大事だ。それこそ私がプレーヤーたちに伝えてきたメッセージ」 「フランス戦の30分間は素晴らしかった。チュニジア戦では30%から60%、今度はデンマーク戦で90%または100%の時間でそれを維持したい。同時にずさんなミスを確実に取り除きたい」 また、この試合に向けてはDFナサニエル・アトキンソンの戦列復帰によって全選手が起用可能な状況となったが、サッカルーズの指揮官はチュニジア戦からの大きな変更は考えていないという。 「大きな変更は、脳に混乱を生じさせる。混乱したとき、人々は何をするか? エネルギーがなくなり、ミスを犯す」 「我々は4年半の間、懸命に取り組んできた。プレーヤーたちは何をすべきか、そして私が何を期待しているのかを正確に知っている。1日でホイールを交換したからといって、戦術的に優れた結果が得られるとは思っておらず、プレーヤーの脳に混乱をもたらすことになり、一度変更すると、プレーヤーの能力を最大限に引き出すことはできなくなる」 また、ここ数年はサッカー人気の低迷が伝えられるオーストラリアにとってグループリーグ突破は人気を取り戻す上で重要な転換点となる。アーノルド監督は同国代表指揮官としてその重みを深く理解している。 「私の目標は、オーストラリア人の顔を笑顔にすることだ。それは私のことではなく、オーストラリア代表の試合を通じてという意味だ」 「あなた方はオーストラリア人ではなく知らないと思うが、オーストラリアのサッカーはおそらくAFL、ラグビーリーグ、ラグビーユニオン、クリケットに次ぐ4番目か5番目のスポーツだ」 「遺産を残すことは重要だ。2006年にその世代がしたことは…。それで育った子供たちは、今の世代でプレーしているプレーヤーたちだ。彼らは当時10歳ぐらいで、2006年に当時のプレーヤーたちを見ていた。それが彼らのインスピレーションとなっている」 「この世代は2006年のチームをエミュレートし、10歳のときに見たのと同じ目標を達成することについて話しているんだ」 2022.11.30 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly