「75%元フロンターレ」ミズノのモデルに起用された“人選”にファン注目「推しの揃い踏み!」

2022.09.28 19:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミズノは27日、「ミズノフットボール22AWコレクション」のモデルに、日本代表のDF吉田麻也(シャルケ)、MF守田英正(スポルティングCP)、MF田中碧(デュッセルドルフ)、MF旗手怜央(セルティック)の4人を起用することを発表した。いずれも9月の日本代表メンバーに招集されており、以前からミズノのスパイクを着用してきた選手たちだ。

偶然にも吉田以外の3人はJリーグ時代に川崎フロンターレでプレー。そのこともあり、ファンも「推しの揃い踏み!」、「良い人選」、「圧倒的川崎色」、「かっこいい」、「75%元フロンターレw」と喜んでいる。
元々、川崎Fの選手たちはミズノのスパイクを着用している選手が多い。また、日本代表ではGK権田修一(清水エスパルス)やMF相馬勇紀(名古屋グランパス)もミズノのスパイクを着用している。

1 2

関連ニュース
thumb

「襟付きだ」「超かっこいい」名古屋が新ユニフォーム発表、襟付き&全身赤にファンが反応「ここ最近で1番好き」

名古屋グランパスは8日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは長谷川健太監督の就任1年目。上位を目指して戦う中、得点力不足に悩まされ前半戦は勝ち点が伸びず。結局、11勝13分け10敗で8位で終了していた。 迎える2023シーズンもミズノのユニフォームを着用することが決定。ユニフォームのコンセプトは「Never Give Up」とし、「さらなる高みを目指して最後まで走り続ける、声を出し続ける。すべては勝利のためにすべては名古屋のためにだろう」とされた。 ホームユニフォームはクラブのアイデンティティを示す赤色で全身が統一され、号は初タイトルとなった1995シーズンの天皇杯優勝時と同じ黄色を採用している。 デザインは、昨シーズンの30周年モチーフとして作成されたオリジナルエンブレムの「NG(名古屋グランパス)」のロゴが斜めに並ぶものに。いずれも襟付きで、ホームはオレンジと赤、アウェイとGKユニフォームは黄色とオレンジとなる。 ファンは「ここ最近で1番好き」、「襟付きだ」、「全身赤」、「超かっこいい」というコメントを寄せており、今シーズン多くのチームで見られる襟付きのユニフォームに反応する声が多く寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】名古屋が2023シーズンの新ユニフォームを発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tO9g4MrSU4M";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/r8tgA15uyT">https://t.co/r8tgA15uyT</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/kWqML7zfdL">https://t.co/kWqML7zfdL</a> <a href="https://t.co/a7bW0ta88Z">pic.twitter.com/a7bW0ta88Z</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1612022548815876096?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2023%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2023シーズン</a> ユニフォームパートナー</p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1612003498916483073?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.08 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

「カッコ良すぎて泣ける」「全身鳥肌」札幌が新ユニフォームを発表! ブリザードデザインの2ndユニフォームが大絶賛「トップクラスにかっこいい」

北海道コンサドーレ札幌は8日、2023シーズンのユニフォームを発表した。 2022シーズンは開幕6戦連続ドローなど難しいスタートを切った札幌。シーズンを通して勝ちきれない試合もあり、11勝12分け11敗の五分の成績で10位フィニッシュとなった。 迎えた2023シーズンは選手の入れ替えも行い、韓国代表GKク・ソンユンが復帰した他、元日本代表MF小林祐希がヴィッセル神戸から完全移籍するなどしている。 その2023シーズンもミズノがユニフォームを提供。1stユニフォームは例年通り赤黒のストライプとなり、コンサドーレらしいデザインとなった。 背中は12本のストライプで構成され、デザインを手掛けた相澤陽介クリエイティブディレクターは「選手一人一人がサポーターの思いを背負い、またサポーターも共に戦っていくという考えになっています。偶数でのストライプとなるため、左右非対称になっているのも特徴です」とコメントしている。 また、胸には北海道の地図を赤黒で配置。「北海道の形は唯一無二であり、47都道府県で最も優れた造形美」とコメント。加えて、雪の結晶や森の木々など北海道を代表するモチーフをベースに、仲間とのつながりをイメージした文様をデザインした。 2ndは黒がベースとなり、ダイアモンドダストやブリザードをイメージしてデザイン。また、パンツ、ソックスについては片側6本、左右で12本のランダムなボーダーを配置し、サポーターと共にアウェイの地で戦うメッセージが込められているという。 3rdはホワイトがベースで、シマフクロウの羽根をモチーフにコラージュ。中央の縦にデザインが施されている。 GKは1st、2nd、3rdとそれぞれFPと同じデザインが踏襲されており、1stは青、2ndは赤、3rdは黄色となっている。 ファンは「かっこいい!」、「めっちゃええやん!!」、「カッコ良すぎて泣ける」、「全身鳥肌」、「全部かっこいい」、「トップクラスにかっこいい」と絶賛。特に2ndユニフォームのデザインが好評のようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】札幌の新ユニフォーム3着が発表! どれも好評の中、2ndが大絶賛</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="oy0UEMCogzE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.08 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「めっちゃかっこいい」「爆売れ間違いなし」徳島が“勝ち色”の新ユニフォームを発表! 復帰の柿谷曜一朗が早速モデルを務める「モデルカッコ良すぎる」「似合いすぎ」

徳島ヴォルティスは6日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンはダニエル・ポヤトス監督の下で明治安田生命J2リーグを戦い、J1復帰を目指した中、チームは開幕から無敗を継続も8戦で1勝と引き分けが多い状況に。シーズンを通して23度のドローを記録し、J2最多を更新してしまい、8位に終わった。 2023シーズンはベニャート・ラバイン新監督を迎え、名古屋グランパスからは元日本代表FW柿谷曜一朗が12年ぶりに復帰するなど、話題に事欠かない。 新シーズンのユニフォームは、ミズノが引き続きサプライヤーを務めることに。FPの1stユニフォームは、“勝ち色”と呼ばれる藍染めにちなんだ濃紺を採用し例年よりも暗いカラーリングに。より深く力強い鳴門海峡の渦潮を表現したベースデザインとなった。 全てのユニフォームが同じデザインで、2ndは白ベース、GKも1stがブラック、2ndがライトグリーン、3rdがピンクで展開されている。 ファンは「どちゃくそかっこいい」、「新ユニええな!」、「カッコ良すぎる」、「めっちゃかっこいい」とコメント。さらに、新加入が決まった柿谷が早速着用しており、「爆売れ間違いなし」、「モデルカッコ良すぎる」、「似合いすぎ」と、驚きと共に大きな反響が寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】柿谷曜一朗も早速モデルに、徳島の新ユニフォームが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnEivW_v8Rq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnEivW_v8Rq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnEivW_v8Rq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">徳島ヴォルティス(@tokushima_vortis)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.06 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

J3愛媛、15年にわたるミズノとのユニフォームサプライヤー契約終了を報告「心より感謝申し上げます」

愛媛FCは4日、ミズノとのユニフォームサプライヤー契約が今シーズン限りで終了することを発表した。 愛媛は2006年にJリーグに昇格。3年目となる2008年からミズノがサプライヤーとなり、15年間んが経過した。 一時はJ2で5位になるなどし、J1行きも近づいたこともあったが、2022年はJ3で戦うシーズンとなっていた。 愛媛はクラブ公式サイトで、長きにわたりサポートしてくれたミズノへの感謝を綴った。 「ミズノ株式会社様とは、愛媛FCがJリーグ昇格後である2008シーズンから15年間、良い時も苦しい時も共に戦って参りました。選手・サポーターたちのまとう"ミズノ"のユニフォームには熱いオレンジの伊豫魂が宿っていました」 「改めまして、長きにわたって愛媛FCを厚くサポートいただきましたミズノ株式会社様に、クラブ一同心より感謝申し上げます」 <span class="paragraph-title">【動画】愛媛FCとミズノの15年の歴史</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XwV2xgjGJ6o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.04 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「絶対買う」「斬新なデザイン」天皇杯王者の甲府、"武田菱"をデザインした新ユニフォーム発表、ファンは胸の星に興奮「めっちゃかっこいい」

ヴァンフォーレ甲府は3日、2023シーズンの新ユニフォームデザインを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグを戦い、18位と低迷した甲府。一方で、天皇杯では躍進を見せ、クラブ初の決勝に進むと、決勝戦ではサンフレッチェ広島を相手にPK戦の末に勝利。初のタイトル獲得を果たした。 吉田達磨監督は退任したものの、来シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に初参戦するシーズンに。ユニフォームサプライヤーは引き続き「ミズノ」が務めることとなった。 デザインのコンセプトは『"怒涛" DOTOH』。風林火山からインスパイアされた「怒涛」のイメージを筆書の武田菱で勢いよく表現し、決して怯まない甲府の魂をデザインしたという。 ホームユニフォームは、ベースは甲府のクラブカラーでもある青となり、甲府市の市章であり、武田信玄で知られる武田氏の家紋である「武田菱」が赤でデザインされている。 これはアウェイ、GKも同じデザインとなり、アウェイは白ベースにグレーの「武田菱」、GKは赤、黒、黄色の3色で展開されている。 なお、左胸のエンブレムには、天皇杯を獲った証である星が1つ付くこととなり、裾の左側には「天皇杯WI NNERS」のワッペンが付くこととなる。 ファンは「めっちゃかっこいい」、「良いセンス」、「斬新なデザイン」と今回のデザインに触れる中、最も多くの意見は胸に光る星。「星がついてる」、「ついに星が」、「光ってる」と今までにない星を手にしたことを喜び、「絶対に買う」という声がも多く寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】ACLを戦う甲府の新ユニフォーム!武田菱に加え、胸には星が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/I12CUvoxQU">https://t.co/I12CUvoxQU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vfk?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vfk</a> <a href="https://t.co/bzvc2rfl93">pic.twitter.com/bzvc2rfl93</a></p>&mdash; ヴァンフォーレ甲府 公式 (@vfk_official) <a href="https://twitter.com/vfk_official/status/1587965279404818433?ref_src=twsrc%5Etfw">November 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.03 13:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly