「まじでごつくなった」、「ますます期待」レアルMF中井卓大がカスティージャデビューを報告「1試合でも多くプレーできるよう頑張ります!」

2022.09.27 11:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのMF中井卓大が、カスティージャでのデビューを喜んだマドリーのレジェンドであるラウール・ゴンサレス氏が指揮するカスティージャ。ファーストチームの1つ下のカテゴリに、18歳の中井は所属している。

今シーズンからカスティージャに昇格したばかりの中井はここまでベンチ入りこそしていたものの中々出場機会は訪れず。それでも25日に迎えたRFEFプレミアディビジョン第5節のバダホスの87分から途中出場でピッチに立った。
短い出場時間だったため中井に見せ場はなかったが、試合は3-1でカスティージャが勝利。中井は試合後に自身のSNSを更新し、勝利とデビューを喜んでいる。

「チームの勝利、そしてカスティージャでデビューできたこと、とても嬉しく思います。
これからも、1試合でも多く出場してチームのためにプレーできるよう頑張ります!」

中井はプレー中の写真も添えているが、ファンはそのガタイにも注目。「ずいぶんと逞しくなってますね」、「でかい」、「ますます期待」、「まじでごつくなったなあ」、「ピピくん、すごく大きくなって、中井選手って感じですね!」と驚いている。

10月には19歳となる中井。ここからカスティージャでの出場機会を増やしていくことができるだろうか。


関連ニュース
thumb

古巣相手に躍動した久保建英、ユニフォームを交換したレアルの選手は?

古巣であるレアル・マドリーとの対戦で高いパフォーマンスを見せたことが話題となっているレアル・ソシエダの日本代表MF久保建英だが、ユニフォーム交換をした相手も話題となっている。 1月29日、ラ・リーガ第19節でソシエダはマドリーとアウェイで対戦。久保は古巣対戦となったこの試合に先発出場した。 試合の4日前にはバルセロナともコパ・デル・レイで対戦しており、連続したビッグマッチとなったソシエダ。久保はトップ下でプレーした中、61分に抜け出してシュート。68分にはDF2人を突破して決定機を迎えるが、いずれもGKティボー・クルトワにセーブされてしまう。 上位対決でしっかりとしたパフォーマンスを見せた久保。高い評価を得ており、古巣復帰の話もスペインでは話題となっていた。 ゴールレスドローに終わった上位対決だが、ソシエダが舞台裏の映像を公開。その中で、久保は古巣の元チームメイトとユニフォーム交換を行っていたことがわかった。 その相手とは、ウクライナ代表GKアンドリー・ルニン。年齢が近いこともあり、マドリーの選手として参加したトレーニングキャンプなどでも仲の良い姿が見られていた。 試合後、ユニフォームを交換して喋る2人の姿が動画で捉えられており、仲の良さが感じられる。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英がユニフォームを交換したレアルの選手は!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="dy6RHaxAhBA";var video_start = 500;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「良い顔してる」「このカラーいいな。好み」Aリーグ移籍の齋藤学が新天地でのユニフォーム手に、背番号は「4」

Aリーグのニューカッスル・ジェッツへ加入した元日本代表FW齋藤学(32)の背番号が決定した。 横浜F・マリノスの育成組織で育った齋藤は、2009年にトップチームに昇格。2011年に愛媛FCへの期限付き移籍で研鑽を積んだ。翌年には横浜FMに復帰し、2014年にはブラジル・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出された。 右ヒザ前十字じん帯損傷の不運に見舞われる中で2018年には川崎フロンターレへと電撃移籍。名古屋グランパスを経て2022年6月からはKリーグ1の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。 初のオーストラリア挑戦となる齋藤の背番号は「4」に決定。本拠地でネームの入ったユニフォーム手にする齋藤の姿を、1月31日にクラブ公式ツイッターが公開している。 この1枚には「電光掲示板までちゃんと学なのすごい」といった演出に目を留めるコメントや「ユニフォームのフォント可愛いッスね」とデザインに注目する声も。齋藤へのエールを含め、「良い顔してる」、「本田圭佑み」、「このカラーいいな。好み」など、様々な声が届いた。 ニューカッスル・ジェッツで指揮を執るのは、横浜FMのアシスタントコーチや鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めたアーサー・パパス監督。4日にはパース・グローリーとのアウェイ戦を控えるが、日本を代表するドリブラーの新天地デビューにも期待が膨らむ。 <span class="paragraph-title">【写真】ニューカッスル・ジェッツの本拠地でユニフォームを手にする齋藤学</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our new number<a href="https://twitter.com/hashtag/BondedByGold?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BondedByGold</a> <a href="https://t.co/mo6pPDvhy2">pic.twitter.com/mo6pPDvhy2</a></p>&mdash; NEWCASTLE JETS FC (@NewcastleJetsFC) <a href="https://twitter.com/NewcastleJetsFC/status/1620276697877876736?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ストラスブールへ新加入の鈴木唯人、アウェイ遠征帯同で今夜デビューの可能性も

ストラスブールへ新加入したMF鈴木唯人(21)にデビューの可能性が出てきた。 1月27日に清水エスパルスから買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入した鈴木。クラブからは早々に全体練習に参加する様子が公開され、日本のファンから期待の声が上がっていた。 1日にリーグ・アン第21節のスタッド・レンヌ戦を控えるストラスブールは、前日にアウェイ遠征メンバー20名を発表。「18|YUITO」の名前も記された。なお、日本代表GK川島永嗣はケガのためにメンバーから外れている。 ストラスブールは前節のトゥールーズ戦でゴールを決めたFWケヴィン・ガメイロが終盤の退場処分を受けたために今節は出場停止に。そのため、前線の枠は1つ空くことになる。 チームは現在17位と降格圏に沈んでいるが、パリ・オリンピック世代のアタッカーは出場機会をつかみ、起爆剤となることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ストラスブールの全体練習に参加する鈴木唯人</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/SRFCRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SRFCRCSA</a> I Les 20 pour le déplacement à Rennes !<br> <a href="https://twitter.com/nordine_kk?ref_src=twsrc%5Etfw">@nordine_kk</a> <br> Yuito Suzuki</p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1620496047142314048?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/TrainingRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TrainingRCSA</a> I Retour audès demain ! <a href="https://t.co/5ZtUzkusGb">pic.twitter.com/5ZtUzkusGb</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1620466987683172354?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】川島永嗣と鈴木唯人が現地でツーショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn9P_KKvMUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn9P_KKvMUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn9P_KKvMUz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">鈴木 唯人/Yuito Suzuki(@yuiton.s)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 16:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「理不尽ゴール集の中に日本人」三笘薫の衝撃ゴールがプレミア前半戦ベストゴールTOP10に選出!「三笘さん凄すぎ」

プレミアリーグを配信している『SPOTV NOW』が2022-23シーズンの前半戦ベストゴールTOP10を発表している。 カタール・ワールドカップ(W杯)による中断期間を経てからの再開後、約1カ月が経過したプレミア。全38節のうち、多くのチームが20試合までを消化している。 そのプレミアの前半戦ベストゴールには、リーグ上位のチームが多数選出。3位と躍進するニューカッスルの3選手が選ばれると、2位マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネや首位アーセナルのブカヨ・サカも選出されている。 一方、下位チームからもレスター・シティのユーリ・ティーレマンスは唯一の2ゴール選出。エバートンのデマライ・グレイのゴールも選ばれた。 残す2つのうち、1つはクリスタル・パレスのマイケル・オリーズ。そしてブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が1月21日に行われたプレミアリーグ第21節レスター・シティ戦で沈めた糸を引くような右足ミドルも選ばれている。 三笘の選出には、ファンも「この理不尽ゴール集の中に日本人おるの凄すぎる」、「三笘すごすぎ」、「三笘さんはまだまだベストゴール更新しそう」、「錚々たるメンツの中で選ばれる三笘さん凄すぎ」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【動画】あなたのお気に入りは?三笘のゴールも選ばれたプレミア前半戦ベストゴールTOP10</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【TOP 10 GOALS】<br><br>プレミアリーグ前半戦ベストゴールTOP10<br>トリッピアーやデ・ブライネのFK弾、ティーレマンスのスーパーボレー2発がランクイン<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> のカットイン→ミドルも<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a><br>ハーフシーズンパス発売中 <a href="https://t.co/nJBIHF2DDq">pic.twitter.com/nJBIHF2DDq</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1620277394191052800?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エスコートキッズの女の子と目が合い…三笘薫のクールな表情が笑顔に切り替わった瞬間が反響「好感持てる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがリバプール戦の裏側を公開している。 1月29日に行われたFAカップ4回戦でホームにリバプールを迎えたブライトン。試合は前半に1点ずつを奪いながら、後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに日本代表MF三笘薫が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチで浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 2週間前のプレミアリーグでも勝利した相手に連勝したブライトンだが、1月31日にはクラブの公式YouTubeチャンネルを更新。リバプール戦の試合前後の三笘の様子を明かしている。 試合前の整列時には、集中した様子で表情を崩さない三笘。だが、次の瞬間、エスコートキッズを務める女の子と目が合うと、三笘は笑顔に。さらにサムズアップと握手を交わし、しばし表情をほころばせていた。 動画には、「ミトマを愛してる」、「好感が持てる」、「最高すぎる!!!!!!!!」といったコメントが寄せられており、三笘への注目度の高さがうかがえる。 <span class="paragraph-title">【動画】エスコートキッズの女の子と目が合い…三笘薫のクールな表情が笑顔に切り替わる瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a4zA2XiO34s";var video_start = 160;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 12:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly