「神様助けて」“ピクシー”率いるセルビア代表のW杯ユニフォームにファンが怒り「モンテネグロに訴えられる」

2022.09.26 19:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
“ピクシー”の愛称で親しまれ、日本でも人気を誇るドラガン・ストイコビッチ監督率いるセルビア代表のカタール・ワールドカップ(W杯)ユニフォームが発表されている。

かつてはユーゴスラビア代表やセルビア・モンテネグロ代表としてW杯に出場していたセルビア。2010年の南アフリカ大会からセルビア代表として予選に臨み、2大会連続3度目の出場権を獲得した。

チームを率いるのは、名古屋グランパスで選手、監督として活躍し、日本にもファンが多いストイコビッチ監督。同国の英雄がチームを率い、躍進を目指している。
予選ではグループAを首位通過。ポルトガル代表を上回り、無敗で出場権を獲得するなど実力をつけている。

そのセルビアのホームユニフォームは、赤をベースとしたものとなっており、胸元と袖口がゴールドに。また、プーマのロゴもゴールドになっている。

さらにアウェイはプーマのテンプレートを採用し、白がベースとなっており、うっすらと所々に十字の模様が入っている。

中央にはゴールドで背番号が配置され、プーマのロゴ、協会のエンブレムとともに並んでいる。

かつてアウェイは紺色を使用していたが、今回はそれはなし。ただ、ファンもその点が気になるようで「赤、青、白を取り戻せ」という声も。さらに「モンテネグロじゃないか」、「ポーランドの兄弟か?」、「モンテネグロに訴えられる」と、セルビアらしさが感じられないことに腹を立てている声が多く見られる。

また、アウェイには「からかってる?」、「デザインしたのは誰だ」、「とてもひどい」、「神様助けてください」と、こちらも不評のようだ。




関連ニュース
thumb

互いに初勝利初ゴールを目指したカメルーンvsセルビアは3-3の打ち合いに《カタール2022》

カタール・ワールドカップのグループG第2節、カメルーン代表vsセルビア代表が28日に行われ、3-3の引き分けに終わった。 初戦では共に黒星を喫した両チームの対戦。スイスに敗れたカメルーンはエースのチュポ=モティングのほか、スイス戦で存在感を放ったトコ・エカンビ、所属先のナポリで中核を担うザンボ・アンギサが前線に並んだ。GKに関しては絶対的守護神のオナナが懲戒処分を受けたと試合開始直前に協会からアナウンスされ、この一戦はメンバー外に。代わりにサウジアラビアでプレーするエバシがゴールマウスを守ることになった。 一方のセルビアは、今グループ最大の強豪国であるブラジルに0-2で敗戦。前半は互角に戦ったものの、リシャルリソンのスーパーゴールなどに沈んでしまう結果となった。その一戦から先発変更は2名。ムラデノビッチとグデリに代わり、コスティッチとマクシモビッチが起用されている。 先に攻撃の形を作ったのはセルビア。6分、ボックス手前右でボールを持ったマクシモビッチのクロスからミトロビッチがヘディングシュート。枠は捉えられなかったが、幸先よくチャンスを作った。 その後もセルビアの攻勢は続き、10分にはミトロビッチが味方とのワンツーでボックス右に侵入し、鋭い切り返しでDFを躱したところで左足シュート。しかし、これは左ポストに嫌われゴールならず。さらに17分にも、相手のクリアミスからミトロビッチが決定機を迎えたが、ボックス中央からのシュートは左に外れ、三度ビッグチャンスを逃すもったいない序盤戦に。 19分、劣勢のカメルーンも牙を剥く。自陣から右サイドの高い位置へアバウトなロングボールを入れると、クンデがボックス右の距離のある所から迷わずシュート。ここはGKのV・ミリンコビッチ=サビッチに弾かれたが、一発でゴールチャンスを作れるカメルーンの底力を見せつける一連のプレーとなった。 すると29分、カメルーンは少ない攻撃チャンスの中でCKを獲得。左からクンデが右足でクロスを上げ、ゴール前でエンクルが後方へフリック。最後はファーのカステレットが押し込んで先制点を奪った。 してやったりのカメルーン。しかし、バルカン諸国の雄セルビアが前半終了間際に真価を発揮する。アディショナルタイム1分、敵陣中央左寄りの位置でFKを獲得すると、タディッチの左足のクロスにS・パブロビッチが頭で合わせて同点に。さらにその3分後には、攻め込んだ流れから一度奪われたボールを奪い返し、ボックス右を経由してペナルティアーク右でパスを受け直したS・ミリンコビッチ=サビッチが左足でゴール右に流し込み、瞬く間に逆転した。 後半は逆転したセルビアがその勢いを維持する流れとなる。53分、敵陣左サイドでボールを奪い、少ないパス数で小気味よく右へ展開。ボックス右でパスを受けたジブコビッチは、冷静に相手の動きと位置を見てゴール前にラストパス。最後はミトロビッチが丁寧に流し込んで3点目を決めた。 2点差とされたカメルーンはホングラを下げてアブバカル投入。この交代が試合を大きく動かすことになる。 64分、カステレットが自陣からロングボールを前線に放り込むと、相手の最終ラインを抜け出したアブバカルが追いかけるDFも躱してGKと一対一に。ここで見事なループシュートを流し込んだが、副審のフラッグが上がっていたため、オフサイドかに思われた。しかし、VARで確認した結果ゴールが認められ、試合は1点差に。 さらに、その2分後にも同じような形でアブバカルがゴール前まで侵攻すると、チュポ=モティングのゴールをアシスト。これもアブバカルがオフサイドに見えたが、VARはゴールを認め、カメルーンが一気に試合を振り出しに戻した。 以降は一進一退の試合内容が続く中、セルビアはエースのミトロビッチがゴールに迫るも追加点を挙げられず。後半アディショナルタイムにはグルイッチの強烈なミドルシュートが飛び出すが、GKの正面を突いた。 結局、試合は3-3で終了。互いに今大会初ゴールを記録しながらも、初勝利を収めることはできなかった。 2022.11.28 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ストイコビッチ監督、セルビア戦で負傷のネイマールへメッセージを送る「彼の一刻も早い回復を願っている」

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第2戦のカメルーン代表戦に向けた前日会見後に初戦で負傷したブラジル代表FWネイマールへメッセージを送った。セルビア『mondo』が報じている。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でセルビアはブラジルと対戦。前半は非常に堅い試合を展開していたセルビアだったが、後半に負傷者が出るなどしてパフォーマンスが落ちると、リシャルリソンに2つのゴールを許して2-0で敗戦となった。 この試合で再三セルビア守備陣の徹底マークに遭っていたネイマールは、がDFニコラ・ミレンコビッチからのハードタックルを受けた結果、右足首を負傷。翌日に行われた精密検査の結果、ネイマールは右足首の外側じん帯損傷と共に小さな骨の腫れが確認された。 27日にカメルーン戦に向けた前日会見に臨んだストイコビッチ監督は、メディア会見終了後に一度は席を離れたが、再び会見場へ姿を現しネイマールへ向けたメッセージを送った。 「世界最高の選手の一人であるネイマールがセルビア戦で負傷したことは非常に残念だが、あれは我々のせいではない。選手が足を踏んでしまったのは事故であり、私達もそのことを残念に思っているんだ」 「我々は彼の一刻も早い回復を願っているし、彼がフィールドに戻ってくることを心から祈っている。そして神の導きにより、我々は再び相見えることになるだろう」 2022.11.28 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ケガ人出すブラジルに新たな悩み…アントニーがインフルエンザで2日続けて練習欠席

ワールドカップ(W杯)デビューのブラジル代表FWアントニーだが、トレーニングを2日続けて病欠したようだ。 カタールW杯の優勝候補と目されるブラジル代表。2002年の日韓大会以来となる優勝に向け、24日のセルビア代表とのグループG第1戦を2-0で勝ち切り、28日にスイス代表との第2戦に臨む。 ただ、先の初戦でエースのネイマールとダニーロが揃ってケガで戦力ダウンを強いられたなか、途中出場でW杯デビューを果たしたアントニーも25日、26日と立て続けに練習を欠席した模様だ。 ブラジル『globo』によると、ブラジルサッカー連盟(CBF)からは嘔吐も伴ってホテルで療養中との説明がなされ、メディアの調べでインフルエンザの症状を患っていることがわかったという。 ブラジル代表はネイマールとダニーロがともにケガで残るグループステージ欠場となり、すでに戦力ダウン。これ以上は戦力を失いたくないが、いかに。 2022.11.27 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「数週間前、僕は泣いていた」豪快バイシクルのリシャルリソン、ケガを乗り越えW杯で2ゴールデビュー「神様は僕の努力を見ていた」

ブラジル代表のFWリシャルリソン(トッテナム)が、セルビア代表戦を振り返った。ブラジルサッカー連盟(CBF)が伝えた。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でブラジルはセルビアと対戦した。 史上最多5度の優勝を誇り、今大会は20年ぶりに6度目の優勝を目指すブラジル。試合は前半こそ互いに譲らず、スコアも動かなかったが、62分にリシャルリソンのゴールで先制。73分にもリシャルリソンが豪快なバイシクルシュートを決めて、2-0でそのまま勝利。快調なスタートを切った。 この試合で2ゴールを決めたリシャルリソンだが、W杯に出場することすら危うい時期もあった。当時の心境を改めて語った。 「数週間前、僕は泣いていた。ここに来られるのかどうか、確信が持てなかった。検査の日は、僕の人生で最も長い日の1つだった。その日は休みだったことを覚えている」 「僕は検査に行った。結果が出るのを待つのにストレッチャーに座っていた。医者は行ったり来たりして緊張して時間が経たなかったんだ」 「神様は僕の努力を見て、どれだけW杯に行きたかったかを見てくれていた。それだけだ。そして今はここにいる」 「主な目的は初戦で勝利することだった。これはとても重要だ。今は第2戦のことを考えて、よく休む。これが最初の試合であと6つ重要な試合がある」 ケガを乗り越え見事に初のW杯に出場。デビュー戦で2ゴールの活躍を見せたが、ブラジル代表として2ゴールを決めたのは2014年のネイマール以来。偉大な先輩に並んだ。 そのリシャルリソンは見事なバイシクルシュートも話題となっているが、さらなる意欲を示した。 「覚えているかどうか分からないけど、イタリアでのトレーニングでは似たようなゴールを決めたんだ。僕が言ったのは、トレーニングでやることを試合でやろうと」 「今日はボレーで美しいシュートを決めることができた。だから、このまま集中して続けていきたいと思う。僕たちは2ゴールを決めたけど、もっと多くのゴールを決めたいね」 <span class="paragraph-title">【動画】リシャルリソンが豪快バイシクルでW杯デビュー戦2ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Richarlison! What have you done?!<a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/richarlison97?ref_src=twsrc%5Etfw">@richarlison97</a> <a href="https://t.co/kCKFdlINXq">pic.twitter.com/kCKFdlINXq</a></p>&mdash; FIFA World Cup (@FIFAWorldCup) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup/status/1595884664115412993?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「戦術的なことではない」W杯で初指揮のストイコビッチ監督、ブラジル相手の敗戦は「フィジカル的な問題」

セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督が、ブラジル代表との一戦を振り返った。セルビア『Arena sport』が伝えた。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第1節でセルビアはブラジルと対戦。かつてJリーグでもプレーしたセルビアの英雄は、監督として初めてのW杯に臨んだ。 前半は非常に堅い試合を展開していたセルビアだったが、後半に負傷者が出るなどしてパフォーマンスが落ちると、リシャルリソンに2つのゴールを許して2-0で敗戦となった。 監督としてのW杯初陣で王国・ブラジルに敗れたセルビア。ストイコビッチ監督は、フィジカルが後半に落ちたことを指摘。ブラジルがそこを上手く利用してきたとした。 「カギとなったのは後半、フィジカル的な意味で、壊滅的だったとまでは言わないが、それは私にとっては驚くべきことだった。ブラジルがあまりにも優れていて、それを利用しないてはなかっただろう」 「我々が最も得意とするパスワークも、後半は全く通用しなかった。前半は堅く、タイトだったのだが…悪天候によりキープレーヤーがケガをしてしまった。これは我々に多く起きすぎている」 「ヴラホビッチ、ミトロビッチ、コスティッチと3人の回復時期にいる選手がいた。文字通り、嵐の中で起きたことだった…そんな状態でここに来ている。そしてそれが真実だ」 「ただ、ブラジルは後半完全に支配していた。彼らは当然の勝利を収めた」 ケガ人に悩まされ、攻撃の軸であるフィリップ・コスティッチは欠場。ストライカーのドゥシャン・ヴラホビッチ、アレクサンダル・ミトロビッチも負傷していると明かした。 ただ、問題はフィジカル面であり、戦術的ではないと語るストイコビッチ監督。次戦のカメルーン戦では回復していることを期待した。 「これは戦術的なことではない。フィジカルが落ちてしまい、元気な選手がいなかったことを残念に思う。これが真実だ」 「回復のため、決定的な試合を行うための数日間の期間がある。コスティッチを頼りにすることができっると心から願っている。さてどうなるのか。誰にも分からない」 「唯一残るのはそこだ。まだ完全ではない。そうでなければ、ブラジル戦でも同じようにプレーできたはずだ。ただ、それが現実だ」 2022.11.25 11:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly