「はいチーズ…え!?」結婚の記念撮影をしてたらサラーが突然乱入!? サプライズのファンサにカメラマンも驚き「なんだこれ!」「何が起きたんだ」

2022.09.25 22:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーのファンサービスは果てしないようだ。

エジプト代表のキャプテンとして、そしてリバプールのエースとして活躍するサラー。しかし、カタール・ワールドカップ(W杯)の切符は、当時チームメイトのFWサディオ・マネが牽引するセネガル代表に敗れて獲得できずに終わった。

人格者としても知られるサラーは、それでも国のために戦い続けているが、ファンサービスも桁違いだった。
『433』がインスタグラムに投稿した1本の動画が話題に。その動画は、扉の前でウェディングドレスを着た花嫁とタキシードをきた花婿が記念撮影する動画だった。

なんてことはない動画だったが、なんとそこに突然現れたのがサラー。エジプト代表のユニフォームを着たサラーが突如現れ、花婿と肩を組み、花嫁との3ショット撮影を行なったのだ。

写真が1枚撮られるとサラー亜はその場をすぐに後に。颯爽とその場を去って行ったが、これには撮影したカメラマンも、何が起きたか分からないような困惑した表情を見せていた。

世界最高峰の選手のとんでもないファンサービスには「なんだこれ!」、「何が起きたんだ」、「美しい瞬間」、「最高の男だ」、「サラーと同じホテルでラッキーだった」と奇跡的にラッキーな思いをした夫婦を羨ましがると共に、サラーの素晴らしい対応が称賛された。



1 2

関連ニュース
thumb

前回大会3位のベルギーがW杯前最後の親善試合でエジプトに敗戦…《国際親善試合》

ベルギー代表は18日、国際親善試合でエジプト代表と対戦し1-2で敗戦した。 カタール・ワールドカップ(W杯)でカナダ代表、モロッコ代表、クロアチア代表と同じグループFに属するベルギーが、W杯前最後の親善試合で惜敗した日本は23日にW杯初戦でドイツ代表と対戦する。グループ初戦を控える中、大会前最後のテストマッチとしてエジプトとクウェートで対戦。 ロベルト・マルティネス監督はこの一戦に向けて、GKにクルトワ、3バックは右からデバスト、アルデルヴァイレルト、テアテ。中盤はヴィツェルとヴァナケンが2セントラルMFに、左右のウイングバックにカスターニュとカラスコを起用。前線はバチュアイが最前線に入りアザールとデ・ブライネが2シャドーに並んだ。なお、コンディション不良のルカクとトロサールはベンチ外となった。 サラーやエルネニー、トレゼゲらが先発したエジプトに対し、ベルギーは4分にアザールの斜めのパスをボックス内のバチュアイが受けると、トラップで浮いたボールがヘガジーの左腕に当たったが、オンフィールドレビューの末に主審はノーハンドのジャッジを下した。 さらにベルギーは10分にも、デバストのパスをボックス中央左で受けたバチュアイが左足の強烈なシュートでゴールを脅かしたが、これはクロスバーを直撃した。 序盤は後手に回る展開となったエジプトだったが、11分にトレゼゲが最初のシュートを放つと、21分にもエルネニーのスルーパスでDFの裏に抜け出したトレゼゲが決定機を迎えたが、共にシュートはGKクルトワのセーブに阻まれた。 その後は一進一退の時間が続く中、ベルギーは33分に失点する。自陣バイタルエ リアでボールを受けたデ・ブライネがトラップミスからボールを失うと、モハメドがペナルティアーク手前から放ったコントロールシュートがゴール右に突き刺さった。 ハーフタイムにかけては、ポゼッションでエジプトを上回ったベルギーがよりアグレッシブに攻めの姿勢を見せたが、集中した守りを見せるエジプト守備陣を崩すには至らず。前半は0-1で終了した。 迎えた後半、デ・ブライネやバチュアイら3選手を入れ替えたベルギーだったが、開始早々の50秒で失点する。センターサークル付近でハマダの落としを受けたサラーが相手DFの裏へ浮かせたパスを供給すると、これに反応したトレゼゲがそのままボックス左まで持ち上がりシュートをニアサイドに突き刺した。 2点を追う展開となったベルギーは、両サイドを経由して何度もアタッキングサードまでボールを運ぶが、自陣で集中した守りを見せる相手に対してなかなか効果的な崩しを見せられず、なかなか決定機まで至らない状況が続く。 その後、ベルギーは71分にアザールとテアテを下げてムニエとヴェルトンゲンを投入。すると76分、左サイドにポジションを移したカスターニュのスルーパスをボックス左まで駆け上がったカラスコがダイレクトで折り返すと、最後はゴール前に走りこんだオペンダがワンタッチシュートを流し込んだ。 1点を返したベルギーは、87分に再びピンチを迎える。ドリブルでボックス右に侵入したサイードのラストパスをペナルティアーク右で受けたサラーがコントロールショットでゴールを狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。W杯前最後の親善試合で敗戦したベルギーは23日にW杯初戦でカナダと対戦する。 2022.11.19 02:07 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラーが一足先にエジプト代表から帰還

現在エジプト代表で活動中のFWモハメド・サラーだが、一足先にリバプールへ戻ることになるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 来たるカタール・ワールドカップ(W杯)開幕に向けて、各国が最終調整に入る今回のインターナショナルブレイク。エジプト代表は23日にニジェール代表と対戦し、3-0の快勝を収めた。 27日にはW杯開幕前の最終戦となるリベリア代表戦が控えているが、エジプトサッカー協会(EFA)は、ニジェール戦でも2ゴールを挙げたエースのサラーを休ませる決断に至ったようだ。 とくに問題があるわけではなく、負傷のリスクを避けるための判断とのこと。10月に9試合も予定されているリバプールにとっては朗報となりそうだ。 2022.09.27 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

アフリカ年間最優秀選手にマネ! サラー&メンディ抑えて2度目の受賞

2021-22シーズンのアフリカ年間最優秀選手にセネガル代表FWサディオ・マネが輝いた。 今夏にバイエルン入りしたマネは昨季もリバプールで変わらずの活躍を披露。代表でもアフリカ・ネーションズカップ制覇に貢献した。 今月に最終候補がさらに絞り込まれるなか、アフリカサッカー連盟(CAF)は21日に各賞受賞者を発表。マネが2度目の栄冠を手にした。 今回はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー、チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディを抑えての受賞となった。 なお、2020年、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大もあって開催されず、2019年以来の選出となるが、そのときもマネが受賞した。 2022.07.22 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯出場逸のエジプト代表、ポルトガル人指揮官のルイ・ヴィトーリア氏を招聘

エジプトサッカー協会(EFA)は12日、ポルトガル人指揮官のルイ・ヴィトーリア氏(52)を新監督に任命したことを発表した。 現役時代はポルトガルの下部リーグのクラブをメインに渡り歩いたヴィトーリア氏は、2002年に指導者に転身し、ここ数年ではベンフィカやアル・ナスル、スパルタク・モスクワの監督を歴任。ベンフィカでは、ジョアン・フェリックスやルベン・ディアス、ネウソン・セメドらの才能を発掘し、2015-16、16-17シーズンにリーグ連覇を達成している。 しかし、昨年5月に就任したスパルタク・モスクワでは、リーグ戦で低迷し、同年12月に早くも解任の憂き目に。以降はフリーの状態だった。 一方、エジプト代表は、アフリカ・ネーションズカップ優勝およびカタール・ワールドカップ出場を逃したカルロス・ケイロス監督と今年4月に袂を分けており、この度ポルトガル人指揮官がチームを託されることに。契約は2026年のワールドカップまでの4年間となる。 2022.07.12 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

マネやサラー、アフリカ最優秀選手候補が10名に絞られる…若手にはユナイテッドMFハンニバルも

アフリカサッカー連盟(CAF)は11日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者10名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 6月30日に30名の候補が発表されていた中、10名にまで絞られたリスト。マネ、サラーの他には、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズや、今年のアフリカ・ネーションズカップで最多の8ゴールを決めたFWヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル)らが残っている。 なお、ミランでセリエAを制し、バルセロナへ移籍したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどは10名に残れなかった。 また、最優秀若手選手賞には日本代表とも対戦した、マンチェスター・ユナイテッドのチュニジア代表MFハンニバル・メイブリら5名が候補として残っている。最終結果は7月21日に発表される。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補10名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス→ドルトムント) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) ◆アフリカ年間最優秀若手選手賞候補5名 ダンゴ・ワッタラ(ブルキナファソ/ロリアン) カマルディーン・スレマナ(ガーナ/レンヌ) カリム・コナテ(コートジボワール/ザルツブルク) パプ・マタル・サール(セネガル/メス) ハンニバル・メイブリ(チュニジア/マンチェスター・ユナイテッド) 2022.07.11 21:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly