「王を守れ」次々とユニ交換を求められるサラー、断り続けるも止まらず警備員まで登場

2021.11.19 19:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは相手選手からも大人気だ。

エジプト代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ2次予選を戦ったサラー。16日に行われたホームでのガボン代表戦では途中出場。すでにグループ首位を確定させていたエジプトは2-1で勝利を収めていた。

試合に敗れたガボンの選手たちだが、敗北にもかかわらず、多くの関心をプレミアリーガーのユニフォームに寄せていたようだ。

ピッチを後にしようとするサラーに対し、ユニフォーム交換を申し出るガボンの選手たち。サラーはすでに約束した相手がいるようなことをジェスチャーで示し、申し出を丁重に断るも、次から次へと相手選手がやってくる。最終的には警備員2人に付き添われるようにしてピッチを去らなければならなかった。

著名選手の宿命ともいえるユニフォーム交換を求められる様子。閲覧者からも「王を守れ」、「ピッチにボディーガードを連れている」、「今やアフリカの顔だからね」など、諦観の混じった意見も寄せられることとなった。

12日に行われたアウェイでのアンゴラ代表戦でも、ピッチ内に侵入したファンがサラーの元へ駆け寄るなどして、3度の中断があった。プレミアリーグのトップで活躍する選手の人気は、ピッチの内外でも高いようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

FIFA、W杯予選でサラーにレーザー照射で妨害のセネガルに処分! 2000万円以上の罰金

国際サッカー連盟(FIFA)は、カタール・ワールドカップ(W杯)のアフリカ予選でエジプト代表FWモハメド・サラーにレーザーが向けられた一件でセネガルサッカー連盟(FSF)に18万ドル(約2340万円)の罰金を科したことを発表した。 先月29日に行われたセネガルvsエジプトの2ndレグでは2戦合計スコア1-1のイーブンとなった中、延長戦でも決着がつかず、勝敗はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦の際にはエジプトの一人目のキッカーを務めたサラーの顔に、セネガルサポーターから無数のレーザーポインターが向けられた。 レーザーは試合中に頻繁に選手たちに向けられていたが、サラー一人に向けられたそれは相当な数で、動きが止まっていることもあり、顕著に目立つことになった。 結局、サラーのPKは失敗に終わり、エジプトはPK戦を1-3で敗戦。無念の予選敗退となっていた。 FIFAの規律委員会はセネガルサポーターによるレーザーポインターなどによる幾つもの妨害行為、ファンによるピッチへの侵入、攻撃的な横断幕などを問題視。FSFに対して、前述の罰金と将来的なホームゲームでの無観客開催という処分を科した。 また、FIFAは今回の一件同様に、今年1月以降に起きたW杯予選での同様の問題に関して調査を進めており、各国のサッカー連盟に対して処分を科している。 <span class="paragraph-title">【動画】一体何個あるのか…サラーの顔面に向けられた無数のレーザーポインター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kh-Yg0p_ZuI";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.02 22:44 Mon
twitterfacebook
thumb

エジプト代表、カルロス・ケイロス監督が退任…W杯出場に導けず

エジプトサッカー協会(EFA)は10日、カルロス・ケイロス監督(69)と双方合意のもとで契約解除に至ったことを発表した。 3月末に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でセネガル代表に敗れたエジプト代表。アフリカ・ネーションズカップ決勝に続いて、再びセネガルの後塵を拝し、2大会連続のW杯出場は叶わなかった。 試合後にはカルロス・ケイロス監督から辞任の意向が明かされており、「エジプトのリーダーシップを他の誰かに任せる時がきた。今日の私の夢はエジプトを5度目のワールドカップに出場させることだったが、ゲームオーバーだ。我々は残念ながらワールドカップに到達することができなかった」と、無念の思いを口にしていた。 1989年にU-20ポルトガル代表で監督キャリアをスタートさせたケイロス監督は、ポルトガル代表を2度、UAE代表や南アフリカ代表、イラン代表などナショナルチームの指揮官を歴任した。その一方で、クラブレベルではレアル・マドリーや名古屋グランパス、スポルティング・リスボンを率い、サー・アレックス・ファーガソン監督の副官としてマンチェスター・ユナイテッドでも仕事をしていた。 2019年2月から2020年12月まではコロンビア代表を指揮し、2021年9月にホッサム・エル=バドリ監督の後任として、エジプト代表監督に就任。在籍7カ月で13勝2分け5敗という成績だった。 2022.04.11 14:22 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場ならずのアルジェリアもFIFAに再試合要請…レフェリングに納得いかず

アルジェリアサッカー連盟(FAF)は3月31日、国際サッカー連盟(FIFA)にカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終予選の再試合を求めた。 先の代表ウィークでカタールW杯アフリカ予選最終予選のカメルーン代表戦に臨んだアルジェリア代表。敵地での1stレグを1-0で先勝したが、本拠地での2ndレグは0-1で延長戦に持ち込まれ、2戦合計2-2のアウェイゴール差で本大会行きを逃した。 しかし、アルジェリア側は29日の2ndレグで試合を裁いたバカリ・ガッサマ主審のジャッジングに納得がいかないようで、FIFAに再試合を要請。公式サイトで結果を歪めたジャッジとし、再試合を要求した。 「FAFは2022年3月29日にブリダのチャヒド・ムスタファ・チャケル・スタジアムで行われたアルジェリアvsカメルーンの最終予選2ndレグの結果を歪めたスキャンダラスなレフェリングについてFIFAに維持申し立てをする」 「FAFは法的に認められた手段を用いてその権利を回復し、レフェリングの誠実さと公平さが保証された状態で試合を再試行することを望んでいる」 「また、FAFはアルジェリア対カメルーンのレフェリングについて明らかにするべく、FIFA機関による調査の開始を要求している」 なお、カタールW杯アフリカ予選最終予選でセネガル代表の前に本大会行きの道が断たれたエジプト代表も再試合を要請。相手サポーターによるPK戦時のレーザーポインター照射などの攻撃に憤り、不服を申し立てている。 2022.04.01 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当に集中できない」元審判の家本氏が選手への“レーザー問題”に自身の体験交え言及「試合を打ち切る覚悟だった」

元国際審判員の家本政明氏が、試合中の選手にレーザーポインターが向けられた件について言及した。自身のツイッターで伝えている。 問題が起きたのは、29日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選のセネガルvsエジプトの2ndレグ。2戦合計スコア1-1のイーブンとなった試合は延長戦でも決着がつかず、勝敗はPK戦に委ねられることになった。 だが、このPK戦で問題が発生。エジプトの1人目のキッカーを務めたFWモハメド・サラーに、セネガルサポーターから無数のレーザーが向けられた。 レーザーは試合中に頻繁に選手たちに向けられていたが、サラー1人に向けられたものは相当な数で、動きが止まっていることもあり、顕著に目立つことになった。 結局、サラーのPKは失敗に終わり、エジプトは1-3で敗戦。W杯出場を逃したが、試合後にはエジプトサッカー協会(EFA)が、レーザー照射に加え、試合中に選手が人種差別や脅迫を受けたと主張し、怒りの声明を発表していた。 家本氏は「サラー選手へのレーザーポインタ照射。映像を見て悲しくなりました」とし、「なぜ主審は試合を中断して照射停止を促さなかったのか。選手の安心、安全の確保と試合環境を整える権限を持っているのは主審とマッチコミッショナーです」と主審の対応を疑問視。また、「僕も試合中に照射を受けたことがありますが、本当に試合に集中できません」と自身の体験を交え、レーザー照射の悪質さに言及した。 その上で、「もちろん一番の問題は主審ではなく、レーザーポインタを浴びせ続けた方々だというのは、声を大にするまでもありません。行きすぎた勝利至上主義の弊害です。本当に悲しい出来事です」としている。 その後、ツイッターユーザーからの「試合を中断すべきだったのか」との質問には、「僕が国際審判だった頃、同様の事を何試合か経験しました。その時は試合を中断して選手をベンチ前に引き上げさせて事態を改善するようマッチコミッショナーと運営サイドに働きかけました」と自身の体験を説明。「もし全く改善されないなら、試合を打ち切る覚悟でした。なぜなら、それができるのは主審の決断だけだからです」と主審時代の強い覚悟を口にしている。 PK戦時にはサラーの顔面が緑色に染まるほど膨大な数のレーザーポインターが向けられ、選手の安全にも関わってくるレベルのものであっただけに、今回のセネガルサポーターの行いがどう処分されるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】選手も危険だ…サラーの顔面に向けられた無数のレーザーポインター</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="kh-Yg0p_ZuI";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.03.31 12:31 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯出場を逃したエジプト代表カルロス・ケイロス監督、辞任の意向を明らかに「リーダーシップを他の誰かに任せる時がきた」

エジプト代表のカルロス・ケイロス監督が、辞任の意向を明らかにした。エジプト『KingFut』が伝えている。 29日にカタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選のセネガル代表戦に臨んだエジプト。母国で行われた1stレグで1-0で勝利しているため、多少は有利だったものの、今回の2ndレグでは開始4分にいきなり失点する展開を強いられる。 早くもアドバンテージを失ったエジプトは、その後も劣勢を強いられるも、自慢の堅守で致命傷を回避。延長戦を含めて120分間耐え続け、勝負の行方はPK戦に委ねられることになった。 だが、このPK戦では一人目のキッカーを務めたエースのモハメド・サラーが外すと、2人目と4人目も失敗。一方、セネガルも最初の2人が失敗するが、5人目を務めたサディオ・マネを含めて残りの3人は成功。PK戦は3-1でセネガルが制し、カタール行きの切符を手にした。 アフリカ・ネーションズカップ決勝に続いて、またもセネガルの後塵を拝することになったエジプト。カルロス・ケイロス監督は試合後の会見で辞任の意向を明らかにした。 「エジプトのリーダーシップを他の誰かに任せる時がきた。今日の私の夢はエジプトを5度目のワールドカップに出場させることだったが、それを成し遂げたのはセネガルの(アリウ・)シセだった」 「ゲームオーバーだ。我々は残念ながらワールドカップに到達することができなかった。もう終わったことだ。言うべきことはあまりない」 「ただ、選手たちには労いの言葉をかけ、よく戦ってくれたことを祝福したいと思う。また、大きな試合を制したセネガルも祝福したいと思う。セネガルはアフリカを代表してワールドカップに出場することを忘れてはいけない。彼らの幸運を祈っているよ」 1989年にU-20ポルトガル代表で監督キャリアをスタートさせたケイロス監督は、ポルトガル代表を2度、UAE代表や南アフリカ代表、イラン代表などナショナルチームの指揮官を歴任した。その一方で、クラブレベルではレアル・マドリーや名古屋グランパス、スポルティング・リスボンを率い、サー・アレックス・ファーガソン監督の副官としてマンチェスター・ユナイテッドでも仕事をしていた。 2019年2月から2020年12月まではコロンビア代表を指揮し、2021年9月にホッサム・エル=バドリ監督の後任として、エジプト代表監督に就任。上述のようにアフリカ・ネーションズカップでは決勝に進み、W杯出場も目前に迫っていたが、結局どちらもあと一歩及ばなかった。 2022.03.30 15:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly