ウルグアイ代表のホーム新ユニフォームは超シンプル! アウェイは新鮮かつ大胆不敵のコンセプトも“コピペ”と揶揄

2022.09.25 21:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウルグアイ代表の新ユニフォームがお披露目となった。4大会連続14度目のワールドカップ(W杯)出場となるウルグアイ。過去2度の優勝を誇る古豪のホーム用新ユニフォームはいたってシンプルだ。空色を基調にし、ワンボタンの襟と袖を白で縁取り。左胸に協会のエンブレム、右胸にプーマのロゴをゴールドであしらった。

サプライヤーのプーマには、1924年以来世界の舞台で勝利を収めてきたチームの歴史にインスパイアされた、黄金世代を称えたレトロなジャージ、と紹介している。
また、アウェイキットは、中央寄せの最上段にプーマのロゴ。その下に協会のエンブレムを配置し、国に沿ったカラーで囲いを作った中にナンバーを記載という、プーマ一定のテンプレートの沿ったものに。

最も光り輝くのはウルグアイサッカー協会(AUF)のエンブレムを台座にしたプーマのロゴ。空色のフレーム部分に国旗と国名が施され、襟の背面には愛称の「LA CELESTE」の文字が入る。

プーマによれば、協会のエンブレムと国旗に目を向け、代表チームのアイデンティティを新鮮かつ大胆不敵に表現したとのこと。

ただ、「アルゼンチンの国道番号の交通標識を暗示しているのでしょうか??……」、「わざとひどい製品を作っている世界で唯一のブランド」、「デザイナーはすべてのシャツで Ctrl C + Ctrl V(コピペのコマンド)を実行しました」など、評価は芳しくないようだ。

ウルグアイはW杯でグループHに入り、韓国代表、ポルトガル代表、ガーナ代表と同居する。


関連ニュース
thumb

プレミア降格圏18位ボーンマス、ローマからウルグアイ代表DFビーニャ獲得へ?

ボーンマスがローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したビーニャは母国の名門ナシオナルでプロデビューし、パウメイラスを経て、2021年8月にローマへ。左サイドバックとウィングバックを本職とし、昨季は公式戦37試合に出場と欧州1年目で多くの出場機会を得た。 だが、今季は一転して減少し、セリエAで3試合、ヨーロッパリーグ(EL)で3試合、計297分間の出場にとどまっている。プレミアリーグで降格圏の18位に沈むボーンマスがレンタル獲得に乗り出しているようだ。 1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)逆戻りを避けたいボーンマスはビーニャ以外にも触手を伸ばす。イギリス『90min』によると、ビジャレアルからセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得が濃厚になっているという。 なお、ビーニャに対してはマジョルカやフェネルバフチェも獲得に乗り出していると伝えられている。 2023.01.25 13:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジル移籍のスアレスが37分間で衝撃のハットトリックデビュー、点取り屋は健在「キャリアのベスト」

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、新天地で衝撃的なデビューを果たした。 フローニンヘン、アヤックスやリバプール、バルセロナでゴールを量産してきたスアレス。アトレティコ・マドリーでは期待に応える活躍はできずにいると、2022年7月に古巣のナシオナルへと完全移籍した。 スアレスはカタール・ワールドカップ(W杯)で3試合に出場もゴールはなし。ウルグアイもグループステージで敗退するなど失意の中、1月にグレミオへと完全移籍を果たした。 そのスアレスは、17日に行われたレコパ・ガウーシャ決勝のサン・ルイス戦に出場。圧巻のパフォーマンスで力の差を見せつける。 開始5分、左サイドからの浮き球のパスをボックス内左で受けたスアレスが、飛び出したGKの頭上を越えるループシュート。これが決まり、グレミオが先制する。 その後1点ずつを決め、2-1で迎えた31分には、相手の浮き球のパスをカットすると、そのままダイレクトで繋ぎ、最後は抜け出したスアレスが冷静に決めて3-1とする。 そして38分にはボックス左からのクロスがクリアされて浮き球になるも、ボックス内右で待ち構えたスアレスがダイレクトボレー。GKが戻るも強烈なシュートがネットに突き刺さり、37分間でハットトリックを決める鮮烈デビューを決めていた。 試合後、スアレスは最高のデビューについて「キャリアのベストだと思う」とコメント。「アトレティコでも良いデビューだった。精神的なものだと思う」と回想し、「決勝で集中した時は今日のようなプレーをしなければいけない」と、レコパ・ガウーシャの優勝を喜んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ルイス・スアレスがブラジルでのデビュー戦で37分間の衝撃ハットトリック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mPXazXh2WiI";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.18 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスティアン・ロドリゲスが37歳で現役引退…“セボージャ”の愛称で親しまれたドリブラー

元ウルグアイ代表MFクリスティアン・ロドリゲス(37)が現役を引退した。同選手の古巣であるペニャロールが17日に発表した。 ペニャロールの下部組織出身で“El Cebolla(エル・セボージャ:玉ねぎの意)”の愛称で親しまれたロドリゲスは、2005年夏にパリ・サンジェルマンに移籍し渡欧。ベンフィカへのローン移籍を経て、2008年夏に加入したポルトでは4年間の在籍で公式戦120試合に出場し、3度のリーグ制覇や国内カップ3連覇などに貢献した。 2012年夏にアトレティコ・マドリーに加入すると、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるラ・リーガ優勝を経験した。その後はブラジルのグレミオ、アルゼンチンのインデペンディエントなどでプレーし、2017年2月にペニャロールに復帰。同シーズンと翌シーズンのウルグアイリーグ連覇に大きく貢献した。 その後、2021年から直近までは母国のプラサ・コロニアでプレーを続けていた。 また、ウルグアイ代表としても輝かしいキャリアを持ち、2003年10月のメキシコ代表戦のデビューから通算110試合に出場。2011年のコパ・アメリカ優勝メンバーでもあった。 2023.01.18 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

世界的スターを盛大にお出迎え! スアレスのグレミオ入団セレモニーに3万人サポが集結

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのグレミオ入団セレモニーが行われた。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 リバプールやバルセロナなどで活躍し、世界屈指のストライカーとして名を馳せたスアレス。昨夏にアトレティコ・マドリーとの契約を終え、古巣ナシオナルに帰還し、欧州での選手キャリアに区切りを打つ形となった。 ナシオナル帰還はカタール・ワールドカップ(W杯)までのプレータイムを確保するという目的だったこともあり、年内までの短期契約。先月31日にはカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)のグレミオとの2年契約締結が発表された。 5日にグレミオの本拠地で行われた入団セレモニーには家族とともに参加。3万人を超える熱狂的サポーターがスタンドを埋め尽くし、ピッチへの登場とともに大歓声も。ウルグアイが誇る世界的スーパースターは隣国ブラジルの地でも盛大にお出迎えされた。 <span class="paragraph-title">【動画】スアレスが本拠地のピッチに登場! 3万人がお出迎え</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="700" height="394" src="https://www.youtube.com/embed/AvE5UP2NLTQ" title="Luis Suárez welcomed by 30,000 fans at Brazil's Grêmio arena" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" allowfullscreen></iframe> 2023.01.07 19:09 Sat
twitterfacebook
thumb

クルス・アズール、フリーのスアレスに年俸8億のオファーを提示か

メキシコのCDクルス・アズールが、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)にオファーを提示したようだ。 現在フリーで去就が注目されているスアレス。アトレティコ・マドリー退団後、サポーターの熱烈な要望を受けて16年ぶりに復帰した古巣ナシオナルでは、チームをウルグアイ王者に導き、わずか半年間の契約にもかかわらず、大きな足跡を残した。 新天地の候補にはMLS(メジャーリーグ・サッカー)やブラジルのクラブなどが挙げられる中、スペイン『ムンド・デポルティボ』がメキシコ版『Fox Sports』の情報をもとに報じたところによると、クルス・アズールは年俸600万ドル(約8億円)の2年契約のオファーをスアレス側に提示したとのこと。 しかし、同クラブ率いるラウール・グティエレス監督は、コロンビア『Wラジオ』のインタビューで「まだ何のニュースもない、我々は協議を重ねているところだ。チームはストライカーと左サイドバックを求めており、彼をクラブに連れて行くという考えもあるが、それは今後の補強を待ってのことだ」と、いまだ交渉中であることを強調した。 2022.12.22 00:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly