横浜FCの守護神が接触で落下し意識不明、ピッチに救急車で緊急搬送も長崎下して首位に迫る…残留争う群馬は高井がハットの山口に大量6失点【明治安田J2第38節】

2022.09.24 22:23 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
24日、明治安田生命J2リーグ第38節の4試合が行われた。

首位アルビレックス新潟を3ポイント差で追う2位横浜FCは、8位V・ファーレン長崎とアウェイで対戦した。

最初にゴールに迫ったのはホームの長崎。左サイドを突破したクレイソンがボックス内に切れ込み、中央へ折り返す。これを受けた奥田が右足のシュートを放つも、相手GKが好セーブ。
逆にこのこぼれ球を横浜FCのバックラインが繋ぎ、山根が自陣から左サイドの裏のスペースへとスルーパスを供給。抜け出したマルセロ・ヒアンが抜群のスピードで相手DFをちぎり、相手GKとの一対一を破って先制点を奪った。

横浜FCが1点をリードした状況のまま、ハーフタイムを迎えるかに思われた前半アディショナルタイムにアクシデント。相手のクロスボールを処理しようとした横浜FCの守護神・ブローダーセンと、長崎の米田が空中で激突し、両者がピッチに倒れ込んだ。

落下し、意識を失ったブローダーセンはその後も意識を取り戻す様子のないまま、ピッチ内に救急車が入ることに。そのまま病院へと救急搬送。米田はしばらくして立ち上がったが、ハーフタイムで交代となった。

治療のために15分にもわたった前半アディショナルタイムが終わり、ハーフタイムをはさんで試合は再開。後半に入って最初にゴールに迫ったのは横浜FCだった。49分、敵陣右サイドで速攻を仕掛けるも、相手DFがクリア。しかし、このボールを敵陣中央で拾った長谷川がボックス手前まで持ち込み、左足の強烈なミドルシュートを放つと、ゴール右に決まった。

2点ビハインドとなった長崎は57分、大竹の右サイドからのクロスをがエジガル・ジュニオが頭で落とし、最後はゴール前の奥田。至近距離から右足のシュートを放つも、相手GKのセーブによって阻まれる。

その後も攻勢を敷く長崎だが、横浜FCの堅い守備を相手にゴールは奪えず。0-2のまま試合終了を迎え、アウェイで3ポイントを積み上げた横浜FCが勝ち点で首位に並んだ。

また、14位のレノファ山口は20位ザスパクサツ群馬とアウェイで対戦。残留へ向けて負けられないホームチームを相手に攻撃力を見せつけた。

立ち上がり13分、山口にサイド攻撃からチャンスが訪れる。中盤での細かいパス回しから右サイド浅い位置の吉岡にボールが渡ると、アーリークロスを供給。これをボックス内の梅木が頭で落として、最後はゴール前の池上が押し込んだ。

先制に成功したアウェイチームには23分にも得点を奪う。敵陣中央の池上からのスルーパスでボックス右に抜け出した吉岡が右足でシュート。これが一度は相手GKに阻まれるも、こぼれ球を梅木が詰め、2点リードとする。

前半に2ゴールを奪った山口は試合を折り返しても止まらない。61分、敵陣左サイド浅い位置でパスを回し、前が右足で鋭いボールを供給。これに高井がバイシクルシュートで合わせてゴール右に決めた。

ビューティフルゴールで3点目を奪った高井はここから爆発する。73分に左サイドの橋本のクロスにオーバーヘッド気味に合わせて2点目を奪うと、78分にも再び橋本のグラウンダーの折り返しを右足で流しこんでで3点目を記録。後半だけでハットトリックを達成する離れ業をやってのけた。

5点をリードした山口は89分に群馬の平松に1点を返されるも、後半アディショナルタイムに岸田がダメ押しの6点目を決めて再び5点差に。試合は1-6のままタイムアップを迎え、アウェイで大勝を挙げた。

その他、13位東京ヴェルディは7位のモンテディオ山形をホームに迎え、天候不良による1時間半におよぶ試合中断がありながらも、1-0で勝利。6位大分トリニータは2-1で16位ヴァンフォーレ甲府を下して、昇格プレーオフ圏内をキープした。

◆明治安田生命J2リーグ第38節
▽9/24(土)
ザスパクサツ群馬 1-6 レノファ山口FC
東京ヴェルディ 1-0 モンテディオ山形
V・ファーレン長崎 0-2 横浜FC
大分トリニータ 2-1 ヴァンフォーレ甲府

▽9/25(日)
ファジアーノ岡山 vs ベガルタ仙台
いわてグルージャ盛岡 vs ツエーゲン金沢
ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス vs 水戸ホーリーホック



1 2

関連ニュース
thumb

藤枝がFW土井智之との契約満了を発表、今季シンガポールから加入

藤枝MYFCは28日、FW土井智之(25)との契約満了を発表した。 兵庫県出身の土井は、神戸弘陵学園高校から常葉大学へと進学し、2020年にアルビレックス新潟シンガポールへと入団。2021年に移籍したホウガン・ユナイテッドFCではシンガポール・プレミアリーグの得点王とMVPの個人タイトルを獲得すると、今季から藤枝へと加入した。 Jリーガーとして迎えた初のシーズンでは序盤から主力として活躍するも、夏以降は負傷の影響もあって出場機会を掴めず。J3で17試合に出場して4得点という成績だった。 土井はクラブを通じてコメントしている。 「これからも土井智之を貫いていきます。最高のストライカーになります。ありがとうございました」 2022.11.28 18:31 Mon
twitterfacebook
thumb

「必ず一年でJ2に戻りましょう!」琉球がMF武沢一翔と契約更新、大卒1年目から35試合に出場

FC琉球は28日、MF武沢一翔(23)との契約更新を発表した。 武沢は茨城県出身で鹿島アントラーズのジュニアユース、ユースに所属。トップチームには昇格することなく、東京学芸大学へと進学し、今シーズンからFC琉球に加入した。 プロ1年目から主力となり、今季はJ2で35試合に出場。チームはJ3降格となったが、中盤のレギュラーとして存在感を示した。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「来シーズンもFC琉球で闘わせていただくことになりました。昨シーズンに経験した悔しさを決して忘れることなく、その想いを原動力に変え、選手、スタッフ、ファンサポーターの皆様、そしてクラブに関わる全ての方々と共に必ず一年でJ2に戻りましょう!」 「目標がブレることはありませんが、地に足をつけて、目の前の試合、目の前の練習に100%で取り組むことをお約束します。来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!」 2022.11.28 18:04 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉がMF小林祐介と契約延長、ボール奪取能力が光る守備的MF

ジェフユナイテッド千葉は28日、MF小林祐介(28)との契約更新を発表した。 小林は柏レイソルの下部組織で育ち、2014年にトップチームに昇格。湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経て、2021シーズンから千葉へ加入した。 在籍2年目となる今シーズンはJ2で23試合に出場。そのボール奪取能力の高さから、終盤にクローザーとして投入されることも多かった。 小林はクラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフユナイテッド市原・千葉でプレーすることができとても嬉しく思います。ジェフを支えてくださっている全ての方々と一緒に喜び合えるよう全力で闘います!来シーズンも熱い応援、サポートよろしくお願いいたします」 2022.11.28 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、今季加入も出場なしのGK菅原大道と契約更新「本当に夢のよう」

藤枝MYFCは28日、GK菅原大道(27)との契約更新を発表した。 秋田県出身の菅原は、仙台大学卒業後、北海道サッカーリーグの北海道十勝スカイアースに入団。その後、関東サッカーリーグ1部の栃木シティフットボールクラブを経て、今季から藤枝に加入した。 Jリーガーとしての1年目は、シーズンを通してセカンドGKとしての立ち位置を確保するも、J3のベストイレブンにも選出された正GK内山圭の存在を前に、出場ゼロという結果に。悲願のJ2昇格を決めたチームをベンチから支えた。 しかし、27日には内山のサガン鳥栖への完全移籍が発表。J2の舞台で迎える来シーズンは出場機会の増加が期待される。 菅原は契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「まずは1年間共に闘ってくれたMYFCファミリーの皆さん、最高の応援ありがとうございました!今年地域リーグから藤枝MYFCに加入させていただき、1年目で昇格し、来シーズンはJ2でプレーできます!本当に夢のようです」 「僕ができることといえば、大声を出してがむしゃらにやることくらいなので、慢心することなく、初心を忘れず来年も頑張っていきたいと思います!来シーズンもよろしくお願いします!」 2022.11.28 17:07 Mon
twitterfacebook
thumb

秋田がFW吉田伊吹と契約更新、今季はJ2でチームトップタイの5ゴール

ブラウブリッツ秋田は28日、FW吉田伊吹(25)との契約更新を発表した。 宮城県出身の吉田はベガルタ仙台の下部組織で育ち、産業能率大学を経て、2020年にAC長野パルセイロへと入団。2020シーズンから秋田へ完全移籍で加入していた。 J2で24試合に出場した1年目から、今季は出場機会が増加。38試合で出番を得て、チームトップタイの5ゴールを決めた。 契約更新を受け、次のようにコメントしている。 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、いつも応援していただきありがとうございます。来シーズンもブラウブリッツ秋田でプレーさせていただくことになりました。チームのために全力で闘うので、来シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.28 16:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly