「傑出している」角度や露出で印象変わる!日本代表新ユニに米メディア着目、舞い上がる折り鶴模様がくっきり「最高のキット」

2022.09.24 15:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカメディアが日本代表のユニフォームに脚光を当てている。

日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。前半にMF鎌田大地(フランクフルト)、後半終了間際にMF三笘薫(ブライトン&ホーブアルビオン)がゴールを決め、2-0で快勝した。

敗れたアメリカの大手『ESPN』は、先制点を挙げて喜ぶ鎌田の姿をピックアップ。「日本のワールドカップキットはクリーンだ」と伝えた。
折り鶴からヒントを得た「ORIGAMI」をコンセプトとしている日本のユニフォーム。これまでは斜線部分の模様がやや控えめに見えていたが、この写真では、折り鶴が空に舞い上がるイメージをはっきりと見て取ることができる。

海外のサッカーファンからも多数の好意的なコメントが寄せられており、インターネット上には「今年のベストキットの1つ」、「最高です」、「大好きです!買いたい!!」、「新鮮」、「傑出している」、「日本とナイジェリアは常に最高のキットを持っている」、「キットが優れているから日本が勝った」といった声が届いている。

角度や露出の影響によって大きく印象の変わる日本の新ユニフォーム。まさしく「日本を、歓喜で染めろ。」というメッセージの通り、歓喜の瞬間にはここまで映えるようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

「スペイン戦は人生で最も重要な試合」日本代表MF久保建英が第二の故郷に挑む

日本代表のMF久保建英は、スペイン戦への意気込みが人一倍強いようだ。 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で優勝候補筆頭のドイツ相手に大金星を手にした日本だったが、続くコスタリカ戦で黒星を喫し、グループ突破は最後のスペイン戦に委ねられることになった。 久保は幼少期をバルセロナの下部組織で育ち、2019年からはレアル・マドリーに在籍していたという驚異のキャリアを持つ。今季からはソシエダに完全移籍し、中断前は公式戦18試合2ゴール4アシストと、チームの中心選手としてプレーしていた。 そのほか、マドリー在籍時にレンタル移籍したマジョルカやビジャレアル、ヘタフェなど、日本のクラブを除けばスペインを主戦場にしてきた久保にとって、そのスペイン代表と対戦することに特別な意味を持つようだ。スポーツメディア『Relevo』の取材でその思いを語っている。 「スペイン戦は僕の人生の中で最も重要な一戦です。相手はスペインだし、コスタリカ戦に敗れてしまって何が何でも勝たなければならなくなったとか、いろんな要素がありますけど」 「日本の最大の特徴は、どんなライバルにも適応できることだと思います。強敵相手でも戦うことできる、非常に競争力の高いチームです」 2022.11.29 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「安易な批判はやめるべき」本田圭佑が日本代表DF伊藤洋輝への批判に言及「コーチング1つで1流にも2流にも」

本田圭佑が選手への批判について言及した。 日本代表として3大会連続で出場し、3大会連続でゴールを決めた本田。カタール・ワールドカップ(W杯)では「ABEMA」で日本戦の解説を務め、その言動が大きな話題となっている。 本音で解説しながらも、的確な指摘とコメントが大きな話題となる一方で、ツイッターでの投稿も話題に。外から見た日本代表への意見を本音で綴っていることが反響を呼んでいる。 そんな中、本田はコスタリカ代表戦後に起こった問題について言及した。 終始試合を支配しながらも1つのミスでコスタリカにゴールを決められ敗戦となった日本。ドイツ代表を撃破した盛り上がりから一転、廃線の戦犯探しがトレンド入りしてしまうほど、一気に世間の見方が変わった。 その中で槍玉に挙げられていたのが、伊藤洋輝(シュツットガルト)。後半から出場し、3バックの左に入った中、仕切りにバックパスをするシーンが目立つことに。同サイドに三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)がおり、一対一で打開させる攻撃プランニ見えたが、その三笘にパスを入れられずにいた。 結果としてこのプレーが日本の攻撃を止めたとされ、本人のインスタグラムにも批判のコメントが寄せられることに。しかし、本田は「伊藤洋輝さんに関して。」として、この行為について言及した。 「安易な批判はやめるべき。監督が指示してない可能性もある。選手ってのはコーチング1つで1流にも2流にもなりえる」 本田の言う通り、セーフティなプレーを求められていたのであれば、ボールをさほど取りに来ないコスタリカ相手に時間を進めることは間違っていない。引き分けでも良い、勝ち点1を取ると言う判断もゼロではなく、日本は2018年のロシアW杯ではポーランド代表戦で負けているにも関わらず、アクションを起こさずに敗戦を受け入れた過去もあるぐらいだ。 バックパスの多さは気になったところだが、この状況で選手批判を行ってもプラスなことは1つもない。 本田は「日本のサッカーは成長してるとは思う。でも周りの国も成長してるってことも忘れたらあかん」ともコメント。日本だけが強くなっているという錯覚を持っているのであれば、それは大きな間違いということだ。 いずれにしても結果は変わることはなく、スペイン代表戦での日本の奮起を期待して応援するしか今はできないだろう。 <span class="paragraph-title">【SNS】本田圭佑が選手批判に言及</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">伊藤洋輝さんに関して。<br>安易な批判はやめるべき。監督が指示してない可能性もある。選手ってのはコーチング1つで1流にも2流にもなりえる。</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1597092883588579331?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.29 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、日本代表戦でブスケッツ温存か…出場停止にリーチ

カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終戦を残して首位を走るスペイン代表にMFセルヒオ・ブスケッツを温存する可能性が浮上している。 12月1日の最終戦では日本代表と対戦。勝てば首位通過が決まり、引き分けても突破決定の一戦とあって、ルイス・エンリケ監督が先を見越してブスケッツを使わない采配を振いうるようだ。 ブスケッツは今のスペイン代表にとっても中盤の底で唯一無二の存在であり続けるが、27日に行われた第2戦のドイツ代表戦で1枚のイエローカードを受け、出場停止にリーチがかかっている。 スペイン『マルカ』によると、ルイス・エンリケ監督としてもラウンド16でブスケッツを欠くのを避けたく、34歳の年齢的にも充電の意味も込め、日本戦で先発から外す采配を講じうる模様だ。 また、日本戦で突破の可能性が危うくならない限り、ブスケッツの起用が見送られるとされ、代わりにアンカーを務める者にセンターバックでプレーが続くMFロドリか、MFコケが候補だという。 2022.11.29 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表サポのゴミ拾いが世界に波及!?イランやモロッコ、サウジに続きフランスまで!「次はどの国だ?」

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表サポーターの行いが各国に広がっている。 20日に開幕したカタールW杯。オープニングゲームとなったカタール代表とエクアドル代表との一戦では、試合後にゴミが散乱したスタンドを片付ける日本人サポーターが世界で大きな話題となった。 W杯の度に話題となると言っても過言ではない日本人の行いだが、今大会ではその動きが他国にも広がっているようだ。 モロッコ代表やサウジアラビア代表、イラン代表のサポーターたちがゴミ拾いをする姿も見られたが、27日にはフランス代表のサポーターたちがデンマーク戦後にゴミ拾いを行っていた。 フランス代表の公式SNSがその様子を伝えると、FIFA(国際サッカー連盟)の公式SNSでも伝えられ、「次はどのチームだ?」とこの動きをさらに広げようと促している。 日本のサポーターたちは、敗れたコスタリカ代表戦でもゴミ拾いを実施。他国のサポーターの間でも習慣となるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】W杯開幕戦でゴミを拾う日本人サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/GqB17hg9EX">pic.twitter.com/GqB17hg9EX</a></p>&mdash; عمر فاروق (@omr94_) <a href="https://twitter.com/omr94_/status/1594614463298416641?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ゴミを拾うイラン代表のサポーターたち</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/qduHbw8Q3L">pic.twitter.com/qduHbw8Q3L</a></p>(@alkasschannel) <a href="https://twitter.com/alkasschannel/status/1596123953780621313?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】フランス代表のサポーターもゴミを拾う</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Le bon exemple <br><br>Nos supporters français ont nettoyé leur tribune avant de partir du stade hier <a href="https://twitter.com/hashtag/FiersdetreBleus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FiersdetreBleus</a> <a href="https://t.co/mwgrBuRkh6">pic.twitter.com/mwgrBuRkh6</a></p>&mdash; Equipe de France (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1596856041819365376?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「手を添えて写真を撮って下さいました!」テレ朝・安藤アナが本田&内田との3ショットを披露!「お二人に日本中が盛り上がったのでは!?」

テレビ朝日の安藤萌々アナウンサーが本田圭佑と内田篤人氏との3ショットを披露している。 『報道ステーション』のスポーツコーナーでキャスターを務める安藤アナ。カタール・ワールドカップ(W杯)の取材で現地を訪れている。 27日の放送では、コスタリカ代表戦を前に本田も『報道ステーション』に出演。内田とのダブル解説を行い話題を呼んでいたが、一緒に番組を進行していた安藤アナがインスタグラムを更新。2人の元日本代表との3ショットを投稿している。 「私は終始緊張でガッチガチでしたが、本番後には内田さんの背中と私の背中に両手を添えて写真を撮って下さいました!!」 「お二人のツーショットに、日本中が盛り上がったのでは!?と思います 本田さん、来てくださりありがとうございました!!」 この写真には、「豪華なスリーショット」、「本田さんと内田さんのやりとり面白かったです」、「本田さんも嬉しそう」、「この3ショット凄過ぎ!」と驚きや羨望の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】安藤アナ、本田、内田の豪華3ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClbMrOLJcu9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClbMrOLJcu9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClbMrOLJcu9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">安藤 萌々 (テレビ朝日アナウンサー)(@momo_ando_ex)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.28 19:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly