栃木のトップチームスタッフ1名が新型コロナ陽性…

2022.09.23 21:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは23日、トップチームスタッフ1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。

当該スタッフは19日の抗原検査で陽性となり、チームドクター判断のもと新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けた。なお、当該スタッフは現在、適切な対策のもと、療養中だという。

関連ニュース
thumb

栃木GK藤田和輝がレンタル移籍期間延長、今季新潟からの武者修行中「来季はチームを勝たせられるように」

栃木SCとアルビレックス新潟は6日、新潟から栃木へ期限付き移籍中のGK藤田和輝(21)が、移籍期間を延長して来季も栃木でプレーをすると発表した。 なお、期限付き移籍期間は2023年2月1日から2024年1月31日までとなり、2023シーズンの公式戦における新潟との対戦には出場できないとしている。 藤田は新潟の育成組織出身で、2018年には2種登録選手としてトップチームに登録。翌年に正式加入した。2020年には明治安田J2で21試合に出場するも、2021年は2試合の出場に。今季は栃木への武者修行を決行し、リーグ戦7試合、天皇杯で2試合に出場した。 藤田は両クラブを通じ、以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「栃木SCに関わる全ての皆様、日頃より多くのご支援、ご声援ありがとうございます」 「2023シーズンも栃木SCでプレーさせていただくことになりました。なかなかチームの力になることができなかった中、プレーさせていただく機会を与えていただき本当に感謝しています」 「来シーズンはチームを勝たせられるように全力で頑張ります。引き続き来シーズンもご支援、ご声援よろしくお願いします」 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟に関わる皆様、J2リーグ優勝、J1昇格おめでとうございます。2023シーズン、新潟がJ1で躍進してくれることを祈っています」 「自分の愛するクラブが目標を達成したことに喜びの気持ちがある反面、自分がチームの力になれなかった悔しさを感じました」 「2022シーズンは、一度新潟を離れて成長する想いで、栃木SCでプレーさせていただきました。しかし、思うような結果が出せず、自分の力の足りなさを痛感させられました。まだまだ胸を張って新潟に戻ることはできません」 「ビッグスワンのピッチにもう一度立つために、2023シーズンも新潟を離れて努力したいと思います。いつまでも待っていてもらえると思わず、これまで以上に自分と闘い頑張ってきます」 「新潟の皆さんは、引き続きアルビレックス新潟にご支援とご声援をよろしくお願いします」 2022.12.06 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

栃木の背番号10、MF森俊貴が契約更新「1人でも多くの子どもたちに夢や希望を与えたい」

栃木SCは4日、MF森俊貴(25)との契約更新を発表した。 森は栃木県出身で、栃木の下部組織育ち。法政大学に進学後、2020年に入団した。 3年目を迎えた今シーズンは明治安田生命J2リーグで29試合に出場。天皇杯でも2試合プレーした。 森はクラブを通じてコメントしている。 「2022年も栃木SCを応援してくれた皆さま、ありがとうございました。来季も大好きな栃木SCでプレーさせていただくことになりました。今年はプロになって初めて声出し応援のなかでプレーすることができ、改めて自分は幸せ者だと感じました」 「毎試合熱いサポートをしてくれる栃木SCファミリーの方の期待に応えたい、1人でも多くの子どもたちに夢や希望を与えたい、この気持ちを胸に尽力していきます!」 「栃木県、そして茂木町を盛り上げられるよう頑張ります!宜しくお願いします!」 2022.12.04 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF高萩洋次郎が栃木に完全移籍移行! FC東京から途中加入で15試合1ゴール

栃木SCは2日、MF高萩洋次郎(36)の完全移籍移行を発表した。 サンフレッチェ広島でのプロ入りから愛媛FC、ウェスタン・シドニー、FCソウル、FC東京でキャリアを紡ぐ高萩。2013年に日本代表デビューも果たした中盤の有力プレーヤーだが、2017年から所属するFC東京で出番が減り、今年7月から栃木にレンタル移籍した。 その栃木では半年間のプレーだったが、明治安田生命J2リーグ15試合に出場で1ゴールを決め、来季も完全移籍でとどまる運びに。栃木の公式サイトを通じて、その旨を報告しつつ、決意を新たにしている。 「栃木SCのファン・サポーターのみなさん。このたび完全移籍加入をすることになりました。J1昇格のために全力を尽くします。栃木一丸で頑張りましょう。応援よろしくお願いします」 一方、FC東京の公式ウェブサイトを通じては「FC東京のファン・サポーターのみなさん、ご無沙汰しています。このたび、栃木SCに完全移籍することになりました」と別れの挨拶とともに、感謝の言葉を綴った。 「いつかJ1の舞台で対戦できるように僕自身精一杯頑張ります。5年半あっという間でしたが、本当にありがとうございました。また会いましょう」 2022.12.02 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木の大卒ルーキー、大森渚生が複数年契約!

栃木SCは20日、MF大森渚生(23)との複数年による契約更新を発表した。 大森は東京ヴェルディのアカデミー出身で、日本大学を挟み、今季から栃木でプロの世界に。明治安田生命J2リーグ34試合、天皇杯3試合に出場した。契約更新を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「栃木SCに関わる全ての皆様、日頃より多くのご支援、ご声援ありがとうございます。2023シーズンも栃木SCでプレーさせていただくことになりました」 「今シーズン、多くの試合に出場させていただき経験と成長を実感できた一方、目に見える結果でチームの勝利に貢献できなかった悔しさの残るシーズンでもありました」 「チームとしてなかなか結果が出せず苦しい時期もありましたが、皆様の温かいご声援と日々競争し合える素晴らしいチームメイトのおかげで前を向き続けることが出来ました」 「来シーズン、明確な結果にこだわりチームを勝たせることができる選手になれるよう日々取り組んで参ります。県民の歌はもう覚えました。来シーズン多くの勝利と共に皆で一つになって喜びを分かち合いましょう!」 2022.11.20 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木、DF黒崎隼人とFW五十嵐理人の契約更新を発表

栃木SCは19日、DF黒崎隼人(26)とFW五十嵐理人(23)の契約更新を発表した。黒崎は2年間の複数年契約となる。 黒崎は2019年に栃木でプロ入りした後、2021年には大分トリニータへ移籍。しかし、半年で古巣に復帰し、今シーズンは明治安田生命J2リーグ37試合の出場で3得点を記録した。 鹿屋体育大学出身の五十嵐は特別指定選手の期間を経て、今年から栃木に加入。今シーズンはJ2で14試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF黒崎隼人 「今シーズンも栃木SCを応援いただき、ありがとうございます!まずはじめに、今年も多くの皆さんのサポートがあって今シーズンが無事に終えられたこと感謝いたします。来シーズンも栃木SCのユニフォームを着てプレーできることを誇りに思います。地元出身者として、サッカーで栃木を盛り上げたい、そんな想いが強くなってきました。そのためには、このチームが成長すること、そして個人としてもさらに成長していけたらと思っています」 「栃木SCがまだ見たことのない景色をみんなさんと一緒に見たいと思ってます。来シーズンは今シーズン以上に、より一層責任と自覚を持って、闘いたいと思います!引き続き黒﨑隼人を宜しくお願いいたします」 ◆FW五十嵐理人 「この度、2023シーズンも栃木SCのユニフォームを着てプレーさせて頂くことになりました。今シーズンは、大好きなサッカーをする時間すら限られてしまい、チームの力になれなかったこと本当に悔しく思います。来シーズンは栃木SCの明るい未来の為に全身全霊プレーすることは勿論、自分自身も大きな覚悟と 自信を持ち1年間戦いたいと思います。そして、その姿を1秒でも多く、日頃から支えてくださる方々やサポーターの皆さまに届けていければと思います。共に闘いましょう! 来シーズンも応援宜しくお願い致します!」 2022.11.19 15:47 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly