1年ぶりに現場復帰、カンナバーロ監督が母国で初の指揮! セリエBのベネヴェントが正式発表

2022.09.21 23:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエB(イタリア2部)のベネヴェントは21日、新監督に元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏(49)を招へいしたことを発表した。

カンナバーロ氏は、現役時代はナポリの下部組織で育ち、ナポリの他、パルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリーなどでプレーした。

イタリア代表ではキャプテンも務め、2006年のドイツ・ワールドカップで見事に優勝。バロンドールも受賞していた。
引退後は、キャリア終盤に所属したUAEのアル・アハリで指導者キャリアをスタート。中国スーパーリーグの広州恒大(現:広州FC)で監督キャリアをスタート。その後、アル・ナスル、天津権健で指揮を執り、再び広州恒大に復帰。また、マルチェロ・リッピ監督退任後の中国代表も2試合だけ指揮を執した。

2021年9月、広州FCの親会社である恒大集団がコロナ禍での業績不振で経営破綻。それを受け、契約解除で退任し、その後はフリーとなっていた。

関連ニュース
thumb

デ・ロッシが監督キャリア開始か? セリエBベネヴェントの新指揮官就任の可能性浮上

ローマとイタリア代表のレジェンドであるダニエレ・デ・ロッシ氏(39)が、ついに監督キャリアをスタートする見込みだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』など複数メディアは、デ・ロッシ氏がセリエBのベネヴェントの新指揮官就任に迫っていると報じている。 ローマ生まれローマ育ちのデ・ロッシ氏は、2001年から2019年にかけて、ジャッロロッシ一筋のキャリアを築いた。その後、2019年夏からボカ・ジュニアーズで半年間プレーした後に現役を引退。 その後は予てより希望していた指導者の道に進み、現在はイタリア代表でロベルト・マンチーニ監督の副官の一人として研鑽を積んでいる。 ここ数カ月では父親のアルベルト・デ・ロッシ氏が退いた古巣ローマのプリマヴェーラ監督や、セリエBのパレルモの指揮官候補として名前が挙がっていたが、最終的に実現せず。 そういった中、現在はファビオ・カゼルタ監督の解任が有力視されるベネヴェントの新指揮官就任の可能性が高まっているようだ。 現時点で両者は合意に至っていないものの、ベネヴェントは有力な候補と目しており、デ・ロッシ氏自身も適切なオファーが届いた場合、このチャレンジを受け入れる可能性は高い模様だ。 なお、監督就任にあたってはイタリアサッカー連盟(FIGC)との契約解消の必要があるが、 現役時代にローマでバンディエラを担い、イタリア代表でも2006年にワールドカップ王者に輝いた生粋のリーダーは、ベネヴェントで監督初挑戦となるのか…。 2022.08.20 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム下部組織出身の逸材サイ・ゴダードがAリーグのセントラルコースト・マリナーズに加入

オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズは20日、元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(24)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍。 3年契約で加入したベネヴェントでも、なかなか出場機会には恵まれず、2019-20シーズンはキプロスのパフォスへ、2020-21シーズンはインドのムンバイ・シティへとレンタル移籍に出されていた。 かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材は、セントラルコーストへの移籍について「オーストラリアの地で新たなスタートを切れることをとても楽しみにしている」とコメントしている。 なお、サイ・ゴダードはホテルでの2週間の隔離期間を経て、チームに合流するとのことだ。 2021.08.20 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、シルベストリ後釜にベネヴェント守護神モンティポを獲得

エラス・ヴェローナは20日、セリエBのベネヴェントからイタリア人GKロレンツォ・モンティポ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 今回の契約には出場試合数など幾つかの条件を満たした場合、買い取り義務が生じる条項が盛り込まれている。 ノヴァーラでプロキャリアをスタートしたモンティポは2018年にベネヴェントへレンタル移籍。その翌年に完全移籍に移行すると、守護神としてセリエA昇格に大きく貢献した。昨シーズンは自身初のセリエAの舞台で最終節を除く全37試合に出場し、安定したゴールキーピングを見せていた。 そして、この活躍が認められ、ウディネーゼに旅立ったイタリア人GKマルコ・シルベストリの後釜としてヴェローナ加入を果たした。 2021.07.21 15:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ベネヴェントに快勝のアタランタが2位死守《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第36節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で快勝した。 前節、降格の決まっていたパルマに5発圧勝として2位をキープしたアタランタは、通常の3バックではなく[4-2-3-1]を採用。最前線にサパタ、2列目に右からマリノフスキー、ペッシーナ、ムリエルと並べた。 降格圏に沈む18位ベネヴェントに対し、立ち上がりから押し込む展開としたアタランタは7分にペッシーナがボックス右から決定的なシュートを浴びせると、22分に先制した。 マリノフスキーとのパス交換からスルーパスに抜け出したムリエルがボックス中央に進入し、GKとの一対一を制した。先制後もアタランタがペースを握り、ベネヴェント陣内で試合を進めたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが攻め込む展開とすると、67分に途中出場のパシャリッチが追加点を奪う。 サパタのパスを受けたボックス中央のパシャリッチがシュートを決めた。終盤の82分、カルディローラが2枚目のイエローカードを受けて10人となったベネヴェントに対し、アタランタが2-0で快勝。2位を死守している。 2021.05.13 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰のミラン、チャルハノール&テオ弾で暫定ながらCL圏内再浮上《セリエA》

ミランは1日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ラツィオに0-3と完敗して2位からチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したミラン(勝ち点66)は、出場停止と負傷により欠場が続いていたイブラヒモビッチが4試合ぶりに復帰を果たした。 降格圏に沈む18位ベネヴェント(勝ち点31)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レオンと並べたミランが6分に先制する。ボックス手前右のサーレマーケルズのパスをゴール前に走り込んだケシエがスルー。後方のチャルハノールがボックス中央からダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 先制したミランは続く16分、ロングカウンターからレオンがGK強襲のシュートを浴びせると、前半終盤に追加点のチャンス。 まずは37分、ボックス左からテオ・エルナンデスのミドルシュートが枠の右を捉えたが、GKの好守に阻まれた。さらに追加タイム3分、ケシエのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがGK強襲のシュートを浴びせたが、追加点は奪えずに前半を終えた。 迎えた後半もミランが追加点に迫るも、GKモンティポの好守に阻まれてしまう。それでも60分、ミランが突き放した。ボックス左からイブラヒモビッチの放ったシュートがGKモンティポを強襲すると、ルーズボールをテオ・エルナンデスが詰めた。 75分にレオン、サーレマーケルズ、テオ・エルナンデスを下げたミランは終盤にかけて、ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化。3試合ぶりの勝利とし、暫定ながらCL圏内へ再浮上している。 次節はCL出場権を争うユベントスと激突する。 2021.05.02 05:49 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly