マンチェスター・ユナイテッドが過去10年間の移籍市場で最も無駄遣い…過払い金約340億円

2022.09.21 20:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大金が毎回動き、その額も年々上昇しているヨーロッパの移籍市場。2012年以降の移籍市場で、評価額以上に資金を投入しているクラブが判明した。

スポーツ研究国際センターである「CIES Football Observatory」のが、過去10年間の移籍市場の各クラブの支出と、移籍前の選手の価値を比較するデータを元に、ヨーロッパの5大リーグ(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)のランキングを作成した。

対象となるのは、移籍金が発生する取引のみ。過去10年間で選手の評価額よりも多くの金額を支払う、いわゆる「過払い」が最も多かったのはマンチェスター・ユナイテッドだった。
ユナイテッドは、33回の取引があり、その中で過払金は2億3800万ユーロ(約340億円)とのことだ。

2位のユベントスは36回の取引があり、2億3400万ユーロ(約334億2000万円)。この両クラブの差はほとんどない状況だ。

3位はパリ・サンジェルマン(PSG)で31回の取引で1億6200万ユーロ(約231億4000万円)、4位アストン・ビラの44回で1億4900万ユーロ(約212億8000万円)、5位レアル・マドリーの19回で1億4800万ユーロ(約211億5000万円)と続いた。

これのクラブは、悪く言えば「無駄遣い」をしているということ。もちろん、獲得後に選手が価値を上げることもあるため、一概には「無駄遣い」とは言えないが、適正な価格以上で多くの選手を獲得しているという事実は変わらない。移籍金が高騰化していく要員を作っているとも言える。

一方で、逆に節約をしているクラブもある。

最も「過払い」がないクラブは32回の取引があるアトレティコ・マドリーで、8200万ユーロ(約117億2000万円)。続いて、バルセロナの40回で4700万ユーロ(約67億2000万円)、セビージャの54回で4400万ユーロ(約62億9000万円)、フィオレンティーナの37回で3900万ユーロ(約55億7000万円)、ヘルタ・ベルリンの31回で3100万ユーロ(約44億3000万円)と続いている。

◆過去10年の移籍金過払いランキングトップ20
1位:マンチェスター・ユナイテッド/2億3800万ユーロ(約340億円)
2位:ユベントス/2億3400万ユーロ(約334億2000万円
3位:パリ・サンジェルマン/1億6200万ユーロ(約231億4000万円)
4位:アストン・ビラ/1億4900万ユーロ(約212億8000万円)
5位:レアル・マドリー/1億4800万ユーロ(約211億5000万円)
6位:チェルシー/1億3500万ユーロ(約193億円)
7位:アーセナル/1億2900万ユーロ(約184億4000万円)
8位:スタッド・レンヌ/1億1400万ユーロ(約162億9000万円)
9位:エバートン/9700万ユーロ(約138億7000万円)
10位:ドルトムント/7700万ユーロ(約110億円)
11位:ニューカッスル/7600万ユーロ(約108億6000万円)
12位:レスター・シティ/7400万ユーロ(約105億8000万円)
13位:リヨン/7100万ユーロ(約101億5000万円)
14位:サウサンプトン/7000万ユーロ(約100億円)
15位:ローマ/6700万ユーロ(約95億8000万円)
16位:ナポリ/6200万ユーロ(約88億6000万円)
17位:レバークーゼン/6100万ユーロ(約87億2000万円)
18位:モナコ/5700万ユーロ(約81億5000万円)
19位:リバプール/5600万ユーロ(約80億円)
20位:ウェストハム/5500万ユーロ(約78億6000万円)

関連ニュース
thumb

ヴァラン代表引退を前向きに捉えるテン・ハグ「ユナイテッドにとって良いニュース」

フランス代表からの引退を発表したマンチェスター・ユナイテッドのDFラファエル・ヴァランについて、ユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督が言及した。 クリスタル・パレス戦前日会見に臨んだテン・ハグ監督はヴァランの代表引退について聞かれると以下のように答えた。 「ユナイテッドにとって良いニュースだ。フランス代表として成し遂げたことは信じられないほどのものだ。彼には敬意を表すよ。そして今、ユナイテッドのために全エネルギーを注ぎ込める状況になったことを嬉しく思う」 また、ヴァランが代表引退を決断した理由について問われると次のように語った。 「そのことについては話していない。彼は経験豊富な選手で、こういったことは自身で決断を下すものだ」 2023.02.04 00:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、ザビッツァーの駆け込み獲得に「とても満足。不可欠だった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が駆け込みで獲得したオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 今冬のデッドラインデイにバイエルンからザビッツァーのローン移籍を決めたユナイテッド。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最悪5月上旬まで負傷離脱するのが今冬のデッドラインデイにわかってから獲得に乗り出したわけだが、やはりかなりのスピードをもって決着に持っていった。 見事な立ち回りでエリクセンの穴埋めを完遂したテン・ハグ監督はノッティンガム・フォレスト相手の2試合を全勝で飾り、カラバオカップ決勝進出を決めた後の会見でザビッツァー獲得の感想を口にしている。 「この補強にはとても満足している。ドニー・ファン・デ・ベークが離れ、クリスティアン・エリクセンも長期離脱し、スコット・マクトミネイも短期間ながら出場できなくなったから、不可欠(な補強)だった。中盤の選手が足りない。移籍マーケットの最終日にクオリティのある選手を獲得するのは難しいものだが、そのチャンスを掴んだんだ」 また、エリクセンの不在をどれだけカバーできるかが注目されるザビッツァーについても「私はあの選手のことをザルツブルク時代から知っている。特に、ライプツィヒにいた頃からね」と語り、期待感を続けた。 「(ライプツィヒ時代の)彼はファンタスティックなパフォーマンスぶりだった。ここでも同じようにやってくれると期待している。それに素晴らしい姿勢があるし、年齢的にもちょうど良い。そして、このチャンスが彼のモチベーションとなり、我々のもとで力強いパフォーマンスを披露してくれると確信しているよ」 2023.02.03 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド入りのザビッツァー、背番号決定! ヴィディッチで印象深い15番に

マンチェスター・ユナイテッド入りしたオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーの背番号が決まった。 今冬のデッドラインデイにバイエルンから買取オプションなしのローンでユナイテッド入りが決まったザビッツァー。最悪5月上旬まで負傷離脱となるデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの代わりとして活躍が期待される。 エリクセンのほかにもケガ人がいるユナイテッドの現状からして、就労ビザ次第だが、4日にホームで行われるプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦から出番が巡りそうななか、チームが2日に背番号決定をリリースした。 バイエルン時代は18番を背負ったが、ユナイテッドでは直近まで現フルアムのMFアンドレアス・ペレイラがつけた15番に。かつてチームの黄金期に守備の要を担ったネマニャ・ヴィディッチ氏のイメージが強い番号でもある。 先のカラバオカップ準決勝終盤ではMFドニー・ファン・デ・ベークとMFスコット・マクトミネイが負傷離脱中とあって、DFビクトル・リンデロフをボランチで使ったエリク・テン・ハグ監督。ザビッツァーの起用可が待たれる。 2023.02.03 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーンウッド&ユナイテッド、起訴取り下げ受け声明発表

2日、元恋人に対するレイプ未遂や暴行罪に関する起訴が取り下げられたマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(21)が声明を発表した。 ユナイテッドで大きな期待を寄せられていたグリーンウッド。しかし、2022年1月にオンラインで流出した画像や動画をめぐる疑惑の中、元恋人に対するレイプ未遂、支配的・強制的な行動への関与、暴行の罪で逮捕・起訴されていた。 しかし、グレーター・マンチェスター警察(GMP)は2日、グリーンウッドに対する刑事訴訟手続きが同日に打ち切られたと発表した。 イギリス『サン』によると、グリーンウッドはこれを受けて以下の声明を発表したという。 「この問題が終わったことに安堵しています。支えてくれた家族、愛する人たち、友人に感謝したいと思います」 「現時点でこれ以上のコメントはありません」 一方、グリーンウッド逮捕後、問題が解決するまで同選手の活動停止を言い渡していたユナイテッドも、所属選手の起訴取り下げを受けて声明を発表した。 「マンチェスター・ユナイテッドは、メイソン・グリーンウッドに対するすべての起訴が取り下げられたというクラウン検察局の決定に留意しています」 「クラブは次のステップを決定する前に、独自のプロセスを実施します。そのプロセスが完了するまで、これ以上のコメントは差し控えます」 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドは、現時点でグリーンウッドの活動停止処分の継続、解除を決めかねている状況であり、少なくともクラブ独自の調査が完了するまで、同選手がトレーニングに復帰することはないという。 2023.02.03 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly