35歳元スペイン代表FWアスパス、カタールW杯出場を「最後まで諦めない」

2022.09.20 15:06 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルタの元スペイン代表FWイアゴ・アスパス(35)が、カタール・ワールドカップ(W杯)出場に闘志を燃やしている。スペイン『アス』が伝えている。

今年8月に35歳となったアスパス。リバプールやセビージャ時代はインパクトを残せなかったが、セルタでは通算424試合189得点64アシストを記録し、今季もラ・リーガで6試合5得点と、チームの絶対的エースとして君臨。衰え知らずの得点力を発揮している。

そんなアスパスだが、スペイン代表には2019年を最後に招集されていない。それでも、スペイン『El Larguero』のインタビューの中で、カタールW杯のメンバー選出を諦めないと口にした。
「希望は最後まで持ち続けるが、しばらく代表チームに参加できていないのも事実だ。昨季はとても良い成績を残せたし、今季も継続できている」

「もちろん(スペイン代表に)参加できないことは辛い。だけど僕は頑固者で、最後まで諦めるつもりはないよ。できる限りのことをするつもりだ」

アスパスは前回のロシアW杯メンバーに選出も、決勝トーナメント1回戦の開催国ロシア代表との一戦において、PK戦でキックを失敗。アスパスの失敗もあり、スペイン代表はベスト16敗退となっていた。

悔しい思いを残すW杯の舞台とあってか、残された時間は少ないとはいえ、決死のアピールでカタールW杯のメンバー選出を目指す姿勢を鮮明にした。


関連ニュース
thumb

前セルタ指揮官コウデ氏、ブラジルの名門へ! アトレチコ・ミネイロが就任を発表

アトレチコ・ミネイロは19日、前セルタ指揮官のエドゥアルド・コウデ氏(48)を新指揮官として招聘したと発表した。契約期間は2024年12月までとなる。 アルゼンチン人のコウデ氏は現役時代、サン・ロレンソやリーベル・プレート、ロサリオ・セントラルなどといった母国の名門で長くプレー。2011年の引退後はメキシコのティファナやブラジルのインテルナシオナルなどで指揮を執った。 2020年11月には、現役時代に1シーズンのみ在籍したセルタの指揮官に就任。1年目はラ・リーガ8位、2年目の昨季は11位でフィニッシュと、財政的に小規模なクラブを安定した順位へと導いていたが、今月2日に成績不振で解任されていた。 2022.11.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

16位低迷のセルタがカルロス・カルヴァリャル氏を新指揮官に招へい

セルタは2日、ポルトガル人指揮官のカルロス・カルヴァリャル氏(56)の新監督招へいを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。 今シーズンここまで3勝2分け7敗の16位に低迷しているセルタ。とりわけ、直近は1分け4敗と5試合未勝利が続いていた。 そういった中、クラブは2日に2020年11月から指揮を執っていたエドゥアルド・コウデ監督(48)を解任していた。 そして、後任にはクラブの外部スポーツアドバイザーを務めるルイス・カンポス氏の推薦もあり、ポルトガルの名将が任命された。 カルヴァリャル氏は、これまで選手時代にも在籍したブラガやスポルティングCP、ベシクタシュ、スウォンジー・シティなどの指揮官を歴任。直近はUAEのアル・ワフダ・アブダビを指揮していた。 なお、カルヴァリャル新監督の初陣は5日にホームで行われるオサスナ戦となる。 2022.11.03 00:36 Thu
twitterfacebook
thumb

16位低迷のセルタがコウデ監督を解任…後任はカルロス・カルヴァリャルの見込み

ラ・リーガで16位に低迷するセルタが監督交代に踏み切った。 セルタは2日、エドゥアルド・コウデ監督(48)の解任を発表した。 2020年11月に就任したコウデ監督は就任1年目は8位、昨シーズンは11位と安定していた戦績に導いた。しかし、今シーズンここまでは3勝2分け7敗の16位に低迷。とりわけ、直近は1分け4敗と5試合未勝利が続いていた。 なお、スペイン『マルカ』によると、後任に指名されたのは、ポルトガル人指揮官のカルロス・カルヴァリャル氏(56)だという。 カルヴァリャル氏は、これまで選手時代にも在籍したブラガやスポルティングCP、ベシクタシュ、スウォンジー・シティなどの指揮官を歴任。直近はUAEのアル・ワフダ・アブダビを指揮していた。 なお、今回のカルヴァリャル氏招へいに際にしては、クラブの外部スポーツアドバイザーを務めるルイス・カンポス氏が交渉の窓口を務めていたようだ。 2022.11.02 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

久保先発ソシエダ、セルタとの肉弾戦を制して4連勝《ラ・リーガ》

レアル・ソシエダは16日、ラ・リーガ第9節でセルタとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。ソシエダのMF久保建英は75分までプレーしている。 前節ビジャレアルに辛勝としてリーグ戦3連勝とした6位ソシエダ(勝ち点16)は、3日前に行われたヨーロッパリーグではシェリフを下して4連勝とし、グループステージ突破を決めた。途中出場でアシストを決めた久保がリーグ戦5試合連続スタメンとなり、セルロートと2トップを形成した。 11位セルタ(勝ち点10)に対し、肉弾戦の序盤を経て球際の激しい主導権争いが続いた中、30分にソシエダが先制する。ルーズボールを拾ったイジャラメンディがボックス手前右から左足を一閃。強烈なシュートがネットに突き刺さった。 しかし39分、ミスから同点とされる。スビメンディの横パスがアスパスに渡り、そのままシュートを決められた。 ハーフタイムにかけてはセルタの圧力が強まった中、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、54分にメリーノがGK強襲のシュートを浴びせたソシエダは直後のCKから勝ち越す。ブライス・メンデスの右CKからスベルディアのヘディングシュートが決まった。 勝ち越したソシエダが重心を下げていく中75分、久保とシルバをお役御免として逃げ切り体制を図る。 直後、カルレス・ペレスの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKレミロがファインセーブで阻止。 終盤にかけてはソシエダの集中した守備がセルタを上回り、2-1のまま逃げ切り。リーグ戦4連勝とした。 2022.10.16 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

7連勝で首位キープも…チャビ監督は満足せず「後半は良いプレーができなかった」

チャビ・エルナンデス監督はセルタ戦の内容に満足しなかった。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは9日のラ・リーガ第8節でセルタをホームに迎えての一戦。17分にMFペドリのゴールで幸先良く先制し、1点リードで試合を折り返す。しかし、後半に入ると相手に主導権を渡してしまい、ポスト直撃のシュートを浴びる危険な場面も。それでも何とか逃げ切り、1-0で白星を上げた。 これでリーグ7連勝となったが、試合後のチャビ監督は後半の内容に苦言を呈した。 「我々は改善しなければならないし、強く自己批判的でなければならない。前半は良い感じだったので、そこで試合を終わらせないといけない」 「2点目を取れば試合は変わっていたが、後半は良いプレーができなかった。疲れていたからか、プレスするのをやめ、メンタル面でも良くなかった。そして、結局2、3回の決定機を逃した。重要な勝利だが、我々は前半30分のような姿を見せなければならない」 また、次節にはレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”が控えているが、「今はインテル戦に向けて準備中だ。クラシコは予想がつかないもので、昨季はアウェイで0-4で勝った。まだ状況は分からないが、勝負に出て個性を発揮したい」とコメント。まずは12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のインテル戦に視線を向けた。 2022.10.10 12:39 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly