インテルがFWルカクの引き留めに動く…来夏もチェルシーからレンタルか

2022.09.18 20:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)だが、来季もインテルでプレーすることになるようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。

インテルでエースとして活躍し、鳴り物入りで2021年夏に古巣のチェルシーへと復帰したルカク。しかし、2021-22シーズンは公式戦44試合で15ゴール2アシスト、プレミアリーグでは26試合で8ゴール1アシストと、期待と金額に見合う活躍はできなかった。

本人もチェルシーでのプレーには満足せず、インテルに戻りたい意志を示すと、今夏はレンタルでインテルへ復帰。1年での出戻りとなった中、セリエA開幕戦のレッチェ戦でいきなりゴール、第2節のスペツィア戦でアシストを記録するも、その後筋肉を痛めてしまい、第4節以降は欠場が続いている。
9月のUEFAネーションズリーグに臨むベルギー代表からも外れたルカクだが、どうやら来年もインテルに残る可能性があるという。

チェルシーからのレンタル期間は1年間であり、来年夏には契約が切れる。しかし、最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏はルカクを留める策があるという。

すでにチェルシーと接触をしており、最初のオプションは今夏支払ったレンタルフィーと同じ800万ユーロ(約11億5000万円)での再レンタルとのこと。ルカクもチェルシーに戻る気がなく、チェルシーも余剰戦力は要らない状況。また、グレアム・ポッター監督のサッカーには合わないタイプでもある。

来夏までにインテルは話をまとめる動きをするとし、もうチェルシーの選手としてプレーすることはないかもしれない。

関連ニュース
thumb

インテル、加入3年目で真価発揮のダルミアンと契約延長!

インテルは2日、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(33)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。さらに、今回の契約には1年の延長オプションが付帯している。 2020年夏にパルマから加入したダルミアン。加入1年目はDFアクラフ・ハキミが右サイドに君臨したことで出番が限られ、2年目は新加入のDFデンゼル・ダンフリースとのポジション争いで満足な出場時間は得られなかった。 だが、3年目の今季はここまで公式戦22試合に出場し、2ゴール2アシストの数字を残すなど主力としてプレー。とりわけ、中断明け以降は高い戦術理解度を生かした攻守に安定したパフォーマンスでシモーネ・インザーギ監督の信頼を獲得。ダンフリースとのポジション争いで優位に立っている。 さらに、元々プレー可能な左サイドに加え、ここ最近では3バックの右でも安定したプレーをみせ、直近のコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦ではチームをベスト4進出に導く決勝点を記録。充実した日々を過ごしている。 2023.02.03 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元ラツィオのマウロ・サラテがセリエBのコゼンツァに加入! 6年ぶりのイタリアでキャリア15クラブ目に

アルゼンチン人FWマウロ・サラテ(35)が、セリエBのコゼンツァへ移籍した。 2004年のキャリアスタートから、ラツィオやインテル、ウェストハムなど14クラブも渡り歩いてきたサラテ。キャリア初期にプレーしたカタールのアル・サッドや、2017年に加入したUAEのアル・ナスルなど中東にも進出する渡り鳥のようなキャリアを積んできた。 近年はプロデビューしたクラブでもあるベレス・サルスフィエルドやボカ・ジュニアーズ、ブラジルのアメリカ・ミネイロやジュベントゥージなど南米でプレー。直近では昨年5月に母国のアトレティコ・プラテンセに加入し、スーペルリーガ20試合で3ゴールを記録した。 そんなサラテが15クラブ目として選んだのはコゼンツァ。現在はセリエBで最下位に位置しており、6シーズンぶりのセリエC降格の窮地に立つ。35歳にとって6年ぶりのイタリアだが、セリエAで通算148試合32ゴール24アシストの記録を持つストライカーは救世主となれるだろうか。 2023.02.02 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏のPSG行きが確実視も…インテルのウルトラスはシュクリニアル擁護「彼への恨みはない」

今夏の退団が確実視されるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルについて、インテルのウルトラスは理解を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2017年夏に加入して以降、守備の柱としてチームを支え、2020-21シーズンのスクデット獲得にも多大な貢献を果たしたシュクリニアル。一方で、今夏までとなる契約の延長交渉は破談し、1月の移籍市場で以前より関心を示してきたパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が近づいていた。 しかし、PSGとインテルの間で移籍金に隔たりがあり、結局移籍は実現せず。これにより、シュクリニアルは今夏にインテルをフリーで退団し、PSGへ加入することがほぼ確実となっている。 シーズン終了までインテルでプレーする結果となったシュクリニアルに対しては、ファンから「もうプレーすべきでない」などの声も挙がる中、それに対してクラブのクルヴァ・ノルドは声明を発表。シュクリニアルへの非難は行わないとし、それよりも全力を尽くすチームへのサポートをファンに訴えた。 「シュクリニアルへ恨みはない。クルヴァ・ノルドはシュクリニアルと会談して、彼が退団する理由を聞いた。その結果、我々はインテル退団の決定に対して、いかなる姿勢も示さないと決めた」 「シュクリニアルとの会話は、ダービーの頃に発売される雑誌に掲載される。何が語られたかは、そこで説明する予定だ。そして我々はこれからインテルファンに対して、最高の結果を得るため全員を必要とするチームや、チームに残る選手を尊重するよう呼びかけたい」 2023.02.02 13:26 Thu
twitterfacebook
thumb

S・インザーギ、連覇に前進の準決勝進出に「当然の結果」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 1月31日のコッパ・イタリア準々決勝でアタランタと対戦したインテル。伏兵のDFマッテオ・ダルミアンが57分に均衡を破ると、その1点のリードで勝ち切り、準決勝一番乗りを決めた。 連覇に向けて、また一歩前進した前回王者のS・インザーギ監督は妥当な結果だと胸を張った。 「この試合にどうしても勝ちたかった。昨季に優勝して、シャツに刻まれてもいる。この試合に向けてはできる限りの準備をした。調子の良い素晴らしい相手に最初から最後まで見事なパフォーマンスだったし、準決勝進出は当然の結果だ」 また、3バックの右でプレーするなか、殊勲のゴールを決めたダルミアンにも言及している。 「彼は昨季も3バックの一角で何度かプレーしたし、よくやってくれた。監督にとって、変幻自在な選手がいるのは本当にアドバンテージだ。彼は私の下でいつだって貢献してくれ、今夜のような結果も得るにふさわしい」 そして、DFフランチェスコ・アチェルビに賛辞の言葉を送り、話題はFWロメル・ルカクに及んだ。 「ルカクを見て気に入ったよ。時間の経過とともに、良くなっていった。ただ、まだ分数を重ねる必要があるのは明らか。とはいえ、とても満足しているし、試合を追うごとに良くなっていくと思う」 2023.02.01 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ダルミアン弾のインテルがアタランタを退けてベスト4一番乗り《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、インテルvsアタランタが1月31日に行われ、1-0でインテルが勝利した。 ラウンド16でパルマを下したインテルと、スペツィアを下したアタランタによる4強進出を懸けた一戦。 インテルはラウタロとルカクの2トップで臨み、アタランタはサパタを最前線に、パシャリッチとボガを2シャドーに配す布陣で臨んだ。 立ち上がりからインテルが押し込む流れとなると、21分にバレッラが枠内シュートをマーク。その後もインテルが攻め込み、アタランタが自陣で耐える時間が続く。 そんな中、前半終盤の41分にインテルに決定機。チャルハノールの左足ミドルが右ポストに直撃した。 ゴールレスで迎えた後半、55分にルックマンとホイルンドを投入したアタランタに対し、57分にインテルが押し切る。ラウタロのダイレクトパスをボックス手前左で受けたダルミアンが左足でゴール右へ蹴り込んだ。 その後もインテルがアタランタの反撃を許さずウノゼロ勝利。準決勝ではラツィオvsユベントスの勝者と対戦する。 2023.02.01 06:57 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly