菅原が今季初ゴール! AZは終盤のゴールラッシュで4発快勝《ECL》

2022.09.16 06:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第2節が15日に欧州各地で行われた。

昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、ホームでファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し4-1で勝利した。菅原はフル出場、92分にゴールを記録している。

EL連勝を狙うAZは、19分にバラシのゴールで先制。しかし、直後の22分にゲルツァーにネットを揺らされ、1-1で前半を終える。
後半に入っても膠着状態が続く中、61分に中盤からのロングパスに反応したオドゴールがボックス外で飛び出したGKビュヘルに倒されると、このプレーでGKビュヘルが一発退場に。

数的有利となったAZは、81分にブッケマのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイム2分にはデ・ウィトのパスで右サイドを抜け出した菅原がボックス右深くまで切り込みゴール左隅にシュートを突き刺した。

このゴールで試合を決定づけたAZは、試合終了間際にもデ・ウィトがゴールネットを揺らるなど、終盤のゴールラッシュで4-1と快勝した。

また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、アウェイでハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)と対戦。28分にホセ・モラレスのPKで先制したビジャレアルだったが、63分にハトゥエルにネットを揺らされ追いつかれる。

それでも67分、右サイド深くまで抜け出したジェレミ・ピノのクロスをバエナが右足ボレーで流し込み、勝ち越しに成功。結局、これが決勝点となりビジャレアルが2-1で勝利した。

その他、イングランドの名門ウェストハムはアウェイでシルケボー(デンマーク)と対戦し3-2で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはアウェイでバシャクシェヒル(トルコ)と対戦し0-3で完敗している。

◆グループA
FK RFS(ラトビア) 0-2 ハート(スコットランド)
バシャクシェヒル(トルコ) 3-0 フィオレンティーナ(イタリア)

◆グループB
FCSB(ルーマニア) 0-0 アンデルレヒト(ベルギー)
シルケボー(デンマーク) 2-3 ウェストハム(イングランド)

◆グループC
ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 1-2 ビジャレアル(スペイン)
レフ・ポズナン(ポーランド) 4-1 オーストリア・ウィーン(オーストリア)

◆グループD
パルチザン(セルビア) 1-1 ニース(フランス)
ケルン(ドイツ) 4-2 スロヴァコ(チェコ)

◆グループE
AZ(オランダ) 4-1 ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)
アポロン(キプロス) 1-3 ドニプロ-1(ウクライナ)

◆グループF
ユールゴーデン(スウェーデン) 3-2 モルデ(ノルウェー)
ヘント(ベルギー) 3-0 シャムロック・ローバーズ(アイルランド)

◆グループG
クルージュ(ルーマニア) 0-1 スィヴァススポル(トルコ)
スラビア・プラハ(チェコ) 3-2 バルカニ(コソボ)

◆グループH
ジャルギリス(リトアニア) 0-1 バーゼル(スイス)
ピュニク(アルメニア) 2-0 スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア)


関連ニュース
thumb

【ECLグループステージ総括】菅原躍動のAZにハマーズ&ビジャレアルが順当突破

2022-23シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージが3日に終了した。昨シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションにはDF菅原由勢が在籍するAZ、ビジャレアルやウェストハムなど5大リーグの強豪クラブが参戦した。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを総括していきたい。 ◆菅原躍動のAZにハマーズ&ビジャレアルが順当突破 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221103_104_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 創設1年目となった昨季はトッテナム、ローマというビッグクラブが参戦したが、2年目の今季はビジャレアル、ウェストハム、フィオレンティーナといった名門が参戦したものの、比較的地味な顔ぶれとなった。 また、日本人所属クラブでは昨季に続きDF菅原由勢を擁するAZが唯一の参戦となった。 MF藤本寛也とMF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとのプレーオフを制してグループステージ進出を決めたAZは、今グループステージでドニプロ-1、アポロン・リマソル、ファドゥーツと同じグループEに入った。 エールディビジでアヤックス、PSVの2強と共に熾烈な上位争いを演じるオランダの名門は、今グループステージで若干のターンオーバーを実施した中、菅原は全6試合に出場し1ゴール2アシストを記録。 本職の右サイドバックを主戦場に右ウイング、左サイドハーフと複数の役割を担った中、ドニプロとの初戦では途中出場で決勝点をアシスト。さらに、第2節のファドゥーツ戦では右サイドを独走してボックス内に持ち込み、ニア下を匂わせながら逆のサイドネットにグラウンダーのシュートを突き刺す見事なフィニッシュでゴールも記録。さらに、最終節では決勝点をアシストするなど、攻守両面でチームの首位通過に大きな貢献を果たした。 強豪チームではウェストハムがグループステージ唯一の全勝突破を決めた。今夏の積極補強も実らず、プレミアリーグでは中位以下の13位に低迷するモイーズのチームだが、アンデルレヒト、シルケボー、FCSBとまずまずの実力を持つ相手と同居したグループリーグでは地力を証明。リーグ戦では13試合11ゴールと得点力不足に悩まされているが、ECLでは新戦力のFWスカマッカの4ゴールを筆頭に、アタッカー陣がきっちり結果を残して6試合13ゴールと破壊力を示した。 一昨季のEL王者にして昨季のチャンピオンズリーグ(CL)のセミファイナリストのビジャレアルは、突然の監督交代に見舞われながらもレフ・ポズナン、ハポエル・ベエルシェバ、オーストリア・ウィーンと同居したグループを首位通過した。 ウナイ・エメリ前監督の下で戦った4試合では積極的にターンオーバーを敢行した中、MFアレックス・バエナ、FWジャクソンと今季台頭した若手アタッカー、今季加入のベテランFWホセ・モラレスらの活躍が光り4連勝を達成。その後、エメリ監督がアストン・ビラに引き抜かれ、キケ・セティエン新監督を招へいした直近の2試合では1分け1敗と結果を残せなかったものの、前任者の下で稼いだ勝ち点を生かした格好だ。 その他ではルシアン・ファブレが再任し、今夏の移籍市場でGKシュマイケル、MFラムジー、MFバークリー、FWラボルドら積極補強に踏み切ったニースが、10位に低迷するリーグ戦の不振を払しょくする首位通過を決めた。 一方でフィオレンティーナは実力者を擁するイスタンブール・バシャクシェヒルとの一騎打ちとなったグループAで勝ち点で並びながらも、当該成績で下回って2位でのプレーオフ行きとなった。 なお、来年2月半ばに開催されるプレーオフではELグループステージ3位敗退組からラツィオ、ブラガ、トラブゾンスポルといった強豪クラブが参戦する。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. フィオレンティーナ(勝ち点13) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハーツ(勝ち点6) 4. FK RFS(勝ち点2) ◆グループB 1. ウェストハム(勝ち点18) ――ECL決勝T進出―― 2. アンデルレヒト(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. シルケボー(勝ち点6) 4. FCSB(勝ち点2) ◆グループC 1. ビジャレアル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. レフ・ポズナン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハポエル・ベエルシェバ(勝ち点7) 4. オーストリア・ウィーン(勝ち点2) ◆グループD 1. ニース(勝ち点9) ――ECL決勝T進出―― 2. パルチザン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ケルン(勝ち点8) 4. スロヴァコ(勝ち点5) ◆グループE 1. AZ(勝ち点15) ――ECL決勝T進出―― 2. ドニプロ-1(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. アポロン(勝ち点7) 4. ファドゥーツ(勝ち点2) ◆グループF 1. ユールゴーデン(勝ち点16) ――ECL決勝T進出―― 2. ヘント(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. モルデ(勝ち点7) 4. シャムロック・ローバーズ(勝ち点2) ◆グループG 1. スィヴァススポル(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. クルージュ(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. スラビア・プラハ(勝ち点8) 4. バルカニ(勝ち点4) ◆グループH 1. スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. バーゼル(勝ち点11) ―ECLプレーオフ進出― 3. ピュニク(勝ち点6) 4. ジャルギリス(勝ち点5) ◆ELグループ3位チーム ボデ/グリムト(ノルウェー) ラルナカ(キプロス) ルドゴレツ(ブルガリア) ブラガ(ポルトガル) シェリフ(モルドバ) ラツィオ(イタリア) カラバフ(アゼルバイジャン) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.11.04 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

菅原所属のAZが決勝トーナメント進出!フィオレンティーナがEL敗退組とのPOへ《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループステージが3日に全日程を終了。この結果、決勝トーナメントに進出する8チームとプレーオフに進出する8チームが決定した。 今シーズンのグループステージでは、唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZや昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を果たしたビジャレアル、ウェストハム、ニースといった強豪が順当に決勝トーナメントに進出。 また、イタリアのフィオレンティーナや、ベルギーのアンデルレヒトらがグループステージを2位で通過し、ヨーロッパリーグ(EL)をグループ3位で敗退したクラブとのプレーオフに臨むこととなった。 なお、プレーオフの組み合わせ抽選会は7日にスイスのニヨンで開催され、今ラウンドでは同じ国のサッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、プレーオフは2023年2月中旬以降の開催となる。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. バシャクシェヒル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. フィオレンティーナ(勝ち点13) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハーツ(勝ち点6) 4. FK RFS(勝ち点2) ◆グループB 1. ウェストハム(勝ち点18) ――ECL決勝T進出―― 2. アンデルレヒト(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. シルケボー(勝ち点6) 4. FCSB(勝ち点2) ◆グループC 1. ビジャレアル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. レフ・ポズナン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハポエル・ベエルシェバ(勝ち点7) 4. オーストリア・ウィーン(勝ち点2) ◆グループD 1. ニース(勝ち点9) ――ECL決勝T進出―― 2. パルチザン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ケルン(勝ち点8) 4. スロヴァコ(勝ち点5) ◆グループE 1. AZ(勝ち点15) ――ECL決勝T進出―― 2. ドニプロ-1(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. アポロン(勝ち点7) 4. ファドゥーツ(勝ち点2) ◆グループF 1. ユールゴーデン(勝ち点16) ――ECL決勝T進出―― 2. ヘント(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. モルデ(勝ち点7) 4. シャムロック・ローバーズ(勝ち点2) ◆グループG 1. スィヴァススポル(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. クルージュ(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. スラビア・プラハ(勝ち点8) 4. バルカニ(勝ち点4) ◆グループH 1. スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. バーゼル(勝ち点11) ―ECLプレーオフ進出― 3. ピュニク(勝ち点6) 4. ジャルギリス(勝ち点5) ◆ELグループ3位 ボデ/グリムト(ノルウェー) ラルナカ(キプロス) ルドゴレツ(ブルガリア) ブラガ(ポルトガル) シェリフ(モルドバ) ラツィオ(イタリア) カラバフ(アゼルバイジャン) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.11.04 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

あと一歩でアシストを逃した味方がAZ菅原にレベルアップを要求!?決まっていれば反響間違いなしのスーパーゴールに

AZの日本代表DF菅原由勢がチームメイトと軽妙なやり取りを交わしている。 10月30日にエールディビジ第12節でフォレンダムと対戦したAZ。菅原は右ウイングで先発すると、20分にカウンターのチャンスでイェンス・オドゴールのゴールをお膳立てし、今季初アシストを記録した。 72分までプレーし、2-1の勝利に貢献した菅原だったが、チームメイトのイェスパー・カールソンから注文がつけられた。 カールソンが触れたのは31分の場面。右サイドでボールを持ったカールソンがキープすると、菅原が一気に前線へと駆け上がる。ここでカールソンはタッチライン際からラボーナでパスを供給。ボックス内に走り込んだ菅原目掛けて素晴らしいボールを蹴り込んだ。 ゴールになっていればお見事だったが、菅原は後一歩届かず、相手ディフェンスに対応されてしまっていた。 すると、カールソンがインスタグラムのストーリーズを更新。このプレーの動画を引用しながら、菅原に対し「もっと速く走って」と冗談交じりに伝えている。 一方、いじられた菅原も「僕は君みたいにペース(スピード)92も持ってないよ」とサッカーゲーム『FIFA』シリーズの能力を引き合いに出しながら返している。 ちなみに、昨シーズンの月間最優秀選手に選ばれた際のペースは「92」だったカールソンだが、最新作の『FIFA23』では「83」。菅原は「82」に設定されている。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原が追いついていれば文句なしのスーパーアシストになっていた!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CkaW0I_D4aH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CkaW0I_D4aH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CkaW0I_D4aH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN NL(@espnnl)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】菅原の今季初アシスト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="s5bDCJIy_vE";var video_start = 237;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.02 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

後半の2点で逃げ切ったAZが首位をキープ! ビジャレアル&ウェストハムはラウンド16進出を決める《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第5節が27日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、アウェイでファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し2-1で勝利した。菅原はフル出場している。 前節のアポロン(キプロス)戦で今大会初黒星を喫したAZは、ゴールレスで迎えた後半立ち上がりに先制する。50分、右サイドでボールを受けた菅原が中央に折り返すと、オドゴール、ラインデルスと繋ぐと、最後はドリブルでボックス内まで持ち上がったケルケスがネットを揺らした。 先制したAZは、75分にもファン・ブレデロのゴールでリードを広げると、直後の77分に失点するも1点差を守り抜き、2-1で勝利。グループ4勝目を飾ったAZが首位通過を決めた。 また、24日にエメリ監督の電撃退任が発表されたビジャレアルは、ホームでハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)と対戦し2-2で引き分けた。すでに4連勝でグループステージ突破の決めているビジャレアルは、ゴールレスで迎えた後半開始早々にPKを献上すると、これをヘメドに決められた。 先制を許したビジャレアルだが、57分にチュクウェゼのゴールで試合を振り出しに戻すと、70分にもダンジュマがゴールネットを揺らし、逆転に成功。 このままビジャレアルが逃げ切るかと思われたが、79分にイェヘスケルにゴールを許し、2-2で試合は終了した。 その他、イングランドの名門ウェストハムはホームでシルケボー(デンマーク)と対戦し1-0で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはホームでバシャクシェヒル(トルコ)と対戦し2-1で勝利している。 ◆グループA フィオレンティーナ(イタリア) 2-1 バシャクシェヒル(トルコ) ハート(スコットランド) 2-1 FK RFS(ラトビア) ◆グループB アンデルレヒト(ベルギー) 2-2 FCSB(ルーマニア) ウェストハム(イングランド) 1-0 シルケボー(デンマーク) ◆グループC ビジャレアル(スペイン) 2-2 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) オーストリア・ウィーン(オーストリア) 1-1 レフ・ポズナン(ポーランド) ◆グループD スロヴァコ(チェコ) vs ケルン(ドイツ)※濃霧により延期 ニース(フランス) 2-1 パルチザン(セルビア) ◆グループE ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) 1-2 AZ(オランダ) ドニプロ-1(ウクライナ) 1-0 アポロン(キプロス) ◆グループF モルデ(ノルウェー) 2-3 ユールゴーデン(スウェーデン) シャムロック・ローバーズ(アイルランド) 1-1 ヘント(ベルギー) ◆グループG バルカニ(コソボ) 0-1 スラビア・プラハ(チェコ) スィヴァススポル(トルコ) 3-0 クルージュ(ルーマニア) ◆グループH バーゼル(スイス) 2-2 ジャルギリス(リトアニア) スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 2-1 ピュニク(アルメニア) 2022.10.28 06:44 Fri
twitterfacebook
thumb

AZ菅原由勢、途中出場も今季リーグ戦2点目を決める

AZの日本代表DF菅原由勢が、今シーズンのリーグ戦2点目を記録した。 AZは23日、エールディビジ第11節でエクセルシオールとアウェイで対戦した。 この試合はベンチスタートとなった菅原。しかし、チームが前半で2失点を喫すると、39分に途中出場する。 すると迎えた48分、AZはスローインの流れからカウンター。スルーパスに反応したタイアニ・ラインデルスがボックス内左で受けると、グラウンダーのクロス。これをファーサイドに走り込んだ菅原が蹴り込んだ。 これが今シーズンのリーグ戦2点目。シーズン3点目のゴールとなったが、チームは2-1で敗戦となった。 今シーズンは右サイドバックや右ウイングなど様々なポジションでプレーする菅原。調子は悪くないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢が今季リーグ戦2点目を記録!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="HHd_mUa5AJw";var video_start = 420;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.25 12:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly