新潟が途中出場・三戸舜介の決勝弾で首位キープ! 横浜FCはチアゴ・アウベスにやられ山形に痛恨の敗戦…下位は岩手が降格圏に逆戻り【明治安田J2第35節】

2022.09.14 21:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
14日、明治安田生命J2リーグ第35節の全試合が行われた。

首位と勝ち点で並ぶ2位の横浜FC(勝ち点68)はアウェイで8位のモンテディオ山形(勝ち点49)と対戦した。

前節は引き分け、首位陥落した横浜FC。なんとしても勝利したい一戦だったがホームの山形が主導権を握っていく。
互いに譲らないまま時計は進んだが42分、ボックス手前で河合秀人のパスを受けた半田陸がスルーパス。これを走り込んだ加藤大樹が蹴り込むが、わずかに飛び出ていてオフサイド。横浜FCは命拾いする。

ゴールレスで迎えた後半は横浜FCも反撃。49分、長谷川竜也のスルーパスに反応した近藤友喜がボックス内でGKと一対一に。シュートを放ったが、GK後藤雅明がビッグセーブを見せる。

すると74分、右サイドでボールを拾ったチアゴ・アウベスがドリブルを仕掛けてクロス。これをニアサイドで藤田息吹がヘッドも、枠を捉えられない。

それでも79分、横浜FCは敵陣でのスローインからボールを失うと山形はカウンター。藤田が自陣から浮き球のパスを出すと、DFの上を越えたパスを受けたチアゴ・アウベスが冷静に決めて先制する。

さらに83分、細かいパスワークから抜け出たデラトーレがボックス内右からグラウンダーのパス。ボックス中央でチアゴ・アウベスが反転シュートを放ちゴール。横浜FCはゴールを目指すが1点が遠く、2-0で山形が勝利を収めた。

首位のアルビレックス新潟(勝ち点68)はアウェイで14位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点42)と対戦した。

前節首位に浮上した新潟。今節はその首位を守るべくアウェイの地に乗り込んだ。

序盤は甲府がペースを握っていた中、18分に新潟が一瞬の隙を突くことに。松田詠太郎がパスをカットすると伊藤涼太郎が左サイドの敵陣中央から縦パス。これを受けた小見洋太がドリブルを仕掛け、角度のないところからゴールを射抜いて先制する。

アウェイの地で先制した新潟。しかし、先制後はホームの甲府がもり返し押し込んでいく。しかし、甲府は決め切れずに前半を終える。

迎えた後半は一進一退の攻防に。すると64分、谷口海斗が高い位置でボール奪うと、高木善朗へ。その高木が絶妙なスルーパスを送ると、途中出場の三戸舜介が走り込んで受けて決め切り、貴重な追加点を奪う。

甲府を尻目に効果的に得点を重ねた新潟。しかしその甲府は、途中投入のウィリアン・リラがゴールへと迫るが、2度の決定機を生かせず。それでも、81分にウィリアン・リラがこぼれ球を拾って浮き球のシュートでゴール。終盤に1点を返す。

ここから押し込みゴールに迫っていくが、なかなかこじ開けられず。それでもアディショナルタイム4分には左からイゴールのクロスをウィリアン・リラがヘッド。シュートはゴール右に飛ぶが、GK小島亨介が横っ飛びセーブで防ぎ得点を許さない。

プレーオフ圏の4チームも今節は明暗分かれることに。3位のファジアーノ岡山(勝ち点63)はアウェイで11位の徳島ヴォルティス(勝ち点48)と対戦。Jリーグ最多の引き分け「22」に迫る徳島との試合だったが、ホームの徳島が藤尾翔太のゴールで1-0で勝利。岡山は痛恨の敗戦となった。

4位のロアッソ熊本(勝ち点57)は9位のFC町田ゼルビア(勝ち点49)と対戦し0-0のドロー。6位の大分トリニータ(勝ち点55)は19位の大宮アルディージャ(勝ち点34)と対戦し、2-2のドローに終わった。

また、5位のベガルタ仙台(勝ち点55)はアウェイで15位の栃木SC(勝ち点40)と対戦。中山仁斗のゴールを守り抜き、伊藤彰新監督にとっての初勝利となった。

なお、降格圏の直接対決となった21位のザスパクサツ群馬(勝ち点32)と22位のFC琉球(勝ち点29)の直接対決は0-0のドロー。ただ、20位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点33)が10位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点49)1に1-2で敗れており、群馬と入れ替わり岩手が降格圏に沈んだ。

◆明治安田生命J2リーグ第35節
▽9/14(水)
いわてグルージャ盛岡 1-2 ジェフユナイテッド千葉
モンテディオ山形 2-0 横浜FC
水戸ホーリーホック 0-1 V・ファーレン長崎
栃木SC 0-1 ベガルタ仙台
ザスパクサツ群馬 0-0 FC琉球
大宮アルディージャ 2-2 大分トリニータ
東京ヴェルディ 0-2 ブラウブリッツ秋田
レノファ山口FC 1-1 ツエーゲン金沢
徳島ヴォルティス 1-0 ファジアーノ岡山
ロアッソ熊本 0-0 FC町田ゼルビア
ヴァンフォーレ甲府 1-2 アルビレックス新潟


関連ニュース
thumb

秋田が北九州CB河野貴志を獲得 「日々挑戦して秋田と共に成長していけたら」

ブラウブリッツ秋田は29日、ギラヴァンツ北九州からDF河野貴志(26)の加入を発表した。 関西大学出身の河野は2019年に北九州でプロの世界に飛び込んだセンターバックで、J2リーグ通算22試合出場、J3リーグ48試合2得点、天皇杯1試合出場の数字を記録。今季はJ3リーグ30試合でプレーしたほか、天皇杯の1試合にも出場した。 北九州からは完全移籍が発表され、秋田の選手として2年ぶりにJ2リーグで勝負する河野。秋田を通じて、意気込みを語った。 「初めまして! ギラヴァンツ北九州から来ました河野貴志です。ブラウブリッツ秋田のチームの一員になれる事、心から嬉しく思います! 自分の特徴を最大限に活かしてくれるチームである事は間違いないですし、秋田の勝利の為に日々精進して参ります! 寒い地での生活も初めてで慣れない事が沢山待ち構えていると思いますが、日々挑戦して秋田と共に成長していけたらなと思います! 宜しくお願い致します!」 一方、北九州を通じては「この度挑戦を決意し、ギラヴァンツ北九州を去る事を決めました」と報告。感謝の言葉を綴った。 「北九州ではJ3優勝と昇格、J2での快進撃、降格と浮き沈みが激しい4年間でしたが本当に沢山の事を経験させて頂きました。自分をプロへ導いてくれたクラブには本当に感謝しかありません」 「お別れは本当に寂しいですが、身体的にも精神的にもまだまだ一回りも二回りも大きくなれるようチャレンジしてきます! 僕に関わって下さった沢山の皆様には本当に心から感謝申し上げます!」 「また必ずどこかで会えますし活躍した姿をお見せできるように自分らしくブレずに行ってきます! ありがとうギラヴァンツ北九州!」 2022.11.29 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖、今季仙台で2桁ゴールのFW富樫敬真を完全移籍で獲得!「サガン鳥栖で新たな歴史を作れるように」

サガン鳥栖は29日、ベガルタ仙台からFW富樫敬真(29)の完全移籍加入を発表した。 横浜F・マリノスの下部組織で育った富樫は、関東学院大学を経て2016年に同クラブでプロデビュー。その後はFC東京、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎とわたり歩き、2021年8月に仙台へ移籍すると、昨季は主力として明治安田生命J1リーグで12試合出場3ゴール2アシストの成績を残したが、チームはJ2降格が決定した。 今シーズンも仙台に残留すると、明治安田生命J2リーグで37試合に出場して11ゴールを記録。目標としていたJ1復帰を逃したチームを、得点源の一人として支えた。 そんな仙台を離れ、1年半過ぶりにJ1へ戻ることになる富樫。両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、ベガルタ仙台から移籍し加入することとなりました富樫敬真です。サガン鳥栖という素晴らしいクラブに加入できること、とても嬉しい気持ちと同時に身が引き締まる思いです」 「すでに開幕が待ち遠しいですが、シーズンインまで心構えを今一度しっかり整えます。2023シーズン、サガン鳥栖で新たな歴史を作れるよう自分の全てを尽くします。よろしくお願い致します」 ◆ベガルタ仙台 「昨年の夏に加入後、いかなる時も支えてくれたファン、サポーター、選手、スタッフ、家族、友人、ベガルタ仙台に関わるすべての人へ心からの感謝を伝えさせてください。本当にありがとうございました。注いでいただいた愛と熱、エネルギーを、ピッチで返しきれてないかなという思いはあります。返しきれてないままではありますが、細胞に巡るみなさまから注がれたものを大切に、僕は新しいチャレンジを決めました。感謝の気持ちを込めて新天地でプレーします」 「コロナ禍後、初の声出しの日に目の前で浴びた「魂こがして」が忘れられません。僕の宝物です。個人チャントも本当にありがとうございました。チームの仲間にも恵まれました。気がきかない僕にも優しくしてくれる先輩、最初は様子伺いながらも最終的には全力でいじってくれる後輩、なんでも話をしてくれる93年組、家族ぐるみで仲良くしてくれるみんな、必要な時に必要な声をかけてくれるコーチングスタッフ、トレーナー、マネージャー、通訳、広報のみなさま。そして手倉森監督、原崎監督、伊藤監督。ありがとうございました」 「いまだに1年半だけの在籍だったとは感じられません。それだけ濃い時を過ごし、エネルギーをいただきました。またお会いできる日を楽しみに日々鍛錬していきます。魂こがして」 2022.11.29 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸、移籍1年目の梅田魁人と複数年契約 「J1昇格に向けて全力で闘います!」

水戸ホーリーホックは29日、FW梅田魁人(25)との複数年契約による更新を発表した。 かつて福岡大学、テゲバジャーロ宮崎でプレーした梅田は水戸に今季加入。明治安田生命J2リーグ32試合に出場して3得点だった。移籍2年目に向け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンも水戸でプレーさせていただきます。今シーズン自分自身がもっと点をとれていれば、プレーオフにも届いたと思います。多くの期待を背負う中で結果を残せないもどかしさは自分自身を奮い立たせてくれます。今年一年間抱き続けたこの想いを忘れることなく、大好きなこの街と、大好きなホーリーホックファミリーとともにJ1昇格に向けて全力で闘います!」 2022.11.29 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎が町田からDF岡野洵を完全移籍で獲得!「J1昇格に向けて全力で闘います」

V・ファーレン長崎は29日、FC町田ゼルビアからDF岡野洵(24)の完全移籍加入を発表した。 ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身である岡野は、2016年にトップチーム昇格。主力に定着し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグで26試合に出場したが、今季は町田に活躍の場を移した。 新天地では出場機会を掴めない時期が続いたが、終盤は7試合連続で先発。結果的に公式戦20試合2ゴールの成績を収めた。 それでも、町田を1年で離れ来季から長崎へ。岡野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「2023シーズンからV・ファーレン長崎に加入することになりました、岡野洵です。 ファビオ カリーレ監督が掲げるサッカーを体現し、V・ファーレン長崎の一員としてJ1昇格に向けて全力で闘います。 熱い応援よろしくお願いいたします!!」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、V・ファーレン長崎に完全移籍する事になりました。チームがJ1昇格を掲げている中で、自分の力不足で町田の力になれなかった事、目標を達成出来なかった事、不甲斐なく思っています」 「1年という短い間でしたが、FC町田ゼルビアのエンブレムを背負い闘えたことを誇りに思っていますし、町田に来て、町田のサッカーに触れて、自分自身がサッカー選手として今後に生きていくために大切なものを手に入れられたと思ってます」 「コロナ禍という事もありサポーターの皆様と接する機会は少なかったですが、良い時も悪い時も全力でサポートして下さる姿に沢山のパワーをいただきました。FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。1年間、本当にありがとうございました」 2022.11.29 16:03 Tue
twitterfacebook
thumb

秋田、中村亮太との契約を更新 「みなさんと共にさらに熱くひたむきに」

ブラウブリッツ秋田は29日、FW中村亮太(31)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 中京大学出身の中村は松本山雅FC、FC大阪、アスルクラロ沼津を渡り歩き、2018年から秋田でプレー。今季は明治安田生命J2リーグ30試合に出場して2ゴールだった。契約更新を受け、クラブを通じて決意を新たにしている。 「来シーズンも秋田のために戦います、中村亮太です。みなさんと共にさらに熱くひたむきに秋田を盛り上げていきたいです! ホーム開幕戦また雪掻きお願いするかもしれませんが、その時は力を貸してください。笑 そして開幕戦でお会いしましょう! 2023シーズンも応援よろしくお願いします」 2022.11.29 15:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly