「モドリッチかと思った」守備の名手キエッリーニのアウトサイドアシストに驚きの声「美しい」

2022.09.13 20:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロサンゼルスFC(LAFC)の元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが見事なアシストをマークした。今夏に17年間在籍したユベントスからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAFCへと加入したキエッリーニ。MLS首位に立つチームのセンターバックとして活躍を見せている。

守備の名手であるキエッリーニだが、11日に行われたリーグ第34節のFCダラス戦では攻撃面で驚きのプレーを見せた。
0-0で迎えた前半アディショナルタイム、キエッリーニは最終ラインでボールを持つと、相手の最終ライン裏に抜け出したFWクリスティアン・アランゴに向けて、左足アウトサイドで浮き球のスルーパスを供給。絶妙な回転がかかったパスはアランゴにピンポイントで渡り、美しいアシストとなった。

試合は、LAFCが逆転を許し1-2で敗戦。それでも、キエッリーニのアシストシーンには「モドリッチかと思った」、「元々足元は十分うまい」、「メッシが乗り移ったのか」、「美しい」と絶賛の声が寄せられている。

1 2

関連ニュース
thumb

「センスの極み」「くそわろた」歴史的ゴールのウェールズ代表ベイルへ愛ある風刺画

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(ロサンゼルスFC)が変わった形でゴールを祝福された。 欧州予選ではプレーオフを勝ちぬき、64年ぶりのW杯本大会出場を決めたウェールズ。21日に行われたグループB初戦のアメリカ代表戦はビハインドで終盤まで推移したものの、82分にベイルがPKを沈めて同点に。歴史的な勝ち点をもぎ取った。 マドリー時代はクラブでの稼働率と、趣味や代表での存在感を比較されて「ウェールズ>ゴルフ>レアル・マドリー」などと揶揄されることが多かったベイル。案の定、今回も冗談のような画像が出回ることとなった。 『B/R Football』はPKが決まって間もないうちに画像を投稿。「ウェールズが64年ぶりにW杯でゴールを決めた。誰がって?」と、W杯のトロフィーをティーに見立て、砂漠に設置されたゴールを目掛けてスイングするベイルの姿を公開した。 ゴルフボールのデザインもアル・リフラをイメージするなら細部にまでこだわりを感じさせる作品は、「ベイルのみが許可されています」、「くそわろた」「テイクバック綺麗」、「伝説」、「もちろん対米戦」、「これは狂った詩です」、「センスの極み」などの声が集まるなど、ファンには好評だ。 ウェールズは今後、25日にイラン代表、29日にイングランド代表と対戦する。どれだけ外野が騒ごうとも役者ぶりを発揮したヒーローは、ドラゴンズをグループステージ突破へと導けるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ワールドカップをティーに、クラブでゴールを狙うベイルのイラスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClPKeGvvlK9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClPKeGvvlK9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClPKeGvvlK9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bleacher Report Football(@brfootball)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.22 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

LAFCがMLS初制覇! ベイルやキエッリーニが喜び「重要なトロフィー」

5日にMLSの年間王者を決めるロサンゼルスFCvsフィラデルフィア・ユニオンが行われ、ロサンゼルスFCが初制覇を果たした。 ウェスタン・カンファレンス王者のLAFCと、イースタン・カンファレンス王者のフィラデルフィア・ユニオンによる決勝戦。試合は互いに2点ずつ奪い合い、90分では決着がつかず延長戦に突入する白熱の展開となる。 その中でLAFCは、GKマクシム・クレポーがゴールエリアの外で相手の決定機にファウルを犯したことで一発退場に。その後、PK戦も見えてきた延長後半のアディショナルタイムに数的有利のフィラデルフィア・ユニオンが勝ち越し。これで決着したかに思われた。 ところが、クレポーの退場と負傷で長めに設定された追加時間でさらなる展開に。今夏加入のガレス・ベイルが味方のクロスを頭で合わせ、土壇場で三度同点に。結局、試合はPK戦まで持つれることになった。 PK戦では今季2試合目の出場となった控えGKのジョン・マッカーシーが2本のシュートを止める大活躍。互いに死力を尽くした一戦はLAFCに軍配が上がった。 2014年創立の同クラブにとって初のMLS制覇。その原動力となったベイルは試合後に自身のゴールも含めて満足感をあらわにしている。 「決勝で得点するのはいつだって最高だね。僕はそのコツを知っているようだ」 「このクラブにとって次のレベルに行くことが重要であり、このトロフィーを獲得したことでそれを成すことができたと思う」 「特にこれは初めてのメジャートロフィーだ。これからもたくさん獲得できることを願っているよ」 また、ベイル同様に今夏加入したジョルジョ・キエッリーニも「ガレスが得点するまで負けを覚悟していた。LAFCがトロフィーを手にするのは運命だったんだ」と、逆転優勝をかみしめた。なお、この一戦でキエッリーニの出番はなかった。 2022.11.06 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

LAFCがMLS初制覇! 緊急登板の控えGKジョン・マッカーシーがPK戦で大活躍!

ロサンゼルスFCが初制覇を果たした今季のMLS。フィラデルフィア・ユニオンとの決勝戦では一人のヒーローが生まれていた。 ウェスタン・カンファレンス王者のLAFCと、イースタン・カンファレンス王者のフィラデルフィア・ユニオンによる決勝戦。試合は互いに2点ずつ奪い合い、90分では決着がつかず延長戦に突入する白熱の展開となる。 その中でLAFCは、GKマクシム・クレポーがゴールエリアの外で相手の決定機にファウルを犯したことで一発退場に。その後、PK戦も見えてきた延長後半のアディショナルタイムに数的有利のフィラデルフィア・ユニオンが勝ち越し。これで決着したかに思われた。 ところが、クレポーの退場と負傷で長めに設定された追加時間でさらなる展開に。今夏加入のガレス・ベイルが味方のクロスを頭で合わせ、土壇場で三度同点に。結局、試合はPK戦まで持つれることになった。 するとこのPK戦で、クレポーに代わってゴールマウスを守っていたジョン・マッカーシーが大活躍。今季のMLSではわずか1試合の出場だったフィラデルフィア出身GKは、2つのPKストップでチームを優勝に導いた。この活躍から、マッカーシーはこの試合のMVPに。試合後に自身のSNSで「夢は叶うんだ!」と喜びを爆発させている。 一方、レッドカード判定となったファウルの際に負傷したクレポーについては腓骨骨折の重傷を負ってしまったようで、カナダ代表としてカタール・ワールドカップに出場することは叶わなくなってしまった。 マッカーシーはそんなクレポーの決定機阻止が転機になったと考えている模様。また、W杯欠場には同情の念を向けている。 「彼の表情を見て、感情を悟った。僕にとって、あのプレーがこの試合のハイライトだ。もし彼が止めてくれていなかったら試合は3-2になっていた。彼はあそこで大きな決断をしたんだ」 「重傷でワールドカップに出れないみたいで、本当にショックだよ」 2022.11.06 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

LAFCがMLS初制覇! ベイルの劇的同点弾に、緊急登板の控えGKがPKストップ

MLSの年間王者を決める決戦が5日に行われ、フィラデルフィア・ユニオンを下したロサンゼルスFCが優勝を果たした。 ウェスタン・カンファレンス王者のLAFCと、イースタン・カンファレンス王者のフィラデルフィア・ユニオンによる決勝戦。試合は互いに2点ずつ奪い合い、90分では決着がつかず延長戦に突入する白熱の展開となる。 その中でLAFCは、GKマクシム・クレポーがゴールエリアの外で相手の決定機にファウルを犯したことで一発退場に。その後、PK戦も見えてきた延長後半のアディショナルタイムに数的有利のフィラデルフィア・ユニオンが勝ち越し。これで決着したかに思われた。 ところが、クレポーの退場と負傷で長めに設定された追加時間でさらなる展開に。今夏加入のガレス・ベイルが味方のクロスを頭で合わせ、土壇場で三度同点に。結局、試合はPK戦まで持つれることになった。 するとこのPK戦で、クレポーに代わってゴールマウスを守っていたジョン・マッカーシーが大活躍。PKを2つも止めて、チームを優勝に導いた。マッカーシーはこの試合のMVPに選ばれている。 2014年に創設されたLAFCは、これが初のMLS制覇。MLSはこの6年間、全て異なるクラブが優勝している。 2022.11.06 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

元スペイン代表FWテージョがロサンゼルスFCへ移籍!

ロサンゼルスFC(LAFC)は26日、元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約はMLSの2022シーズンいっぱいまでで、2年間の延長オプションが付随している。 バルセロナのカンテラ出身ながら、エスパニョールを経由して2010年に再びバルセロナBに加入したテージョは、2017年の夏にバルセロナからベティスへ完全移籍。 ベティスでは加入初年度から主力として活躍すると、在籍5年間で公式戦171試合で24ゴール20アシストをマーク。昨季は途中出場がメインながらも公式戦34試合に出場し5ゴール3アシストを記録したが、契約が満了を迎えた今夏に退団していた。 現在、MLSウェスタン・カンファレンスで首位を快走するLAFCは、今季は元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ、ウェールズ代表FWガレス・ベイル、ガボン代表MFデニス・ブアンガなど欧州からの補強を進めている。 2022.08.27 06:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly