富山のMF碓井鉄平が右ヒザ内側側副じん帯損傷…全治約4週間

2022.09.09 20:42 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は9日、MF碓井鉄平の負傷を発表した。

クラブの発表によると、碓井は3日に行われた明治安田生命J3リーグ第23節の福島ユナイテッドFC戦で負傷したとのことだ。

検査の結果、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのこと。全治は約4週間とのことだ。
碓井は、今シーズンの明治安田J3で22試合に出場し1得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

富山のMF堀脩大がJFLの東京武蔵野に期限付き移籍「チームの力になれるよう全力で」

カターレ富山は11日、MF堀脩大(23)が日本フットボールリーグ(JFL)に所属する東京武蔵野ユナイテッドFCに期限付き移籍すると発表した。加入期間は2024年1月31日までとなる。 青森山田高校で全国高等学校サッカー選手権大会初優勝を経験した堀。その後に中央大学に進学すると、2022年1月に富山へ入団した。 大卒ルーキーとして活躍が期待されたが、チームでポジションを掴むことはできず。昨シーズンは一度も公式戦に出場することなく終えていた。 新シーズンはJFLへ武者修行に出る堀は、両クラブを通じてコメントを述べている。 ◆東京武蔵野ユナイテッドFC 「初めまして、カターレ富山から加入することになりました 堀脩大です。チームの力になれるよう全力で戦います! 応援よろしくお願いします!」 ◆カターレ富山 「このたび、東京武蔵野ユナイテッドFCに期限付きで移籍することになりました。個人として2022シーズンの悔しさをバネに、新たなチームで戦います。一年後、成長した姿を見せれるように頑張ります!」 2023.01.11 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

富山がFWマテウス・レイリアとの契約更新「私も家族もみんな嬉しく思っています」

カターレ富山は10日、ブラジル人FWマテウス・レイリア(27)の契約更新を発表した。 母国クラブのフルミネンセで育ったマテウス・レイリアは、デンマーク、ギリシャ、アルバニアのクラブでのプレーを経て、2021年6月に富山入り。加入シーズンから主力の一人に定着した。 昨シーズンも明治安田生命J3リーグで21試合に出場して、6ゴールを記録。シーズン終盤には3試合連続得点を挙げるなど、得点源の1人として活躍した。 新シーズンも富山でのプレーが決まったマテウス・レイリア。クラブを通じて契約更新の喜びと意気込みを述べている。 「お世話になった場所であり、大好きなクラブであるカターレ富山と2023シーズンも契約更新できたことを私も家族もみんな嬉しく思っています。勝利とゴール、そしてJ2復帰という目標を達成するシーズンにしたいと思っています。ありがとう!いこう!カターレ!!」 2023.01.10 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

富山のDF鎌田翔雅が現役引退を発表 「この決断に至るまでとても迷いました」

カターレ富山は9日、DF鎌田翔雅(33)の現役引退を発表した。 湘南ベルマーレの下部組織出身である鎌田は2008年にプロデビュー。その後、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山、清水エスパルス、ブラウブリッツ秋田、福島ユナイテッドFCを経て、2022シーズンから富山に加入した。 富山では開幕戦スタメンの座を掴むなど、主力に定着。明治安田生命J3リーグで20試合に出場したが、シーズン終盤は負傷もあり、出場機会が減少した。 Jリーグ通算239試合の出場数を誇る15年のプロ生活に別れを告げた鎌田。クラブを通じてこれまでのサポートへの感謝を述べている。 「カターレ富山を愛する皆様。明けましておめでとうございます。新年早々明るいニュースではないかもしれませんが、昨シーズン限りで引退することを決めました。皆様の前で直接お伝えすることができず、このような形で申し訳ありません。この決断に至るまでとても迷いました」 「昨シーズン終盤に、自分が思っていない形で怪我をして、そのままシーズンが終了しました。その状態のまま富山を去る事も決まり、治ったとしても、また再発するかもしれないという不安。その中で来年以降も本気でプレーできるのか、本当に悩みました。まだまだボールを蹴りたい、全力でボールを追いかけたい、何よりサッカーがしたい。でも、何を優先しないといけないのかを考えると、自分の身体の事、そして家族のために引退を決断する事が1番でした」 「5歳でサッカーを始め、高校卒業後にプロになって15年。自分が思い描いた未来とは全然違うけれど、2度の大怪我を乗り越えて、ここまでプレーできたのは誇ってもいいのかなと今は思います。数字や結果には表せていないし、もっと皆さんの心に残るプレーができていたらと、悔しさと寂しさがあります」 「でも、ここまでプレーできたのは、家族や両親、友人、仲間、スポンサー様、そしてサポーターの皆さんに、どんなに苦しい時も背中を押して支えてもらったからです。上手くいかない時、怪我で離脱している時、どんな時も前向きな言葉で支えてくれて、ありがとうございました」 「何より1番支えてもらったのは妻と子ども達です。本当に感謝しかありません。僕のわがままでたくさん我慢させ、辛い事の方が多かったと思います。僕がプレーする姿を、どの土地に行ってもスタジアムに来て応援してくれたり、テレビで応援してくれたり、たまにはダメ出しされたり。本当に楽しませてもらったし、自分がプレーする姿で喜ぶ家族の顔を見るのが1番幸せな瞬間でした」 「もっと良い形で終える事が、家族みんなへの感謝の気持ちとして表せましたが、それも叶えられず自分の力のなさを最後まで悔やみます。ごめん。家族がいなければ、15年間もプロサッカー選手として続ける事はできなかったと思います。最後まで本当にありがとう」 「そして、15年間プロサッカー選手としてプレーさせていただいた、湘南ベルマーレ、ジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山、清水エスパルス、ブラウブリッツ秋田、福島ユナイテッドFC、カターレ富山の7チーム、本当にありがとうございました」 「これから始まる第二の人生『どんな時でも謙虚に自分らしく』今まで通り本気で楽しみたいと思います。僕のサッカー人生は、皆さんの支えなしではありえませんでした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。15年間辛いこともあったけれど、皆さんのおかげで、幸せなプロサッカー選手として過ごせました。何もない僕を今日まで応援してくれて、本当にありがとうございました」 2023.01.09 12:53 Mon
twitterfacebook
thumb

富山、大卒1年目の安光将作との契約を更新 「J2復帰の原動力に」

カターレ富山は7日、MF安光将作(23)との2023シーズン契約を更新したと発表した。 アメリカ生まれの安光はジェフユナイテッド千葉のU-15、U-18、法政大学を経て、昨年に富山へ入団。ルーキーイヤーは明治安田生命J3リーグの4試合に出場した。 契約更新にあたり、公式サイトでコメントを綴っている。 「明けましておめでとうございます。はじめに2022シーズンを支えてくださったサポーター、スポンサー、関係者の皆様、ありがとうございました!」 「2022シーズンのチーム、個人としての悔しさを忘れずに、2023シーズンJ2復帰の原動力になるという強い気持ちを持って闘います。絶対J2復帰しましょう!」 2023.01.07 13:19 Sat
twitterfacebook
thumb

富山が昨季に続いてFC東京からMFアルトゥール・シルバを期限付きで獲得「J2に復帰する目標を達成するために共に戦いましょう!」

カターレ富山は5日、FC東京から期限付き移籍中のMFアルトゥール・シルバ(27)に関して、期間を延長し2023シーズンも期限付き移籍することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日までとなり、FC東京との公式戦には出場できない。 アルトゥール・シルバは、ブラジル国内でプレーし、2019年にFC東京へと完全移籍で加入。2020年のYBCルヴァンカップ優勝に貢献。しかし、2021年7月からは横浜FC、2022年から富山に期限付き移籍していた。 富山では明治安田生命J3リーグで19試合に出場し2得点、天皇杯で1試合に出場していた。 改めて富山でプレーするアルトゥール・シルバは両クラブを通じてコメントしている。 ◆カターレ富山 「カターレ富山のファン・サポーターの皆様、アルトゥール シルバです。2023年シーズンもカターレ富山でプレーさせていただく事になりました。皆さんとJ2に復帰する目標を達成するために共に戦いましょう!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「FC東京のファン・サポーターのみなさま、2023シーズンも違うチームでチャレンジをしますが、いつも私の心にはみなさんの姿があります。みなさんからいただいた声援を力に変え、成長した姿を見せられるように頑張ります。FC東京の成功を願っています」 2023.01.05 10:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly