フォレストがウルブスからウィリー・ボリを獲得! 今夏19人目の新戦力に

2022.09.01 21:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストは9月1日、ウォルバーハンプトンからコートジボワール代表DFウィリー・ボリ(31)を獲得したことを発表した。契約は2年間となる。

オセールの下部組織出身のボリはブラガやポルトなどポルトガルでのプレーを経て、同国に太いパイプを持つウルブスに2017年夏に加入。当時チャンピオンシップ(イングランド2部)だった同クラブでリーグ戦36試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献した。

195cmという恵まれた体躯を生かし、屈強な選手が揃うプレミアリーグでも実力を発揮。ケガに見舞われながらも、昇格から3シーズンは主力として活躍した。しかし、昨季は同じくケガや他の選手の台頭もあり出場機会は激減。今季はここまで一度も出番がない状況だった。
そして、新たに加わったフォレストは、24年ぶりのプレミアリーグということもあり、この夏に戦力を大量補充。ウルブスからはモルガン・ギブス=ホワイトも獲得しており、ボーナスを入れるとクラブレコードとなる4200万ポンドのビッグディールとなった。ボリは今夏19人目の新戦力となる。

関連ニュース
thumb

MLSのアトランタが選手補強、グラナダからペルー代表DFアブラムを完全移籍で獲得

アトランタ・ユナイテッドは3日、グラナダからペルー代表DFルイス・アブラム(26)が完全移籍で加入したことを発表した。 契約期間は2026年まで。国際移籍証明書とP-1ビザが受領次第選手登録される。 アブラムは、ペルーのスポルティング・クリスタルでキャリアをスタート。アルゼンチンのべレス・サルスフィエルドでプレーしたのち、2021年8月にグラナダに完全移籍で加入した。 2022年1月にはメキシコのクルス・アスルにレンタル移籍。2022シーズンはリーグ戦15試合に出場していた。 センターバックを主戦場に左サイドバックでもプレーが可能なアブラムは、ペルー代表としても33試合に出場し1ゴールを記録していた。 アトランタ・ユナイテッドは、浦和レッズも獲得に動いているとされるセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスの加入が近づいているとされている。 2023.02.03 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

元豪州代表スピラノビッチが34歳で現役引退…かつて浦和所属のセンターバック

Aリーグ・メンのメルボルン・ビクトリーでプレーする元オーストラリア代表DFマシュー・スピラノビッチ(34)が現役を引退した。 代表として2014年のワールドカップ(W杯)に出場するなど、通算36キャップのスピラノビッチはメルボルン・ビクトリーでのプロ入りから、ドイツ、日本、カタール、中国でもプレー。日本では2010年から2012年途中まで浦和レッズに所属して、通算48試合で1得点5アシストの数字をマークした。 その浦和を退団してからはカタール、オーストラリア、中国ときて、2018年夏からパース・グローリーで改めて母国復帰。2021年夏から古巣のメルボルン・ビクトリーに戻り、今季はここまでAリーグ・メン4試合の出場にどどまっていた。 17年間のプロキャリアに終止符を打つセンターバックはメルボルン・ビクトリーの公式サイトで「この場を借りて、プロ選手としての引退を発表させてもらう」と表明。そして、感謝の言葉を送っている。 「この4カ月は足のケガに悩まされ続け、ついに現役を退くときが来た。今季を戦い抜いて、メルボルン・ビクトリーの上位進出を手助けしたかっただけに、複雑な心境だ。チームメイト、コーチングスタッフ、トニー・ポポヴィッチ、そしてクラブ全体に感謝したい。キャリアを通じて、僕は恵まれ、誇りを感じる。過去にいたクラブ、チームメイト、コーチ、ファンにも楽しい思い出と特別な時間をありがとうと言う」 また、現役時代のいち時期をサンフレッチェ広島で過ごしたトニー・ポポヴィッチ監督は「マティは私が何年も指導し、一緒に仕事をしてきた選手。非常に才能のある守備者で、ピッチ内外ですべてが完璧なプロだ」などと労った。 2023.02.03 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、若手DFモスケラをFCシンシナティへレンタル

ウォルバーハンプトンは2日、コロンビア人DFジェルソン・モスケラ(21)がMLS(メジャーリーグサッカー)のFCシンシナティへレンタル移籍したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までだが、2023年のMLSシーズン終了までの延長オプションが付随しているとのことだ。 アトレティコ・ナシオナルの下部組織で育ったモスケラは、2020年1月にファーストチームに昇格。センターバックを主戦場にコパ・リベルタドーレスで7試合に出場するなど、公式戦24試合に出場し1ゴールを記録した。 この活躍が評価され、2021年6月にウルブスに5年契約で加入。しかし、デビュー戦となった昨季のEFL(カラバオ)カップ3回戦のトッテナム戦でハムストリングを負傷すると、手術を受けるなど長期離脱に。 復帰後はトップチームで一度も出番はなく、今季はU-21チームでリーグ戦4試合の出場に留まっていた。 MLSへのレンタル移籍が決まったモスケラは、シンシナティの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「FCシンシナティに加入することになり、とても興奮している。この機会を与えてくれたクリス(・オルブライト)GM、パット(・ヌーナン)監督、そしてスタッフに感謝します。今シーズン、TQLスタジアムでファンのみんなの前でプレーするのが楽しみだよ」 2023.02.03 07:31 Fri
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、エバートンとの競合制してガーナ代表FWアイェウを獲得!

ノッティンガム・フォレストは2日、ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)の加入を発表した。背番号は「42」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウは、ヨーロッパでのキャリア再開に向けて1日にイングランド入り。現地報道ではエバートンとフォレストの2クラブと交渉を行った模様だが、クラブの現状やスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレスト行きを決断する形となった。 アイェウはイングランド屈指の古豪加入に際して以下のコメントを残している。 「ノッティンガム・フォレストと契約できて素晴らしい気分だよ。フォレストやシティ・グラウンドでプレーするときはいつも大変だったし、このスタジアムが大好きなんだ」 「スティーブ・クーパーは僕のことをよく知っていて、ピッチの中でも外でも、自分と一緒に仕事をする方法を理解している人だ。彼は特別なコーチであり、特別な人間であり、僕が本当に尊敬している人なんだ」 「自分がチームに何をもたらすことができるかは分かっているよ。自分のすべてを出し切り、プレミアリーグ残留の手助けとなる準備はできているよ」 マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでスウォンジーとウェストハムと2つのクラブでプレミアリーグを戦い、89試合21ゴール12アシストの数字を残している。 アル・サッドでは在籍1年半で39試合22ゴール3アシストを記録し、先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していた33歳は、クリスタル・パレスで活躍する実弟ジョルダンと共に再びプレミアを舞台にプレーすることになった。 24年ぶりのプレミアリーグ参戦に向け昨夏、スカッド総入れ替えとも言える積極補強を敢行したフォレスト。シーズン開幕当初はなかなか結果が伴わなかったが、徐々に成績は好転。第10節以降はわずか3敗という成績を収めている。 また、現在13位のクラブは今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや、アトレティコ・マドリーのDFフェリペ、ニューカッスルのMFジョンジョ・シェルヴェイなど即戦力候補を獲得。さらに、指揮官の戦術を知り抜くベテランアタッカーの獲得で後半戦に向けた補強を完了させた。 2023.02.03 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、加入3年目で真価発揮のダルミアンと契約延長!

インテルは2日、イタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(33)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。さらに、今回の契約には1年の延長オプションが付帯している。 2020年夏にパルマから加入したダルミアン。加入1年目はDFアクラフ・ハキミが右サイドに君臨したことで出番が限られ、2年目は新加入のDFデンゼル・ダンフリースとのポジション争いで満足な出場時間は得られなかった。 だが、3年目の今季はここまで公式戦22試合に出場し、2ゴール2アシストの数字を残すなど主力としてプレー。とりわけ、中断明け以降は高い戦術理解度を生かした攻守に安定したパフォーマンスでシモーネ・インザーギ監督の信頼を獲得。ダンフリースとのポジション争いで優位に立っている。 さらに、元々プレー可能な左サイドに加え、ここ最近では3バックの右でも安定したプレーをみせ、直近のコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦ではチームをベスト4進出に導く決勝点を記録。充実した日々を過ごしている。 2023.02.03 05:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly