ケイタ・バルデ、スパルタク・モスクワへ移籍

2022.08.27 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スパルタク・モスクワは26日、カリアリのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(27)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。

ラツィオで頭角を現したストライカーのケイタだったが、その後に移籍したモナコやインテルでは結果を残せず。

2020-21シーズンはレンタルで加入したサンプドリアでセリエA7ゴールを記録したが、昨季はカリアリでセリエA3ゴールと不発に終わっていた。

関連ニュース
thumb

ドーピング検査で違反のセネガル代表FWケイタ・バルデがカタールW杯欠場に

セネガル代表FWケイタ・バルデ(27)が、ドーピング検査での違反によってカタール・ワールドカップ(W杯)を欠場することが確実となった。 今夏、カリアリからスパルタク・モスクワに完全移籍したケイタだが、今回の違反行為はカリアリ時代の今年4月に行われたセリエAのウディネーゼ戦でのものだという。 同試合でドーピング検査を受けたケイタの提出したサンプルから禁止薬物は検出されなかったが、テストに関する厳格なプロトコルを破ったとしてペナルティを科されることになった。 現所属先のスパルタク・モスクワは、今回の一件に関して以下の声明を発表している。 「ケイタ・バルデは、カリアリでプレー中にドーピング違反があったため、2022年12月5日までイタリア国立アンチドーピング裁判所から出場停止処分を受けた」 「その日ケイタから採取されたサンプルでは、​​禁止物質は見つかりませんでした。しかし、懲戒規定に従って、別の国内または国際スポーツ協会、国内アンチ・ドーピング機関によって課せられたドーピング関連の制裁は、FIFAによって自動的に受け入れられ、すべての連盟および協会によって承認されなければなりません」 「したがって、イタリアのアンチ・ドーピング機関によって適用された制裁は、RFUによる承認の対象となります」 「失格の条件の下で、プレーヤーは、刑期満了の22日前までにトレーニングプロセスに戻ることができます」 今回の処分が決定したことで、セネガル代表として通算40試合6ゴールを記録する同選手は、カタールW杯欠場が確定。同代表では前線のバックアップにとどまっているが、定期的に招集を受けており、今回の処分がなければメンバー入りの可能性は高かった。 2022.09.19 23:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントでブンデス連覇、香川真司ともプレーした元パラグアイ代表FWバリオスが37歳で現役引退

元パラグアイ代表FWルーカス・バリオスが、37歳で現役引退を決断した。 アルゼンチン生まれのバリオスは、アルヘンティノス・ジュニアーズでキャリアをスタート。その後、チリやメキシコでプレーすると、2009年7月にユルゲン・クロップ監督率いるドルトムントに完全移籍。ヨーロッパでのキャリアをスタートする。 ドルトムント時代は香川真司(シント=トロイデン)ともチームメイトとしてプレー。公式戦102試合で49ゴール17アシストを記録する活躍を見せ、ブンデスリーガ連覇、DFBポカール優勝に貢献していた。 2012年7月に中国の広州恒大(現:広州FC)に完全移籍すると2度の中国スーパーリーグ制覇とAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を経験。2013年8月にスパルタク・モスクワへと完全移籍。モンペリエへのレンタル移籍を経験すると、2015年7月にはブラジルのパウメイラスへと完全移籍し、ヨーロッパに別れを告げる。 その後はグレミオ、アルヘンティノス・ジュニアーズ、コロコロ、ウラカン、ヒムナシア・ラ・プラタ、デフェンサ・イ・フスティカ、パトラナートと南米でプレーを続けたが、今年7月にアルゼンチンのパトロナートを退団すると、その後は無所属に。そして引退を決断した。 パラグアイ代表としても36試合で10ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ前の5月に初招集を受けてデビューすると、そのままW杯メンバー入り。日本代表ともラウンド16で対戦するなどチームのベスト8入りに貢献。2017年までプレーしていた。 バリオスは自身のインスタグラムを更新。感謝の想いを綴っている。 「プロサッカーに別れを告げるという、想像しなかった時が来たことを、全てのフォロワーに伝えたいと思う。20年間、僕はそれぞれの場所で最大限を尽くしてきた」 「うまくいくこともあれば、悪くなることもあったけど、常に全力を尽くして、全てのチームに相応しいプロフェッショナリズムを長年にわたって見せてきた」 「キャリアを通じて多くのことを学んだ全てのチームメイトとコーチに感謝したいと思う。僕が所属していた各クラブのスタッフの方々の配慮と献身的な努力に感謝する」 「約8年間、チームメイトと共に代表となる機会を与えてくれた親愛なるアルビロハ(パラグアイ代表)、僕を信頼し、組織の一員にさせてくれた全てのクラブに感謝したいと思う」 「長いキャリアは今日で終わるけど、また会おう。僕は常にサッカーと繋がっているし、新しい冒険は指導者になるからだ。これからも僕の新たな挑戦を応援してほしい」 「自分のクラブでプレーしてほしいと興味を持って声をかけてくれた全てのクラブに感謝するが、僕の決断はすでに下されている。何年も支えてくれた家族と友人に感謝する。みんなをとても愛している」 <span class="paragraph-title">【写真】全てのクラブのユニフォーム姿で引退を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiTlnvRMAU3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiTlnvRMAU3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiTlnvRMAU3/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Lucas Barrios(@lucasbarrios_oficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.11 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

スパルタク・モスクワが選手登録問題に直面のバルサを揶揄「我々は問題なく登録できたけど?」

スパルタク・モスクワの公式ツイートが話題となっている。 26日にカリアリからケイタ・バルデ・ディアオを獲得したことを発表した同クラブ。ただ、その際に英語版公式ツイッターが「問題なく選手登録できた。うらやましいだろう、バルセロナ」と投稿したことが波紋を広げることになった。 バルセロナでは深刻な財政難の影響で、今夏獲得した一部の選手がリーグ登録できない状況が続いている。スパルタク・モスクワは、ケイタ・バルデがバルセロナのカンテラ出身である関係性を利用してか、その問題を揶揄。ツイッターでは「意図がわからない」といった声が挙がった。 スパルタク・モスクワの英語版ツイッターは7月にも、バルセロナがビクター・モーゼスを狙っているという噂が立った際に、ドラマ『ザ・ボーイズ』のワンシーンを切り取った動画とともに「バルセロナが架空をお金でモーゼスを狙っていることを知った時の我々」という文言を投稿し、話題を呼んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】バルサをあおるスパルタク・モスクワ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Registered a new signing without any problems...<br><br>Jealous, <a href="https://twitter.com/FCBarcelona?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCBarcelona</a>? <a href="https://t.co/dKxRZvH1gQ">pic.twitter.com/dKxRZvH1gQ</a></p>&mdash; FC Spartak Moscow (@fcsm_eng) <a href="https://twitter.com/fcsm_eng/status/1563208919862116353?ref_src=twsrc%5Etfw">August 26, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.27 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフが元蘭代表MFヘンドリクスを獲得!

フォルトゥナ・デュッセルドルフは11日、スパルタク・モスクワから元オランダ代表MFジョリット・ヘンドリクス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定。契約期間は2023年6月30日までの1年となる。 ヘンドリクスは8歳でPSVのアカデミーに加入し、以来すべてのユースカテゴリー、ヨングPSVを経て2013年にトップチームデビューを飾った生え抜き中の生え抜きの選手。 守備的MFを主戦場にセンターバックでもプレー可能な左利きのMFは、ここまで公式戦239試合に出場し、8ゴール17アシストを記録。在籍期間に3度のエールディビジ制覇、2度のヨハン・クライフ・シールドのタイトル獲得に貢献してきた。 しかし、昨年1月にスパルタク・モスクワ移籍を決断。ただ、完全な主力定着には至らず、今年1月にはフェイエノールトへレンタル加入。その母国クラブではエールディビジで9試合、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で5試合に出場。ECLではいずれも短い出場時間だったが、チームの準優勝に貢献していた。 国際サッカー連盟(FIFA)によるロシア・ウクライナリーグに在籍する外国選手への移籍特例措置により、今シーズンもフェイエノールトに在籍していたが、移籍先をデュッセルドルフに変更する形となった。 ブンデスリーガ昇格を目指すデュッセルドルフでは、MF田中碧やMFアペルカンプ真大らと中盤でコンビを組む可能性が高そうだ。 2022.08.11 19:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ラーションの息子が吉田麻也の同僚に? ロシアクラブ退団でシャルケ移籍が接近

スウェーデンのレジェンドであるヘンリク・ラーション氏の息子であるスウェーデン代表FWヨルダン・ラーション(25)が、ブンデスリーガに挑戦するようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。 フェイエノールトやセルティック、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなどでストライカーとして活躍した父を持つヨルダンは、これまでヘルシンボリやNECナイメーヘン、スパルタク・モスクワなどでプレーした。 しかし、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、国際サッカー連盟(FIFA)の特例措置で母国のAIKソルナへとレンタル移籍していた。 未だに軍事侵攻は終息せず特例措置が継続する中、スパルタく・モスクワを退団したヨルダンはドイツ移籍が近づいているようだ。 そのクラブは、日本代表DF吉田麻也も所属するシャルケ。『ビルト』によれば、5日にもメディカルチェックを受け、そのまま契約を結ぶとしている。 スウェーデン代表としても7試合で1ゴールを記録しているヨルダンは、スパルタク・モスクワでは83試合で27ゴール9アシスト。AIKソルナでも11試合で3ゴール2アシストを記録していた。 昇格組のシャルケにとってはまずは残留、そしてなるべく高い順位でシーズンを終えることだが、若いチームの助けになると見られている。 2022.08.05 12:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly