チェルシーで構想外のバチュアイ、残り1週間でサレルニターナが獲得に動く

2022.08.25 17:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAのサレルニターナがチェルシーのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)の獲得に動き出したようだ。

2016年夏にマルセイユから加入して以降、チェルシーでは大きなインパクトを残せずにいるバチュアイ。そのため、これまでドルトムントやバレンシア、クリスタル・パレス、ベシクタシュと様々なクラブへのレンタル移籍を繰り返している。

チェルシーとの現行契約は今シーズン終了までとなっており、バチュアイ本人とクラブは今夏のレンタル移籍の可能性を除外し、完全移籍での別れを念頭に置いている。
その中で、移籍市場が閉まる1週間前になり、サレルニターナが獲得に動き出したという。

移籍に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、バチュアイに関して、チェルシーは買い取り義務付きのレンタル移籍での放出に前向きだという。

チェルシーとの契約は残り1年だが、1年間延長するオプションを持っているとのこと。バチュアイも移籍には前向きで、土壇場で決まる可能性があるようだ。

今シーズンはここまで試合に絡んでいないが、チェルシーでは通算77試合で25ゴール6アシストを記録。昨シーズンはスュペル・リグで33試合に出場し14ゴール5アシストと、環境によっては得点力は発揮するだけに、サレルニターナとしては大きな補強になりそうだ。

関連ニュース
thumb

イタリア代表DFマッツォッキが右ヒザ内側側副靭帯を損傷…セリエA再開初戦を欠場か

サレルニターナは21日、イタリア代表DFパスクアーレ・マッツォッキが右ヒザの内側側副靭帯を損傷したことを発表した。 今月行われた国際親善試合のイタリア代表メンバーに選出されたマッツォッキは、その代表トレーニング中に右ヒザを負傷していた。 なお、全治は明かされていないが、イタリア『トゥットメルカート』はセリエA再開となる来年1月4日のミラン戦に間に合うかは微妙なところと伝えている。 今年1月にサレルニターナにレンタル移籍で加入したマッツォッキは、今夏に完全移籍を果たすと、今季もウィングバックを主戦場にセリエA全試合に出場し2ゴール2アシストを記録。9月に行われたUEFAネーションズリーグでイタリア代表に初選出されると26日のハンガリー代表戦でデビューを飾った。 2022.11.21 23:12 Mon
twitterfacebook
thumb

先月引退のリベリがバイエルン復帰? 現在は最終所属サレルニターナでコーチ

現役を退いたばかりの元フランス代表MFフランク・リベリに、バイエルン復帰の可能性が浮上している。 10月にサレルニターナとの契約を解除し、21年間の選手キャリアに終止符を打ったリベリ氏。キャリア晩年はケガとの戦いもあり、シーズン途中の引退という形になってしまったが、引退と同時にコーチに就任するなど、厚い人望もうかがわせている。 そんななか、ドイツ『ビルト』によると、リベリ氏の古巣にしてキャリアの最盛期に在籍したバイエルンが、同氏の復帰を画策。どういった役職なのかは不明瞭なものの、リベリ氏本人もバイエルンへの恩義から近い将来の復帰に乗り気だという。 バイエルン時代には9度のブンデスリーガ優勝や6度のDFBポカール優勝、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)も制覇と、数え切れないほどのタイトルをもたらしたリベリ氏。レジェンドの帰還となれば、ファンも大いに沸くことだろう。 2022.11.18 16:50 Fri
twitterfacebook
thumb

先月引退のリベリ、新たなキャリアに充実の日々「たった1日で全てが様変わりした」

先月に現役を退いた元フランス代表FWフランク・リベリだが、充実した第二のキャリアを歩んでいるようだ。 先月21日、所属先のサレルニターナとの選手契約解除と、それに伴う引退を発表したリベリ。選手としてはバイエルンで7連覇を含む9度のブンデスリーガ優勝や、6度のDFBポカール優勝、チャンピオンズリーグ(CL)も制覇するなど、輝かしいキャリアを築いた。 だが、残念なことに最期はヒザの痛みに屈する格好に。それでも引退際に「新たな章が始まる」としていた39歳は、サレルニターナのコーチングスタッフとして充実の日々を過ごしているようだ。 「最初は少し変な感じだったけど、たった一日で色んなことが様変わりした。チームやスタッフをサポートできるこの新たな役割に満足しているよ」 「私は(ダビデ・)ニコラ監督の提案を喜んで受け入れた。クラブが私をサレルノに残すためにあらゆる努力を尽くしてくれたことは本当に嬉しかった」 「私は多くのトロフィーを手にした。それは事実だ。だが、ここグラナタ(サレルニターナの愛称)は特別だ。残留を争ったことはなかったし、残留できたのは信じられないようなことだった」 「最後にあのような形で終わり、ファンがみんな喜んでいるのを目にするのは最高なことだ。私にとってあれは重要で忘れられない出来事だった。要するに、諦めずに常に信じていたんだ」 2022.11.09 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

カンドレーバの恩返し弾&元ローマDFファシオ弾に沈んだラツィオ、7試合ぶり黒星《セリエA》

ラツィオは30日、セリエA第12節でサレルニターナをホームに迎え、1-3で敗れた。 前節アタランタとの上位対決を2-0と快勝して3位に浮上したラツィオ(勝ち点24)は、3日前に行われたヨーロッパリーグではミッティランを下して首位に浮上した。ノックアウトラウンド進出が見えてきた中、現状のベストメンバーで臨んだ。 11位サレルニターナ(勝ち点13)に対し、アタランタ戦同様にフェリペ・アンデルソンを最前線に置き、右にペドロ、左にザッカーニを配す3トップで臨んだラツィオが押し込む立ち上がりとなった。 しかし好機を作り切れずにいると、徐々に互角の攻防へ。21分にはフェリペ・アンデルソンがネットを揺らしたがオフサイドに阻まれた。 さらに37分にペドロがポストを掠めるシュートを浴びせたラツィオは41分に押し切った。L・アルベルトのスルーパスでボックス左のスペースを突いたザッカーニがシュートを決めきった。 しかし1点をリードして迎えた後半、開始6分に追いつかれる。古巣対決のカンドレーバにループシュートを決められた。 試合を振り出しに戻されたラツィオが前がかる中、65分にはザッカーニがカットインからGK強襲のシュートを浴びせたが、68分に逆転される。CKの流れから元ローマのファシオにシュートを決められた。 そして76分には致命的な3失点目を喫する。ロングカウンターを受けた流れからブラダリッチにボックス左へ侵入され、クロスボールをディアに決められた。 このまま1-3で敗戦。7試合ぶりの痛い敗戦となった。 2022.10.31 03:58 Mon
twitterfacebook
thumb

引退の盟友リベリにロッベンがメッセージ 「“ロベリー”でいられるのはいつまでも光栄」

元オランダ代表FWのアリエン・ロッベン氏がバイエルン時代の盟友である元フランス代表MFフランク・リベリに労いの言葉を贈った。 2人は2009年~2019年までの10年間にわたり、バイエルンで共闘。チームメイトとして8度のブンデスリーガ優勝や、チャンピオンズリーグ(CL)制覇などで多くの喜びを共有した一方で、2人もファンの間で“ロベリー”の愛称で愛され、クラブ最高の時代を彩った。 ロッベン氏は一度引退してから古巣フローニンヘンで復帰したが、2021年夏に改めて現役生活に幕。リベリはフィオレンティーナとサレルニターナを渡り歩き、イタリアで現役を続けたが、ヒザのケガに悩まされ、21日に現役引退を表明している。 今季の最中に現役引退という大きな決断を下したリベリにロッベン氏も反応。自身のSNSを介して、バイエルン時代の2人が映った懐かしい写真とともに、メッセージを綴った。 「友よ、すべてにありがとう! ピッチの中でも外でも、いつも君と一緒にいられてすごく嬉しかった。自分が成し遂げたすべてを本当に誇らしく思っていい! これまでも、そしてこれからも、“ロベリー”でいられるのは光栄だ。これからは家族との時間を楽しんでくれ。またね!」 <span class="paragraph-title">【写真】引退のリベリにロッベンがメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Danke für alles mein Freund!<br>Es war mit dir immer eine große Freude auf und neben dem Platz! Du kannst richtig stolz sein auf alles was du erreicht hast! Es war und bleibt mir immer eine Ehre teil von Robbery zu sein <br><br>Genieß jetzt die Zeit mit deiner Familie und bis bald! <a href="https://t.co/eivqZ8qDKj">pic.twitter.com/eivqZ8qDKj</a></p>&mdash; Arjen Robben (@ArjenRobben) <a href="https://twitter.com/ArjenRobben/status/1584241030454743041?ref_src=twsrc%5Etfw">October 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.26 12:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly