「チームに欠けているもの全てを満たしている」 マーソン氏がチェルシーにC・ロナウド獲得を推薦

2022.08.17 15:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのレジェンドであるポール・マーソン氏がチェルシーに対して、マンチェスター・ユナイテッドで移籍を希望するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の獲得を薦めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

昨夏にユベントスを退団し、電撃的に古巣であるユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームはプレミアリーグで6位と不振に陥り、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したが、自身は公式戦39試合で24ゴール3アシストを記録するなど力を見せつけた。

ユナイテッドは新シーズンからエリク・テン・ハグ監督を迎え、心機一転を目論むが、CL出場を熱望するC・ロナウドは移籍を希望。チームはプレミアリーグ開幕から2連敗と散々な状態に陥っていることも、移籍の考えに拍車をかけている。

クラブも当初こそエースを引き止める考えを示していたが、チームの士気が落ちる懸念から方針を転換。オファー次第では売却に踏み切る可能性があると報じられるが、現在までC・ロナウド獲得に具体的な関心を示すクラブは現れていない。

ここまでバイエルンやチェルシー、アトレティコ・マドリーなどが移籍先として浮上したが、いずれのクラブも現段階で獲得の可能性は低いとみられている。

これに対して、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したマーソン氏はチェルシーこそC・ロナウドを獲得すべきだと主張。ベルギー代表FWロメル・ルカクが今夏インテルにレンタル移籍し、ストライカーがいないクラブにC・ロナウドが加入すれば、大きな脅威になるだろうと語った。

「チェルシーがC・ロナウドを獲得しなかった、あるいは今後も獲得しないと考えているのだとしたら、それは信じられないね。彼は今のチェルシーに欠けているもの全てを満たしているのだから」

「チェルシーでプレーすることは、ピッチ中央から仕事をする必要があるマンチェスター・ユナイテッドとは違う。チェルシーはボックスの端に相手を押し込み、試合を支配するチームだ」

「チェルシーには信じられないようなウイングバックがいて、フットボールの試合を支配する。だから、もし彼らがボックス内にいるC・ロナウドにボールを入れれば、どれだけのゴールが生まれるだろう。それは考えるのも恐ろしいほどだね」


関連ニュース
thumb

移籍話再燃のC・ロナウド、ガラタサライの強い関心浮上! あらゆる経済的手段も厭わずか

マンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の獲得を巡り、ガラタサライの名前が浮上している。 今夏に移籍騒動で揺れたC・ロナウド。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を持つクラブを条件にしての移籍先模索が取り沙汰されたが、最後まで見つからず、ユナイテッドに残った。 だが、エリク・テン・ハグ新監督の下で迎えた今季は見えて序列を落とす。ここまでトータルで9試合に出場しているが、プレミアリーグに限ると、1回しか先発機会を得られていない。 ヨーロッパリーグでは先発が続くが、6日のオモニア・ニコシア戦では決定機がありながら決め切れないなど、キレを欠く姿。そんななか、来る冬の去就を巡る報道が加熱し始めている。 そして、トルコ『FOTOMAC』では新たにガラタサライのターゲット入りが指摘され、クラブ側に選手の高額給与をカバーすべく、あらゆる経済的手段を動員する準備が報じられている。 ガラタサライは今夏も獲得に動いたとのことだが、その際はCL出場権を持っておらず、とん挫。だが、エルデン・ティムール副会長は選手の代理人と連絡を取り合い続けているようだ。 来る冬、あるいは来夏にこの移籍を実現させようとかなりの熱を入れているとされるガタラサライだが、C・ロナウドを振り向かせられるか。 2022.10.07 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴールだけが決まらない…C・ロナウドの痛恨“決定機逸”に厳しい声「2点は決めるべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールが遠い。 6日にヨーロッパリーグ(EL)のグループE第3節でオモニアとのアウェイゲームに臨んだユナイテッドは2-3で逆転勝利。2日のマンチェスター・ダービーで出番のなかったC・ロナウドは先発で起用された。 キレのある動きを見せるC・ロナウドは前半から積極的にシュート。FKでも直接狙うなど果敢にゴールを狙う。 そして、78分には最大のチャンス。DFジオゴ・ダロトが相手GKをかわし、ゴール前のC・ロナウドへマイナスのボールを供給。これをダイレクトで狙ったが、シュートは無情にもポストに嫌われた。 試合終盤にはカウンターから幾度か決定機を迎えたC・ロナウドだが、ここでも決めきれず。結局ノーゴールに終わってしまった。 84分には絶妙なラストパスでFWマーカス・ラッシュフォードのゴールをアシストするなど、試合を通して動きは良かったC・ロナウド。だが、決定機を逃したシーンが目立ち、ファンからは「完全に終わった」、「2点は決めるべきだった」、「逆にすごい」、「もう衰えた」と厳しい声が飛んでいる。 良くも悪くも注目を集めるC・ロナウド。これまで何度も批判に結果で応えてきた男は、今回もゴールという結果で周囲を黙らせられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】後は決めるだけ…ロナウドに訪れたこの試合最大の決定機(2枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjYloXzszkl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjYloXzszkl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjYloXzszkl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BT Sport(@btsport)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.07 11:52 Fri
twitterfacebook
thumb

2発のラッシュフォード、勝ち越し弾のマルシャルに「彼は僕らにとって大きな選手」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードがコメントした。 ユナイテッドは6日のヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節でオモニア・ニコシアとの敵地戦に臨み、3-2で勝利。0-1の後半からそれぞれ出場したFWマーカス・ラッシュフォードの2発とアントニー・マルシャルのゴールによっての逆転劇だった。 先のプレミアリーグでマンチェスター・シティに6失点完敗を喫したショックを払拭するほどの内容ではなかったが、これで2連勝。後半頭から出場して2得点1アシストの活躍を披露したラッシュフォードはイギリス『BT Sport』で振り返っている。 「仕事はしたけど、もっと良いプレーがしたかった。守備が悪かったとまでは言わないけど、とにかくミスが多かった。フットボールではミスもつきものだし、どんどん進んでいかないとね」 「最初の35分間は相手がゴールを決めるまで良いプレーぶりだった。動きは良かったけど、もう少し相手の背後を突いていけたはずだ」 「監督は交代策に打って出たとき、僕らにダイナミックに、もっと前に出ていくチャンスを作るよう求めた。それは前向きなものだったし、ハーフタイムのポジティブな変更で追いついた」 ここまで公式戦5ゴールを決めるチーム得点王はまた、62分のピッチインからわずか1分後に勝ち越し弾のフランス代表FWアントニー・マルシャルにも言及。マンチェスター・ダービーでの復帰から2戦連発のフランス人アタッカーの活躍を喜んだ。 「彼は僕らにとって大きな選手。長いことね。彼はハッピーだと、アンビリーバブルな選手になる。彼とのプレーするのはいつだって楽しい。今日の試合でも一緒にやれて良かった」 「互いにケガをして、彼の場合は長期にわたるものだった。だから、彼にとって、出場時間を掴み、インパクトを残したのは良いことだ」 2022.10.07 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

逆転で2連勝のユナイテッド、テン・ハグ「今日はサブ組がインパクトに」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がコメントした。 ユナイテッドは6日のヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節でオモニア・ニコシアとの敵地戦に臨み、3-2で勝利。0-1の後半からそれぞれ出場したFWマーカス・ラッシュフォードの2発とアントニー・マルシャルのゴールによっての逆転劇だった。 先のプレミアリーグでマンチェスター・シティに6失点完敗を喫したショックを払拭するほどの内容ではなかったが、キプロスの地で2連勝のテン・ハグ監督はイギリス『BT Sport』で途中出場の選手が光った試合だと振り返っている。 「スタートは良かったし、何度かチャンスもあった。だが、その後に不必要なミスがあった。やってはならないことで、責任感を持たないとならない。10分間は本当に酷く、そこから学ぶ必要がある」 「動かな過ぎで、背後を取るために逆の動きが必要だった。それで2人の選手を送り込み、それが功を奏した。今日のサブ組は本当にインパクトがあったし、チームを強くする上で本当に良いことだ」 そんなユナイテッドでは復帰戦のマンチェスター・ダービーで2発のマルシャルがこのオモニア・ニコシア戦でも、62分のピッチインからわずか1分後に勝ち越し弾をマーク。センターFWの適任者を探すテン・ハグ監督もマルシャルの影響力を認めた。 「(マルシャルが好調、重要なのは)プレシーズンの段階からわかってはいた。彼のケガはチームにとっても、私にとっても大きな失望だった。彼の不在は我々のパフォーマンスにも影響した」 2022.10.07 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが格下オモニアに辛勝! ロナウド再三決定機逸も途中出場ラッシュフォードが殊勲の2G1A《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)のグループE第3節、オモニアvsマンチェスター・ユナイテッドが6日にGSPスタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-3で逆転勝利した。 ここまでグループリーグ1勝1敗でグループ2位のユナイテッドは、最下位のオモニアを相手に2勝目を狙った。先週末に行われたマンチェスター・シティとのダービーで屈辱的な3-6の惨敗を喫したテン・ハグ率いるチームは、その試合から先発3人を変更。負傷のヴァランに代えてリンデロフ、マクトミネイとラッシュフォードに代えてカゼミロ、クリスティアーノ・ロナウドを起用した。 比較的ゆったりしたリズムで試合がスタートした中、ボールを握って相手を押し込んでいくユナイテッド。立ち上がりから積極的にフィニッシュの場面を作り出すと、14分にはボックス内で鮮やかなハーフターンを見せたロナウドに決定機も、シュートはブロックに遭い枠の左に外れる。 さらに、直後にはアントニーがGKと一対一、ロナウドのスルーパスに抜け出したブルーノ・フェルナンデスのループシュートと立て続けにビッグチャンスを得るが、ポルトガル代表MFのシュートがクロスバーを叩くなど決め切ることができない。 その後もユナイテッドのハーフコートゲームが続く。27分にはボックス手前右でカットインしたアントニーがシティ戦と似たような形からファーポストを狙った絶妙なシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。 チャンスを作りながらも先制点が遠いユナイテッドは、徐々に集中力を欠く場面が散見されると、34分にはハーフウェイライン付近で最後尾となっていたマラシアが相手に囲まれて痛恨のボールロスト。そのままブルーノに長い距離を運ばれてアンサリファルドへラストパスを通されると、味方のカバーも間に合わず。アンサリファルドにゴール右上隅に右足のシュートを突き刺された。 試合はコントロールしながらも一瞬の隙を突かれ、ビハインドで試合を折り返したユナイテッド。これを受け、テン・ハグ監督はマラシアとサンチョを下げてショー、ラッシュフォードを同時投入し、前半機能していなかった左サイドにテコ入れを図った。 すると、この交代策が完璧に嵌って早い時間帯の同点ゴールをもたらした。53分、B・フェルナンデスからのフィードに反応したラッシュフォードがボックス手前左でボールを収めて得意の右足のコントロールシュートを放つと、これがゴール右隅の完璧なコースに決まった。 この同点ゴールで勢いづくアウェイチームは一気に攻勢を強めていく。さらに、61分にはB・フェルナンデスを下げてマルシャルを投入すると、この采配が再びゴールに結びつく。 63分、マルティネスからのグラウンダーの縦パスをボックス手前のラッシュフォードが巧みなフリックでマルシャルに繋ぐと、背番号9はボックス左から冷静に右足のシュートをゴールネットへ流し込んだ。 途中投入のアタッカー2人の連続ゴールで逆転に成功したユナイテッドは、これで落ち着くことなく3点目を奪って試合を決めにかかる。幾つかの決定機を経た84分にはカウンターからボックス左に持ち込んだロナウドからの絶妙なラストパスに反応したファーのラッシュフォードがゴール至近距離からのシュートを流し込む。 これで勝負ありかに思われたが、ゴール直後の85分には相手のカウンターからカクリスの折り返しをゴール前のパナイオトゥにワンタッチで流し込まれ、すぐさま1点を返される。 拙い試合運びでホームチームに勝ち点のチャンスを与えてしまうと、試合最終盤は行ったり来たりのオープンな展開にしてしまう。その中で幾度か決定的なカウンターチャンスが訪れるが、試合を通してフィニッシュの精度を欠いたロナウドが2度のビッグチャンスを決め切ることができず。 それでも、何とか逃げ切ったユナイテッドがダービー大敗のショック払しょくとまではいかずも、白星を取り戻した。 2022.10.07 03:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly