「補強なしにロナウド退団なら11位以下で終わるかも」 G・ネビルが論じる

2022.08.16 17:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドOBのギャリー・ネビル氏は古巣の現状的にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを手放すのは危険だと論じた。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

ユナイテッドがエリク・テン・ハグ新監督の下で再起を期すなか、去就問題に揺れるC・ロナウド。プレミアリーグ第2節で初先発したが、去就はいまだはっきりしておらず、チームも開幕戦に続く黒星で連敗を喫した。

最近では試合中や練習中におけるC・ロナウドの不服そうな態度もクローズアップされ、残っても不満分子となりかねないが、G・ネビル氏はまともな補強なしに退団されたら、チームはさらに悪い結末になりうると論じた。
解説者を務めるイギリス『スカイ・スポーツ』で「彼を巡って重大な決断を下す必要がある。どうなろうと、悪い結果になるがね」と切り出した上で、昨季もチーム最多の公式戦24得点を決めた37歳の存在の重要性を説いた。

「あの2つの結果が出る前、私はクリスティアーノの移籍を促すのがベストだと言った。クラブだって彼に満足していないからだ。しかし、今のチームが直面する問題は彼がいなくなったら、ゴールを決めるという部分でクラブに何もないということなんだ」

「この先の数週間で補強できず、あるいはダメな選手を連れてきたりして、彼が出て行ったら、順位表のボトムハーフで終わりうると純粋に思う。彼らは11位以下のチーム。それは大きなステートメント。私が今季の終わりにバカを見るかもしれないがね」

「ユナイテッドは今後数カ月のどこかで波に乗って、今季を乗り切るとは思うが、(1974年に)降格して以来、最も不安定な時期を過ごすことになるだろう」

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、19歳マクニールを4部にレンタル! 今季デビューのストライカー

EFLリーグ2(イングランド4部相当)のニューポート・カウンティは1月31日、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド人FWチャーリー・マクニール(19)の半年レンタルを発表した。 元々ユナイテッドのスクール生だったマクニールだが、かつて宿敵シティの下部組織に在籍した過去。そのシティユース時代に600以上のゴールを決めたストライカーとして将来が嘱望されるなか、2020年10月から再びユナイテッドのアカデミーに場所を移した。 そんな注目株は昨年9月のヨーロッパリーグ(EL)でトップチームデビュー。カタール・ワールドカップ(W杯)中に行われたスペインでのキャンプにも参加したが、デビュー戦を最後に出番なく、U-21チームが活躍の場となるなか、この後半戦から修行が決まった。 2023.02.01 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ザビッツァーがユナイテッド移籍に向けイングランドに渡航!

マンチェスター・ユナイテッドへの電撃移籍が取り沙汰されるバイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)が、ドイツを離れてイングランドに渡航したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今冬の移籍市場最終日にユナイテッド行きの可能性が報じられたザビッツァー。すでに翌日に行われるDFBポカールのマインツ戦の招集メンバーを外れたことが確認されていた中、ミュンヘンの空港にてイングランド行きの飛行機に搭乗する姿も確認されることに。 ドイツ『スカイ』のトルベン・ホフマン記者は、空港で搭乗手続きを行うザビッツァーの様子を映した動画と共に、買い取りオプション付きのレンタル移籍が迫っていることを報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いている。 2020年夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ザビッツァーがイングランド渡航へ搭乗手続き</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Finale Verhandlungen mit Manchester! Sabitzer vor dem Abflug nach England. Geht vorerst um Leihe mit Kaufoption. <a href="https://twitter.com/FCBayern?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCBayern</a> Exklusive Bilder <a href="https://twitter.com/SkySportDE?ref_src=twsrc%5Etfw">@SkySportDE</a> <a href="https://twitter.com/SkySportNews?ref_src=twsrc%5Etfw">@SkySportNews</a> <a href="https://t.co/XpvobxWKXL">pic.twitter.com/XpvobxWKXL</a></p>&mdash; Torben Hoffmann (@Sky_Torben) <a href="https://twitter.com/Sky_Torben/status/1620467865127358464?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.02.01 02:22 Wed
twitterfacebook
thumb

エリクセン離脱のユナイテッド、緊急補強としてザビッツァーの名前浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の緊急補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いているという。 2020年の夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっている。 なお、ザビッツァーに関してはベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの獲得が難航するチェルシーからの関心からも伝えられるが、現在は別のターゲットの獲得を考慮している模様だ。 2023.01.31 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド痛恨…足首負傷のエリクセンが最大5月上旬まで離脱

マンチェスター・ユナイテッドは31日、負傷したデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの診断結果を報告した。 ケガに見舞われたのは28日に行われたFAカップ4回戦のレディング戦。先発出場していたエリクセンはアンディ・キャロルのタックルを受けた際に足首を負傷し、後半12分に交代していた。 クラブによると、検査は継続中であるものの、最初の診断では4月下旬から5月上旬まで離脱する可能性が高いという結果が出たようだ。 今季からユナイテッドに加入し、ここまで公式戦31試合に出場するなど瞬く間にレギュラーの座を掴んだエリクセン。今後はヨーロッパリーグも再開し、4大会をこなしていかなければならないエリク・テン・ハグ監督にとって相当な痛手となる。 2023.01.31 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

キープか、レンタルか…ユナイテッドがエランガとペリストリの去就を決断へ

今冬の移籍マーケット閉幕がもう間近というなか、マンチェスター・ユナイテッドがスウェーデン代表FWアンソニー・エランガ(20)とウルグアイ代表MFファクンド・ペリストリ(21)の去就に決断を下す模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 若きアタッカーのエランガとペリストリ。ペリストリの方はここ最近になってデビューを果たすなど、少しずつプレータイムが巡ってきているが、エリク・テン・ハグ新体制の今季を通じてともに序列が高いわけではなく、今冬の移籍が取り沙汰される。 そんな両選手の去就を巡り、すべてのコンペティションを残す影響から今後のスケジュールもタイトとあって、決断に慎重さを極めるテン・ハグ監督だが、31日に首脳陣で会合が予定され、2選手の将来と今冬にレンタル移籍させるか否かを決めるという。 エランガに至っては出番こそあるものの、出てもインパクトを欠き、今やFWアレハンドロ・ガルナチョの台頭ぶりに押される状況。国内外から人気を博すといわれるエランガしかり、ペリストリにも他クラブからレンタルの話があるようだが、果たして。 2023.01.31 16:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly