CBのバックアッパーが欲しいインテル、19歳カサデイをチェルシーに売却へ

2022.08.16 15:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのU-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(19)がチェルシー移籍に近づいているようだ。

カサデイはインテルのU-19チームで鍛錬を積むセントラルハーフ。昨季はプリマヴェーラ1で29試合13得点4アシストの成績を残し、インテルの4季ぶり優勝に大きく貢献した。

今夏のプレシーズンでも起用され、トップチーム定着を期すなか、イタリア『スカイ』によると、経営難のインテルは同選手をチェルシーに売却して補強資金を工面したい考えだという。

インテルは退団した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアに代わる最終ラインの新たなバックアッパー獲得に本腰。ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)に注目しており、獲得には移籍金1500~2000万ユーロ(約20億3000万~27億円)が必要とのことだ。

そんな事情があってか、インテルはカサデイに触手を伸ばすチェルシーに対して1500万ユーロ+500万ユーロ(約6億7000万円)を要求。チェルシーも1200万ユーロ(約16億2000万円)+アドオンを提示しており、両者は合意に接近しつつあるとみられている。

関連ニュース
thumb

ククレジャ、パレス戦欠場の理由は喉の問題

チェルシーのスペイン代表DFマルク・ククレジャが喉の問題で入院しているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 今夏の移籍市場でブライトンから5500万ポンドの移籍棋院で加入したククレジャ。プレミアリーグ開幕節のエバートン戦で途中出場からデビューを果たすと、以降のリーグ戦では5試合連続で先発出場していた。 ところが、1日に行われたクリスタル・パレス戦では、先発どころかベンチにも登録されておらず、たちまちその状態が心配されることになった。 伝えられるところによれば、ククレジャは現在、喉の問題で入院しているとのこと。ただ、体調は良好のようで、来週には復帰できると見込まれている。それでも、5日に行われるチャンピオンズリーグのミラン戦は欠場濃厚のようだ。 また、負傷離脱が続いていエンゴロ・カンテについてはパレス戦での復帰が期待されていたが、グレアム・ポッター監督は来たる10月の連戦に向けて大事を取って休ませたとのこと。エドゥアール・メンディについても週明け以降の復帰となるようだ。 2022.10.02 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポッター監督がチェルシー就任後初勝利! 決勝点のギャラガーに「見事」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が就任後初勝利を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 1日にプレミアリーグ第9節でクリスタル・パレスと対戦したチェルシー。ポッター新監督のリーグ戦初陣で注目が高まった中、開始7分に先制を許す展開に。 その後も低調な内容が続いたが、38分にピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍後初ゴールで同点とし、圧倒的なボール支配率でもって試合を進めていく。 それでも攻撃精度が上がらず、1-1のまま試合は終盤へ。そんな中、勝敗を決めたのは古巣戦のコナー・ギャラガーだった。90分にボックス手前左でパスを受けると、そこから迷わず右足一閃。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さり、土壇場で白星をもたらした。 この活躍にポッター監督もギャラガーを手放しで称賛。同点ゴールのオーバメヤンにも触れ、改めて初勝利を喜んだ。 「コナーにしても、チームにしても、交代選手がインパクトを残したことに関しても、私は嬉しく思う。これこそ皆が望んでいることだ」 「もちろん、選手たちはプレーしたくて悔しい思いをしているだろうが、それを良い形で表現し、ピッチに立ったときに力になれるような存在であってほしいと思う」 「その点では良い手応えがあった。このチームは最初から本当にいいチームだったし、コナーも素晴らしい一発だった。彼がクリスタル・パレスに大きな敬意を持っていることは見ていてわかったと思う。しかし、彼は今はチェルシーの選手で、我々のために重要なゴールを決めてくれた」 「オーバメヤンのゴールも重要なゴールだった。彼はプレミアリーグのフィットネスに達するまで懸命に働き、私は本当に感心したよ。だが、どんなフォワードでも得点することが大事だと言うだろうし、我々にとっても大事なゴールだった」 「個人的なレベルとしては、初勝利を収めることができて安心している。アウェイで良いスタートを切っても、その後失点して3ポイントを取り逃すというパターンが多かったため、選手たちのことを思うと本当に嬉しいよ」 2022.10.02 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ギャラガーの土壇場恩返し弾で逆転のチェルシーがポッター新体制で初白星!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、クリスタル・パレスvsチェルシーが1日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのチェルシーが1-2で逆転勝利した。 開幕から3勝1分け2敗の7位に低迷するチェルシーは、先月にトゥヘル監督を電撃解任。その後任としてブライトンからポッター監督を引き抜いた。そのイングランド人指揮官の初陣となったチャンピオンズリーグ(CL)のレッドブル・ザルツブルク戦は1-1のドローに終わっており、インターナショナルマッチウィーク明けの初戦では新体制初白星を狙った。 週明けに勝ち点3必須のCLミラン戦を控える中、ポッター監督は曲者とのロンドン・ダービーに向けて先発2人を変更。クリバリとアスピリクエタに代えてチアゴ・シウバ、ジョルジーニョを起用し、[4-2-3-1]に並びを変更した。そして、前半は1トップにオーバメヤン、2列目は右からスターリング、ハヴァーツ、マウントが並ぶ形に。 互いに様子見の入りとなったが、ホームのパレスがファーストチャンスをゴールに結びつける。7分、相手陣内でのボール奪取からカウンターに転じたパレスは右サイドのアイェウが早いタイミングで正確なクロスをゴール前に送り届けると、飛び込んだエドゥアールがスライディングシュートの形でうまく合わせてゴール左へ流し込んだ。 いきなり出ばなをくじかれたチェルシーは、直後にもエゼにあわや連続失点という際どいミドルシュートを許すなど、難しい立ち上がりとなる。それでも、徐々に反撃に転じていくと、19分にはハヴァーツの右クロスに反応したマウントが枠をわずかに外れるヘディングシュート。24分にはリース・ジェームズの右からのグラウンダークロスに反応したスターリングが自らのシュートのこぼれ球に反応してゴール至近距離からシュートに持ち込むが、今度は右ポストを叩いた。 徐々にゴールの匂いをさせ始めるチェルシーだが、30分過ぎには試合の行方を左右するインシデントが発生。自陣で味方からバックパスを受けたチアゴ・シウバがエドゥアールにボールを奪われて入れ替わられかけると、思わずボールを手ではじき出す。決定機阻止でのレッドカードの可能性もあったが、VARの介入後も主審のイエローカードの判定が支持されて事なきを得る。 すると、38分にはセットプレーの流れから前線に攻め残っていたチアゴ・シウバがクラインに競り勝ってリース・ジェームズからのロングフィードをボックス中央へ折り返すと、これをオーバメヤンが巧みな右足の反転ボレーで合わせ、待望の加入後初ゴールとした。 前半の内に追いついたアウェイチームは、ここから攻勢を仕掛けると、クラインの負傷交代で6分が与えられたアディショナルタイムに2点目に迫る。ボックス内での間接FKからマウントが豪快に右足を振るが、これは惜しくもサイドネットを叩いた。 1-1のイーブンで折り返した試合は、後半も立ち上がりは拮抗。ボールは握りながらもなかなか決定機まで持ち込めないチェルシーは、56分にジョルジーニョを下げてロフタス=チークを最初のカードとして切る。 その後はマウントやスターリング、ハヴァーツの2列目が散発ながら決定機に絡むも攻撃が手詰まると、75分過ぎにはオーバメヤンとハヴァーツ、マウントに代えてブロヤ、ギャラガー、プリシッチと続けて交代カードを切っていく。 一連の交代策も攻撃を活性化させるまでには至らないが、昨季のセルハースト・パークで輝きを放っていた若武者が最後の最後に決定的な仕事を果たした。90分、ボックス手前左でプリシッチから足元にボールを受けたギャラガーが豪快に右足を振り抜くと、このシュートがゴール右上隅に突き刺さった。 そして、ギャラガーのチェルシー初ゴールで試合を引っくり返したチェルシーが、苦しみながらも敵地でのダービーを逆転で制してポッター新体制2戦目で初勝利を手にした。 2022.10.02 01:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第9節プレビュー】ノースロンドン・ダービーとマンチェスター・ダービーが開催!

エリザベス女王の訃報やインターナショナルブレイクもあり、チームによっては1カ月ぶりのリーグ戦となる今節。注目はノースロンドン・ダービーとマンチェスター・ダービーだ。 首位アーセナルが3位スパーズをホームに迎える今季最初のノースロンドン・ダービー。開幕5連勝を収めたアーセナルは、第6節のマンチェスター・ユナイテッド戦で初黒星を喫したものの、直近のブレントフォード戦ではアウェイで3発快勝を収め、首位でインターバルへ突入することになった。 対するスパーズは、ここまで5勝2分け無敗とこちらも好調。直近のレスター戦ではソン・フンミンが今季初得点を含むハットトリックの活躍を披露し、6ゴールの大勝を収めている。 互いにこの上ない状態で臨むダービーだが、負傷者が多いのも共通点。アーセナルはジンチェンコやティアニーをはじめ、このブレイク中にトーマス・パルティやスミス・ロウも故障者リスト入りしてしまった。また、スパーズも守護神のロリスやクルゼフスキが負傷と、大きな痛手を被っている。 マンチェスター・ダービーも激戦必至。シティはチャンピオンズリーグを含め公式戦9試合で無敗を継続中で、ここ数試合ではCLでドルトムント相手にハーランドがゴールを決め、続くウルブス戦も3ゴールの快勝に貢献。ハーランドは現在、公式戦7戦連発中だ。 対するユナイテッドは、全試合延期となった第7節に第8節も延期となったため、リーグ戦は9月4日のアーセナル戦以来。その間に行われたヨーロッパリーグでは、初戦でソシエダに敗れたものの、第2節で昨季のCLで旋風を巻き起こしたシェリフをアウェイで破っている。 なお、シティではこの代表ウィークでストーンズとカルヴァン・フィリップスが負傷。ラポルテはトレーニングに復帰したが、今節の出場はないとグアルディオラ監督が確認した。ユナイテッドでもマグワイアが新たに負傷。一方で直近の試合を欠場していたマルシャルやラッシュフォードは出場可能と見込まれている。 7位のチェルシーはアウェイでクリスタル・パレスと対戦する。ユナイテッド同様に第8節のリバプール戦も延期となったため、1カ月ぶりのリーグ戦となる。この間にCLでは初戦でディナモ・ザグレブに敗れ、ポッター監督の初陣となった第2節のザルツブルク戦も勝ちきれなかった。なお、今節がポッター監督のチェルシーでの初リーグ戦となるが、ブライトン時代ではパレスに一度も勝てていなかった。 早くも3敗を喫し、7位に沈んでいるリバプールはホームでブライトンを迎え撃つ。こちらも1カ月ぶりのリーグ戦だが、直近のエバートンとのマージーサイド・ダービーはゴールレスドローに終わっている。その後のCLでもナポリに大敗を喫するなど、なかなか調子が上がらない今シーズン。ブレイク明けから波に乗っていきたいところだが…。 ◆プレミアリーグ第9節 ▽10/1(土) 《20:30》 アーセナルvsトッテナム 《23:00》 ボーンマスvsブレントフォード クリスタル・パレスvsチェルシー フルアムvsニューカッスル リバプールvsブライトン サウサンプトンvsエバートン 《25:30》 ウェストハムvsウォルバーハンプトン ▽10/2(日) 《22:00》 マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド 《24:30》 リーズvsアストン・ビラ ▽10/3(月) レスターvsノッティング・フォレスト 2022.10.01 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

エンクンクが謎のタイミングでメディカルチェック? 主導はチェルシーか

ライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)が、チェルシー移籍に向けて動きを見せているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今夏にも関連が伝えられていたエンクンクとチェルシー。しかし、6月にライプツィヒと2026年まで契約を延長させたこともあり、移籍は非現実的だった。 それでもレアル・マドリーなど多くのビッグクラブが来夏の獲得に関心を寄せ、今後も人気株として注目される中、『ビルト』によればエンクンクは8月末にフランクフルトでメディカルチェックを受けたという。そして、それを主導したのがチェルシーとのことで、にわかにイングランド行きの公算が高まっているところだ。 なお、エンクンクには2023年夏に有効となる6000万ユーロのリリース条項があるようで、チェルシーはその条件を飲むと予想されている。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2019年夏にライプツィヒに加入したエンクンク。中盤のあらゆるポジションでプレーできるユーティリティ性が持ち味だが、センターFWやトップ下をメインとした昨季は、公式戦52試合で35ゴール20アシストという圧巻のスタッツを残していた。 2022.09.30 17:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly