FAがダービーで小競り合いのトゥヘル&コンテを告発! 次節ベンチ入り禁止に加え追加処分の可能性

2022.08.16 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドサッカー協会(FA)は15日、14日に行われたロンドン・ダービーで退席処分を受けたチェルシーとトッテナムの両指揮官を告発した。

14日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナムは、2-2のドローに終わった。

試合はチェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、トッテナムが2度のビハインドを追いつき、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めた劇的同点ゴールによってドロー決着となった。

元々のライバル関係に加え、微妙なジャッジの影響もあってトーマス・トゥヘル監督と、アントニオ・コンテ監督は、トッテナムの最初の同点ゴール直後にピッチサイドで小競り合いを起こすと、以降互いのチームにゴールが生まれる度に相手へのフラストレーションを募らせた。

そして、試合終了後に握手を行った際にはトゥヘル監督が握った手を放さなかったことをキッカケに両者がヒートアップ。周囲の素早い制止によって大事にはならなかったものの、共にレッドカードを掲示されて退席処分となっていた。

これを受け、FAは以下の声明を発表。両者を告発したことを明らかにした。

トーマス・トゥヘルアントニオ・コンテは、2022年8月14日に行われたプレミアリーグのチェルシーvsトッテナムにおいて、FA規則E3違反で告発された。両監督の振る舞いは、試合終了後に不適切であったとされている。両監督は2022年8月18日までに、それぞれの回答を提出する必要がある」

なお、共にリーグ次節のベンチ入り処分が決定しているが、今回のFAの発表によって追加のベンチ入り禁止や罰金処分が科される可能性がある。

また、トゥヘル監督に関しては試合後の会見においてテイラー主審を含む審判団を強い口調で非難しており、今回の処分とは別にFAから調査を受ける可能性も伝えられている。

関連ニュース
thumb

ミラン指揮官が敵地チェルシー戦へ意気込み「我々には明確な意志がある」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦に向けて意気込みを語った。イタリア『スポーツメディアセット』が伝えている。 ミランは直近のセリエAでエンポリに勝利し、5日にアウェイで迎えるCLのグループE第3節チェルシー戦に向け、弾みをつけることに成功。CLではここまで1勝1分で首位に立っており、この一戦でも3ポイントを積み重ね、グループステージ突破に前進したいところだ。 ピオリ監督も前日会見で力強く意気込み。この一戦がすべてではないとしつつも、チェルシー戦が大きなチャレンジであると語っている。 「重要なのは、我々のスタイルとメンタリティをフィールドで最大限に表現すること。CLという大きな舞台において、このチームで歴史を塗り替えたいと考えている」 「チェルシー戦が重要なのは当然だが、まだ決定的な何かを掴むゲームとはならない。グループでは最後の2試合がカギを握るだろう。もちろん我々は95分間ベストを尽くし、全力でチェルシーと向き合うよ」 「我々がゲームを支配するか、チェルシーが支配するか。試合中は常にどちらかだ。相手は優れたクオリティを有するチームだが、我々にも明確な意志がある」 「ミランが成熟したグループであることは証明済み。今回のような大きなチャレンジは、我々がどこまで到達したかを知るチャンスになる」 2022.10.05 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

元チェルシー・ディレクターのグラノフスカイア氏に脅迫メール…差出人は英国の著名代理人

長らくチェルシーでディレクターを務めたマリナ・グラノフスカイア氏に脅迫メールが届いていたようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 今夏のロマン・アブラモビッチ氏のオーナー退任に伴い、同氏と親交の深かったグラノフスカイア氏はブルース・バック会長とともに退陣した。巧みな交渉術で数々の取引を成立させ、クラブに大きな収益をもたらした実績を誇り、2021年にはベスト・ディレクター賞を受賞した。 『タイムズ』によると、脅迫メールが届いたのはグラノフスカイア氏がクラブ売却に動いていた今夏のタイミング。イギリスの著名な代理人から34万4000ユーロの支払いを要求されたという。 「お前が私にしたことの代償を払わせる。これは脅しではない。誓約なのだ。チェルシーにその気がないのなら、次はお前の番だ」 「仮に謝罪の気持ちがあるのなら、私は物事を正すチャンスを与える。そうでないなら、お前が私に対して働いた行為の代償を払ってもらう。これは脅しではない。好きなように受け取ってもらって構わない。これは私が私の人生を脅かす者に与える制裁だ」 「要約すると、お前は私と私のパートナーに金を借りている。チェルシーが借金を払わない場合、お前が支払うことになる。私はもう、お前に親切にすることはやめた。またお会いしよう」 なお、この脅迫メールの差出人はすでに特定され、逮捕及び保釈まで事が進んでいる模様。容疑者の弁護人は「容疑を激しく否定している。現時点では犯罪で起訴されていない」と、声明を出している。 2022.10.05 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

好調トロサールがブライトンからのステップアップ示唆

ベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(27)は、ブライトンからのステップアップの可能性を示唆している。 2019年夏からブライトンでプレーするトロサール。プレミアリーグ初年度から毎シーズン10ゴールに絡む活躍を続けており、今季はすでに7試合で5ゴール2アシストという結果を出している。 とりわけ、直近のリバプール戦でのハットトリックの活躍は鮮烈で、自身をブライトンに誘ってくれたグレアム・ポッター監督率いるチェルシーや以前から関心を示すアーセナルなどプレミアリーグのクラブを中心に、国内外のビッグクラブへの移籍が取り沙汰されている。 その注目のベルギー人アタッカーは、イギリス『BBC』のインタビューで今後の去就に言及。ブライトンでの充実を強調しながらも、ステップアップの可能性を示唆している。 「今、それ(将来の移籍について)について何かを言うのは難しいよ。それは完全にどのクラブが来るかにかかっているからね」 「もしも自分自身良いフィーリングを得て、プライベートレベルでも物事がうまくいけばね…。だけど、同じようにブライトンで自分がどれだけ良い状況にいるかも理解しているし、新しい監督のロベルト・デ・ゼルビも有望に見えているよ」 また、ここ最近のゴール量産に関しては、昨季主戦場としたウイングバックから1列前の2シャドーの一角でプレーする機会が増えたことを理由に挙げている。 「今はピッチ上で少し高い位置でプレーしているから、ゴールを決めるチャンスが増えているんだ。チャンスが増えれば増えるほど、得点できるようになるものだからね。それがここ数年との最大の違いだと思うよ」 2022.10.05 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー行き噂のエンクンク、ライプツィヒ指揮官は「憶測だ、気にしない」

にわかにチェルシー行きの公算が高まっているライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)。マルコ・ローゼ監督は平然とした態度を示している。 先日、ドイツ『ビルト』が報じたエンクンクの来夏のチェルシー移籍。これを皮切りに各メディアも一斉に情報を伝え出し、すでにメディカルチェックを済ませていることや、契約解除金の6000万ユーロ近い移籍金をチェルシーが用意していることが有力な情報となっている。 そんな中、5日に控えるチャンピオンズリーグのセルティック戦に向けた会見で、ローゼン監督が噂に言及。だが、「それは憶測であり、コメントすることはできない。気にしない。気にしない」と、意に介さずの姿勢を貫いた。 パリ・サンジェルマンの下部組織出身で、2019年夏にライプツィヒに加入したエンクンク。中盤のあらゆるポジションでプレーできるユーティリティ性が持ち味だが、センターFWやトップ下をメインとした昨季は、公式戦52試合で35ゴール20アシストという圧巻のスタッツを残していた。 2022.10.04 22:25 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがストライカー陣に大補強施す? マルティネッリ&ヴラホビッチにも関心

チェルシーが前線の強化を目論んでいるようだ。 チェルシーはここ数日、RBライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)を来夏に獲得するのではと話題に。メディカルチェックはすでに完了したとも報じられるが、グレアム・ポッター監督はエンクンク以外のアタッカーも欲しているという。 イギリス『サン』によると、その選手とはユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)とアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)。ともに若くしてそれぞれのチームで攻撃をけん引し、ヴラホビッチについてはユベントスが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃せば獲得の見込みもあると考えられている。 チェルシーは今夏、トーマス・トゥヘル前監督のチームに補強資金として2億7500万ポンド(約452億円)もの大金を投下。トッド・ベーリー会長はポッター現政権にも同じぐらいの支援をする見込みだという。 なお、ポッター監督の古巣ブライトン&ホーヴ・アルビオンからエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)を引き抜く可能性や、38歳となった最終ラインのリーダー、DFチアゴ・シウバの代わりにインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を据えるプランも残されているとのことだ。 2022.10.04 16:17 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly