昇格組フォレスト、アタランタMFフロイラーも獲得へ! 開幕後も補強続く

2022.08.12 16:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノッティンガム・フォレストがアタランタからスイス代表MFレモ・フロイラー(30)の獲得を決めたようだ。

移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、フォレストはアタランタと基本移籍金900万ユーロ(約12億3000万円)+アドオンで完全合意した模様だ。

フロイラーとは2025年6月までの契約を結ぶという。また、本日12日にも発表がなされる見通し。メディカルチェックを予定するフロイラーもすでにイングランドにいるという。
2016年1月に母国を飛び出して以来、アタランタで通算259試合の出場を数えるフロイラー。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下、エネルギッシュな立ち回りを武器に中盤で欠かせない存在となり、チームの躍進にも多大な貢献を誇る。

昨季も公式戦43試合出場で2得点6アシストを記録して、今季も活躍が期待されたが、最近はプレミアリーグ昇格初年度となる今季を迎えるにあたって積極補強を続け、さらなる増強の動きも取り沙汰されるフォレストの関心が浮上中だった。

関連ニュース
thumb

ブラジル国内屈指の司令塔スカルパがフォレスト移籍へ

ノッティンガム・フォレストがパウメイラスの元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)の獲得を決定的なものとした。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今シーズン限りでパウメイラスとの契約が終了する28歳はすでにフォレスト移籍のためイングランドに向かっており、今週末にメディカルチェックを受診。その後、2026年までの3年半契約にサインする予定だ。 ブラジル屈指の名門フルミネンセでプロキャリアをスタートしたスカルパは、2018年にパウメイラスに完全移籍。加入2年目から主力に定着すると、2度のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA、コパ・リベルタドーレス優勝に貢献した。 過去にブラジル代表歴もある左利きの攻撃的MFは、177cmのサイズを含めてアスリート能力に特筆すべきものはないが、テクニックと戦術眼、駆け引きの巧さが光るクラック。今シーズンはリーグ戦で35試合7ゴール12アシスト、コパ・リベルタドーレスで8試合4ゴール2アシストと、チャンスメークに加えてフィニッシュにも絡める司令塔だ。 2022.12.03 00:57 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズがフォレストに完敗で3回戦敗退…《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)3回戦、ノッティンガム・フォレストvsトッテナムが9日にシティ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したフォレストが4回戦進出を決めた。 今ラウンドから参戦するトッテナムは、今季のリーグ戦で2-0の勝利を収めているフォレストと対戦した。直近のリバプール戦に1-2で競り負けたコンテのチームはバウンスバックを図る一戦で先発4人を変更。GKにデビュー戦のフォースター、ベン・デイビスとベンタンクール、エメルソンに代えてドハーティ、ダビンソン・サンチェス、スキップを起用。また、リシャルリソンがクルゼフスキと共にベンチに入った。 立ち上がりはホームチームの勢いを受ける形となったトッテナム。開始9分にはアウォニーのシュートがDFにディフレクトしたボールが左ポストを叩き、これをゴール前のリンガードにダイビングヘッドで合せられるが、これはGKフォースターのファインセーブで凌ぐ。 以降は徐々にボール支配率を高めて攻め手を窺うが、なかなか良い形で前線のケイン、ペリシッチにボールが入らず攻撃が停滞。それでも、前半半ば過ぎの31分にはケインの右からのクロスを起点に、ボックス右でルーズボールに反応したドハーティが弾丸シュートを枠に飛ばす。しかし、これはGKヘネシーの好守に阻まれる。 前半終盤にかけては一進一退の攻防が続くも、互いにフィニッシュの局面で精度の問題や連携ミスが目立ち、クローズな状況のままハーフタイムを迎えた。 迎えた後半、ホイビュアを下げてベンタンクールを投入したトッテナム。だが、立ち上がりから不用意なパスミスや球際での劣勢からホームチームの攻勢に晒される。 そういった中、良いリズムで攻め続けるフォレストは50分、中盤でのボール奪取から左サイドで繋ぐと、左サイドバックのレナン・ロディがカットインから利き足とは逆の右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺す。さらに、畳みかけるホームチームは57分、ロングカウンターから古巣対戦のオーリエが右サイドを独走し正確なクロスを供給。これをファーサイドのサリッジが頭で折り返すと、ゴール前のリンガードが冷静にヘディングシュートを流し込んだ。 劣勢を耐え切れずに連続失点となったコンテのチームは直後に3枚替えを敢行。ペリシッチ、ケイン、スキップを下げてリシャルリソン、ブライアン・ヒル、クルゼフスキを投入し、[3-4-3]に並びを変更。さらに、65分にはドハーティを下げて古巣対戦のスペンスをピッチへ送り込んだ。 この交代も実らず、決定機はおろかGKフォースターの再三の好守で3失点目を防ぐので精いっぱいのトッテナムだが、76分にはマンガラが2枚目のカードを受けて退場となり、数的優位を手にする。 ここから初めて相手を押し込むことに成功したトッテナムだが、2点差を守り切ろうと、専守防衛の構えを見せる相手に対して決定機まで持ち込めない。最終盤にはダビンソン・サンチェスを前線に残してパワープレーを敢行したが、最後までゴールを奪うことはできなかった。 この結果、フォレストに敵地で完敗のトッテナムは初戦敗退で厳しい公式戦連敗となった。 2022.11.10 06:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「『FIFA』をちょっとやっているような感じ」起用に応え2G1Aのネルソンが自身のゴールを振り返る「ただひたすら前進してチームを助け」

アーセナルの元U-21イングランド代表FWレイス・ネルソンが、自身のゴールと勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 昨シーズンはフェイエノールトにレンタル移籍していたネルソン。公式戦32試合で4ゴール7アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の決勝に進んだチームで、高いパフォーマンスを見せていた。 今シーズンはアーセナルに復帰。ヨーロッパリーグ(EL)ではこれまで3試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番がない状況だった。 このところベンチ入りしていたネルソンは、イングランド代表FWブカヨ・サカの負傷交代で27分と早い時間ピッチに立つ。普段なら起用されないところをミケル・アルテタ監督が大胆采配。すると前半はなかなかパフォーマンスが出せずにいた。 しかし、後半に入り動きが改善。1-0で迎えた49分に追加点となるシーズン初ゴールを決めると、その3分後にはガブリエウ・ジェズスのクロスにヘディングで合わせて2点目。さらに5分後には、右サイドを仕掛けてボックス内に侵入するとマイナスのパス。これをガーナ代表MFトーマス・パルティが豪快にミドルシュートを叩き込み、アシストも記録。2ゴール1アシストの活躍でチームの大勝に貢献していた。 試合後、ネルソンはインタビューに応じ、勝利とゴールをまずは喜んだ。 「素晴らしい試合だった。もちろん、ゴールを決められて嬉しいよ。でも最も重要なのは、3つのゴールを奪えたことと、見せたパフォーマンスだ」 「ウォーミングアップに行った時、『ウォーミングアップしてまた戻るだろう』と思っていたんだ。それを繰り返していたんだけど、『レイス、いくぞ』と言われて『うわー』と思ったんだ」 「でも、僕にとっては大事な瞬間で、そのチャンスを掴む必要があったんだ。だから、チームに加わり、チームを助けることができて、ただ幸せで嬉しいよ」 突然訪れた出番。本人としても驚きだったようだが、ゴールを振り返ると冗談混じりに喜びを露わにした。 「凄かったね。まるで『FIFA』をちょっとやっているような感じだったよ。最初のゴールは、ガビ(ガブリエウ・ジェズス)がボックス内にいる僕を見て、あそこに行けると思った。だから行くしかなかったんだ」 「1回目で蹴ろうと思ったけど、なんとなく左に転がして打ったら、GKがセーブしていたんだ。そして僕はがっかりしたけど、シュートが跳ね返ってきて、目が輝いたね。そのまま打ったら…ゴールの上隅にバーンって決まったんだ。本当に嬉しかった」 「2点目は、ボックスに入るために必死になって動いていたらそこに辿り着いたんだ。でも、本当に嬉しいし、こんな機会には圧倒されているんだ」 レンタル先で活躍し、復帰してやっと結果を残せたネルソン。この先も成長していくために努力すると語った。 「世界中の全ての人に自信を与えることができると思う。さっきも言ったように、僕は毎日トレーニングをハードに続けていくつもりだ」 「もしまた機会があれば、できる限りハードに、ただひたすら前進し、チームを助け、そしてまた前進していくのみだよ」 <span class="paragraph-title">【動画】スクランブル投入も圧巻の2ゴール1アシストの活躍を見せたレイス・ネルソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="3qY1zbOLI3U";var video_start = 51;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.31 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

今季2本目の“トーマス砲”が炸裂!鋭く曲がる一撃にファンも「軌道エグいな」「今月2本目」と驚き隠せず

アーセナルのガーナ代表MFトーマス・パルティがすさまじいゴールを突き刺した。 30日にエミレーツ・スタジアムで行われたプレミアリーグ第14節でノッティンガム・フォレストと対戦したアーセナル。ヨーロッパリーグ(EL)から中2日での一戦を迎えた。 試合は、開始早々の5分にガブリエウ・マルティネッリのゴールでアーセナルが幸先よく先制。その後は2点目が遠かったものの、途中出場のレイス・ネルソンの活躍で突き放すと、3-0で迎えた57分に目の覚めるようなゴールが生まれる。 ネルソンがボックス手前右でのキープから冷静にマイナスの落としを選択すると、走り込んできたトーマスが見事なミドルシュートをゴール右上隅へ突き刺した。 トッテナムとのノースロンドン・ダービーのゴールを彷彿とさせるような強烈なミドル。トーマスは毎シーズンのようにミドルシュートを決めているが、ファンも「今月2本目!」、「パーティ砲炸裂!」、「パーティのミドルが1シーズンに2ゴールも決まっていいの!?」、「軌道エグいな」と驚いている。 アーセナルはその後もゴールを奪い5-0で完勝。トーマスはゴールだけでなく幾度となくチャンスも演出し、見事なパフォーマンスを披露した。 <span class="paragraph-title">【動画】コースが素晴らしい!“トーマス砲”炸裂!!(1:31~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="3qY1zbOLI3U";var video_start = 91;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.31 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「何度か蹴られていた」先制点アシストも負傷交代のサカ、W杯出場を懸念する声にアルテタ監督「そうでないことを願う」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、イングランド代表FWブカヨ・サカについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 30日、プレミアリーグ第14節で首位に立つアーセナルが最下位のフォレストをホームに迎えた。 アーセナルは前節サウサンプトン相手に苦戦し今季初のドロー。またミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではPSVに完敗を喫し、公式戦2試合勝利から遠ざかっていた。 試合は5分に左サイドバックに入った日本代表DF冨安健洋が前線でボールを奪うと、その後にパスを繋いで右サイドへと展開。サカのクロスをボックス中央に飛び込んだブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリがヘッドで合わせて先制する。 先制し勢いに乗り攻め込むアーセナルだったが、相手の厳しいマークに遭い、試合中に座り込んでいたサカがプレー続行不可能。27分にレイス・ネルソンと交代していた。 なお、試合は後半に4ゴールを奪ったアーセナルが、5-0で快勝を収めていた。 試合後、アルテタ監督はサカの状態について質問を受け、カタール・ワールドカップ(W杯)は危ぶまれているかという質問に答えた。 「最初から足を引きずりながら蹴っていた。そうでないことを願う」 「しかし、それ以上のことは分からない。数日後にどうなっているのかを見てみよう」 スネや足首を痛がっていたサカ。検査次第ということだが、1カ月を切っている中での負傷は、アーセナルだけでなく、イングランド代表にとっても痛手となる。 また負傷箇所についても「脚と足首の両方を何度か蹴られたようだ。続けるのは良い状態ではなかったと思う」とコメント。交代しなければいけなかったとした。 <span class="paragraph-title">【動画】負傷のサカが交代前に決めた見事なアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/xMicFdYgc3">pic.twitter.com/xMicFdYgc3</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1586835212138315776?ref_src=twsrc%5Etfw">October 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.31 16:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly