トリノ、ハマーズからクロアチア代表MFヴラシッチを買取OP付きのレンタルで獲得

2022.08.11 23:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは11日、ウェストハムからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。

なお『フットボール・イタリア』によれば、ヴラシッチの買い取りオプションを行使する場合は、1500万ユーロ(約20億5600万円)+300万ユーロ(約4億1000万円)のボーナスがかかるとのことだ。

ヴラシッチは、ハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年7月にファーストチームに昇格。2017年8月にエバートンへと完全移籍した。

その後CSKAモスクワへとレンタル移籍を経験。2019年7月に完全移籍したが、2021年8月にウェストハムに完全移籍し、プレミアリーグに戻ってきていた。

2021-22シーズンはプレミアリーグで19試合に出場し1ゴールを記録するなど、公式戦36試合に出場。しかし、レギュラーポジションを掴めているとは言えず、苦しい状況にある。

また、2017年5月にデビューしたクロアチア代表では、これまで39試合に出場し7ゴールを記録している。

関連ニュース
thumb

ザンボ・アンギサがドッピエッタ、ナポリがトリノに快勝で首位キープ《セリエA》

ナポリは1日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、3-1で快勝した。 代表ウィーク前の前節、敵地でのミラン戦を制し、首位をキープしたナポリ(勝ち点17)は、代表戦で活躍したラスパドーリが最前線で先発。2列目はクワラツヘリア、ジエリンスキ、ポリターノが構えた。 9位トリノ(勝ち点10)に対し、立ち上がりから圧力をかけたナポリは6分に先制する。左サイドからのマリオ・ルイのクロスをザンボ・アンギサがヘッドでねじ込んだ。 さらに12分、ザンボ・アンギサが追加点。ポリターノとのパス交換でボックス右まで持ち上がり、そのままシュートを決めきった。 ザンボ・アンギサがドッピエッタとした中、18分のピンチではヴラシッチのミドルシュートをGKメレトがセーブ。 すると37分、ナポリに3点目。左サイドを持ち上がったクワラツヘリアがボックス左へ侵入。左足でシュートをねじ込んだ。 44分にサナブリアに1点を返されたものの、ナポリが3-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半、前がかるトリノをいなすナポリが主導権を握る中、時間を消化していく。結局、後半はスコアが動かず3-1のままナポリが快勝。首位をキープしている。 2022.10.01 23:58 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的に白星を掴んだインテル、S・インザーギ「私はあの闘志が好き」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が勝利を喜んだ。 セリエA開幕3試合で早くも2敗を喫するインテル。前節のミラノ・ダービーを落とすと、今週ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでもバイエルンに敗れたなか、10日のセリエA第6節でトリノをホームに迎え撃った。 この試合も苦しい時間が続いたインテルだが、GKサミル・ハンダノビッチが好守連発で0-0のまま推移。引き分けもやむなしかに思われたが、89分にMFマルセロ・ブロゾビッチが決勝ゴールを決め、公式戦3試合ぶりの白星を手にしている。 ビッグマッチでの連敗から仕切り直しとなる1勝を掴み取ったS・インザーギ監督も『DAZN』で「非常に大きな勝利」と喜びに浸った。 「何としてでも勝ちたかったし、チームとして非常に手強い相手に立ち向かっていけたよ。今日の試合で苦しむのは覚悟の上だったし、ファンも最後まで一緒に戦ってくれた。私はあのファイティングスピリットが好きだ。こういう試合を勝つ上で非常に重要だった」 「私は常勝の道に戻るために勝ちたかった。勝つ上で常にプレッシャーがかかるのは承知している。残念ながら、今週はインテンシティにおいて世界一のバイエルンが相手だった。難しい状況下で、チームが一丸となる姿が見られたのは監督にとって一番嬉しいことだ」 また、「明らかに、勝利は自信になる。6試合で4試合に勝ち、12ポイントを上積むが、個人としてもチームとしても向上してもいる。チームでなければ、このような試合では勝てない」と続けた。 2022.09.11 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤のブロゾビッチ弾でインテルが難敵トリノを撃破、公式戦連敗ストップ《セリエA》

インテルは10日、セリエA第6節でトリノをホームに迎え、1-0で辛勝した。 前節ミランとのダービーに敗れたインテルは3勝2敗スタート。そして3日前に行われたバイエルン戦では0-2と完敗した。そのインテルはバイエルン戦のスタメンから4選手を変更。バレッラらがスタメンに戻った。 3勝1分け1敗スタートのトリノに対し、開始5分にラウタロのミドルシュートで牽制したインテルだったが、トリノに押し込まれる入りとなると、20分にはピンチ。 ボックス内からヴラシッチに決定的なシュートを許すも、GKハンダノビッチが凌いだ。 前半半ば以降はインテルのポゼッションが増していったが好機を生み出すには至らず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始5分、チャルハノールとの空中戦の競り合いでヒジ打ちを見舞ったように見えたサナブリアに一発レッドカードが提示されるも、VARの末に判定はイエローカードに覆った。 直後のFKではR・ロドリゲスに直接狙われたが、守護神ハンダノビッチがファインセーブで阻止。 終盤にかけて攻勢に出るインテルは75分、CKからシュクリニアルのヘディングシュートでゴールに迫るもGKミリンコビッチ=サビッチの好守に阻まれる。さらに79分、ラウタロのヘディングシュートはわずかに枠を外れた。 83分には再びピンチを迎えたが、ラドニッチの枠内シュートをGKハンダノビッチがセーブすると、終盤の89分に決勝点。バレッラの浮き球パスからブロゾビッチがダイレクトで合わせたシュートがゴールラインを割った。 インテルが苦しみながらも勝ち点3を挙げ、公式戦連敗を止めている。 2022.09.11 03:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマがベロッティ加入を発表! ディバラとパレルモ時代以来のコンビ形成へ

ローマは28日、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となるが、特定のスポーツ条件をクリアした場合、 契約を2シーズン延長するオプションが付随する。 加入濃厚との報道から時間を要したものの、正式にジャッロロッシの一員となったベロッティは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。 「最近のローマの進歩と野心は誰の目にも明らかで、この2つの要素が僕に大きな影響を与えたんだ」 「キャリアのこの時点で、僕は日々改善し続けたいと思っている。そして、このクラブを代表してそうする機会を得たことを嬉しく思うよ」 「今は、スタジアムでファンの前でクラブアンセムを聴くのが待ち遠しいよ」 セリエA通算106ゴールを誇り、カルチョを代表するストライカーの一人であるベロッティは、昨シーズン限りでトリノを退団。ここ最近ではガラタサライやウォルバーハンプトンが獲得へ好条件のオファーを掲示していたが、ローマ行きを希望する28歳はその申し出を固辞していた。 一方、ローマではベロッティと個人間での合意を取り付け、ジョゼ・モウリーニョ監督もすでに選手サイドと今後に向けた具体的な話し合いを行っていた。 ただ、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるローマでは、ベロッティ獲得のために人員整理が必要な状況だった。それでも、クレモネーゼが獲得を目指すガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャン(19)の交渉を進め、移籍金600万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額900万ユーロ(約12億3000万円)の条件で合意。これにより、イタリア代表FWの獲得交渉が完了した。 同選手はカピターノを務める同胞MFロレンツォ・ペッレグリーニとアッズーリで、今夏ユベントスから加入のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとパレルモで友人関係を築いており、チームへの即フィットが可能。また、2トップと1トップの両方でプレー可能なこともあり、主砲タミー・エイブラハムのバックアップだけでなく、[3-4-1-2]の採用時はトップ下にディバラを置き、エイブラハムと2トップで並ぶなど、ジョゼ・モウリーニョのチームに新たな攻撃オプションを与える存在となるはずだ。 なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、年俸は300万ユーロ(約4億1000万円)程度になるという。 2022.08.29 00:13 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノがアヤックスDFスフールスを完全移籍で獲得! ブレーメルの後釜候補に

トリノは18日、アヤックスからオランダ代表DFペル・スフールス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 アヤックスの発表によると、移籍金は900万ユーロ(約12億3000万円)となり、アドオンを含めると最大1130万ユーロ(約15億5000万円)となる。契約期間は1年の延長オプションが付随する2026年までの4年契約となる模様だ。 フォルトゥナ・シッタートでプロキャリアをスタートしたスフールスは、2018年1月にアヤックスへ完全移籍で加入。フォルトゥナ・シッタートへのレンタルバック、ヨング・アヤックスでのプレーを経て、2019–20シーズンから本格的にトップチームに定着。ここまで公式戦93試合に出場していた。 191cmの恵まれた体格を生かした強さと巧さを兼ね備えた安定した守備、中盤でもプレー可能なほどの足元の技術、そのパスセンスから、バイエルンDFマタイス・デ・リフトらとも比較される万能型のセンターバックだが、やや伸び悩んでいる印象もあり、守備者として学ぶものが多いイタリアへの移籍を決断した。 ユベントスに旅立ったブラジル人DFグレイソン・ブレーメルの後釜と目される若きオランダ人DFは、その穴を埋めることができるか。 2022.08.19 07:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly