徳島のトップチーム関係者1名が新型コロナ陽性‥10日の朝に体調不良

2022.08.10 17:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは10日、トップチーム関係者の1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該者は10日の朝に体調不良を訴えたとのこと。医療機関で抗原定性検査を受け、陽性判定となった。

なお、現在は適切な対策のもとで療養中となる。

また、その他の選手やスタッフ、クラブ関係者に濃厚接触者はいない。

関連ニュース
thumb

徳島、履正社高校DF西坂斗和の来季加入内定を発表「日本を代表する選手になれるよう頑張ります」

徳島ヴォルティスは20日、履正社高校のDF西坂斗和(18)の来季加入内定を発表した。 大阪府出身の西坂。左利きの左サイドバックとして、2021年にはU-17日本代表にも選出された。 徳島でのプロ入り内定を受け、西坂はクラブを通じて喜びの思いと今後の意気込みを語っている。 「2023シーズンより徳島ヴォルティスに加入することになりました、履正社高校の西坂斗和です。目標であったプロサッカー選手になることができ、嬉しい気持ちでいっぱいです」 「ここがスタートラインだと思うので、日々の練習で成長して日本を代表する選手になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】徳島に加入が内定した履正社高校の西坂斗和</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B1%A5%E6%AD%A3%E7%A4%BE%E9%AB%98%E6%A0%A1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#履正社高校</a> 所属の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%A5%BF%E5%9D%82%E6%96%97%E5%92%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#西坂斗和</a> 選手の2023シーズン新加入が内定しました<br><br>「ここがスタートラインだと思うので、日々の練習で成長して日本を代表する選手になれるように頑張ります」<br><br>▶️<a href="https://t.co/zEPPEphz0d">https://t.co/zEPPEphz0d</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#徳島ヴォルティス</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vortis?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vortis</a> <a href="https://t.co/8eL01xKgly">pic.twitter.com/8eL01xKgly</a></p>&mdash; 徳島ヴォルティス 公式9/25水戸戦(H) (@vortis_pr) <a href="https://twitter.com/vortis_pr/status/1572087771971616769?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.20 15:52 Tue
twitterfacebook
thumb

徳島が早大MF山下雄大の来季加入内定を発表 「これからは雄大な鳴門の渦潮のように…」

徳島ヴォルティスは9日、早稲田大学に在学するMF山下雄大(22)の2023シーズン加入内定を発表した。 山下は千葉県の生まれで柏レイソル下部組織の出身。徳島でのプロ入りを受け、クラブを通じてコメントしている。 「2023シーズンより徳島ヴォルティスに加入することになりました、早稲田大学ア式蹴球部所属の山下雄大です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手のキャリアに到達できることを大変嬉しく思います。これまでのサッカー人生の中で多くの指導者に関わっていただき、物怖じせずにチャレンジする姿勢やサッカーに対する情熱、向上心を持って取り組む大切さを教わりました」 「自分は柏レイソルのアカデミーで育ち、トップチームには昇格できなかったものの、自分のプレースタイルの基盤となっている『攻撃の組み立て』『パスで局面を打開してチャンスを作ること』を学びました。また、早稲田大学では勝てない時期を通じて、サッカーが改めてチームスポーツであることを知り、相手を上回るためには、チームとしての共通理解と各々の意思が噛み合う状態を創り出すことの重要性を感じました」 「ここまで素晴らしい環境でサッカーを続けられたのは、何不自由なく育ててくれた両親のおかげだと思っています。多くの方々の支えに対し、しっかりと感謝の気持ちを持って、これからは雄大な鳴門の渦潮のように周りを巻き込み大きな力を生むプレーヤーになっていきます。最後になりますが、徳島ヴォルティスのファン・サポーターの皆様、そして関係者の皆様、よろしくお願いします」 2022.09.09 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

徳島が東京Vに競り勝ち7戦連続ドローストップ! 杉森考起のゴールを自慢の堅守で守り切る【明治安田J2第27節】

明治安田生命J2リーグ第27節延期分の東京ヴェルディvs徳島ヴォルティスが24日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの徳島が0-1で勝利した。 当初、この試合は7月16日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染が続出した東京Vのトップチーム活動停止に伴い中止に。約1カ月後の開催となった。 プレーオフ圏内浮上を目指す12位の東京Vと14位の徳島によるボトムハーフ同士の一戦は、強い雨が降りしきる中でスタート。 試合の立ち上がりは拮抗した展開となり、開始5分に徳島の杉森考起がボックス左でシュートを放つと、直後の7分には東京Vもショートカウンターからボックス中央で西谷亮が鋭い左足のシュートを放つが、いずれもGKの好守に遭う。 以降、ボール支配率ではほぼ五分も西谷和希、杉森の両ウイングが個人技で違いを見せるアウェイチームが優勢に試合を進めていく。そして、サイドを起点に幾度か際どい場面を作り出した中、前半終了間際にゴールをこじ開ける。 前半アディショナルタイム2分、相手陣内左サイドでのスローインの流れから児玉駿斗がタッチライン際でDFに寄せられながらもヒールパスを杉森に繋ぐ。杉森は細かいフェイントから一瞬のスピードでボックス中央へ切り込むと、GKマテウスの手をはじくパワフルな右足のシュートを突き刺した。 前半終了間際の先制点によって徳島の1点リードで試合は折り返す。東京Vは相手の堅守攻略に向け、ハーフタイム明けに3枚替えを敢行。染野唯月ら攻撃的なカードを切った。 後半も徳島が押し込む状況が続いたが、55分には東京Vにビッグチャンス。右サイドで押し込んだ流れからボックス手前右の馬場晴也が丁寧なダイレクトクロス。これに左サイドバックの加藤蓮が完璧なタイミングでゴール前に飛び出すが、ヘディングシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。 この決定機以降は東京Vが攻勢を強めていくが、徳島も安定した守備とボール保持で主導権を易々と与えず。試合は膠着状態に陥る。 後半半ばを過ぎて東京Vは切り札の阪野豊史を投入。徳島はカカとエウシーニョの投入で[5-3-2]の守備的な布陣にシフト。ホームチームは右サイドの河村慶人の積極的な背後へのランニングからチャンスの糸口を掴む。81分には右サイド深くに抜け出した河村がプルバック。GKが弾いたボールを阪野が冷静にマイナスに落としてボックス中央の染野が左足のシュートに持ち込むが、これは枠の左に外れた。 その後、5分が加えられた後半アディショナルタイムに東京Vは決死のパワープレーを敢行。その流れから河村のボレーシュート、攻撃参加したGKマテウスのボックス内でのシュートで同点ゴールに迫ったが、徳島はGKスアレスのファインセーブ、守備陣の身体を張ったブロックで凌ぎ切った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、杉森のファインゴールを持ち味の堅守で守り切った徳島が7戦連続ドローをストップする8試合ぶりの勝利を手にした。 東京ヴェルディ 0-1 徳島ヴォルティス 【徳島】 杉森考起(前半45+2) 2022.08.24 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FC、新潟が揃って勝利し仙台はまたも下位に敗れる…徳島は20個目の引き分けに【明治安田J2第32節】

20日、明治安田生命J2リーグ第32節の10試合が各地で行われた。 首位の横浜FCはニッパツ三ツ沢球技場で4位・ファジアーノ岡山との上位対決に臨んだ。 横浜FCは開始早々に小川航基がGK堀田大暉との一対一を迎えるなどチャンスを作ったが、決め切ることができない。岡山も高い位置でのボール奪取から佐野航大がボックス左でのフィニッシュを見せるが枠を捉えられず、ゴールレスで前半を終える。 中盤での主導権争いが激しさを増す中で、試合を動かしたのは途中出場の2人だった。71分、横浜FCは岡山のCKをしのいでカウンターへ転じると、山根永遠が自陣から長い距離を持ち運んでスルーパスを送り、山下諒也がボックス内から右足を振り抜く。想いのこもった一撃はGK堀田の手を弾いてゴールへ吸い込まれた。 これが決勝点となり、横浜FCが2連勝で首位をキープ。岡山は8試合ぶりの黒星を喫した。 2位・アルビレックス新潟もデンカビッグスワンスタジアムに5位・ロアッソ熊本を迎えての上位対決を迎えた。 ポゼッションサッカーを指向する両チームの一戦は、18分に新潟が試合を動かす。中盤でイヨハ理ヘンリーへ高木善朗がスライディングを仕掛けてボールを剥がし、こぼれ球を高宇洋がすぐさま縦に付ける。古巣戦となった谷口海斗が中央で受けてボックス左へスルーパス送ると、小見洋太が蹴り込んでネットを揺らした。 終盤は相手にボールを持たれて守勢の時間も増えたものの、小見の1点を守り切って新潟が勝利。1ポイント差で横浜FCの背中を追走している。 3位・ベガルタ仙台は21位・ザスパクサツ群馬の敵地へ乗り込んだ。 先手を取ったのは群馬。ゴールレスで迎えた54分、ボックス左の深い位置から高木友也が上げた柔らかいクロスに、長倉幹樹が頭で合わせて先制点を奪うと、これが決勝点に。仙台は前節の大宮アルディージャ戦に続き、下位を相手に手痛い連敗。群馬は3試合ぶりの勝利を収め、残留を争う20位・いわてグルージャ盛岡が9位・大分トリニータに敗れたため、降格圏を脱出した。 10位・ジェフユナイテッド千葉とアウェイで対戦した14位・徳島ヴォルティスは互いに無得点に終わり、7戦連続の引き分けに。今季だけで20個目のドローを記録することとなった。 また、ツエーゲン金沢vsV・ファーレン長崎は、長崎側に新型コロナウイルス(Covid-19)陽性診断者が多数出たため、13名以上のエントリー可能人数を満たせずに中止となっている。 ◆第32節 ▽8月20日 ジェフユナイテッド千葉 0-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 1</span>-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ロアッソ熊本 FC琉球 2-2 モンテディオ山形 ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 栃木SC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 ベガルタ仙台 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 3</span>-0 いわてグルージャ盛岡 ※中止 ツエーゲン金沢 vs V・ファーレン長崎 ▽8月21日 東京ヴェルディ vs ヴァンフォーレ甲府 2022.08.20 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

徳島が27日の山口戦での「声出し応援」中止を発表…県内での感染者の増加が理由

徳島ヴォルティスは19日、27日に行われる明治安田生命J2リーグ第33節のレノファ山口FC戦に関して、「声出し応援」を中止することを発表した。 Jリーグは実証実験として許可された試合での限定的な「声出し応援」を解禁。申請のあったチームの各試合でサポーターによる「声出し」が行われている。 徳島でも14日に行われた大分トリニータ戦で初めて「声出し応援」を解禁。しかし、27日の山口戦は中止とすることとしたようだ。 クラブは中止の理由を説明。徳島県内の新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者の急増が理由だとしている。 「徳島ヴォルティスでは、次回のホームゲーム(8月27日(土)レノファ山口FC戦)でも『声出し応援適用試合』として、声出し応援が可能な試合運営をおこなう予定でしたが、徳島県内における新型コロナウイルス感染者の大幅な増加と、『声出し応援運営検証対象試合』として実施した大分戦での状況を鑑みた上で、ご来場をいただくみなさまの健康や安心・安全を優先するために、当該試合での声出し応援を中止することとしました」 「声を出しての応援を楽しみにされていたファン・サポーターの皆さまには誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解をいただきますようお願いいたします」 「徳島ヴォルティスでは、引き続き安心・安全で快適なスタジアムを提供できるように努めて参りますので、観戦ルール&マナーを遵守していただき、トップチームへの応援をよろしくお願いします」 なお、9月3日のヴァンフォーレ甲府戦以降のホームゲームに関しても、声出し応援の対象試合となるかは未定だという。 2022.08.19 16:53 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly