本戦出場を懸けたプーレオフの対戦カードが決定、注目はレンジャーズvsPSV《CL予選》

2022.08.10 06:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦が9日に終了し、プレーオフ進出12チームが出揃った。

注目はMF南野拓実のモナコに勝利したPSVと、DF町田浩樹のユニオン・サン=ジロワーズに勝利したレンジャーズの一戦。

レンジャーズはファン・ブロンクホルスト監督、PSVはファン・ニステルローイ監督が率い、共にオランダ代表で一時代を築いた両指揮官による対決となる。

そして国難のディナモ・キーウはベンフィカと対戦する。1stレグは17日に行われ、2ndレグは24日に行われる。

◆リーグパス
レンジャーズ(スコットランド) vs PSV(オランダ)
ディナモ・キーウ(ウクライナ) vs ベンフィカ(ポルトガル)

◆チャンピオンパス
カラバフ(アゼルバイジャン) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
ボデ/グリムト(ノルウェー) vs ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)
コペンハーゲン(デンマーク) vs トラブゾンスポル(トルコ)

関連ニュース
thumb

チャーリー・アダムが現役引退…レンジャーズやリバプール、ストークでプレー

元スコットランド代表MFチャーリー・アダム(36)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでダンディーFCを退団し、フリーとなっていた36歳MFは、21日に自身の公式ツイッターを通じて現役引退を明かした。 「今こそ、プレーヤーとしての引退を発表するときだと感じている」 「幸運なことに世界最大のクラブのいくつかでプレーすることができた。レンジャーズでのチャンピオンズリーグの夜から、ブラックプールのキャプテンとしてプレミアリーグへの昇格を勝ち取り、有名なリバプールのシャツを着て、KOPの前で得点を挙げることもできた」 「ストーク・シティで素晴らしい8シーズンを過ごし、少年時代のクラブを昇格に導き、スコットランド代表で25回プレーした。悪い道のりではなかったよ」 「グラスゴー・レンジャーズ、ロス・カウンティ、セント・ミレン、ブラックプール、リバプール、ストーク・シティ、レディング、そしてダンディーのサポーターに心から感謝するよ。これまでの過程で思い出に残る瞬間を提供できていれば幸いです」 「両親、姉と弟、妻のソフィー、子供たちのジャック、アナベラ、ルイ、そして過去20年間にわたって支えてくれたすべての家族と友人に感謝したいと思う。あなた方なしでは何もできなかったはずさ」 「ここまでのキャリアは本当に楽しかったよ」 ダンディーFCやレンジャーズの下部組織で育ったアダムは、レンジャーズでプロデビューすると、ロス・カウンティ、セント・ミレン、ブラックプールへのレンタル移籍を経験。2011年7月にリバプールへと加入した。 リバプールでは公式戦37試合で2ゴール10アシストを記録。1年の在籍で終わり、その後ストーク・シティでレギュラーとしてプレー。レディングを経て、2020年9月から古巣のダンディーFCでプレー。古巣では在籍期間にスコティッシュ・プレミアシップ昇格に貢献したが、昨季限りでチームを去っていた。 なお、アダムは、ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がセント・アンドリュースで行っていたプレシーズン・トレーニングや、最近ではバーンリーのU-23チームで、コーチングバッジの取得を目指しているところを確認されている。 そして、同選手自身も、「今のところ、指導者に移行するときが来たと感じているよ。信じられないほど情熱を感じ、ここ数カ月その仕事を楽しんでいるんだ」と、今後の指導者転身を認めている。 2022.09.22 00:34 Thu
twitterfacebook
thumb

圧巻すぎる最大限の敬意! エリザベス女王に捧げる壮大なコレオ!! レンジャーズサポがスタンド一面に英国旗を展開

スタンド一面を覆うユニオンジャックが披露された。 イギリスでは8日にエリザベス2世女王陛下が崩御したことを受け、スコティッシュ・プレミアリーグをはじめ、全てのプロサッカーが中止となった。 13日に予定されていたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節、レンジャーズvsナポリも24時間延期され、14日に開催。イギリス全土での追悼をめぐる催しのため警備人員が割かれており、試合開催時における安全性への懸念からとされていた。 試合前には女王陛下への敬意を表し、CLのアンセムは流さず、キックオフ前には1分間の黙とうが捧げられた。 また、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督が指揮を執るチームにとって、訃報後に初めて行われた試合でもあり、レンジャーズのサポーターからは壮大なコレオグラフィーも展開された。 スタンドにイギリス国旗、ユニオンジャックを浮かび上がらせ、女王陛下のシルエットを重ねて敬意を表明。「1926 Her Majesty Queen Elizabeth 2022」の横断幕も掲げられた。 なお、試合はレンジャーズGKアラン・マクレガーがPKストップを見せたものの、0-3でナポリに敗れている。 <span class="paragraph-title">【写真】レンジャーズサポが披露した壮大なユニオンジャックのコレオグラフィー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cif5g6QpcJY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cif5g6QpcJY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cif5g6QpcJY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.15 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

CL連勝のナポリ、スパレッティ監督も手応え 「今夜の充実ぶりは明らかだった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)で見せたチームのクオリティを誇った。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは14日に敵地で行われたCLグループA第2節でレンジャーズと対戦した。初戦で強豪のリバプールに4-1で完勝したチームだが、この日はホームの大声援を受ける相手に主導権を握れず、ゴールレスでハーフタイムに。それでも後半、相手の退場で流れを掴むと、67分にPKをFWマッテオ・ポリターノが確実に決めて先制し、終盤に途中出場のFWジャコモ・ラスパドーリ、MFタンギ・エンドンベレにもゴールが生まれ、3-0で勝利した。 CL連勝と完璧なスタートを切ったチームについて、スパレッティ監督も手放しで称賛。前半こそ苦戦したものの、チームに疑いはなかったと強調した。 「今夜のチームの充実ぶりは明らかだっただろう。我々は向こうの素晴らしいファンの前に立ちながらも、自分たちの持ち味を維持できた。勇敢かつ明晰なチームでなければ、失速していただろう。ポリターノは(ジオバニ・)ディ・ロレンツォを助けるため2、3回走った。そして中盤ではデュエルに勝つなど、多くのポジティブな兆候が見られたね」 「リバプールとの対戦で勝利しながら、今夜勝ち点3を取れなければ我々に相応しかったリードを手放すことになっただろう。だが、自陣で守らなければならないときでも、我々の態度に疑問はなく、何度かの危険も脱することができた。その後のポゼッションはとても良く機能し、それについては満足している」 また、スパレッティ監督は今週末のセリエAで予定されるミランとの上位対決にも言及。リーグ首位の座を維持するため、自信を持って試合に臨みたいと意気込んだ。 「ミランは素晴らしいチームだ。そして、我々は今から回復をしなければならない。それでも、我々のチームは明確な確信を持ち、自分たちの道を歩み始めている。その状態で、週末も試合に臨むよ」 2022.09.15 13:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリが後半の3発で10人レンジャーズを撃破、2連勝スタート《CL》

ナポリは14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節でレンジャーズとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。 初戦のリバプール戦を4-1と快勝したナポリは[4-2-3-1]で臨み、負傷離脱中のオシムヘンに代わって最前線にはシメオネが入った。 アヤックスに完敗して黒星スタートとなったレンジャーズに対し、ナポリは開始1分にモレロスに際どいヘディングシュートを打たれる。 ひやりとする入りとなったナポリは13分、アルフィールドのミドルシュートが枠を捉えるもGKメレトが好守で凌いだ。その後もショートカウンターを受けて流れを掴めないナポリは26分、モレロスに枠内シュートを打たれて牽制される。 劣勢のナポリは前半終盤に好機。まずは44分、マリオ・ルイがミドルシュートでゴールに迫ると、追加タイムにはクワラツヘリアのコントロールシュートがわずかに枠を外れた。 ゴールレスで迎えた後半、開始4分にクワラツヘリアがGK強襲のシュートを浴びせたナポリが攻勢に出ると、55分にPKを獲得する。カウンターに転じた流れからジエリンスキのパスを受けたシメオネが独走。ボックス内でサンズに倒されPKとなった。 2枚目のイエローカードを受けたサンズは退場となり、ナポリは数的優位に。しかしこのPKをジエリンスキは蹴り直しも含めて2度、GKマクレガーに止められ、先制のチャンスを逸してしまう。 それでも67分、クワラツヘリアのシュートがボックス内のバリシッチのハンドを誘って再びPKを獲得。このPKをポリターノが決めてナポリが先制した。 主導権を握ったナポリは終盤、85分に途中出場のラスパドーリ、追加タイムにも途中出場のエンドンベレが決めて終わってみれば3-0で勝利。2連勝スタートとしている。 2022.09.15 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CLのレンジャーズvsナポリが1日延期、エリザベス女王逝去を受けた警察体制の問題で

欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、チャンピオンズリーグ(CL)の日程変更を発表した。 今回発表されたのは、レンジャーズvsナポリの一戦。当初は9月13日(火)に開催する予定dったが、14日(水)に変更となった。 変更の理由は、8日に逝去したエリザベス2世女王陛下の追悼がイギリス全土で広がる中、試合に関連する警察のリソースと組織上の問題が深刻な制限にあうためとしている。 なお、両チーム間のUEFAユースリーグも14日に延期されることとなった。 また、アウェイファンは試合会場にはい入ることができないことも発表。さらに、スポーツの公平性の観点から、レンジャーズのファンはナポリでのリターンレグには参加できないとされた。 加えて、今回の異例の事態に際し、UEFAはファンにイギリスへの渡航を控えるように呼びかけている。 今季のCLやヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)には、レンジャーズ以外にもイングランド、スコットランドのクラブが出場。CLのリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティELのアーセナルは第2節がホームで予定されており、日程がどうなるかは現時点では不透明となっている。 2022.09.11 22:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly