ビッグクラブ注目の大型FWシェシュコ、来夏ザルツブルクからライプツィヒへ移籍

2022.08.09 18:37 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは9日、姉妹クラブであるレッドブル・ザルツブルクのスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)の加入内定を発表した。2023年7月1日に正式加入となり、2028年夏までの5年契約を結ぶ。

昨季に公式戦36試合の出場で10得点7アシストとブレイクを遂げ、昨年6月にスロベニア代表デビューのシェシュコ。身長も190cm台とサイズも申し分なしの19歳を巡っては複数クラブとのリンクが取り沙汰され、注目度を高めていた。

最近もマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが争奪戦に名乗りと報じられたが、既報通り、エスカレーター式にライプツィヒ行きが決定。ザルツブルク側の要求もあり、加入は来シーズンからとなるが、シェシュコは移籍に満足感を示しながらも、新シーズンに集中していることを強調した。

「2023年にライプツィヒに移籍できること、すでにそれが決まっていることをとても嬉しく思っているよ。ライプツィヒはドイツのトップクラブの一つであり、ヨーロッパでの地位も徐々に確立しつつある。わずか数年の間に特別なサクセスストーリーが描かれたんだ」

「若い選手に焦点を当て、魅力的で攻撃的なサッカーをするこのクラブは僕にぴったりだと思う。ライプツィヒの街、スタジアム、そしてインフラ全体、さらにクラブの指導者たちとの交流によって、ライプツィヒへの移籍は絶対に正しい選択であると確信したんだ」

「だけど、今はザルツブルクでのシーズンに完全に集中しているよ。さらに成長し、できる限りの成功を収めたい」

なお、すでにオーストリア・ブンデスリーガは開幕を迎えており、シェシュコは開幕節のウィーン戦で1ゴール1アシストと早速結果を出している。

関連ニュース
thumb

元チェルシーで日系フランス人のガエル・カクタが仏2部のアミアンに復帰

元チェルシーのDRコンゴ代表MFガエル・カクタ(31)が、アミアンに復帰することになった。5日に発表されている。 祖父が日本人の日系フランス人3世として知られるカクタ。RCランスの下部組織に在籍していた2007年夏にチェルシーに青田買いされ、一躍知名度を上げた。 その際の移籍に関してチェルシー側に違法行為があったとして、クラブには選手登録禁止処分、カクタ自身にも出場停止処分が科されるなど別の意味でも話題となった中、チェルシーではなかなか真価を発揮できず、レンタルで多くのクラブを転々とした。 2015年夏にはセビージャに完全移籍するも、半年後には中国の河北華夏に移籍。さらにはデポルティボやアミアンなど半年から1年単位でクラブを変えており、キャリアを通じて定着できたクラブはない。 ここ数年ではアミアンやRCランスといった母国クラブでプレーしていた中で、今季はRCランスでほぼ戦力外のような状況に。リーグ・アンでは2試合でわずか20分の出場時間しか貰えず、この度2年ぶりのアミアン復帰が決定した。 なお、今季のアミアンはリーグ・ドゥで2位に位置。首位のボルドーと勝ち点で並んでいる。 2022.10.06 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがロペテギ監督を解任…EL制覇にシーズン最多勝ち点記録も昨季終盤から低迷

セビージャは5日、フレン・ロペテギ監督(56)の解任を発表した。 なお、複数スペインメディアによると、2016-17シーズンにクラブを率いていたホルヘ・サンパオリ氏(62)が新指揮官に就任する見込みだ。 これまでポルト、スペイン代表、レアル・マドリーの指揮官を歴任したロペテギ監督は2019年6月にセビージャの指揮官に就任。ここまで歴代5位となる通算170試合を指揮し、89勝45分け36敗という戦績を残した。この勝利数はホアキン・カパロス氏、ウナイ・エメリ氏に次ぐ歴代3位だ。 また、2019-20シーズンにはクラブに通算6度目のヨーロッパリーグ(EL)制覇をもたらし、2020-21シーズンのラ・リーガでの勝ち点77はプリメーラにおけるクラブ歴代最高の数字だった。 しかし、昨シーズン後半戦の低迷に加え、今シーズンここまでも公式戦10試合で1勝2分け7敗と深刻な不振が続いた中、クラブは功労者の解任という苦渋の決断を下すことになった。 それでも、クラブはロペテギ監督への敬意から6日に本拠地ラモン・サンチェス・ピスフアンの施設で公式な別れの場を提供することをオファー。同監督もクラブからの申し出を受け入れ、シーズン途中の解任にも関わらず、異例のお別れ会見を実施する予定だ。 なお、セビージャを離れるロペテギ監督だが、新天地は今月2日にブルーノ・ラージ監督を解任したウォルバーハンプトンとなる見込みだ。 すでにプレ合意が伝えられるバスク出身の指揮官は、2024年あるいは2025年までの複数年契約にサインする模様だ。 2022.10.06 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリの新守護神GKメレトが契約延長! 1年の延長OP含む2024年までの契約にサイン

ナポリは5日、イタリア代表GKアレックス・メレト(25)との契約延長を発表した。新契約は2024年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 2019年夏の加入以来、常にコロンビア代表GKダビド・オスピナと定位置を分け合ってきたメレト。昨季は大半の試合でオスピナにポジションを譲るも、そのオスピナがシーズン終了後に退団。クラブは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からコスタリカ代表GKケイロル・ナバスの獲得を画策したが獲得交渉が失敗に終わっていた。 これにより正GKとして定位置を確保したメレトは、今季開幕からハイパフォーマンスを披露。セリエAでは8試合で3度のクリーンシートを達成し無敗でセリエA首位を走るナポリを支えている。 今夏には退団確実とも噂されたメレトだが、実力で首脳陣を納得させ、見事に契約延長を勝ち取った。 2022.10.06 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンが監督交代! セオアネ監督解任でシャビ・アロンソ氏を新監督に招へい!

レバークーゼンは5日、ジェラルド・セオアネ監督(43)の解任及び、シャビ・アロンソ氏(40)の新監督招へいを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 昨季レバークーゼンをブンデスリーガ3位に導いたセオアネ監督だが、今シーズンはブンデスリーガで低迷、8試合を終えて1勝2分け5敗。降格圏の17位に沈んでいた。 当初はセオアネ監督への信頼を強調していたクラブだが、4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節のポルト戦で0-2と完敗を喫したことが解任の引き金となった。 後任監督に選ばれたシャビ・アロンソ氏は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「レバークーゼンは、ドイツにいた頃から素晴らしいクラブだと知っていました。ここには常に素晴らしい選手がいましたし、現在のチームにも多くのクオリティがあると思っている」 「クラブとの話し合いの中で、厳しい状況にもかかわらず、彼らは高い目標を目指し続けていることがすぐにわかったんだ。この仕事はとてもエキサイティングで、この要求に応えられると確信しているよ」 2017年7月の現役引退したシャビ・アロンソ氏は、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。 2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。 すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、昨シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、昨シーズンは下位に低迷し、現在19位のチームは最終節を残して3部降格が決定。そして、同シーズン限りでチームを離れていた。 2022.10.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、DFファラオーニとの契約を2025年まで延長

ヴェローナは5日、イタリア人DFマルコ・ダヴィデ・ファラオーニ(30)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ラツィオやインテルの下部組織に所属したファラオーニは、2011年7月にインテルでトップチームに昇格しプロキャリアをスタート。その後はウディネーゼやワトフォードなどを渡り歩き、2019年1月にクロトーネからヴェローナへレンタル移籍。チームのセリエA昇格に貢献すると、同年夏に完全移籍。 ヴェローナでは、右ウイングバックを主戦場に在籍3シーズン半で公式戦127試合に出場し16ゴールを記録。今季はケガに悩まされ公式戦4試合の出場にとどまっている。 新契約にサインしたファラオーニは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ヴェローナとの契約を延長できたことを嬉しく思っている。僕を信頼してくれた会長とスポーツディレクターに感謝しますヴェローナに来て4年、この街とクラブのすべてに感謝している。これからもこのジャージを着続けることができるのは光栄なことだよ」 「僕は自分のキャリアの中で微妙な時期にヴェローナに来たが、この街とファンのおかげで、再びプレーヤーとして重要な役割を果たせる喜びを取り戻した。今季はケガをしてしまったために難しいシーズンのスタートとなりましたが、今は監督やチームのもとに戻る準備ができているよ」 2022.10.06 01:12 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly