ブレントフォードがデンマーク代表MFダムスゴーア獲得を決定的に!

2022.08.08 16:29 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレントフォードがサンプドリアのデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(22)獲得を決定的なものとしたようだ。

ダムスゴーアは2020年9月に母国のノアシェランからサンプドリア入り。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、切れ味鋭いドリブルやカットインからのシュートが魅力のマルチアタッカーだ。

デンマーク代表としては通算16試合4得点。昨夏のEUROでは準決勝のイングランド代表戦で直接FKを叩き込むなど、大会通算2得点1アシストの活躍。ベスト4進出の立役者となった。

イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ブレントフォードは移籍金1400万ユーロ(約19億2000万円)+ボーナス600万ユーロ(約8億2000万円)でサンプドリアと合意した模様だ。

ダムスゴーアは8日にもロンドンでメディカルチェックを受ける見通し。契約は2026年までの4年間とみられている。


関連ニュース
thumb

ベッカムがプレミアリーグに復帰!? ブレントフォードのセカンドチームで次男ロメオがトレーニング

プレミアリーグでベッカムがプレーすることになるかもしれない。 といっても、アイドル的存在であり、マンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表で活躍したデイビッド・ベッカム氏ではないが、その次男FWロメオ・ベッカム(20)だ。 父デイビッドが共同オーナーを務めるインテル・マイアミのセカンドチームであるフォート・ローダーデールに所属するロメオ。MLS Next Pro(アメリカ3部)で20試合に出場し、2ゴール10アシストを記録している。 父と同じ右サイドでプレーし、より高い位置のウイングを主戦場としているロメオだが、イギリス『タイムズ』によると、ブレントフォードのBチームでトレーニングを行っているという。 かつてはアーセナルの下部組織にも所属していたことがあるロメオ。しかし、サッカーをしたくないと意思表示をし、モデルやテニスをやっていたが、2020年からサッカー界に復帰し、アメリカでプレーしていた。 世界的なスターでもあったベッカム氏には3人の息子がいるが、長男のブルックリン、三男のクルスと3人ともアーセナルの下部組織にいた。 ブルックリンはロサンゼルス・ギャラクシーやパリ・サンジェルマン(PSG)と父が所属したクラブのユースにもいたが、2015年にアーセナルを退団し、その後はサッカーをしていない。クルスもアーセナルのアカデミーでトレーニングしていたが、2016年に歌手活動をはじめ、サッカーはしない模様だ。 その中で唯一サッカー界に残っている次男のロメオ。果たして、父のようにプレミアリーグで活躍する選手となるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】父デイビッドとの2ショット、顔がそっくりに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiaDH9nrvoT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiaDH9nrvoT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiaDH9nrvoT/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ROMEO(@romeobeckham)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.07 23:23 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード指揮官がイングランド代表指揮官を擁護「彼は良い仕事をしている」

ブレントフォードのトーマス・フランク監督が、非難を浴びるイングランド代表のガレス・サウスゲイト監督を擁護した。イギリス『サン』が伝えている。 イングランド代表は今月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2試合で1分1敗。リーグB降格が決まったほか、直近の公式戦6試合未勝利と、カタール・ワールドカップ(W杯)を目前にしてサウスゲイト監督の去就が騒がしくなっている。 また、ブレントフォードでゴールを量産するFWイヴァン・トニーを初招集も、結局2試合とも起用しなかったことも批判の対象に。だが、クラブで同選手を指導するフランク監督は監督業の大変さを語り、代表指揮官に理解を示す。 「トニーが使われなかったことはサウスゲイトの決定であり、私はチームを率いることの難しさをよく理解している。考えるべきことがいつでも1000個あるのだよ。選手各々よりも、チームにとって何が最善なのかを常に考えている」 「私の見解ではサウスゲイトはとても良い仕事をしている。トニーはピッチに立てなかったが、それでも彼の人生で大きな瞬間だったはずだ。今回の経験がトニーにより多くのエネルギーと強い意志を与えてくれることを願う」 「成功への道は、何度でも這い上がり、小さな挫折から立ち直ることだ」 2022.09.30 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

練習に遅刻し監督から電話…注意かと思いきや代表初招集の連絡という珍エピソード

イングランド代表に初招集を受けたブレントフォードのFWイヴァン・トニー(26)が、招集を受けた際の珍エピソードと心境を明かした。イギリス『BBC』が伝えた。 ジャマイカにルーツを持つトニーは、ノーザンプトンの下部組織出身。2015年8月にニューカッスルへと完全移籍を果たす。 しかし、出番はなかなかなく、バーンズリー、シュルーズベリー・タウン、スカンソープ・ユナイテッド、ウィガンと下部リーグのクラブへとレンタル移籍を繰り返し、ニューカッスルではわずか4試合の出場に終わっていた。 その後、2018年8月にピーターボロへと完全移籍すると、2020年9月にブレントフォードへと完全移籍する。 ブレントフォードでは2020-21シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で45試合に出場し31ゴール10アシスト。チームのプレミアリーグ初昇格に貢献。2021-22シーズンはプレミアリーグで33試合に出場し12ゴール5アシストを記録し、チームの残留に貢献していた。 そして迎えた今シーズンは絶好調。プレミアリーグでは7試合で5ゴール2アシスト。第6節のリーズ・ユナイテッド戦ではハットトリックの活躍を見せていた。 その活躍がガレス・サウスゲイト監督の目に留まり、カタール・ワールドカップ(W杯)の2カ月前というタイミングで招集。世代別の代表歴もないため、キャリアで初の代表チーム参加となった。 トニーは自分を信じてこれまでやってきたと語り、その時が来たことを喜んだ。 「僕は自分に自信があると感じている。世代別の代表でプレーしたことは一度もなかったから、直接A代表に行くことは大きな成果だった」 「自分が飛行機に乗れるというのは、大きなチャンスだ。でも、1試合1試合やっていくしかない。上手くいけば、今回の試合で何分か出場できるかもしれない」 また、下部リーグで過ごすことが長かったキャリアを振り返り、どこにいても諦めることはなかったとした。 「どこにいても、色々なところにレンタル移籍していても、自分自身を証明すれば常に大きなチャンスがある。いつかプレミアリーガーになれるんだと、いつも自分の中では信じていた」 「今、僕はプレミアリーグの選手であり、イングランド代表だ。実際に、イングランド代表としてプレーするつもりだよ」 そのトニーだが、記念すべきイングランド代表招集はブレントフォードのトーマス・フランク監督から聞いたとのこと。ただ、最初は勘違いしたと珍エピソードを明かし、家族たちも喜んでくれたと語った。 「トレーニングに向かう途中に、ブレントフォードの監督から電話があったんだ。僕は少し遅れていたから、実は僕の時間の管理について電話してきていると思った」 「監督は僕がイングランド代表に招集されたことを伝えられて光栄だと言っていた。何も言うことがなかったのは人生で初めてだった」 「トレーニングに向けて運転していて『ワオ!実際にイングランド代表でプレーできるんだ』と思っていたよ」 「僕は家族とグループチャットをしているんだけど、ビデオ通話でみんなに話をしてニュースを伝えたんだ。彼らは20分ぐらい叫んでたね。父はどこにいたかわからないけど、クラクションを鳴らしていた」 果たして今回のUEFAネーションズリーグで出番はあるのか。イタリア代表、ドイツ代表と対戦するイングランド代表に注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】連絡を受けた車? イングランド代表初招集のトニーと愛車</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiaveHQLgWS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiaveHQLgWS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiaveHQLgWS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ivan Toney(@ivantoney1)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.21 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「昨日はイライラ」首位陥落から勝利で再浮上のアーセナル、アルテタ監督は内容を評価「本当に満足している」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ブレントフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、プレミアリーグ第8節でブレントフォードと対戦したアーセナル。前節マンチェスター・ユナイテッドに敗れ、連勝がストップした中、しっかりと勝ちたい一戦だった。 試合は、17分にウィリアム・サリバ、28分にガブリエウ・ジェズスがゴールを決めて前半で2点リードを得ると、49分にこの試合がプレミアリーグ先発デビューとなったファビオ・ヴィエイラがゴールを決めて3点差とする。 そのまま試合を進めると、後半アディショナルタイムには、イーサン・ヌワネリが、15歳181日と史上最年少でプレミアリーグデビューを果たすなど、やりたいことを遂行。0-3で勝利し首位を守った。 昨シーズンは開幕ゲームで敗れた相手にアウェイでリベンジできたアルテタ監督。試合後の会見で勝利を喜んだ。 「ブレントフォードとの試合を優位に進めたい場合、特定のエリアをコントロールすることが不可欠だ。その点では、我々のプレーぶり、パフォーマンスには本当に満足している」 「相手のチャンスを最小限に抑えることができ、本当によかった」 昨シーズンは敗れた中で、今シーズンとの比較について問われると、「選手を変えたのは事実だ」とコメント。昨シーズンの敗北から変わったとした。 「正直に言って、多くの人が悪い日、恥ずかしい日と表現したことを、私はキャラクターを構築する日とみなした」 「別のチームになるには、その瞬間から学び、その瞬間を経験しなければならない」 「その結果、今日のような日を迎える。ドレッシングルームでは誰もが本当に幸せだ。我々の戦い方から、サッカーを楽しんでいると感じている。それが次のステップだ」 また、これで首位を守り、早くもタイトルレースの話が出ている。 「その件はいつだって私に聞けるだろう。今日はリーグの首位にいる。とても嬉しい」 「昨日はイライラしていた。我々はその場所を失い、今日は、そこに戻りたいと思っていた」 「我々はそこにいたいと思っていることを示し、それはやろうとしていることだ」 「できる限りのベストを尽くすこと。それが目標であり、そうすれば、38試合後も順位が崩れていることはないだろう」 2022.09.19 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「何か感覚があった」15歳MFヌワネリをデビューさせたアルテタ監督が改めてエール「これは1つのステップ、1つの経験」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、15歳でプレミアリーグデビューを果たしたU-17イングランド代表MFイーサン・ヌワネリについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、プレミアリーグ第8節でブレントフォードと対戦したアーセナル。多くのケガ人がいる中、試合のメンバー発表で大きな驚きを与えた。 U-18チームに所属するヌワネリがベンチ入り。15歳の選手がベンチに座っている状況は大きな話題となった。 試合は、17分にウィリアム・サリバ、28分にガブリエウ・ジェズスがゴールを決めて前半で2点リードを得ると、49分にこの試合がプレミアリーグ先発デビューとなったファビオ・ヴィエイラがゴールを決めて3点差とする。 そのまま試合を進めると、後半アディショナルタイムにその時が。ヴィエイラに代わり、ヌワネリを起用することを決断。15歳181日、史上最年少でプレミアリーグデビューを果たした。 アルテタ監督はヌワネリについて試合後にコメント。才能を称えながら、長いキャリアのステップの第一歩だとした。 「昨日、何か感覚があった。なぜだかは分からない」 「彼に会った最初の日、私は彼の目を見て、誰もが彼のことを話してくれた。ペア(・メルテザッカー)も彼のことを話してくれた。ケガのため、昨日は12、13人しかシニアの選手を入れることができなかった。だから彼を連れてきた。それだけだ」 「これは1つのステップ、1つの経験なので、楽しんで欲しかった。そしておめでとう!」 「ほんの一歩に過ぎず、キャリアの全てのステップが前に進んでいるわけではない。それを知っておく必要がある。前進し、後退し、前進することができる。残念ながら、それがこの世界であり、どの選手のフットボールのキャリアでもある」 <span class="paragraph-title">【動画】歴史が変わった瞬間!ヌワネリ、15歳でプレミア最年少デビュー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Arsenal&#39;in 15 yaşındaki futbolcusu Ethan Nwaneri, artık Premier League&#39;de forma giyen en genç futbolcu! <a href="https://twitter.com/hashtag/PL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PL</a> <a href="https://t.co/dT5671zJC9">pic.twitter.com/dT5671zJC9</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1571483130099388418?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"> 2022.09.19 09:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly