ビジャレアルがインテルを4発撃破、ラ・リーガ開幕に弾み《PSM》

2022.08.07 05:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレシーズンマッチのインテルvsビジャレアルがが6日に行われ、2-4でビジャレアルが勝利した。

来週にセリエA開幕を控えるインテルと、同じくラ・リーガ開幕を1週間後に控えるビジャレアルのプレシーズン最終戦。

インテルはルカクとラウタロ・マルティネスの2トップで挑み、ビジャレアルはパレホやパウ・トーレス、アルビオルらがスタメンとなった。
立ち上がりから押し込んだのはインテルだったが、先制したのはビジャレアル。29分、浮き球のルーズボールをボックス左のペドラサがボレーで叩き込んだ。

それでも36分、インテルが同点とする。左サイドからのゴセンスのクロスをルカクが頭で合わせた。

しかし43分、敵陣でボールを奪った流れからコクランが勝ち越しゴールを挙げ、ビジャレアルが2-1として前半を終えた。

そして迎えた後半、ビジャレアルが突き放す。開始3分、ペドラサがボックス左をドリブルで突進し、そのままシュートを突き刺した。

2点を追う展開となったインテルが前がかる中、66分に1点差に詰め寄る。左サイドからのディマルコのクロスをダンブロージオがヘッドで合わせた。

しかし81分、ジャクソンがダメ押しのゴールを挙げたビジャレアルが4-1で勝利。ラ・リーガ開幕へ弾みを付けている。

インテル 2-4 ビジャレアル
【インテル】
ルカク
ダンブロージオ
【ビジャレアル】
ペドラサ(29分)
コクラン(43分)
ペドラサ(48分)
ジャクソン(81分)


関連ニュース
thumb

エメリ監督、古巣から引き抜き開始? 23歳チュクウェゼらに関心

アストン・ビラがビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 チュクウェゼは18歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2018年9月にヨーロッパリーグ(EL)でファーストチームデビュー。右サイドが本職の左利き快足アタッカーで、公式戦通算178試合で29得点26アシストを記録している。 アストン・ビラは来年1月の移籍市場で即戦力となるサイドアタッカーの獲得を模索。つい先日までビジャレアルを率いていたウナイ・エメリ監督からの要望もあり、チュクウェゼの引き抜きに動き出しているという。 また、スペイン『Fichajes』によると、リバプールとアーセナルもチュクウェゼに関心を寄せ、ビジャレアルの要求額は4000万ユーロ(約58億1000万円)。契約を2024年6月まで残すなか、首脳陣らは売却に前向きとされている。 なお、アストン・ビラの来冬の本命はあくまでチュクウェゼのようだが、同じくビジャレアル所属でビッグクラブ行きも噂されるスペイン代表DFパウ・トーレス(25)にも関心を寄せているとのことだ。 2022.11.22 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

MLSで活躍のリキ・プッチにビジャレアルが関心? 恩師セティエンと再会か

元バルセロナのスペイン人MFリキ・プッチ(23)にビジャレアルが関心を示しているようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 チャビ・エルナンデス監督から構想外を言い渡され、今夏バルセロナからロサンゼルス・ギャラクシーに新天地を求めたリキ・プッチ。 3年半契約を結んだその新天地ではリーグ戦12試合3ゴール2アシストの数字を残すと共に、印象的なパフォーマンスを披露。この活躍により、スペインの複数クラブの関心を集めているという。 その中で最も強い関心を示しているのが、中断明けからの巻き返しを図るビジャレアル。 ウナイ・エメリ前監督の電撃退任によって、キケ・セティエン新監督を招へいしたイエローサブマリンは、スタイル変更を図っている段階で、バルセロナを指揮した時代に短期間ながら重用した元ラ・マシアの逸材に興味を示しているようだ。 なお、リキ・プッチは過去のインタビューで、セティエン監督を恩師と語っており、ビジャレアルから適切なオファーが届いた場合、半年でのスペイン帰還を選択する可能性は十分にあるはずだ。 2022.11.18 00:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルが早くもセティエン解任? 今節結果次第で5試合での更迭の可能性…

ビジャレアルが早くもキケ・セティエン監督(64)の解任を検討しているようだ。 今シーズン、ウナイ・エメリ監督の下で公式戦17試合を戦い、11勝3分け3敗の戦績を残していたビジャレアル。リーグ戦7位にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では4連勝で、2試合を残してグループステージ通過を果たしていた。 しかし、就任初年度にヨーロッパリーグ(EL)初制覇、昨季はチャンピオンズリーグ(CL)で史上最高位のベスト4進出に導いた智将は、スティーブン・ジェラード前監督を解任したアストン・ビラに引き抜かれることになった。 この電撃退任を受け、クラブはラス・パルマスとレアル・ベティスで確かな実績を残したセティエン監督を先月25日に1年半契約で招へいした。 2020年8月にバルセロナの監督を解任されて以降、約2年ぶりの現場復帰となったセティエン監督だが、就任以降の公式戦4試合では3敗1分けの未勝利と苦戦。就任直後のハポエル・ベエルシェバ戦(2-2のドロー)は準備期間の短さに消化試合という側面もあり致し方ない部分はあったが、直近のマジョルカ戦ではホームでの0-2の惨敗で公式戦3連敗に。前任者の下でソリッドさを売りとしていた堅守も崩壊気味で、新指揮官の手腕に大きな疑問符がついている。 スペイン『マルカ』によると、同監督は自身の戦術に選手たちが戸惑いを感じていることを受け、7日には2時間半にも渡るビデオ・セッションで戦術面の浸透を図ったようだが、反応はあまり芳しくないという。 また、スペイン『カデナ・コペ』によると、フェルナンド・ロイグ会長は9日に行われるエスパニョール戦でチームが結果、内容共に満足する戦いを見せられなかった場合、就任からわずか5試合目での解任を決断する可能性が十分にあると主張している。 仮に、早期解任となった場合、ロイグ会長を含むクラブ首脳陣の任命責任は避けられないところだが、クラブは2019年にもシーズン途中に招へいしたルイス・ガルシア・プラサ監督をわずか50日で解任するなど、有事に決断の早い対応で知られており、今回も同様の動きを見せる可能性はあるという。 2022.11.09 22:52 Wed
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表に痛手…ロ・チェルソが右足手術でカタールW杯欠場…

ビジャレアルのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソがカタール・ワールドカップ(W杯)を欠場することになった。アルゼンチン『Clarin』が伝えている。 ロ・チェルソはここまで代表通算41試合に出場。昨年のコパ・アメリカの優勝に貢献するなど、中盤の主力として活躍してきた。 しかし、カタールW杯のメンバー入り確実と見られたレフティは、先月末に行われたアスレティック・ビルバオ戦で右足を負傷。その後、右大腿二頭筋の剥離と診断された中、保存療法でのW杯出場の可能性を模索していたが、選手本人やクラブ、代表のメディカルチームの協議の結果、最終的に手術に踏み切ることになった。 現時点で離脱期間は不明だが、少なくともこの手術によってW杯欠場は確実となった模様だ。 2022.11.09 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【ECLグループステージ総括】菅原躍動のAZにハマーズ&ビジャレアルが順当突破

2022-23シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージが3日に終了した。昨シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションにはDF菅原由勢が在籍するAZ、ビジャレアルやウェストハムなど5大リーグの強豪クラブが参戦した。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを総括していきたい。 ◆菅原躍動のAZにハマーズ&ビジャレアルが順当突破 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221103_104_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 創設1年目となった昨季はトッテナム、ローマというビッグクラブが参戦したが、2年目の今季はビジャレアル、ウェストハム、フィオレンティーナといった名門が参戦したものの、比較的地味な顔ぶれとなった。 また、日本人所属クラブでは昨季に続きDF菅原由勢を擁するAZが唯一の参戦となった。 MF藤本寛也とMF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとのプレーオフを制してグループステージ進出を決めたAZは、今グループステージでドニプロ-1、アポロン・リマソル、ファドゥーツと同じグループEに入った。 エールディビジでアヤックス、PSVの2強と共に熾烈な上位争いを演じるオランダの名門は、今グループステージで若干のターンオーバーを実施した中、菅原は全6試合に出場し1ゴール2アシストを記録。 本職の右サイドバックを主戦場に右ウイング、左サイドハーフと複数の役割を担った中、ドニプロとの初戦では途中出場で決勝点をアシスト。さらに、第2節のファドゥーツ戦では右サイドを独走してボックス内に持ち込み、ニア下を匂わせながら逆のサイドネットにグラウンダーのシュートを突き刺す見事なフィニッシュでゴールも記録。さらに、最終節では決勝点をアシストするなど、攻守両面でチームの首位通過に大きな貢献を果たした。 強豪チームではウェストハムがグループステージ唯一の全勝突破を決めた。今夏の積極補強も実らず、プレミアリーグでは中位以下の13位に低迷するモイーズのチームだが、アンデルレヒト、シルケボー、FCSBとまずまずの実力を持つ相手と同居したグループリーグでは地力を証明。リーグ戦では13試合11ゴールと得点力不足に悩まされているが、ECLでは新戦力のFWスカマッカの4ゴールを筆頭に、アタッカー陣がきっちり結果を残して6試合13ゴールと破壊力を示した。 一昨季のEL王者にして昨季のチャンピオンズリーグ(CL)のセミファイナリストのビジャレアルは、突然の監督交代に見舞われながらもレフ・ポズナン、ハポエル・ベエルシェバ、オーストリア・ウィーンと同居したグループを首位通過した。 ウナイ・エメリ前監督の下で戦った4試合では積極的にターンオーバーを敢行した中、MFアレックス・バエナ、FWジャクソンと今季台頭した若手アタッカー、今季加入のベテランFWホセ・モラレスらの活躍が光り4連勝を達成。その後、エメリ監督がアストン・ビラに引き抜かれ、キケ・セティエン新監督を招へいした直近の2試合では1分け1敗と結果を残せなかったものの、前任者の下で稼いだ勝ち点を生かした格好だ。 その他ではルシアン・ファブレが再任し、今夏の移籍市場でGKシュマイケル、MFラムジー、MFバークリー、FWラボルドら積極補強に踏み切ったニースが、10位に低迷するリーグ戦の不振を払しょくする首位通過を決めた。 一方でフィオレンティーナは実力者を擁するイスタンブール・バシャクシェヒルとの一騎打ちとなったグループAで勝ち点で並びながらも、当該成績で下回って2位でのプレーオフ行きとなった。 なお、来年2月半ばに開催されるプレーオフではELグループステージ3位敗退組からラツィオ、ブラガ、トラブゾンスポルといった強豪クラブが参戦する。 ▽ECLグループステージ最終順位 ◆グループA 1. イスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. フィオレンティーナ(勝ち点13) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハーツ(勝ち点6) 4. FK RFS(勝ち点2) ◆グループB 1. ウェストハム(勝ち点18) ――ECL決勝T進出―― 2. アンデルレヒト(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. シルケボー(勝ち点6) 4. FCSB(勝ち点2) ◆グループC 1. ビジャレアル(勝ち点13) ――ECL決勝T進出―― 2. レフ・ポズナン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ハポエル・ベエルシェバ(勝ち点7) 4. オーストリア・ウィーン(勝ち点2) ◆グループD 1. ニース(勝ち点9) ――ECL決勝T進出―― 2. パルチザン(勝ち点9) ―ECLプレーオフ進出― 3. ケルン(勝ち点8) 4. スロヴァコ(勝ち点5) ◆グループE 1. AZ(勝ち点15) ――ECL決勝T進出―― 2. ドニプロ-1(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. アポロン(勝ち点7) 4. ファドゥーツ(勝ち点2) ◆グループF 1. ユールゴーデン(勝ち点16) ――ECL決勝T進出―― 2. ヘント(勝ち点8) ―ECLプレーオフ進出― 3. モルデ(勝ち点7) 4. シャムロック・ローバーズ(勝ち点2) ◆グループG 1. スィヴァススポル(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. クルージュ(勝ち点10) ―ECLプレーオフ進出― 3. スラビア・プラハ(勝ち点8) 4. バルカニ(勝ち点4) ◆グループH 1. スロバン・ブラチスラヴァ(勝ち点11) ――ECL決勝T進出―― 2. バーゼル(勝ち点11) ―ECLプレーオフ進出― 3. ピュニク(勝ち点6) 4. ジャルギリス(勝ち点5) ◆ELグループ3位チーム ボデ/グリムト(ノルウェー) ラルナカ(キプロス) ルドゴレツ(ブルガリア) ブラガ(ポルトガル) シェリフ(モルドバ) ラツィオ(イタリア) カラバフ(アゼルバイジャン) トラブゾンスポル(トルコ) 2022.11.04 20:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly