アーセナル、正守護神・ラムズデールが背番号「1」をレノから引き継ぐ「道を示してくれたことに感謝」

2022.08.03 21:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは3日、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールが、今シーズンから背番号「1」を着けることを発表した。昨シーズンからアーセナルに加入したラムズデール。当初はレギュラーではなかったが、出場した試合で高いパフォーマンスを見せると、開幕3連敗をしたこともあり出番をもらうことに。すると、高いパフォーマンスで信頼を得て正守護神に昇格。プレミアリーグでは34試合に出場していた。

昨シーズンまではドイツ代表GKベルント・レノが着用していた背番号「1」だが、レノがフルアムへと完全移籍したことで空き番号に。「32」をつけていたラムズデールが今シーズンから背負うこととなった。
ラムズデールは背番号変更についてコメントしている。

ベルント・レノへ。あなたの新たな冒険が、幸せで素晴らしいものであることを祈っている」

「僕に道を示してくれたことに感謝し、あなたがこのシャツを着ていた時のように、僕も優雅に自分を保つことができればと思っている」

1 2

関連ニュース
thumb

シティがPL直接対決の前哨戦制し5回戦へ! 冨安フル出場のアーセナルは公式戦8試合ぶりの黒星に…《FAカップ》

FAカップ4回戦、マンチェスター・シティvsアーセナルが27日にエティハド・スタジアムで行われ、1-0で勝利したシティが5回戦進出を決めた。なお、アーセナルのDF冨安健洋は先発フル出場した。 今大会初戦でチェルシーを4-0の圧勝で退けたシティ。以降はサウサンプトン、マンチェスター・ユナイテッド相手に今季初の公式戦連敗を喫したが、直近のプレミアリーグではトッテナムとウォルバーハンプトンに連勝を飾り、しっかりとリバウンドメンタリティを示した。そして、今回のFAカップ4回戦ではリーグ戦で優勝を争うライバルと今季の公式戦初対戦となった。 グアルディオラ監督は2試合を残すリーグ直接対決の前哨戦に向け、ウルブス戦から先発2人を変更。GKをオルテガに代えたほか、ラポルテに代えてアケを左サイドバックに置いた。 一方、3部のオックスフォードを3-0のスコアで一蹴し、初戦を突破したアーセナル。以降はトッテナム、ユナイテッドとのタフなリーグ戦を連勝で飾り、公式戦6勝1分けの7戦無敗と好調を維持している。 アルテタ監督はプレミア2連覇中の王者との今季初対決に向け、ユナイテッド戦から先発6人を変更。GKをターナーに変更したほか、ディフェンスラインはガブリエウを除く3人を入れ替え、冨安とホールディング、ティアニーを起用。中盤と前線ではウーデゴールとマルティネッリに代わってファビオ・ヴィエイラ、加入後初スタメンのトロサールが入った。 互いに前から相手のビルドアップに強い制限をかけるアグレッシブな入りを見せる。強豪対決らしい緊迫感が漂う中、冨安が両チームを通じて最初の見せ場を作る。 開始5分、ボックス付近で果敢に仕掛けた左サイドのトロサールがDFの視線を引き付けながらマイナスに折り返すと、ボックス手前右で一瞬フリーとなった冨安が右足を一閃。抑えの利いた鋭いシュートが枠を捉えるが、これはGKオルテガの好守にはじき出される。 この冨安の決定機をキッカケに試合が動き始めると、今度はホームのシティにビッグチャンス。9分、ハイラインの背後を狙うハーランドへグラウンダーのスルーパスが出ると、DFホールディングの拙い対応からノルウェー代表FWが抜け出しかけるが、ここは勇気をもってエリア外に飛び出したGKターナーがブロック。さらに、浮き球となったこぼれ球をハーランドがオーバーヘッドで狙うが、ややパワー不足のシュートは冨安が冷静なゴールカバーで凌いだ。 互いに一度ずつチャンスを作り合った後は、一部控え選手が力不足を露呈するアウェイチームに対して、攻守両面で勝るホームチームが主導権を握る。 ただ、アーセナルも左サイドで切れ味鋭い仕掛けを見せるトロサールが要所で見せ場を作り、決定機やフィニッシュの数では拮抗。シティがデ・ブライネの正確な左足シュート、ハーランドの爆発的な飛び出しでチャンスを作れば、アーセナルもトロサールの際どい枠内シュートやゴール前のエンケティアのワンタッチシュートで応戦した。 前半終了間際には右ハムストリングを痛めたストーンズがプレー続行不可能となり、ラポルテのスクランブル投入というアクシデントに見舞われたが、均衡が保たれたまま試合は折り返した。 迎えた後半、守勢のアーセナルはトーマスとホールディングを下げてサンビ・ロコンガとサリバをハーフタイム明けに投入した。 一方、後半も同じメンバーで臨んだシティは、ここ数試合得点が目立つ立ち上がりにチャンスを作り始めるが、ゴールをこじ開けるまでには至らず。これを受けて58分にリコ・ルイスとマフレズを下げてウォーカー、アルバレスを同時投入すると、結果的にこの交代が先制点をもたらす形に。 64分、ボックス手前で一瞬浮いたアルバレスが鋭い右足のミドルシュートを放つと、これが左ポストを直撃。この撥ね返りをボックス内で収めたグリーリッシュが冨安とサカに囲まれながらも、内側でサポートに入ったアケに短く繋ぐ。ここでオランダ代表DFは利き足とは逆の右足のコントロールシュートをゴール右下隅へ流し込んだ。 守勢を耐え切れずにビハインドを負ったアーセナルは、直後にトロサールとティアニーを下げてマルティネッリ、ジンチェンコと左サイドにレギュラーコンビを投入。さらに、サカを下げてキャプテンのウーデゴールをピッチへ送り出す。 この交代によって劣勢だったボールの主導権争いでやや優位に立ち、サイドを起点にゴールを目指していくが、我慢のしどころを理解するホームチームの堅守を前に攻め切れない。冨安らの際どいクロスやマルティネッリの個人技でチャンスの糸口を手繰り寄せようとするが、フィニッシュまで持ち込めず。 結局、60分以降はアーセナルにシュートを放つことも許さない安定したゲーム運びで逃げ切ったシティが、今後のリーグ戦直接対決に向けた前哨戦を勝利で飾り、5回戦進出を決めた。一方、ターンオーバーの影響も大きかったアーセナルは、公式戦8試合ぶりとなる新年初黒星を喫することになった。 2023.01.28 07:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、カイセド獲得目指すアーセナルの6000万ポンドのオファー拒否か?

ブライトンが、エクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)に対するアーセナルからの6000万ポンド(約96億3000万円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグで躍進するブライトンの中盤を牽引するカイセド。ここまでリーグ戦18試合1ゴール1アシストと数字面では大きなインパクトはないものの、卓越した身体能力を生かしたボール奪取能力、カバー範囲の広さという守備面の貢献。攻撃面ではマイボール時の推進力や的確なボール捌きと、リーグ屈指のボックス・トゥ・ボックスMFとしての評価を確立している。 その21歳の逸材に関しては、先日に5500万ポンド(約88億3000万円)のオファーを掲示したとされるチェルシーを始め、リバプール、ニューカッスルといったプレミアリーグの強豪クラブがこぞって関心を寄せる。 そういった中、ここまで驚異的なペースで勝ち点を重ねてリーグ首位を快走するアーセナルが、手薄な中盤の補強に向けてカイセド獲得の動きを本格化させていた。 そして、ミケル・アルテタ率いるチームは、今週に入ってブライトンに6000万ポンドの公式オファーを掲示。だが、先日にロベルト・デ・ゼルビ監督が語ったように、今冬の主力流出を望まないシーガルズは、このオファーを固辞したようだ。 今後、アーセナルが移籍金を増額した場合、ブライトンが売却を受け入れる可能性もなくはないが、ヨーロッパのコンペティション出場が望める状況において適切な後釜を確保できなければ、ブライトンが首を縦に振る可能性は低い。 2023.01.27 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「先発確定演出?」「スーパー・トミ!」シティとのFAカップ告知画像は冨安健洋、先発予告とファン湧き立つ「エティハドでやってやろう」

プレミアリーグの優勝を争うアーセナルとマンチェスター・シティが今シーズン初めて対戦する。 27日、FAカップ4回戦で対戦する両者。試合は、シティのホームエティハド・スタジアムで行われる。 プレミアリーグで首位に立つアーセナルは、1試合消化が少ないながらも2位のシティと勝ち点差5。ただ、日程の関係で両者は一度も対戦しておらず、リーグ戦2試合を残している状況。シティは自力でひっくり返す可能性も残っている。 アーセナルはトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドとビッグマッチで連勝しており、チームは勢いに乗っている状況。シティをここで下せば、19年ぶりのプレミアリーグ制覇にさらに勢いがつくことになる。 大事な一戦、そしてジョゼップ・グアルディオラ監督とミケル・アルテタ監督の師弟対決ということもあり、大きな注目を集める中、アーセナルが投稿した画像も話題となっている。 試合日を告知する画像がアップされた中、その画像に起用されたのが日本代表DF冨安健洋。吼える冨安だが、通常試合に出場する選手が起用されることが多い。 これを受けファンは「冨安が先発する?」、「先発確定演出?」、「スーパー・トミ!」、「冨安の先発伏線じゃない?」、「これは見るしかない」と湧き立っている。また「誰が出たって勝つしかない」、「相手はベストチームだ」、「エティハドでやってやろう」とチームを鼓舞するコメントも寄せられている。 リーグ戦とは別物だが、優勝を争うライバル同士の直接対決。勝った方が勢いづくことは間違いないだろう。試合は、27日の29時にキックオフを迎える。 <span class="paragraph-title">【画像】シティ戦告知画像、冨安健洋が起用され先発確定演出!?と話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/fI9jGjKKDh">pic.twitter.com/fI9jGjKKDh</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1618731757968179201?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「多くのことが起こり得る」首位に立つアーセナルと戦うシティ、過去6勝も元右腕・アルテタ監督を警戒「今回は完全に異なっている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、アーセナル戦に向けてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは27日、FAカップ4回戦でアーセナルと対戦する。今季はリーグ戦の日程の影響で対戦がなく、この試合が初対決。2位につけるシティが首位に立つアーセナルとカップ戦の早い段階で当たることとなった。 アーセナルはトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドとリーグ戦で連勝中。対するシティはユナイテッドとのダービーに敗れるも、トッテナム、ウォルバーハンプトンと連勝している。 グアルディオラ監督は、この試合では何でも起こりうるとコメント。どちらにも可能性があるとした。 「彼らよりも遥かに悪い状態でも試合には勝てるし、彼らよりも遥かに良い状態でも負けることだってある」 「エミレーツでも、リーグ戦のホームゲームでも違うだろう。もちろん、明日はプレーし、彼らが何をして、我々が何をするのかを見たいと思う」 「2回目の対戦では、選手や戦い方のいずれかを変えると確信している。でも、彼らは我々が期待していないことをやってくるかもしれないし、我々が彼らが期待しないことをするかもしれない」 また、自身の右腕としても働いたミケル・アルテタ監督にも言及。ここまで7度対戦し6勝をあげているが、どんなことも起こり得るとした。 「我々はアーセナルとミケルと数回対戦したが、今回は完全に異なっていることを認めざるを得ない。なぜなら彼らはこのレベルにいる」 「多くのことが起こり得る。彼らに対してどのようにプレーするかを見ていく」 2023.01.27 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「これはビッグゲーム」プレミア首位のアーセナル、今季初対戦となるシティとのFAカップでアルテタ監督は勝利を誓う「勢いと自信が増す」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、マンチェスター・シティ戦に向けての意気込みを語った。 27日、アーセナルはFAカップ4回戦でシティと対戦する。 プレミアリーグで首位を走るアーセナルと2位につけるシティの対戦。リーグ戦の日程変更の影響で、両者が顔を合わせるのは今シーズン初となる。 今後のリーグ戦の行方を考えても互いに勝利が欲しいところ。トッテナム、マンチェスター・ユナイテッドとビッグゲームで連勝しており、リーグ戦とは別物ではあるが、ここでの勝利は勢いをもたらすことはできるはずだ。 アルテタ監督は古巣でもあるシティとの対戦を前にコメント。楽しみにしているビッグゲームだとした。 「これはビッグゲームであり、私の考えでは、世界最高のサッカーチームに対する大きなテストになる。我々がどの位置にいるのかについて、多くのことを教えてくれるし、楽しみにしている」 「(FAカップとリーグ戦)全く異なる2つの試合になると思うし、類似点を探すことはとても非現実的だ。ピッチ状の選手のせいもあるが、状況は全く異なる」 「勝って良いプレーをすることは明らかに重要だ。それによって勢いと自信が増し、次の試合に向けてより良い準備ができる。それが我々がフォーカスすることだ」 また、自身が師事したジョゼップ・グアルディオラ監督との対戦となり、タイトルを早くも争うまでになった中、アルテタ監督は両者の関係が変わることはないとし、カップ戦でもリーグ戦でも上回って行きたいと意気込んだ。 「いつの日か、(2人でのタイトルを懸けた戦いが)実現することを願っていた。今シーズンはそれが実現している」 「でも、それは友情や我々の時間、キャリアにおける彼の重要性、私の仕事に置ける彼の重要性を変えるものではない」 「我々は可能な限り最善の方法で勝利し、クラブを守ることを望んでおり、それは最初から常にそうだった」 「このリーグはとんでもない挑戦をもたらす。世界最高の指導者たちがいて、世界最高の監督もいる。そのレベルに到達するには、他のことを試して競争する必要があり、そこにチャンスが生まれる」 「我々はその道を歩んでいるが、まだ何も成し遂げてはいない。そして改善すべきことがたくさんあることも理解している」 2023.01.27 20:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly