シーズン初戦で浅野拓磨がゴール! 3発快勝のボーフムが2回戦進出《DFBポカール》

2022.07.30 22:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
30日、DFBポカール1回戦のヴィクトリア・ベルリン(4部)vsボーフムが行われ、0-3でボーフムが勝利した。日本代表FW浅野拓磨は[4-2-3-1]のトップ下で先発出場。前半のみで交代となったが1ゴールを記録した。

4部相手のシーズン公式戦初戦。背番号も11に変更となった浅野は自由に動いて攻撃に関わる。
すると18分、ボーフムはスルーパスを受けたフィリピン代表のゲリット・ホルトマンがボックス内左からグラウンダーのクロス。これを走り込んだシモン・ツォラーがボックス中央で蹴り込み、ボーフムが先制する。

幸先よく先制したボーフムだったが、22分に浅野が見せる。左サイドへと展開されると、ボックス左からのパスをインナーラップしたヤネス・ホルンがボックス内左からクロス。これをフィリップ・ホフマンがボックス中央でダイレクトで落とすと、走り込んだ浅野が蹴り込み、リードを2点に広げる。

浅野は2点リードしたハーフタイムで交代。ボーフムは力の差を見せると52分、左からのクロスをファーサイドでホフマンがヘッド。しかし、これはポストに嫌われる。

それでも65分、ロングフィードに抜け出たツォーラーがクロス。これをホフマンがフリーで合わせてゴール。リードを3点とする。

83分にはボックス右でFKを得ると、フィリップ・フェルスターが左足でニアサイドを狙うが、これはポストを直撃。結局相手にはチャンスらしいチャンスも作らせず、0-3でボーフムが勝利し、2回戦に駒を進めた。

ヴィクトリア・ベルリン 0-3 ボーフム
【ボーフム」
シモン・ツォラー(前18)
浅野拓磨(前22)
フィリップ・ホフマン(後20)

1 2

関連ニュース
thumb

一発回答! カンセロ、バイエルン加入翌日に即先発からのアシストで早くも評価爆昇「彼のようなDFが必要だった」

バイエルンへ新加入したポルトガル代表DFジョアン・カンセロが、早くも新天地で輝きを放った。 カンセロは1日に行われたDFBポカール3回戦のアウェイ、マインツ戦に[3-5-2]の右ウイングバックで先発出場。1月31日にマンチェスター・シティから今シーズン終了までのレンタル移籍で加入したばかりだが、早々にスタメンで起用され、目に見える結果も残した。 17分、右の高い位置に張ったカンセロは、中央からのパスを絶妙なコントロールで足下に収めると、一度縦へと仕掛けてストップ。再び持ち出して相手のタイミングをずらし、ファーへのクロスでエリック・マキシム・チュポ=モティングの先制点をお膳立てした。 即座に結果を出したことで、歓迎の声はさらに膨らみ、「カンセロがマインツの準々決勝進出を阻止した」、「彼のようなディフェンダーが本当に必要だった」、「左が(アルフォンソ・)デイビス、右がカンセロ…ただの狂人だ」、「カンセロ即撃」、「素晴らしいアシスト」などの賛辞が相次いだ。 その後得点を積み重ねたバイエルンは4-0で快勝し、ウインターブレイク後新年初勝利。百戦錬磨の男はカップ戦に続き、ブンデスリーガ11連覇へも大きな力となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カンセロ、絶妙トラップから仕掛けてのクロスで早くもアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RAwnN1yMq90";var video_start = 78;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

スタメンデビューのカンセロが先制アシストのバイエルン、マインツに4発快勝でベスト8《DFBポカール》

バイエルンは1日、DFBポカール3回戦でマインツとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 2回戦でアウグスブルクを下したバイエルンは、1-1で引き分けた3日前のフランクフルト戦のスタメンから2選手のみを変更。マンチェスター・シティから加入のカンセロがスタメンデビューとなった。 カンセロを右ウイングバックで起用する[3-5-2]で臨んだバイエルンは、2トップにチュポ=モティングとミュラーを据え、2シャドーにムシアラとサネを起用した。 立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは17分に先制する。カンセロの右クロスをファーサイドのチュポ=モティングが左足ボレーで合わせた。 デビュー戦のカンセロが早速結果を出したバイエルンがその後も攻め手を緩めずにいると、30分に加点。ボックス左でミュラーからパスを受けたムシアラが左足を一閃。正確なシュートが右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 その後、38分のキミッヒの直接FKはポストに直撃したものの、44分に3点目。チュポ=モティングの鮮やかな右足アウトでのラストパスを受けたサネがGKとの一対一を確実に制した。 迎えた後半、イ・ジェソンを投入してきたマインツに対し、60分にカシのコントロールシュートでゴールに迫られたバイエルンだったが、このピンチを凌いで以降は危なげなく時間を消化。 終盤の83分にアルフォンソ・デイビスのゴールも生まれたバイエルンが圧勝でベスト8進出を決めている。 2023.02.02 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

原口元気新天地デビューの裏でシュツットガルトが試合早々衝撃のOG…前半被シュート「0」でビハインド

シュツットガルトのギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノスが衝撃のオウンゴールを記録してしまった。 シュツットガルトは1月31日、DFBポカール3回戦で2部のパーダーボルンとのアウェイで対戦し、2-1で逆転勝ちを収めた。 失点は意外な形だった。開始早々4分、自陣右サイドの中央でスローインを受けたマヴロパノスは、相手のプレッシングを感じてノールックで強めのバックパスをすると、これが自ゴール枠内へ。GKフロリアン・ミュラーはゴールを外して位置を取っていたために間に合わず、想定外の長距離砲になってしまった。 なお、ボールを支配し続けたシュツットガルトは前半でパーダーボルンにフィニッシュを許さず、被シュート「0」のままビハインドで折り返すという珍しいスタッツも記録。70分にフェリックス・プラッテにあわやの場面を作られるまで、ゼロで抑え続けていた。 攻めあぐねていたシュツットガルトだが、86分にベンフィカから新加入のFWジウ・ディアスが技ありトラップからの同点弾を挙げると、追加タイム5分にCKからFWセール・ギラシーがヘディングでゴール。劇的な逆転勝利を飾っている。 また、日本代表DF遠藤航、DF伊藤洋輝はフル出場。1月30日に加入が発表されたばかりの原口元気も後半頭からピッチへ立ち、早速の新天地デビューを飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】シュツットガルトDFがやってしまったまさかの長距離オウンゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="H8QQx6MvPW4";var video_start = 28;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルトが終盤の2発で劇的逆転勝利、原口が後半から出場でデビュー《DFBポカール》

シュツットガルトは1月31日、DFBポカール3回戦でパーダーボルンとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気は後半から出場している。 2回戦でビーレフェルトを下したシュツットガルトは、3日前のライプツィヒ戦のスタメンから3選手を変更。遠藤と伊藤は引き続き先発となり、ウニオン・ベルリンから電撃移籍の原口がベンチ入りした。 2部のパーダーボルンに対し、[4-3-3]で臨んだシュツットガルトは遠藤が右インサイドMF、伊藤が左センターバックでスタート。 そのシュツットガルトは開始4分に自らのミスで失点する。マヴロパノスが自陣ゴールに向かってバックパスを蹴ると、GKミュラーはゴールマウスを外したポジショニングを取っていたことから触れず。自陣ゴールにボールが吸い込まれていった。 もったいないオウンゴールで失点したシュツットガルトが押し込む流れで推移すると、10分にギラシーが直接FKでGKを強襲。 その後もシュツットガルトが押し込む展開が続いた中、31分には左サイドの伊藤のアーリークロスからゴール前に飛び込んだ遠藤がヘディングで合わせにかかる好機を迎えたが、シュートはミートできず。 結局、パーダーボルンに1本もシュートを打たせなかったものの1点ビハインドで迎えた後半、シュツットガルトは原口を右インサイドMFに投入。遠藤が左インサイドMFにポジションを変えた。 そのシュツットガルトが引き続き押し込む展開としたが、やはり好機を生み出すには至らない。 すると70分にはボックス内のプラッテにこの試合初シュートとなるボレーでパーダーボルンにゴールに迫られる。 終盤にかけても攻めあぐねていたシュツットガルトだったが、86分に追いつく。マヴロパノスのクサビのパスをファイファーがフリック。これをボックス手前右で受けたジウ・ディアスがゴール左へコントロールシュートを決めきった。 4分前に投入されていたジウ・ディアスの同点弾で1-1としたシュツットガルトは、延長戦に突入するかと思われた後半追加タイム5分、逆転に成功する。シュテンツェルの右CKからギラシーがヘディングシュートを叩き込んだ。 直後にタイムアップとなってシュツットガルトが劇的勝利。ベスト8進出を決めた。 2023.02.01 03:59 Wed
twitterfacebook
thumb

「動きがエグい」「完璧にハマった」遠藤航の動き出しが秀逸すぎる! 2戦連発にファンも称賛「遠藤をフリーにさせたらこうなる」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が2試合連続ゴールの活躍を見せた。 19日、DFBポカールの2回戦が行われ、シュツットガルトは2.ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトをホームに迎えた。 リーグ戦の低迷を受けて監督が交代した中、遠藤はアンカーとして先発出場。日本代表DF伊藤洋輝も3バックの中央で先発フル出場を果たした。またビーレフェルトのMF奥川雅也はベンチスタートとなり、後半スタートから出場した。 ミヒャエル・ヴィマー監督を新たに迎え、直近のリーグ戦で今シーズン初勝利を掴んだシュツットガルト。2部チーム相手に20分で先制ゴールを決めると、24分に遠藤がネットを揺らした。 右CKを獲得すると、クリス・ヒューリッヒがゴール前にクロス。これをフリーで待ち構えた遠藤が落ち着いてヘッド。追加点を奪った。 相手のマークから逃げる動きで完全にフリーとなり、良いポジションをとっていた遠藤。これにファンは「遠藤をフリーにさせたらこうなる」、「動きがエグいな」、「さすが遠藤」、「完璧にハマってる」と称賛のコメント。また、ポルトガルでゴールを決めているスポルティングCPのMF守田英正を引き合いに出し「遠藤と守田のダブルボランチ日本史上最強だろ」と、得点も取れ、守備強度も高いダブルボランチへの期待の声が上がっている。 なお、シュツットガルトはその後もゴールを重ね、6-0で圧勝し3回戦に駒を進めた。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙すぎるマーク外し、遠藤航が2戦連発のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7AZqKbkOkSY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.20 09:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly