札幌が後半ATのゴールで劇的ドロー!名古屋は痛恨の逃げ切り失敗【明治安田J1第23節】

2022.07.30 16:43 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第23節、北海道コンサドーレ札幌vs名古屋グランパスが30日に札幌厚別公園競技場で行われ、2-2のドローに終わった。

リーグ戦4試合勝ちがない14位の札幌は、前節から岡村、高嶺、金子に代えて福森、深井、ルーカス・フェルナンデスを起用。システムは変わらず[3-4-2-1]を採用しており、興梠がワントップを務めた。

一方、前節の川崎フロンターレ戦が中止となっていた13位の名古屋は、10日に行われた第21節の清水エスパルス戦からスタメン2枚を変更。河面と柿谷に代わり、藤井と新加入の永井が入った。システムは永井とマテウスが2トップを組む [3-1-4-2]の形となっている。
立ち上がりから名古屋が主導権を握ると、開始わずか1分で日本代表帰りの相馬がドリブルで左サイドから切り込み強烈なシュートを放つ。その後も名古屋がゴールを窺う展開が続き、10分にはマテウスのFKから稲垣がボレーシュート。アウェイチームが序盤から攻勢をかけていく。

対して、名古屋のコンパクトな守備を崩せず苦しむ札幌は、16分に左CKから田中がボレーシュートを放つ場面があったが、なかなか思うように攻撃がつながらず。一方、徐々にカウンターにシフトしていった名古屋も、ボール奪取からチャンスまでは結びつけられないシーンが多く、こう着した状況が続いた。

それでも飲水タイム明けに試合が動いた。31分、名古屋の自陣での繋ぎにミスが出ると、ボールを奪った札幌は荒野、深井、ルーカス・フェルナンデス、駒井と細かく繋ぎ、再びピッチ中央でボールを受けた荒野がボックス内に絶妙なスルーパス。これに反応した深井がGKランゲラックとの一対一を落ち着いて制し、先制に成功した。

勢いに乗る札幌は37分、興梠が独力で左サイドからボックス内にボールを運び強烈なシュートを放ったが、ここはGKランゲラックの守備範囲。追いつきたい名古屋はマテウスの個の力を活かした打開を試みるが、札幌も44分にカウンターから青木がシュートを放つなど、先制した勢いそのままにハーフタイムを迎えた。

しかし後半、48分にマテウスがバイタルエリア手前から強烈なシュートを放てば、直後の49分にはレオ・シルバのクロスに稲垣が飛び込むなど、名古屋が同点に向けて積極的な姿勢を見せる。53分には裏に抜け出したマテウスがGK菅野をかわしたが、角度がなくシュートはサイドネットを揺らすにとどまった。

また、中谷のアーリークロスに稲垣と相馬が飛び込む決定的な場面を迎えた名古屋。すると67分についに同点に追いついて見せた。内田がロングボールに抜け出し左サイドのタッチライン際で攻撃の起点を作ると、ボールはハーフスペースの永井を経由してボックス中央のレオ・シルバへ。そして、レオ・シルバはキックフェイントを交えながら落ち着いてゴール右隅にシュートを流し込んだ。

これで流れを完全に掴んだアウェイチームは、そのまま81分に逆転に持ち込む。丸山からのロングボールに抜け出した左サイドの内田が低いクロスを供給。これに反応したマテウスが味方の永木と交錯しながらも、左足で合わせてネットを揺らした。

だが、ホームでこのまま終われない札幌が後半アディショナルタイムに意地を見せた。左CKのシーン、味方の競り合いからこぼれたボールをボックス中央の荒野がシュート。これは枠に収まるかどうかというシュートだったが、ゴール前の青木が押し込んで劇的な同点弾に。

勝利を目指す札幌はその後もセットプレーからゴールに迫ったが逆転までは至らず。2-2のドローに終わっている。

北海道コンサドーレ札幌 2-2 名古屋グランパス
【札幌】
深井一希(前31)
青木亮太(後45+2)
【名古屋】
レオ・シルバ(後22)
マテウス・カストロ(後36)

関連ニュース
thumb

小林新体制の千葉、横浜FMから水戸へレンタル中のMF椿直起を完全移籍で獲得「J1昇格に最大限尽くす」

ジェフユナイテッド千葉は2日、MF椿直起(22)が横浜F・マリノスから完全移籍で加入することを発表した。 横浜FMの育成組織出身の椿は年代別の日本代表にも選出されてきたアタッカーで、高校1年時の2016年から3年連続で2種登録選手としてトップチームへ登録された。 2019年から正式に横浜FMのプロ選手となり、同年夏、翌年とギラヴァンツ北九州へと育成型期限付き移籍。2020年12月からはオーストラリアのメルボルン・シティFCへと期限付き移籍で加わり、2021年夏には再び北九州へ。今季は水戸ホーリーホックでの武者修行で、明治安田J2にて37試合3得点を記録していた。 移籍に際し、椿は各クラブへ以下のような言葉を残している。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「クラブの一員として戦えることをとても嬉しく思います。J1昇格という目標のために自分の力を最大限に尽くしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆横浜F・マリノス 「自分をユースに誘っていただいてから今まで、本当にお世話になりました」 「あの素晴らしい日産スタジアムのピッチ、ファン・サポーターの前でプレーすることができず悔しいですが、たくさんの経験をさせてもらったこのクラブにとても感謝しています」 「チームは変わってしまいますが、少しでも気にかけてもらえるとうれしいです。ありがとうございました!」 ◆水戸ホーリーホック 「1年間という短い間でしたがありがとうございました」 「どんな状況であっても毎試合毎試合選手たちと同じくらい、それ以上に一緒に戦ってるファン・サポーターの皆さまにほんと感謝しています」 「チームは変わってしまいますが水戸ホーリーホックというクラブが大好きであるのは変わりません。活躍して成長した姿を見せられるように頑張ります。 ありがとうございました!」 2022.12.02 14:23 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌が広島MF浅野雄也を完全移籍で獲得、W杯でプレーする日本代表FW浅野拓磨の実弟

北海道コンサドーレ札幌は2日、サンフレッチェ広島のMF浅野雄也(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 浅野は三重県出身で、カタール・ワールドカップ(W杯)に出場しているFW浅野拓磨(ボーフム)の実弟。大阪体育大学から2019年に水戸ホーリーホックへと入団。2020年に広島へ完全移籍した。 広島には3シーズン在籍。今シーズンは明治安田生命J1リーグで12試合に出場、YBCルヴァンカップで3試合に出場した。 広島での通算では81試合に出場し11得点、リーグカップで8試合で1得点、天皇杯で1試合に出場した。 浅野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆北海道コンサドーレ札幌 「この度、サンフレッチェ広島から加入することになりました。自分のサッカーを思う存分ピッチで表現し、1日でも早くチームに貢献できるよう頑張っていきたいと思います。北海道コンサドーレ札幌のファン・サポーターの皆様、応援よろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「このたび、北海道コンサドーレ札幌へ完全移籍することになりました。今シーズンなかなかチームに貢献することができませんでしたが、リーグ戦3位、天皇杯準優勝、ルヴァンカップ優勝という素晴らしい結果を残せたこと、そして3年間にわたり紫のユニフォームを着て最高のメンバーと共に戦うことができたことを心の底から誇りに思います」 「振り返ると、僕が広島に加入した年に新型コロナウイルスが流行したため、なかなかサンフレッチェ・ファミリーの皆さんにお会いする機会がありませんでしたが、最後にファン感謝祭で皆さんとお会いし、温かい言葉をかけていただく中で改めて広島に来て本当に良かったなと思いました。たくさんの思い出ができ、大好きになったこの広島だからこそ、最後の最後の最後の最後の最後まで悩みましたが、自分のサッカー人生のことを考え、このような決断をしました」 「最後になりましたが、ファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、サンフレッチェ広島に関わってくださった全ての皆様、3年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.02 14:19 Fri
twitterfacebook
thumb

来季J1の新潟がC大阪DF新井直人を完全移籍で獲得、3年ぶりの古巣復帰で今季はレンタル先の徳島で主軸

アルビレックス新潟は2日、セレッソ大阪のDF新井直人(26)が完全移籍で加入したことを発表した。 新井は新潟経営大学から2019年に当時J2の新潟へ加入。開幕戦でスタメンを勝ち取り、ルーキーイヤーから出場試合数を重ねた。 2021年にセレッソ大阪へ完全移籍で加わるも、J1では出場機会に乏しく、今季は徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。主軸としてリーグ戦38試合2得点の数字を残した。 3年ぶりに古巣復帰の新井は各クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「再びアルビレックス新潟でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思っています。愛する新潟の街、ビッグスワン、そしてサポーターの皆さんの前で早くプレーがしたいです」 「ここに戻ってくることは、自分としてまだ早いのではないかといろいろと悩みました。それでも寺川(能人)強化部長をはじめ、熱く必要としてくださったアルビレックス新潟というクラブのために、もう一度自分の人生も懸けて勝負したいと思いました」 「そして、このクラブでタイトルが獲りたいです。来シーズン皆さんと再び共に戦えるのを楽しみにしています」 「アイシテルニイガタ!」 ◆セレッソ大阪 「セレッソでプレーする時間は1年という短い時間ではありましたが、選手、スタッフ含め、サポーターの皆さん、応援ありがとうございました」 「セレッソに戻ってもう一度チャレンジしたい気持ちも当然あり、すごく悩みました。試合に中々出られず、やり残したことや悔いも沢山あります。それでもいま必要とされる所でプレーしたいと思い、セレッソを離れることを決断しました。ここに来られたからこそ出会うことができ、共に戦えた選手、スタッフがいます。セレッソと来シーズン戦えることを楽しみにしています。サポーターの皆さんにまたプレーしている姿を見せられるよう頑張っていきます。本当にありがとうございました!」 ◆徳島ヴォルティス 「『徳島を再びJ1に』という強い想いを抱いて戦ってきましたが、それに結果で応えることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「ただ今シーズン、徳島のために向き合い戦ってきたことに対して悔いはありません。だからこそ、1年前に徳島に来る決断をしてからこれまでの間、間違いなく成長することができたと感じています」 「共に戦った選手、スタッフ、そして徳島ヴォルティスに関わるすべての仲間たちは、来シーズン必ずJ1昇格を成し遂げると思います。そのためにサポーターの皆さん、応援をよろしくお願いします。皆さんまたどこかで会いましょう!本当に応援ありがとうございました」 2022.12.02 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京が控えGK児玉剛と来季契約合意 「必ずタイトルを」

FC東京は2日、GK児玉剛(34)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 児玉はガンバ大阪と京都サンガF.C.の育成出身。2010年に京都でプロ入り後、愛媛FC、モンテディオ山形を経て、2019年からFC東京に活躍の場を移した。 FC東京ではサブGKとしての立ち位置で、今季も新加入のGKヤクブ・スウォヴィクをバックアップ。そのため、出番は限られ、ルヴァンカップの1試合に出場した。 契約更新を受け、クラブの公式サイトを通じて決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただくことになりました。強い決意と覚悟を持ち、過去最高の一年にしたいと思います。必ずタイトルを獲り、ともに喜びを分かち合いましょう!」 2022.12.02 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

京都、通算在籍12年の宮吉拓実と契約更新 「紫に染まったスタジアムで来シーズンも共に」

京都サンガF.C.は2日、FW宮吉拓実(30)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 宮吉は京都の育成出身で、トップチーム昇格を果たしてからカターレ富山、サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌でもプレー。2019年に京都復帰を果たした。 チームとともに明治安田生命J1リーグを戦った今季はリーグ戦15試合出場で2得点。ルヴァンカップや、天皇杯、J1参入プレーオフでも計8試合でプレーした。 来季で京都の選手として通算13シーズン目を迎える宮吉はクラブの公式サイトを通じて、決意を新たにしている。 「京都サンガF.C.を応援してくださるファン、サポーターの皆さま、また日頃よりご支援いただいているスポンサーの皆さま、今シーズンもたくさんのサポートをしていただきありがとうございました」 「コロナ禍による手拍子のみでの応援、声出し応援適用試合での熱いご声援、サンガスタジアムby KYOCERAのあの素晴らしい雰囲気の中、このクラブの一員としてプレーさせていただいていることが本当に幸せです」 「僕は今年、自分の人生の中で大切な人を3人失いました。日々サッカーができることに感謝し、一日一日を大切に頑張っていきたいと思います。紫に染まったスタジアムで来シーズンも共に戦いましょう」 2022.12.02 12:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly