エバートン、バーンリーからFWマクニールを完全移籍で獲得!

2022.07.29 01:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンは28日、バーンリーのイングランド人FWドワイト・マクニール(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなっている。

エバートンへの移籍が決定したマクニールは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「サイン出来て最高の気分だ。エバートンからの誘いを聞いたときは、すぐにでもサインしたかった。その一員になりたいと思った。彼らが今後何を望んでいるのか、監督と話したとき、本当にワクワクしたし、魅力的だったんだ」
14歳でバーンリーの下部組織に入団したマクニールは、2018年5月に19歳でファーストチームデビュー。以降はバーンリー一筋のキャリアを歩み、チームの主軸として公式戦通算147試合に出場して7ゴール17アシストを記録。

昨季もプレミアリーグ全38試合に出場し得意のドリブルから多くのチャンスを創出したが、得点は挙げられず、チームをチャンピオンシップ(イングランド2部)降格から救うことはできなかった。

なお、移籍金に関しては明かされていないがイギリス『The Athletic』は、2000万ポンド(約32億9000万円)で合意に達したと報じている。

関連ニュース
thumb

ポステコグルー監督のエバートン行きは「避けられない」、セルティックOBが予想

セルティックはアンジェ・ポステコグルー監督(57)の流出を避けられないのかもしれない。 横浜F・マリノスの前指揮官であるポステコグルー監督は、昨夏よりセルティックの指揮官に就任。昨季はヴィッセル神戸から獲得したFW古橋亨梧ら日本人選手が軒並みフィットし、クラブに2季ぶりのリーグ優勝をもたらした。 その手腕も高く評価され、プレミアリーグのクラブからのコンタクトに加え、先日には日本代表行きの噂も。直近では成績不振に喘ぐエバートンがターゲットに据えたとも報じられた。 日本からセルティックに赴いて1年半。オファーの大小に関わらず残留が濃厚ではとの見方もあるなか、元セルティックのフランク・マカヴェニー氏は、イギリス『Football Insider』のインタビューで同監督のエバートン行きは避けられないと断言している。 「彼はセルティックの一員としてヨーロッパにインパクトを与えたいと思っていて、エバートンはセルティックほどの大きなクラブではない。だが、私は最終的に彼がエバートンへ行くと確信している。それは避けられない」 「ポステコグルーを引き抜きたいなら、同時に彼が必要とする選手もクラブに迎え入れる必要があり、エバートンはそれさえも賛同する。彼の就任は長期的なプロジェクトなのだ」 ことあるごとにセルティックへの愛着を示してきたポステコグルー監督だが、しばらくはその去就への注目が続きそうだ。 2022.11.28 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

デレ・アリがトルコで苦戦…ベシクタシュ新指揮官も辛辣評価「期待を下回っている」

ベシクタシュでプレーする元イングランド代表MFデレ・アリだが、なかなかうだつが上がらないシーズンを過ごしているようだ。 トッテナムでブレイクしたデレ・アリは、アントニオ・コンテ監督の下で構想外の扱いを受け、今年1月にフリーでエバートンへ移籍。しかし、エバートンでも同胞のフランク・ランパード監督の信頼を掴むことができず、今夏に再起を図ってベシクタシュにレンタルすることになった。 トルコではここまでリーグ戦7試合に出場しており、ケガによる欠場を除けば全試合で先発出場中。しかし、先日にヴァレリアン・イスマエル監督が解任され、新たにシェノル・ギュネシュ監督が就任すると、その初陣となった直近のウムラニエスポル戦はハーフタイムでの交代を命じられていた。 試合後にギュネシュ監督は「就任すれば選手に私の方針や戦術を伝えることはできるが、デレ・アリにはまだ伝わっていないようだ」と戦術理解度、あるいは態度を批判。また、「選手としてデレ・アリのことは論じないようにしたい。だが、彼は効率性という点で期待を下回っていた」と、初陣のパフォーマンスでは必要なレベルに達していないとの評価を下した。 新天地でも苦戦が続くデレ・アリ。ベシクタシュは買取オプションを持っているが、現状で行使される可能性は低そうだ。 2022.11.01 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートンがウルブスの10番ポデンセに関心、来夏にコーディと2枚獲りへ?

エバートンが、ウォルバーハンプトンの元ポルトガル代表FWダニエウ・ポデンセ(27)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 ポデンセはスポルティングCPの下部組織出身で、2020年1月にオリンピアコスからウルブスへ移籍。身長165cmと小柄ながらも切れ味鋭いドリブルが特徴で、背番号10を纏って通算81試合12得点8アシストを記録している。 今季のウルブスは深刻な得点力不足に陥り、両ワイドが主戦場のポデンセも12試合で2得点。契約は2024年6月までながら、代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏とともに今季終了後の移籍を模索し始めたとされる。 そんななか、移籍先として挙がるのがエバートン。同クラブは今夏にウルブスからイングランド代表DFコナー・コーディ(29)を1年レンタルで獲得し、来夏は完全移籍移行に関する話し合いに。並行してポデンセも議題にする思惑のようだ。 2022.10.27 16:16 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ監督がリシャルリソンのW杯出場の可能性を否定せず…「深刻なケガではない」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、エバートン戦で負傷したブラジル代表FWリシャルリソンの状態について言及した。 15日のプレミアリーグ第11節でエバートンをホームに迎え撃ち、2-0で勝利したトッテナム。この試合でも3トップの一角で先発したリシャルリソンだが、左足ふくらはぎを痛め、52分に交代。試合後には松葉杖姿でスタジアムを後にしていた。 次節のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けた会見に臨んだコンテ監督は、その中でリシャルリソンの状態について以下のようにコメントした。 「リシャルリソンがワールドカップに絶対に間に合わないということはない」 「彼は負傷をしてしまったが、それは深刻なケガではない。私は彼がワールドカップ前に、我々のために試合に復帰することを願っている」 2022.10.18 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「日頃の練習で積み重ねる努力に報いるパフォーマンスぶり」 コンテ監督が連勝に満足

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がコメントしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 15日のプレミアリーグ第11節でエバートンをホームに迎え撃ったトッテナム。FWハリー・ケインのリーグ5戦連続ゴールにMFピエール=エミール・ホイビュアの追加点で2-0と勝利した。 リーグ戦2試合連続の無失点勝利で週明けのミッドウィークに予定する次節のマンチェスター・ユナイテッド戦に弾みをつけたコンテ監督。試合後、選手の働きぶりに満足感を示した。 「驚きではなかったが、今夜の試合で披露したインテンシティあるプレーは本当にポジティブなものだった。正しい形で仕事をすれば、選手のパフォーマンスはいつだって向上するからだ」 「2日前に試合をしたばかりだが、選手たちが最初から最後まで走り続けてくれた。特に、選手たちを喜ばしく思う。日頃のトレーニングで積み重ねる努力に報いるパフォーマンスぶりだから」 そんなトッテナムは今季のホーム戦で無類の強さを誇り、7試合を戦って全勝中。イタリア人指揮官もファン、サポーターの後押しを感じているようだ。 「ファンのことを思うと本当に嬉しいね。あのような素晴らしい雰囲気のなかでプレーができ、ファンが我々の名前を歌ってくれるのは我々を誇らしく思わせてくれ、このクラブのためにもっともっと頑張ろうという気にさせてくれる」 2022.10.16 09:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly