山形が長野DF喜岡佳太を完全移籍で獲得 「一つでも多く勝利の力に」

2022.07.18 18:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
モンテディオ山形は18日、AC長野パルセイロからDF喜岡佳太(24)の完全移籍加入を発表した。背番号「37」をつける。

喜岡は市立船橋高校出身で、新潟医療福祉大学を卒業した2020年に長野でプロキャリアをスタート。ルーキーイヤーから重宝され、3年目の今季もここまで明治安田生命J3リーグ17試合に出場で1得点を記録している。

J2リーグ初挑戦の喜岡は山形を通じて、「シーズン途中にも関わらず加入させて頂いたことに本当に感謝しています。自分の武器である、チームの為に闘い体を張る守備で、一つでも多く勝利の力になれるように頑張ります! これからよろしくお願いします!」とコメントした。
一方で、長野を通じては「しっかりと挨拶ができれば良かったのですが、急な報告になり直接挨拶できず申し訳ございません」と詫び、感謝と惜別の言葉を残した。

「簡単な決断ではありませんでした。試合に出させてもらっている自分がシーズン途中で、最後まで闘わないのは無責任であるという気持ちもありましたが、新たな道にチャレンジしたいという気持ちで移籍を決断しました」

「大学卒業後に長野に加入し、素晴らしいスタッフ・チームメイト・サポーターに出会うことができ本当に自分は幸せ者です。長野に加入して、スタッフはもちろんたくさんの先輩からのアドバイスが自分を成長させてくれたと感じています。そしてどんな時も熱く応援してくれるサポーターのおかげで毎試合頑張ろうと思えることができました。鳥取戦後は耐えきれずに泣いてしまい、すみません」

「本当に、このパルセイロファミリーが大好きです! 大学卒業後にパルセイロに加入して幸せでした! 山形に行っても変わらず、チームの為に献身的に走り身体を張って闘う姿勢で頑張るので、これからも応援して頂けると嬉しいです。2年半、本当にありがとうございました! またどこかでお会いできる日を楽しみにして、行ってきます!」

関連ニュース
thumb

山形退団のFW木戸皓貴がラインメール青森へ完全移籍「人生かけて戦います」

モンテディオ山形は23日、FW木戸皓貴(27)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 木戸は熊本県出身で、東福岡高校、明治大学へと進学。2018年にアビスパ福岡へと入団した。 福岡では3シーズンを過ごし、J2通算67試合5得点、天皇杯で4試合1得点を記録。2021年から山形でプレーしていた。 山形では2シーズン在籍し、J2で38試合1得点、天皇杯で2試合に出場。シーズン終了をもって退団が決まっていた。 木戸は青森を通じてコメントしている。 「この度、モンテディオ山形から移籍しました、木戸皓貴です。J3昇格を成し遂げる為に、人生かけて戦います。1年間熱い応援、後押し、宜しくお願いします」 2023.01.23 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「最高すぎだろ!!」「スタイル抜群」山形がモデル・佐藤晴美さんのスペシャルユニフォーム販売、今季から“ブッチギレ隊長”就任「着こなし方凄すぎる」

モンテディオ山形は20日、「ブッチギレ隊長」に就任した佐藤晴美さんのオリジナルネームユニフォーム販売を発表した。 佐藤さんは山形県天童市の出身で、Flower、E-girlsのメンバーとして活躍。現在はモデルとして活躍している。 その佐藤さんは今シーズンから地元クラブの「ブッチギレ隊長」に就任。2022シーズンも山形のホームゲームを訪れるなどしていた。 今シーズンも隊長として、クラブイベントの参加やソーシャルメディアを中心とした山形のPR活動に参加する佐藤さん。自ら選んだ晴れを意味する「80 HARUMI」の背番号とネームが入ったスペシャルなユニフォームが販売されることとなった。 ファンは「スタイル抜群」、「ユニの着こなし方凄すぎる」、「最高すぎだろ!!」、「これにしようかな」、「素敵」とユニフォーム姿が話題になっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ファン絶賛、山形のユニフォームを着る佐藤晴美さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/harumi20230121_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.01.21 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

山形がユース育ちの関東学院大学MF狩野海晟の2024年加入内定を発表「子どもたちに夢を与えられるような選手に」

モンテディオ山形は13日、関東学院大学のMF狩野海晟(20)が2024シーズンに加入することが内定したと発表した。 狩野は宮城県出身で、元日本代表MF香川真司も所属していたFCみやぎバルセロナから山形のユースに加入。その後関東学院大学へ進学していた。 狩野はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2024年シーズンよりモンテディオ山形に加入することが内定しました、関東学院大学の狩野海晟です。幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをユース時代お世話になったモンテディオ山形でスタートできることを大変嬉しく思います」 「これまで自分を支えてくれた家族、一緒に戦ったチームメイト、指導者、友人、ユースの頃からずっと応援してくれているサポーターのみなさま、自分に携わってくれた方々への感謝の気持ちを忘れずに日々精進していきます」 「そして、自分が小さい頃に地元のプロサッカー選手に夢を与えてもらったように、今度は自分が子どもたちに夢を与えられるような選手になりたいと思います」 「モンテディオ山形のサポーターの皆様へ。山形のたくさんの勝利に貢献できるように、サポーターの皆様とたくさん「ブルイズ」ができるように全力で頑張ります!応援よろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】山形に2024年に加入が内定した狩野海晟</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">狩野 海晟選手 2024シーズン加入内定のお知らせ<br><br>関東学院大学所属の狩野海晟選手が2024シーズンよりモンテディオ山形へ加入することが内定しました。<br><br>本人コメントは下記をご覧ください。<a href="https://t.co/ur9SwKKV8M">https://t.co/ur9SwKKV8M</a><a href="https://twitter.com/hashtag/montedio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#montedio</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%AE%E3%83%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブッチギレ</a> <a href="https://t.co/53TaVlE9Pc">pic.twitter.com/53TaVlE9Pc</a></p>&mdash; モンテディオ山形広報/Montedio Yamagata (@monte_prstaff) <a href="https://twitter.com/monte_prstaff/status/1613703332304138240?ref_src=twsrc%5Etfw">January 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.13 10:12 Fri
twitterfacebook
thumb

「うらやましい」「ついに女神降臨」元Flower、E-girlsのモデル佐藤晴美さんがJ2山形の"ブッチギレ隊長"に就任

J1昇格へ向けての追い風になりそうだ。 モンテディオ山形は9日、モデルとして活動する佐藤晴美さんが、「ブッチギレ隊長」に就任したことを発表。サポーターからは歓喜の声が上がった。 山形県出身の佐藤さんは、これまで女性ダンス&ボーカルグループ『Flower』や『E-girls』に所属。さらに、2012年に『東京ガールズコレクション』でモデルデビューすると、様々な媒体に出演。2021年1月からはソロ・アーティストとしても活動をスタートさせ、様々なファッション誌で活躍、また女優としてドラマや映画にも出演するなど幅広く活動している。 昨季は山形のホームゲーム、9月18日に「ガールズデー」として開催したジェフユナイテッド千葉戦に来場し、トークショーやキックインセレモニーなどで会場を盛り上げた。 ブッチギレは2022年に山形が掲げたスローガンで、今季も継続して採用。隊長に就任した佐藤さんは今後、クラブイベントの参加やソーシャルメディアを中心とした山形のPR活動に参加するとのことで、クラブを通じて意気込みも語っている。 「このたびモンテディオ山形の『ブッチギレ隊長』として、1年間応援させていただくことになりました。私自身の地元山形を背負って戦う選手のみなさんを精一杯ファン・サポーターのみなさんと一緒に応援できることをすごく楽しみにしています」 「1年間「ブッチギレ」で頑張りたいと思います。一緒に盛り上げていきましょう!」 ファンからも歓迎の声が多数上がっており、「フロントの方グッジョブ」、「うらやましい」、「ついに女神までモンテに降臨した」、「いいなー。。」、「女神的活躍でモンテをJ2優勝、J1昇格に導いてくれることに期待してます!!」、「嬉しいーっ!!」、「2023シーズンのサプライズ補強はこの方でしたね!笑」など、インターネット上には歓喜や羨望の声が集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】昨季山形のホームゲームに来場した佐藤晴美さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">9月18日 モンテディオ山形 対 ジェフユナイテッド千葉の試合に、山形県出身のモデル 佐藤晴美さんがご来場<br><br>試合前の場外トークショーや、キックインセレモニーに参加されました<a href="https://twitter.com/monte_prstaff?ref_src=twsrc%5Etfw">@monte_prstaff</a> <a href="https://t.co/wKJNF71dD9">pic.twitter.com/wKJNF71dD9</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1572077014575910912?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.10 18:02 Tue
twitterfacebook
thumb

山形がDF松本怜大の現役引退を発表、今季からクラブコミュニケーター就任「チームと山形を繋ぐ役割に誇りを持って全力で走り続けていきます」

モンテディオ山形は9日、2022シーズン限りで契約が満了となったDF松本怜大(32)が現役を引退することを発表した。 松本は、埼玉県出身でコンサドーレ札幌U-18に所属。その後東洋大学へと進学し、2013年に札幌に入団した。 2015年にはFC町田ゼルビアへと完全移籍。2018年から山形に完全移籍していた。 山形では5シーズンプレーし、J2通算106試合1得点、天皇杯で3試合に出場していた。 キャリア通算ではJ2で194試合4得点、J3で29試合出場、天皇杯で12試合に出場していた。 松本はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンをもって現役を引退することを決断しました。兄の影響で僕のサッカー人生はスタートし、本当に出会いに恵まれてプロ生活が始まり、10年間続けることができました」 「そして、今シーズンからもモンテディオ山形の一員として受け入れてもらえたこと、大変嬉しく思います。これからもモンテディオ山形のために、チームと山形を繋ぐ役割に誇りを持って全力で走り続けていきます。みなさん何卒よろしくお願いします」 なお、松本はクラブコミュニケーターに就任することも併せて発表されている。 クラブコミュニケーターとは、「山形県内におけるモンテディオ山形のホームタウン活動に参加し、地域とクラブをつなぐクラブの顔として活動する」という業務があるとのことだ。 2023.01.09 22:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly