ブレーメン、昨季19Gのフュルクルクと契約延長を発表!

2022.07.18 00:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンは17日、ドイツ人FWニクラス・フュルクルク(29)との契約延長を発表した。なお、新たな契約期間は明かされていない。

新契約にサインしたフュルクルクは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「来シーズンは、もっと責任ある仕事をしたいと思っているよ。特に昇格直後のシーズンは、すでにブンデスリーガを経験している選手が引っ張っていくことが大事だと思っている。だから、契約を延長することで少しでもそれをアピールしたいと思っているんだ」

ブレーメンの下部組織で育ったフュルクルクは、2012年にトップチームデビュー。その後、ニュルンベルクやハノーファーでのプレーを経て、2019年夏に5年ぶりに復帰。

しかし、復帰後は度重なるケガに悩まされ、2シーズンで公式戦わずか31試合に出場に留まると、2020-21シーズンにはチームが41年ぶりの2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)に降格。

1年での1部復帰も目指した昨季は、開幕からスタメンに名を連ねると2.ブンデスリーガ33試合に出場し19ゴール8アシストと完全復活ともいえる活躍を見せ、1部復帰に大きく貢献した。

関連ニュース
thumb

ゲッツェ移籍後初ゴールに鎌田が2アシストのフランクフルト、今季初勝利《ブンデスリーガ》

フランクフルトは28日、ブンデスリーガ第4節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、4-3で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ケルン戦で直接FK弾を決めて2戦連発とした鎌田。チームは終盤の失点で追いつかれてドローに終わり2分け1敗スタートとなった中、鎌田は[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 1勝2分けスタートのブレーメンに対し、立ち上がりから攻勢に出たフランクフルトは開始2分に先制する。コロ・ムアニがボックス左深くまで侵入してマイナスにパス。ペナルティアーク中央で受けたゲッツェが強烈なミドルシュートを叩き込んだ。 ゲッツェの移籍後初ゴールで先制したフランクフルトだったが、14分に追いつかれる。CKの流れからユングにシュートを決められた。 さらに17分、FKからビッテンコートのヘディングシュートが決まって一気に逆転されてしまう。 セットプレーから立て続けにゴールを許したフランクフルトは、19分に鎌田がヘディングシュートでネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 それでも32分、鎌田が中盤でボールをカットしてショートカウンターに出た流れからコロ・ムアニがシュートを決めきって同点に。 さらに39分、ローデのスルーパスに抜け出したリンドストロームがボックス右に侵入。GKとの一対一を制して3-2と勝ち越して前半を終えた。 迎えた後半開始3分、フランクフルトが突き放す。鎌田がボックス中央でポストプレー。丁寧な落としからソウがシュートを流し込んだ。 主導権を握るフランクフルトは71分にピンチを迎えるも、ボックス左からブキャナンの放ったシュートは枠の上に外れて助かった。 終盤にかけてはフランクフルトが危なげなく時間を消化。追加タイムにPKで1点差に詰め寄られたものの、4-3で制し今季初勝利を手にしている。 <span class="paragraph-title">【動画】移籍噂の鎌田大地も2アシストの活躍!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0Q5hhFwxaig";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.29 02:33 Mon
twitterfacebook
thumb

89分から3失点で逆転負けのドルトムントへファンがチクり「ブックメーカーは利益を上げた」「ノーハーランド、ノーパーティー」

ブンデスリーガで予想だにしない逆転劇が起きた。 20日に行われた第3節のドルトムントvsブレーメンは、前半終了間際にMFユリアン・ブラントが強烈な左足の一撃を沈めてドルトムントが先制すると、77分にはDFラファエウ・ゲレイロが強烈なミドルシュートを突き刺してリードを広げる。 試合巧者ぶりを見せていたドルトムントだが、89分からまさかの展開に。 途中出場のDFリー・ブキャナンに1点を返されると、追加タイム3分にも途中出場のMFニクラス・シュミットに決められて同点に。さらには2分後、やはり途中出場のFWオリヴァー・バークにもゴールを許し、終了間際の6分間で大逆転負けを喫した。 途中投入選手の活躍で逆転勝ちを収めた前節と対照的な結果に嘆きや皮肉の声を上げるファンも多数。『イレブンスポーツ』の投稿した終盤のシーンに対しては、「典型的なドルトムントの試合」、「こういうとこだよ」、「ノーハーランド、ノーパーティー」、「賭けてた人は涙だな」、「今日のブックメーカーは良い利益を上げた」「もうこんな週末は嫌だ」との愚痴が舞うこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ドルトムント、89分からの連続3失点</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChfL4bIDlI5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChfL4bIDlI5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChfL4bIDlI5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.21 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「残酷なほど腹が立つ」終盤3失点で痛恨逆転負けのドルトムント、指揮官は失望隠さず「当然の結果」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督は、ブレーメン戦の大逆転負けに失望を隠さなかった。クラブ公式サイトが伝えている。 ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第3節でブレーメンをホームに迎えた。前半は押し込まれる展開が続いたが、前半アディショナルタイム2分に見事なカットインからドイツ代表MFユリアン・ブラントが先制ゴールを挙げると、77分にはポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロが強烈なミドルシュートで追加点を奪った。 リードを2点に広げ、開幕3連勝を飾るかと思われたドルトムントだったが、最終盤で悪夢の展開が待っていた。88分に相手に1点を返されると、後半アディショナルタイムにまさかの2失点。最後の最後で逆転を許し、2-3で敗れた。 テルジッチ監督は試合後、内容に不満を語りつつも、終盤まで2点をリードした状況では勝ちきる必要があったと嘆いた。 「当然の敗北だと言いたい。たとえ良いパフォーマンスでなかったとしても、88分まで2-0だったと考えたら、残酷なほど腹が立つ。ラッキーな展開だったが、その時間帯までは我々がリードしていたのだ」 「試合の入りはかなり良く、ブレーメンが攻め込もうとしたときには、中央を固めてサイドに追いやった。その後は多くの相手にボールを与えしまい、守備に追われることになったが、後半はなんとか2点目を取ることができた。悪いパフォーマンスだったとはいえ、ホームで2-0とリードしているときには、勝ち切る必要があると思う」 「アクションを起こせず、スローインから相手に1点目を奪われた。そこから2回の失点はどちらもカウンターからだ。我々は明らかにボールを保持していた」 「2失点目の前にジョバンニ・レイナがファウルを受けたかどうかは、議論の余地があるだろう。しかし、そう簡単にボールを手放してはいけないのだ。 ブレーメンは素晴らしい戦いに報いて、勝利に値した」 <span class="paragraph-title">【動画】これぞ悪夢…勝利目前での3失点。。</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ChfL4bIDlI5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ChfL4bIDlI5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ChfL4bIDlI5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.21 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤にまさかの3失点… ドルトムントがブレーメンに痛恨逆転負け《ブンデスリーガ》

ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第3節でブレーメンをホームに迎え、2-3で逆転負けした。 前節フライブルク戦ではテルジッチ監督の采配がピタリと当たって逆転勝利としたドルトムントは、バイエルンとともに2連勝スタート。そのドルトムントはシュツットガルト戦で途中出場しプロ初ゴールを記録したバイノー=ギテンスが先発となった。 2分けスタートのブレーメンに対し、最前線に前節デビューを飾ったモデスト、2列目に右からブラント、ロイス、バイノー=ギテンスと並べたドルトムントが押し込む流れで立ち上がった中、16分にアクシデント。右肩を痛めたダフードがプレー続行不可能となってジャンが投入された。 主導権を握りきれないドルトムントは34分にピンチ。ショートカウンターを受けてドゥクシュにGK強襲のシュートを打たれた。さらに43分、ペナルティアーク左で許した近距離からのFKをドゥクシュに直接狙われて枠を捉えられるもGKコベルが好守で防ぐと、追加タイム2分に先制した。 右サイドからカットインしたブラントが左足を一閃。強烈なシュートがゴール右隅に決まってドルトムントが1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、守勢のドルトムントは62分に3枚替えをした中、77分にリードを広げる。CKの流れから中央のラファエウ・ゲレイロが強烈なミドルシュートを突き刺した。 試合巧者ぶりを見せ付けていたが、終盤に落とし穴。まずは89分、途中出場のブキャナンに1点を返されると、追加タイム3分にも途中出場のニクラス・シュミットにヘディングシュートを決められ同点に。 そして試合終了間際の追加タイム5分、やはり途中出場のバークにもゴールを決められ、まさかの逆転負け。痛恨の敗戦で連勝がストップした。 2022.08.21 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤が豪快ミドル弾もシュツットガルト、試合終了間際の被弾でブレーメンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは13日、ブンデスリーガ第2節でブレーメンとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 強豪ライプツィヒとの開幕節で遠藤と伊藤が揃って先発した中、1-1の引き分けに持ち込んだシュツットガルトは、引き続き遠藤と伊藤がスタメンとなった。 開幕節でヴォルフスブルクに引き分けたブレーメンに対し、シュツットガルトは開始4分に失点する。ユングの左クロスからフュルクルクにヘディングシュートを決められた。 さらに9分、フュルクルクにバー直撃のシュートを浴びてひやりとしたシュツットガルトは、ボールこそ持つものの攻めあぐねる状況が続いた。 そんな中33分、遠藤がミドルシュートでGKを強襲すると、37分に同点弾を叩き込む。中央でボールを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、守勢に回っていたシュツットガルトだったが、77分に逆転する。カライジッチのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったムヴァンパがGKとの一対一を決めきった。 このまま逃げ切るかと思われたシュツットガルトだったが、試合終了間際の追加タイム5分に落とし穴。パワープレーを受けた流れから最後はバークに決められた。 直後にタイムアップとなり2-2で決着。シュツットガルトは逃げ切り失敗で2戦連続ドローとなった。 2022.08.14 00:44 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly