Jリーグに“ピカチュウ”! 移籍金1億3000万円で清水入りへ…クラブに別れ「胸を張って去る」

2022.07.14 12:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本への移籍が噂されているMFヤゴ・ピカチュウ(30)がフォルタレザに別れを告げた。ブラジル『グローボ』が伝えた。

かつてはガンバ大阪も獲得に動いているとされたピカチュウだが、現在は清水エスパルスが獲得に近づいているとされており、ヴァスコ・ダ・ガマでプレーしていた際に清水を率いるゼ・リカルド監督から指導を受けていた。

『グローボ』によると、清水は500万レアル(約1億3000万円)に設定されている移籍金を支払うことで合意したとのこと。オファーを受け入れ、日本へやってくることを決断したとした。
そのピカチュウは、13日に行われたコパ・ド・ブラジルのラウンド16のセアラー戦後にクラブへと別れを告げた。

「全力を尽くし、クラブの良いところだけを持って、胸を張って去ろうと思う。何千人ものファンの代表として、とても嬉しく思う」

「コパ・ド・ブラジルのノックアウトラウンドで再びライバルと対戦することは、クラブにとってもファンにとっても意味があることだ。この試合までは、ここに居たいと思っていた」

「僕はこのクラブで1年半築き上げてきた成果、到達した目標、特にチームをコパ・リベルタドーレスに導いたことは、常に僕の心に刻まれている」

ピカチュウはここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで173試合に出場し30ゴール14アシストを記録。セリエB(ブラジル2部)でも97試合で21ゴール14アシストを記録していた。



1 2

関連ニュース
thumb

清水、中央学院大学からGK阿部諒弥の来季加入内定を発表「決して驕る事なくチームの為に努力します」

清水エスパルスは29日、中央学院大学のGK阿部諒弥(21)の来季加入内定を発表した。 北海道出身の阿部は、帯北アンビシャス、帯広北高校サッカー部への所属を経て、中央学院大学に進学。193cmの高さを武器とするGKとして、高校時代にはU-18日本代表の候補にも選出された。 新シーズンからプロキャリアをスタートさせる阿部。クラブを通じてこれまでお世話になった人への感謝やプロへの意気込みを述べている。 「2023シーズンより清水エスパルスへ加入する事になりました、中央学院大学の阿部諒弥です。清水エスパルスという歴史あるチームの一員になれる事を大変嬉しく思います。これまでお世話になった指導者の方々や練習を共にしたチームメイト、そしてどんな時もサポートしてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです」 「大学4年の春に怪我をし、清水エスパルスには本当に沢山のサポートをしていただきました。スカウトのお二人は何度も様子を見に来て下さり、様々な言葉をかけていただきました。その一つ一つが自分にとっての支えとなり怪我を完治する事が出来ました。この感謝の気持ちを次はプレーで返す番だと思っていますので、清水エスパルスの勝利の為に貪欲にプレーします。プロサッカー選手になった事がゴールではありません。これから沢山の事を吸収し、決して驕る事なくチームの為に努力しますので、応援よろしくお願いします」 2022.11.29 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

清水がプロ3年目のFW栗原イブラヒムジュニアと契約満了…今季途中からはJ3福島でプレー「もっとエスパルスでサッカーをしたかった」

清水エスパルスは23日、FW栗原イブラヒムジュニア(21)との契約満了を発表した。 栗原は埼玉県出身で、191cmの長身ストライカー。三菱養和SCユースから2020年に清水に入団。シーズン途中からアスルクラロ沼津へと育成方期限付き移籍していた。 プロ2年目の昨季はシーズン途中から鈴鹿ポイントゲッターずへ育成型期限付き移籍。今シーズンもシーズン途中から福島ユナイテッドFCへと育成型期限付き移籍していた。 プロ3年間で清水での出番は今シーズンのJ1で2試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場したのみで、1得点に終わっていた。福島では明治安田生命J3リーグで13試合に出場し1得点だった。 栗原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆清水エスパルス 「今シーズンをもちまして契約満了となりました。まずはエスパルスでの出会い全てに感謝しています。もっとエスパルスでサッカーをしたかった。もっと試合に出たかった。もっとゴールを決めたかった。この3年間本当に悔しくて、辛いことの方が圧倒的に多かったですが、今シーズン始めには平岡前監督にチャンスをいただき、エスパルスのユニホームを着て試合に出場することができました」 「ピッチの中から見るエスパルスサポーターの姿はとても熱いものを感じました。普段から試合に出場していない時も応援してくれていたサポーターの皆様の期待に応えることができず悔しいです。この悔しさを晴らすべく新たな場所で頑張ります。3年間ありがとうございました」 ◆福島ユナイテッドFC 「まずは僕を受け入れてくれた福島の皆さん、ありがとうございます。もっと自分の活躍でチームを勝たしたかったです。ですが、福島に来て本当に良かったと思っています」 「ここでの出会いや経験に感謝して、ここから先の人生に活かしていきます。本当にありがとうございました」 2022.11.23 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J2降格の清水が水戸の監督を退任した秋葉忠宏氏をコーチに招へい、今季は熱血漢ぶりが話題に「世界に誇れるクラブへと共に歩んでいきましょう」

清水エスパルスは23日、今シーズンまで水戸ホーリーホックで監督を務めていた秋葉忠宏氏(47)がコーチに就任することを発表した。 現役時代はアルビレックス新潟で200試合以上の出場記録を持つ秋葉監督は、2009年に当時神奈川県社会人リーグに所属していたSC相模原で選手兼監督として指導者キャリアをスタート。2010年に現役を引退し、監督業一本に絞った。 その後はザスパクサツ群馬の監督や、世代別の日本代表コーチを経て、2020年から以前ヘッドコーチを務めた水戸の監督に就任。1年目はJ2リーグ9位、2年目は10位でフィニッシュさせると今シーズンは16位でフィニッシュしていた。 今シーズンは敗戦後の試合では「何もない。今季最低のゲームです」と語気を強めたこともあれば、その3日後に勝利したゲームで「This is 水戸ホーリーホック」とコメントでも沸かせていた。 秋葉コーチはクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスを愛する皆さん、2023シーズンより清水エスパルスでお世話になります、熱すぎる男こと秋葉忠宏です。エスパルスでのタスクはしっかりと理解しています。クラブや監督、スタッフと選手たちが団結し、一体となり強い絆を築き、意思疎通が円滑に取れるよう、しっかりと間に立ちハードワークしていきます」 「エスパルスを愛する皆さんと力を合わせる事でのみ達成できる、日本を代表するクラブ、世界に誇れるクラブへと共に歩んでいきましょう。よろしくお願いいたします」 2022.11.23 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

J2降格の清水、ゼ・リカルド監督の続投を発表「2023年を静岡の伝統と歴史に恥じない年に」

清水エスパルスは23日、ゼ・リカルド監督(51)が2023シーズンも指揮を執ると発表した。 ブラジル出身のゼ・リカルド監督はこれまでフラメンゴやヴァスコ・ダ・ガマなど、母国クラブの監督を歴任。カタールのカタールSCを率いた経験も持つ。今年6月から平岡宏章監督に代わって低迷していた清水の指揮を執っていた。 8月には3勝1分けの無敗を記録し、一時はチームも11位まで浮上したが、終盤の失点癖は改善し切れず、勝利必須の最終節も北海道コンサドーレ札幌に逆転負け。最終順位は17位となり、無念のJ2降格を招いてしまった。 1年でのJ1復帰を目指す清水は、ゼ・リカルド監督の続投を発表。指揮官はクラブ公式サイトへ以下のようなコメントを充てている。 「今シーズンも熱い応援をありがとうございました。クラブに関わる全ての皆様に挨拶させていただきます」 「まずは何より、今年途中で来日した我々を大変温かく迎え入れてくださり、心から感謝しています。私にとってこの地は特別な場所となりました。今年は監督として、そして人間としても重要な挑戦の年となり、残念ながら最大の目標を達成することはできませんでしたが、今は2023年を静岡の伝統と歴史に恥じない年にする、という責任と意欲に満ちています」 「今シーズン味わった悔しさは教訓として、多くのエネルギーと喜びに溢れたシーズンにする為の燃料となります。我々は皆様の代表として、ふさわしい高みを目指していきます。来シーズンも共に戦いましょう」 2022.11.23 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF本田拓也が現役引退、清水、鹿島、山形、岐阜でプレー

FC岐阜は18日、元日本代表MF本田拓也(37)の現役引退を発表した。 本田は神奈川県出身で、桐光学園高校から法政大学に進学。2008年に清水エスパルスに入団した。 清水で3シーズンプレーすると2011年に鹿島アントラーズに完全移籍。2013年途中に清水へと復帰する。 その後、2017年にモンテディオ山形へと完全移籍。2021年から岐阜でプレーしていた。 清水ではJ1通算127試合4得点、J2通算19試合、リーグカップ通算22試合、天皇杯通算19試合に出場した。鹿島ではJ1通算18試合、リーグカップ通算7試合、天皇杯通算3試合に出場。山形ではJ2通算121試合1得点、天皇杯通算2試合に出場。岐阜ではJ3通算30試合、天皇杯2試合に出場していた。 また、日本代表に2011年に招集され2試合プレーしていた。 2022.11.18 15:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly