ビダルにフラメンゴ移籍の動き! 現地入りでファンから歓迎受ける

2022.07.07 10:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(35)のフラメンゴ移籍が秒読み段階に入った。

2020年9月のインテル入りでセリエAに舞い戻ったビダル。来季まで契約を残すが、今夏の退団が濃厚視され、ブラジルの名門であるフラメンゴ行きが噂されている。

そして、ブラジル『Globo』によると、今も闘犬ぶりをプレースタイルの根幹となる35歳は6日午後、リオデジャネイロに到着したという。

空港ロビーに姿を現すと、待ち構えるファンの熱烈な歓迎を受け、写真撮影などに応対。メディア陣に対しても、こう心境を明かしたようだ。

「ここに来られて良かったよ。幸せなひとときだ。まだ交渉中だけど、フラメンゴのファンとして試合(同日夜にマラカナンで行われるコパ・リベルタドーレスのデポルテス・トリマ戦)を観るつもりで、次に進んでもらいたいね」

ビダルは7日にもメディカルチェックを受けるようで、それが終わるとインテルとの契約解除を巡る交渉をまとめるため、イタリアに戻る模様だ。

その後、母国チリで過ごしてから、フラメンゴ移籍がリリースされる見通しとのこと。なお、フラメンゴとは2023年末までの契約とみられる。

関連ニュース
thumb

元セレソンのオスカル、母国復帰が決定的! フラメンゴと合意

元ブラジル代表MFオスカル(30)の母国復帰が決定的なようだ。 キャリア絶頂期の2017年1月にチェルシーから上海海港に移籍して、話題を呼んだオスカル。それから早5年が経ち、30歳の今もクラブの相次ぐ財政破綻で一時の勢いを失う中国スーパーリーグを舞台とし続けている。 だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が4日に報じたところによると、先月中旬頃から交渉に入ったブラジルの強豪フラメンゴ行きで合意に達したという。 インテルナシオナウからチェルシーに加わった2012年7月以来の母国復帰になるオスカル本人も自身のインスタグラムに「常日頃のサポートと愛に感謝する! また会おう」と感謝と別れの言葉も綴っている。 なお、ブラジル『UOL』によると、2022年末までのローン契約で母国復帰になる見込み。フラメンゴは先日にチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを獲得するなど、この夏に大きな動きを続けている。 2022.08.05 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸がフラメンゴDFマテウス・トゥーレルを期限付きで獲得 「チームのために努力」

ヴィッセル神戸は1日、フラメンゴからブラジル人DFマテウス・トゥーレル(23)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は今季終了まで。背番号「15」をつける。 マテウス・トゥーレルは世代別代表歴もある身長186cmのセンターバックで、昨季はリーグ・アンのモンペリエにレンタル移籍。公式戦18試合でプレーした。 神戸は今季のここまで明治安田生命J1リーグで17位に沈み、残留争いの真っ只中。モンテネグロ代表FWムゴシャ、MF飯野七聖に続く今夏3人目の補強となる。 DF菊池流帆の負傷離脱もあって、手薄なセンターバックで活躍が期待されるマテウス・トゥーレルはクラブを通じて意気込みを語っている。 「初めまして、トゥーレルです。この機会をいただけたことを嬉しく思います。チームのために努力します。もうすぐ皆さんに会えるのが楽しみです」 2022.08.01 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸がCBを補強? 昨季リーグ・アンに鳴り物入り挑戦の23歳ブラジル人

下位からの巻き返しを図っているヴィッセル神戸が、新たな外国人を補強するようだ。フラメンゴの情報を扱うブラジル『Mundo Rubro Negro』が報じた。 その選手は、ブラジル人DFマテウス・トゥーレル(29)とのこと。現在はフラメンゴに所属している。 2018年にフラメンゴの下部組織からファーストチームに昇格。2021-22シーズンはリーグ・アンのモンペリエへとレンタル移籍を経験した。 大きな期待を寄せられて加入したモンペリエでは、開幕から6試合は連続で先発出場を果たすも、ミスが散見され、球際でも強さを発揮できないことから徐々に序列が下がって行き、DFママドゥ・サコー、DFニコラ・コッツァ、DFマキシム・エステヴェの後塵を拝していた。 6月にレンタル期間が終了し、250万ユーロ(約3億5000万円)の買い取りオプションが行使されず、現在はフラメンゴに復帰している。 報道によれば、神戸への移籍で交渉が進んでいるとのこと。また、ブラジル人ジャーナリストのヴェネ・カサグランデ氏(@venecasagrande)によれば、クラブからピッチ外の状況についても問い合わせがあるとし、12月末までのレンタル移籍になることが濃厚とされている。 神戸には、フラメンゴでプレーしていたFWリンコンもおり、マテウスにとっては知っている顔もいる状況。神戸は日本代表MF橋本拳人がセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のウエスカへ移籍することが決まったこともあり、後ろの選手の補強が必要となっていた。 今夏神戸は、サガン鳥栖からMF飯野七聖、仁川ユナイテッド(韓国)からモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャを獲得している。 2022.07.19 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「ビーチでの生活を楽しむために来た」元ブラジル代表DFがフラメンゴ加入のビダルを非難

元ブラジル代表DFのシシーニョ氏が、フラメンゴに加入したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを批判した。イタリア『Calciomercato.com』が伝えている。 これまでユベントスやバイエルン、バルセロナなど欧州の名だたるビッグクラブを渡り歩き、2020-21シーズンからはインテルに在籍していたビダル。加入初年度はスクテッド獲得に貢献したものの、昨季はシモーネ・インザーギ監督の下で序列が低下し、セリエAでの先発はわずか2試合に。そして、11日に双方合意の下で契約解除が発表されていた。 新天地には大きな関心が集まっていた中、14日にフラメンゴ入りが決定。チリ代表MFのブラジル初挑戦に期待は高まるが、ブラジル『UOL』のインタビューに応えたシシーニョ氏はビダルの選択を非難。引退後の優雅な生活を求めて、フラメンゴへの加入を決めたのだと持論を展開した。 「ビダルはとても良い選手だが、フラメンゴでは無価値になってしまう。彼は(SNSに)踊っている動画をアップしていた」 「彼はキャリアを終えようとしている。私の考えでは、引退後にビーチでの生活を楽しむために来たのだと思う。ビダルが市場で価値を示しているという話はよく聞くが、なぜ他のクラブに行かず、フラメンゴに来たのか。愛のためだったと思うか?冗談はやめてくれ」 かつてはローマやレアル・マドリーでプレーした元ブラジル代表DFから痛烈な言葉を浴びせられたビダル。プレーで見返すことができるか。 2022.07.16 17:23 Sat
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表オスカルが母国復帰か…フラメンゴと交渉

元ブラジル代表MFオスカル(30)に母国復帰の動きがあるようだ。 キャリア絶頂期の2017年1月にチェルシーから上海海港に移籍して、話題を呼んだオスカル。それから早5年が経ち、30歳の今もクラブの相次ぐ財政破綻で一時の勢いを失う中国スーパーリーグを舞台にし続けている。 だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、母国の強豪フラメンゴと交渉を開始。2023年1月までの契約で話し合われ、オスカルも前向きな姿勢を示しているという。 なお、オスカルの契約は2024年まで残っている模様。ブラジル復帰となれば、インテルナシオナウからチェルシーに加わった2012年7月以来のことになるが、果たして。 2022.07.16 12:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly