バイエルン、デ・リフト獲得にパヴァール譲渡を提案も撃沈…最低110億円は必要か

2022.07.06 18:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスが、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得に向けたオファーを拒否したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。

今夏の移籍市場の注目株として連日メディアに取り上げられているデ・リフト。一時はチェルシー行きが近いと言われていたが、現状では追い上げを見せたバイエルンが個人間合意に達したという様相だ。

しかし、難関はやはりユベントス本体だ。『スカイ』によれば、6000万ユーロ以上の支払いを嫌うバイエルンは、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーを提示したが、門前払いされた模様。

ユベントスは現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めており、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのこと。そのため、札束バトルではチェルシーに分があるとの見方もあるが、果たして。

関連ニュース
thumb

【ブンデス第9節プレビュー】勝ち点15で並ぶドルトムントvsバイエルンのデア・クラシカー

代表ウィーク明けの前節、バイエルンが不振のレバークーゼンに完勝し、5試合ぶりの勝利とした。一方でドルトムントがケルンに逆転負け。迎える第9節、勝ち点15で並んだ優勝を争うであろうバイエルンとドルトムントによるデア・クラシカーが開催される。 4位ドルトムント(勝ち点15)は前節、ケルンに2-3で逆転負け。FWモデストの古巣対決となったが、不発に終わって痛い敗戦となった。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦では相手の不振もあって4-1と完勝。MFロイスは引き続き欠場となったが、CLの良い流れをバイエルン戦に持ち込みたい。 一方、3位バイエルン(勝ち点15)はレバークーゼンに4発快勝。MFミュージアラが躍動し、完勝とした。そしてCLではビクトリア・プルゼニ相手に5発圧勝。FWマネとFWサネに当たりが出始め、FWレヴァンドフスキが抜けたことによる決定力不足を一先ずは埋め始めている。コロナ陽性によってプルゼニ戦を欠場していたMFキミッヒとMFミュラーだが、キミッヒは復帰予定。ミュラーの欠場は痛いが、大一番を制して勢いを付けられるか。 首位ウニオン・ベルリンを前節撃破した6位フランクフルト(勝ち点14)は、最下位ボーフム(勝ち点1)とのアウェイ戦に臨む。ウニオン戦ではDF長谷部が引き続き先発となり、2-0のシャットアウト勝ち。そしてCLではトッテナム相手に後半、多く好機を生んだ中、0-0の引き分け。長谷部が3バックの中央に入ったことで守備面での安定感が増している中、ボーフム戦ではウニオン戦で退場したFWコロ・ムアニを欠くが、最下位に沈む相手にしっかりと勝ち切りたい。 MF堂安がチームの中心として存在感を示し続ける2位フライブルク(勝ち点17)は、14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点7)とのアウェイ戦に臨む。前節マインツ戦ではオープンな展開となった中、2-1と逃げ切ったフライブルク。首位ウニオンに勝ち点で並んだ中、今節はシュトライヒ監督がコロナ陽性で指揮を執れないが、連勝として首位浮上としたい。 MF遠藤が負傷交代となった前節、ヴォルフスブルクとの下位対決に競り負けた16位シュツットガルト(勝ち点5)は、首位ウニオン(勝ち点17)とのホーム戦に臨む。未だに未勝利が続く苦しい状況だが、首位チーム相手に勝ち点を得られるか。打撲で済んだ遠藤は先発予想だ。 DF吉田の15位シャルケ(勝ち点6)は前節、アウグスブルクに2-3と打ち負けた。2点を追いつく展開とし、相手に退場者が出たが、数的優位を生かせなかった。吉田の相棒であるDFファン・デン・ベルフが負傷した中、シャビ・アロンソ監督が就任した17位レバークーゼン(勝ち点5)との下位対決を制すことはできるか。 ◆ブンデスリーガ第9節 ▽10/7(金) 《27:30》 ホッフェンハイム 1-2 ブレーメン ▽10/8(土) 《22:30》 マインツvsライプツィヒ アウグスブルクvsヴォルフスブルク ボーフムvsフランクフルト レバークーゼンvsシャルケ 《25:30》 ドルトムントvsバイエルン ▽10/9(日) 《22:30》 ボルシアMGvsケルン 《24:30》 ヘルタ・ベルリンvsフライブルク 《26:30》 シュツットガルトvsウニオン・ベルリン 2022.10.08 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

キミッヒがコロナから復帰もミュラーはデア・クラシカー欠場

バイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが8日に行われるブンデスリーガ第9節ドルトムントとのデア・クラシカーを欠場することが決まった。バイエルンを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督が明かしている。 ミュラーは新型コロナウイルスに感染し、4日に行われたチャンピオンズリーグのビクトリア・プルゼニ戦を欠場していた。 ドルトムント戦での復帰が予想されたが、依然として風邪の症状があるため欠場することが決まった。 一方で同じくコロナ感染でプルゼニ戦を欠場していたMFジョシュア・キミッヒはドルトムント戦で復帰予定。ナーゲルスマン監督はメンバー入りを想定しているとのことだ。 2022.10.08 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表の39歳リベリ、近く現役引退か

サレルニターナの元フランス代表MFフランク・リベリ(39)が近く現役を退くようだ。 長らくプレーしたバイエルンで名声を築き、2019年夏からイタリアで晩年を過ごすリベリ。2021年9月にフィオレンティーナからサレルニターナにフリー加入した。 今季でサレルニターナ在籍2年目になるが、プレーしたのは8月中旬の開幕当初に行われたコッパ・イタリアとセリエAの2試合のみ。以降はメンバー外が続いている。 イタリアのジャーナリストで移籍市場に詳しいジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、リベリは今季いっぱいまで残すサレルニターナとの契約解消が間近だという。 さらに、フットボーラーとしてのキャリアに終止符を打つと決意し、また異なる役職をもってサレルニターナにとどまるようだ。 2022.10.07 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

19歳シェシュコ、来夏ライプツィヒ移籍内定も...ユナイテッドらが獲得へ?

マンチェスター・ユナイテッドなど3クラブが、来季のRBライプツィヒ移籍が内定しているスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)に狙いを定めているようだ。 シェシュコはレッドブル・ザルツブルクに所属する新進気鋭のストライカー。今夏はユナイテッドのほか、バイエルンなどからも関心が寄せられたが、今年8月に2023年7月より姉妹クラブのライプツィヒへ移籍すると発表されていた。 だが、イギリス『90min』によると、来夏のライプツィヒとの正式契約への流れを覆そうとするクラブが複数あり、その1つがFWクリスティアーノ・ロナウドの後継者にシェシュコを据える思惑を持つユナイテッドだという。 C・ロナウドは今夏に退団を希望した影響もあり、現在はエリク・テン・ハグ監督の下で序列が明らかに低下。来夏までに退団するのが確実で、ユナイテッドは新たなセンターフォワードのリストアップに奔走中とみられている。 なお、シェシュコの獲得を目論むクラブとして、ユナイテッドのほか、チェルシー、バイエルンも挙げられるとのことだ。 2022.10.06 21:37 Thu
twitterfacebook
thumb

マネがバロンドールにベンゼマを推す「間違いなくふさわしい」

バイエルンのセネガル代表FWサディオ・マネが、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマをバロンドールに推した。スペイン『Fichajes』が伝えている。 現地時間17日に発表を控える2022年のバロンドール。昨季も公式戦46試合で50得点という桁違いの得点力を見せつけたFWロベルト・レヴァンドフスキや、プレミアリーグを制覇したマンチェスター・シティで攻撃のタクトを振り続けるMFケビン・デ・ブライネなど、錚々たる顔ぶれが最終候補に選ばれた中、下馬評ではベンゼマが最有力と見られている。 昨季のベンゼマは公式戦46試合で44得点を挙げ、ラ・リーガとチャンピオンズリーグの2冠に貢献。とりわけ、CLでは決勝トーナメントのパリ・サンジェルマン戦やチェルシー戦でのハットトリックに加え、準々決勝のチェルシー戦や準決勝のシティ戦では土壇場のゴールで延長戦に持ち込み、逆転勝利に導くなど、印象的なゴールが多かった。 マネもセネガル代表をアフリカネーションズカップ初優勝へと導いた活躍が評価され、最終候補に選ばれた身だが、その経験を踏まえた上で、今年のバロンドールはベンゼマが相応しいと考えている。 「今年のバロンドールはベンゼマが受賞に値するはずだ。彼の活躍をとても嬉しく思うよ。昨季のマドリーでの活躍は素晴らしく、CLも制覇した」 「アフリカネーションズカップの優勝は、僕と国家全体にとって素晴らしい出来事だった。もちろんこの上なく誇らしいけど、ベンゼマの方がふさわしいさ。間違いなくね」 2022.10.06 14:02 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly