日本代表MF堂安律がフライブルクに完全移籍! 矢野貴章以来の日本人に

2022.07.05 16:13 Tue
Getty Images
フライブルクは5日、PSVの日本代表MF堂安律(24)を完全移籍で獲得することを発表した。
PR
契約期間や内容は非公開とのことだ。
ガンバ大阪でキャリアをスタートした堂安は、2017年7月にフローニンヘンへとレンタル移籍。その後完全移籍へと切り替わると、2019年8月に、移籍金750万ユーロ(約10億6000万円)、5年契約でPSVへ完全移籍した。

PSVでの1年目は出番に恵まれないことも多かった中、2020-21シーズンはブンデスリーガに昇格したアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍。自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、34試合で5ゴール3アシストと一定の結果を残しチームの残留に貢献していた。

2021-22シーズンはPSVへと復帰。すると公式戦39試合で起用され11ゴール3アシストと結果を残し、チームはKNVBベーカーのタイトルを獲得していた。
PSVでは公式戦64試合に出場し13ゴール6アシストを記録していた。

堂安はクラブを通じてコメントしている。

「フライブルクと監督との会談は集中的で、説得力がありました」

「僕は新しいスタジアムにとても興奮していてフライブルクのファンの前でプレーするのが待ちきれません」

「ブンデスリーガに戻ったことを嬉しく思います。フライブルクは、個人的にもチームとしても、さらに良くなるためにふさわしい場所だと思います」

フライブルクには2010年から2012年まで、元日本代表FW矢野貴章(栃木SC)が在籍しており、2人目の日本人選手となった。

なお、フライブルクは2021-22シーズンのブンデスリーガで6位フィニッシュ。DFBポカール決勝でRBライプツィヒに敗れたものの、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得している。



PR
関連ニュース

「眼福」「めっちゃくちゃカッコ良い!」三笘薫&堂安律が川口春奈さんとプーマ『PUMA ONE-LINE』のキャンペーンで共演!

PUMA(プーマ)が「PUMA ONE-LINE(プーマ ワン ライン)」コレクションのキャンペーンを22日からスタート。公開されたキャンペーンムービーが話題だ。 プーマ ワン ラインは、プーマを象徴するアパレルとして愛されているトラックスーツの“T7(ティーセブン)”からインスピレーションを受け、それらを現代風にアップデートしたコレクションだ。 プーマを象徴する1本ラインが共通であしらわれているデザインが特徴で、ずっと変わらないべーシックなアイテムを、“Daily”のその先に繋げていくコレクション「CORE HERITAGE(コアヘリテージ)」と、“ファッションとパフォーマンスの融合”というプーマの根底に流れる理念を体現したコレクション「TRN EDGE(トレイン エッジ)」の2つを含んだコレクションになっている。 キャンペーンビジュアルとムービーには、プーマファミリーである女優の川口春奈さんと三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、堂安律(フライブルク)が登場している。 キャンペーンビジュアルとムービーは、コレクションのコンセプトを表現するために、ブライトン近郊とフライブルクでも撮影したとのこと。今回が2度目の撮影となる三笘はモデルさながらのウォーキングやポージングも披露していたという。 そのキャンペーンビジュアルとムービーは、プーマジャパンの公式SNSでも公開。ファンからは「眼福」、「めっちゃくちゃカッコ良いーーー!!」、「三笘選手イケメンで爽やか」と反響が寄せられている。 今回のコレクションは、プーマストア 原宿キャットストリート、プーマストア大阪、プーマ公式オンラインストア、PUMA アプリ、一部取扱い店舗にて発売される。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫&堂安律が川口春奈さんと共演!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZgsM0c4ZBK8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.22 19:25 Thu

【ELプレーオフ プレビュー】上田&堂安は突破へ勝利必須! 日本人4選手参戦のPO第2戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフ2ndレグが22日に開催される。ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームで争われるプレーオフ第2戦の展望を、注目カードを中心に紹介。 ◆ELプレーオフ2ndレグ ▽2/22(木) 《26:45》 スタッド・レンヌ vs(AGG:0-3) ミラン フライブルク vs(AGG:0-0) RCランス トゥールーズ vs(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ vs(AGG:4-2) ブラガ 《29:00》 ローマ vs(AGG:1-1) フェイエノールト スポルティングCP vs(AGG:3-1) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ vs(AGG:2-3) ガラタサライ マルセイユ vs(AGG:2-2) シャフタール ◆上田&堂安は大一番に挑む <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240221_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今回のプレーオフにはFW上田綺世、MF守田英正、MF堂安律、GK小久保玲央ブライアンの日本人4選手が参戦している。 フェイエノールトの上田は難所スタディオ・オリンピコで行われる2ndレグでベスト16進出を目指す。 デ・カイプでの1stレグは1-1のドロー決着。3シーズン連続の対戦となったなか、ホームのフェイエノールトがやや優勢に進めて前半終了間際の最高の時間帯にFWパイシャオンのヘディングシュートで先制に成功。後半も入りは悪くなかったものの、“EL男”の異名を持つFWルカクに一瞬の隙を突かれて失点。その後、一進一退の攻防となったが、より多くの決定機を作り出したホームチームは最後で仕留め切れなかった。なお、同試合でスタメンのチャンスを与えられた上田だったが、なかなか効果的にボールに絡めず、後半序盤でピッチを退いた。 難所攻略を目指すスロットのチームは直近のRKCヴァールヴァイクに1-0の勝利。前半に退場者を出した格下に苦戦を強いられたが、主砲ヒメネスに加え、1stレグを欠場したDFヘールトライダ、MFティンバーの主力が復帰しており、その点はローマ戦に向けてプラス材料だ。ただ、同試合で途中出場の上田に関してはベンチスタートが濃厚だ。 対するローマは直近のフロジノーネ戦を3-0で勝利し、3戦ぶりの白星を奪取。[4-2-3-1]への布陣変更は嵌らず、前半は低調なパフォーマンスに終始したが、本来の[4-3-3]に戻した後半は安定。FWディバラを完全休養させるなど主力のプレータイムをコントロールしつつ、デ・ロッシ監督が正GKに任命したスヴィラールの状態もさらに上がってきており、熱狂的なロマニスタが集うオリンピコでの一戦に良い形で臨めるはずだ。 堂安のフライブルクはイーブンの状況でRCランスとのホームゲームに臨む。堂安もスタメン出場した敵地での1stレグは、右ウイングに入った日本代表MFが幾つか決定機を演出したものの、チーム全体で最後の精度を欠いて0-0のドローに終わった。 直近のブンデスリーガではフランクフルト相手に[3-5-2]の布陣で臨み、3-3のドロー。右ウイングバックでの起用となった堂安は、味方のミドルシュートを抜け目なく押し込んで今季2点目を記録するなど好調を維持。チームとして勝ち切れなかった部分は痛かったものの、勝ち抜けへゴールが必要な2ndレグに向けて3ゴールを奪えたことはポジティブな要素だ。 上田、堂安と異なり守田のスポルティングCPは初戦の3-1の勝利によって余裕を持ってヤング・ボーイズとのホームゲームを戦える。守田が60分から途中出場となった1stレグはエースFWギョケレシュのPK弾など効率よくゴールを奪い、後半最終盤に退場者を出した相手に危なげなく勝ち切った。 また、直近のモレイレンセ戦ではスタメン起用の守田がセットプレーの流れから今季2点目を記録するなど2-0の快勝。チーム、守田ともに良い形で今回のリターンレグに臨めるはずだ。 ◆ミランは逃げ切り図る、マルセイユは新体制初陣 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240221_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角を担うミランはその下馬評通り、スタッド・レンヌとのホーム初戦で3-0の完勝。敵地での2ndレグでは余裕を持って逃げ切りを図る。 戦前は復調レンヌ相手に苦戦も予想されたが、蓋を開けてみれば、MFロフタス=チークのドッピエッタに、FWレオンにもゴールが生まれる好内容で完勝を収めた。1stレグでのパフォーマンスの差を鑑みれば、敵地と言えども問題なく逃げ切れるかに思われる。ただ、直近のモンツァ戦では幾つかのポジションでターンオーバーを行った結果、格下にまさかの2-4の敗戦。公式戦7試合ぶりの黒星を喫した。また、今週末にアタランタとの上位対決を控えており、その一戦に気を取られるようなことがあれば、再び痛い目をみる可能性も十分にあり、気を引き締めて臨みたいところだ。 イーブンの状況でシャフタール・ドネツクとのホームでの2ndレグに臨むマルセイユは、ジャン=ルイ・ガセ新体制での初陣となる。敵地での1stレグでは2度のリードを追いつかれる拙い試合運びによって2-2のドロー。さらに、直近のスタッド・ブレスト戦で0-1の敗戦を喫した結果、今季途中就任のガットゥーゾ監督が解任。開幕から不甲斐ない戦いが続きフラストレーションを募らすホームサポーターの前で戦う今回の一戦はより重圧を感じるなかでの難しい戦いとなる。 また、初戦で思わぬ苦戦を強いられながらも後半アディショナルタイムにMFディ・マリア、FWイカルディと百戦錬磨のアルゼンチン人アタッカーの決勝点で勝ち切ったベンフィカ、ガラタサライはいずれもタフなアウェイゲームで逃げ切り突破を図る。 2024.02.22 18:00 Thu

「速すぎじゃない?」「これ決めるの凄い」堂安律が抜け目ない同点ゴール! ゴールを狙うフリーランで今季ブンデス2点目を記録「よく走り込んだ」

フライブルクの日本代表MF堂安律が今季ブンデス2点目を記録した。 18日、ブンデスリーガ第22節でフライブルクはホームにフランクフルトを迎えた。 堂安は右サイドで先発フル出場。フランクフルトのMF長谷部誠もセンターバックで今シーズンのブンデスリーガ初先発となり、日本人対決が実現した。 試合は27分にフランクフルトが先制。すると30分、堂安が抜け目なくゴールを決める。 ボックス内でカットインしたロランド・サライが左足シュート。これはGKケビン・トラップが弾いたものの、その前の崩しに右サイドで関わっていた堂安がフリーランをやめずにしっかりゴール前に走り込んでおり、一足先に反応して流し込み、フライブルクが同点に追いついた。 これが堂安の今季ブンデスリーガ2点目。およそ4カ月ぶりのゴールに。ヨーロッパリーグでも2点とっており、シーズン4ゴール目となった。 ファンは「よく走り込んだ」、「これ決めるのは大きい」、「こぼれ球詰めるのは大事」、「あの位置からここまで走り込むんだもんな」、「これ決めるの凄い」、「速すぎじゃない?」と、しっかりとゴールに詰めていたプレーに称賛の声が集まった。 なお、試合はその後点の取り合いとなり、3-3のドローに終わった。 <span class="paragraph-title">【動画】素晴らしいフリーランから堂安律が今季2点目の同点ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1759234882532995410?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 08:15 Mon

【ブンデスリーガ日本人選手】浅野が王者相手にゴールを挙げ大金星に貢献!今季リーグ初先発の長谷部vs堂安はドロー決着…

ブンデスリーガ第22節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第22節では浅野、板倉、堂安、長谷部、伊藤が先発出場した。 浅野が先発したボーフムはホームでバイエルンと対戦。ボーフムは14分にムジアラのゴールでバイエルンに先制を許したが、38分に 浅野の今季6ゴール目で追いついたボーフムは、44分にもシュテーガーの右CKをシュロッターベックのヘディングで流し込み、逆転に成功した。 迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。すると78分、CKの際にボックス内でシュロッターベックがウパメカノのヒジ打ちを受けると、ウパメカノは2枚目のイエローカードで退場。このPKをシュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。 その後、ケインのゴールで1点を返されたボーフムだったが、そのまま3-2で逃げ切り、王者から大金星を挙げた。 また、堂安の先発したフライブルクは、長谷部が今季リーグ初先発したフランクフルトと対戦。 日本人対決となった一戦は、互角の攻防で立ち上がりとなったが、27分にマーモウシュのゴールでフランクフルトが先制。しかし、フライブルクはその3分後にサライのミドルシュートをGKトラップが弾いたルーズボールを堂安が押し込み、追いつく。 堂安の今季リーグ2点目で試合を振り出しに戻したフライブルクだったが、35分にクナウフのゴールで勝ち越しを許す。それでも前半終了間際にボックス内でホーラーが長谷部に足を踏まれてPKを獲得。これをグリフォが決め、2-2で前半を終えた。 迎えた後半、フランクフルトは72分にクナウフのゴールで三度リードを奪う。それでも、フライブルクは試合終了間際の90分にCKの流れからグレゴリッチュがヘディングシュートを流し込み、試合はそのまま3-3で終了した。 その他、伊藤がフル出場したシュツットガルトはアウェイでダルムシュタットに2-1で勝利。板倉が先発したボルシアMGはRBライプツィヒとと対戦し0-2で敗戦した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/17 ライプツィヒ 2-0 ボルシアMG ◆69分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場、今季2点目を記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/18 ボーフム 3-2 バイエルン ◆89分までプレー、今季6点目を記録 2024.02.19 07:30 Mon

長谷部が今季リーグ戦初先発でPK献上、堂安が今季2点目を挙げたフライブルクが3度追いつきフランクフルトと壮絶ドロー【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第22節、フライブルクvsフランクフルトが18日に行われ、3-3で引き分けた。フライブルクのMF堂安律とフランクフルトのDF長谷部誠はフル出場している。 前節ドルトムントに完敗して3連敗となった7位フライブルク(勝ち点28)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ・プレーオフでは堂安が先発した中、ランス相手に敵地でゴールレスドロー。そのフライブルクは堂安が[3-5-2]の右MFでスタメンとなった。 一方、前節ボーフムに引き分けた6位フランクフルト(勝ち点32)は、ELプレーオフではサン・ジロワーズに敵地で2-2のドロー。そのフランクフルトは先月40歳となった長谷部がフランクフルトでの公式戦300試合出場達成、3バックの中央で今季リーグ初先発となった。 互角の攻防で立ち上がった中、ややポゼッションで上回っていたフランクフルトが27分に最初のチャンスを生かして先制する。マックスのフィードをボックス内で受けたマーモウシュがシュートを決めきった。 しかし3分後、フライブルクがすかさず追いつく。サライのミドルシュートをGKトラップが弾いたルーズボールを堂安が押し込んだ。 堂安の今季リーグ2点目で試合を振り出しに戻したフライブルクだったが、35分にフランクフルトが勝ち越し。カライジッチの負傷を受けて11分から出場していたクナウフが、ロングカウンターの流れからマーモウシュのスルーパスをボックス左で受けてシュートを決めきった。 再び追う展開となったフライブルクがハーフタイムにかけて押し込む流れとすると、追加タイム4分にPKを獲得。敵陣でビルドアップをカットにかかった中、ボックス内でホーラーが長谷部に足を踏まれた。これをグリフォが決め、フライブルクが2-2に追いついて前半を終えた。 迎えた後半、外資参入への抗議行動により約10分の中断があった中、72分にフランクフルトが勝ち越す。マーモウシュの突破を起点にパスを受けたボックス中央のクナウフがゴール右へシュートを突き刺した。 それでも打ち合いはこのままでは終わらない。90分、CKの流れから途中出場グレゴリッチュのヘディングシュートが決まってフライブルクが三度追いついた。 10分が与えられた追加タイムでは互いに4点目に迫る場面があった中、3-3で終了。フライブルクが3度追いつき、壮絶ドローでタイムアップとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】今季ブンデス初先発の長谷部誠が痛恨のPK献上…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="TT8uY4p45lI";var video_start = 24;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】堂安律が今季2点目の同点ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="TT8uY4p45lI";var video_start = 8;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 01:54 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly