PSV、昨季フェイエで21ゴールのオランダ代表MFティルを獲得!

2022.07.04 19:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは4日、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

AZの下部組織出身のティルは、2016年にトップチームに昇格。その後、2019年夏にスパルタク・モスクワへ完全移籍した。

その翌年にはフライブルク、昨夏にはフェイエノールトに2シーズン連続でレンタル移籍すると、2021-22シーズンは公式戦49試合に出場し、21ゴール5アシストを記録。エールディビジ3位フィニッシュと、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ準優勝に大きく貢献した。

さらに、フェイエノールトでの活躍が認められて、昨年に久々のオランダ代表に招集を受けると、出場機会は少ないものの定期的にメンバー入りを果たしている。

186cmの攻撃的MFは左右のウイングを含め、中盤の全ポジションをカバーし、時には最前線でのプレーも可能。空中戦とボールを収める能力が高く、パンチ力のあるシュートを含め、得点感覚に優れる多才なプレーヤーだ。

関連ニュース
thumb

プレーオフ最注目カードのレンジャーズvsPSVは譲らずドロー《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ1stレグの3試合が16日に行われ、プレーオフ最注目カードのレンジャーズvsPSVは2-2で引き分けた。 DF町田浩樹のユニオン・サン=ジロワーズ相手に逆転での勝ち上がりを見せた昨季ヨーロッパリーグ準優勝のレンジャーズと、MF南野拓実のモナコを延長戦の末に下したPSVの一戦。 レンジャーズがファン・ブロンクホルスト監督、PSVがファン・ニステルローイ監督とオランダ人指揮官が率いる両クラブの本戦出場を懸けた注目の試合は開始4分、L・デ・ヨングのボレーでまずはPSVがゴールに迫る。 しかし、ホームチームが圧力をかける展開で推移すると、22分にティルマンが枠内シュートを浴びせた。 前半半ば以降もレンジャーズが仕掛ける展開が続いたが、37分にPSVがセットプレーからゴールをこじ開ける。CKの流れからルーズボールをサンガレが蹴り込んだ。 それでも40分、すかさずレンジャーズが追いつく。味方とのパス交換で右サイドを突破したタベルニエのクロスをチョラクが合わせた。 迎えた後半、52分にレンジャーズはチョラクが、54分にPSVはサイバリがそれぞれゴールに迫った中、70分にレンジャーズが逆転する。中央で得たFKをT・ローレンスが直接狙うと、GKベニテスは正面でキャッチしにかかるもまさかの後逸。ミスによりレンジャーズにゴールが生まれた。 追う展開となったPSVが前がかる中、78分に追いつく。ガクポの右CKからオビスポのヘディングシュートが決まった。 終盤にかけては決定打が互いに生まれず2-2で引き分け。譲らずドローとなり、来週行われる2ndレグに決着が委ねられることとなった。 ▽8/16 レンジャーズ(スコットランド) 2-2 PSV(オランダ) ボデ/グリムト(ノルウェー) 1-0 ディナモ・ザグレブ(クロアチア) コペンハーゲン(デンマーク) 2-1 トラブゾンスポル(トルコ) ▽8/17 ディナモ・キーウ(ウクライナ) vs ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ) マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 2022.08.17 05:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド獲得狙うガクポ、CL出場権獲得の場合はPSV残留か?

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)は、チャンピオンズリーグ(CL)の出場可否が移籍のカギを握っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 現在、手薄な前線の補強を目指すユナイテッドは、ガクポの獲得に向けて3500万ポンド(約56億6000万円)のオファーを準備している。 同選手に関しては以前からステップアップの可能性を口にしてきたが、PSVがCL本選出場を決定した場合、クラブに残留する意向を示している。 「まずはチャンピオンズリーグに出場することに集中しなければならない。そうすれば、残留する可能性が高くなると思うよ」 「これまでクラブを去ることをどこにも言っていないと思うし、残る可能性は間違いなくあるよ。僕は経営陣とコーヒーを一緒に飲むようなオープンな関係だ。とにかく、どうなるか見てみようよ」 なお、CL予備予選3回戦でモナコを退けたPSVは、今月17日と24日に行われるプレーオフでレンジャーズとの対戦を控える。 一方、昨シーズンのプレミアリーグを6位でフィニッシュし、CL出場権獲得を逃したユナイテッドは、ガクポ獲得に向けてはPSVのプレーオフの結果を待つ必要があるようだ。 ガーナとトーゴにルーツを持つオランダ生まれのガクポは、左ウイングを主戦場に、前線の複数ポジションでプレー可能な189cmの大型アタッカー。そのサイズを感じさせないクイックネス、柔らかな足元のテクニックを武器に、カットインからの右足のシュートや長いストライドを生かしたロングカウンターからゴールを陥れる新進気鋭の若手。 PSVのアカデミーから2018年2月のフェイエノールト戦でトップチームデビュー。2018–19シーズンの後半戦から徐々に出場機会を増やすと、以降3シーズンに渡って前線の主力に定着。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、21ゴール15アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦4試合で3ゴール2アシストと見事な活躍を見せている。 2022.08.11 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがオランダから3人目の補強?PSVの逸材FWガクポ獲得に動く

マンチェスター・ユナイテッドがPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)の獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ガーナとトーゴにルーツを持つオランダ生まれのガクポは、左ウイングを主戦場に、前線の複数ポジションでプレー可能な189cmの大型アタッカー。そのサイズを感じさせないクイックネス、柔らかな足元のテクニックを武器に、カットインからの右足のシュートや長いストライドを生かしたロングカウンターからゴールを陥れる新進気鋭の若手だ。 PSVのアカデミーから2018年2月のフェイエノールト戦でトップチームデビュー。2018–19シーズンの後半戦から徐々に出場機会を増やすと、以降3シーズンに渡って前線の主力に定着。昨シーズンは公式戦46試合に出場し、21ゴール15アシストを記録。 今シーズンもここまで公式戦4試合で3ゴール2アシストと見事な活躍を見せる逸材をユナイテッドが虎視眈々と狙っているという。 『スカイ・スポーツ』によれば、2026年までPSVとの契約を残すガクポに対し、ユナイテッドは3500万ポンド(約56億6000万円)のオファーを準備しているようだ。 アヤックスからエリク・テン・ハグ監督を新指揮官に迎え入れたユナイテッドは、今夏だけでオランダからリサンドロ・マルティネス(アヤックス)とタイレル・マラシア(フェイエノールト)を獲得しており、ガクポの獲得に成功すれば、同一リーグから3人目の獲得となる。 なお、ガクポはテン・ハグ監督と同じ代理人であることから交渉はスムーズに進むと見られている。 2022.08.10 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

本戦出場を懸けたプーレオフの対戦カードが決定、注目はレンジャーズvsPSV《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦が9日に終了し、プレーオフ進出12チームが出揃った。 注目はMF南野拓実のモナコに勝利したPSVと、DF町田浩樹のユニオン・サン=ジロワーズに勝利したレンジャーズの一戦。 レンジャーズはファン・ブロンクホルスト監督、PSVはファン・ニステルローイ監督が率い、共にオランダ代表で一時代を築いた両指揮官による対決となる。 そして国難のディナモ・キーウはベンフィカと対戦する。1stレグは17日に行われ、2ndレグは24日に行われる。 ◆リーグパス レンジャーズ(スコットランド) vs PSV(オランダ) ディナモ・キーウ(ウクライナ) vs ベンフィカ(ポルトガル) ◆チャンピオンパス カラバフ(アゼルバイジャン) vs ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ボデ/グリムト(ノルウェー) vs ディナモ・ザグレブ(クロアチア) マッカビ・ハイファ(イスラエル) vs ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) コペンハーゲン(デンマーク) vs トラブゾンスポル(トルコ) 2022.08.10 06:57 Wed
twitterfacebook
thumb

南野先発モナコ、延長戦に持ち込まれた末PSVに敗れて敗退《CL予選》

モナコは9日、チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦2ndレグでPSVとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。この結果、2戦合計スコア3-4でモナコは敗退している。 モナコのMF南野拓実は68分までプレーしている。 先週ホームで行われた1stレグでは1-1の引き分けに終わったモナコは、リーグ・アン開幕節のストラスブール戦をコンディション不良により欠場した南野が先発に戻った。 南野がフラットな[4-4-2]の右MFに入った中、1stレグ同様、モナコがボールを保持する展開で立ち上がったが、21分に失点する。ムウェネにボックス右深くまで侵入されてマイナスに折り返され、フィールマンに決められた。 その後も押し込む展開としたモナコだったが、好機を作れずにいると42分、CKからフェールマンに決定的なヘディングシュートを打たれるも、GKニューベルの守備範囲だった。 前半終了間際の45分にはディフェンスライン裏に抜け出したベン・イェデルがゴールエリア右まで侵入。決定的なシュートを放ったが、GKベニテスのファインセーブに阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、フォラントに代えてエンボロを投入したモナコは54分、右CKからマリパンのヘディングシュートが左ポストに直撃。それでも58分に追いつく。CKの流れからゴール前での混戦の中、マリパンが今度はシュートを蹴り込んだ。 その後も攻勢に出たモナコは68分に南野がピッチを後にした中、72分に逆転に成功する。ショートカウンターに転じた流れからジェウソン・マルティンスが右サイドを持ち上がってクロス。ファーサイドのベン・イェデルがシュートを蹴り込んだ。 このまま逃げ切れるかに思われたモナコだったが、89分に追いつかれる。FKの流れからエリック・グティエレスにネットを揺らされた。 そして延長後半開始4分、モナコは決勝点を奪われる。サイド攻撃を受けた流れからティーゼの右クロスをファーサイドのL・デ・ヨングにヘッドで決められた。 このまま押し切られたモナコは痛恨の敗退。ヨーロッパリーグに回ることになった。 PSV 3-2 モナコ 【PSV】 フィールマン(21分) グティエレス(89分) L・デ・ヨング(109分) 【モナコ】 マリパン(58分) ベン・イェデル(72分) 2022.08.10 06:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly